松野 省吾

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/24 12:04
 
アバター
研究者氏名
松野 省吾
 
マツノ ショウゴ
URL
http://lyre.github.io
所属
株式会社ホットリンク
部署
開発本部R&D
学位
博士(工学)(電気通信大学)
その他の所属
東京電機大学 システムデザイン工学部
科研費研究者番号
60836245

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京電機大学 情報システムデザイン工学部 研究員
 
2018年4月
 - 
現在
株式会社ホットリンク 開発本部R&D
 
2017年9月
 - 
2018年3月
豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 研究員
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年9月
電気通信大学 情報理工学研究科 総合情報学専攻
 

受賞

 
2014年9月
情報処理学会 FIT船井ベストペーパー賞
受賞者: 松野省吾,板倉直明,大山実,大井尚一,阿部清彦
 

論文

 
Hironobu Sato, Kiyohiko Abe, Shogo Matsuno, Minoru Ohyama
Artificial Life and Robotics   24(3) 324-331   2019年9月   [査読有り]
© 2018, International Society of Artificial Life and Robotics (ISAROB). Recently, several eye-gaze input systems have been developed. Some of these systems consider the eye-blinking action to be additional input information. A main purpose of eye-...
Matsuno Shogo, Chida Susumu, Itakura Naoaki, Mizuno Tota, Mito Kazuyuki
ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   24(2) 250-256   2019年6月   [査読有り]
Yuki Watanabe, Reiji Suzumura, Shogo Matsuno, Minoru Ohyama
1st International Conference on Artificial Intelligence in Information and Communication, ICAIIC 2019   287-291   2019年3月   [査読有り]
© 2019 IEEE. The physical activity is important context information to define and understand the user's situation in real time and in detail. Therefore, we developed a context-Aware function using the activity recognition and showed that it is pos...
Shogo Matsuno, Masatoshi Tanaka, Keisuke Yoshida, Kota Akehi, Naoaki Itakura, Tota Mizuno, Kazuyuki Mito
Advances in Intelligent Systems and Computing   773 171-182   2019年1月   [査読有り]
© Springer International Publishing AG, part of Springer Nature 2019. This paper examines an input method for ocular analysis that incorporates eye-motion and eye-blink features to enable an eye-controlled input interface that functions independen...
Shogo Matsuno, Tota Mizuno, Hirotoshi Asano, Kazuyuki Mito, Naoaki Itakura
Artificial Life and Robotics   23(3) 367-372   2018年9月   [査読有り]
© 2018, ISAROB. In this paper, we propose a novel method for evaluating mental workload (MWL) using variances in facial temperature. Moreover, our method aims to evaluate autonomic nerve activity using single facial thermal imaging. The autonomic ...

講演・口頭発表等

 
佐藤寛修, 阿部清彦, 松野省吾, 大山実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2019年8月28日   
佐藤寛修, 阿部清彦, 松野省吾, 大山実
関東学院大学理工/建築・環境学会研究報告   2019年3月1日   
松野 省吾, 水木 栄, 榊 剛史
人工知能学会全国大会論文集   2019年   
<p>本稿では,筆者らの構築したTwitterをはじめとしたSNS上に存在する日本語の文章に対応する単語分散表現モデルを紹介する. 本モデルはSNSデータ,Wikipedia,Webページといった複数カテゴリを媒体とした日本語大規模コーパスから作成される.作成した単語分散表現モデルに対し,Speamanの順位相関係数を評価指標とした単語類似度算出タスクによる評価を実施したところ,wikipediaのみを学習コーパスとして用いたモデルと比較して7ポイント程度良い性能を得られた.本稿で紹介した...
佐藤寛修, 阿部清彦, 松野省吾, 大山実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2018年9月5日   
阿部清彦, 佐藤寛修, 松野省吾, 大山実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2018年9月5日