宮田玲

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/10 18:27
 
アバター
研究者氏名
宮田玲
 
ミヤタ レイ
URL
http://reimiyata.com/
所属
名古屋大学
部署
大学院工学研究科
職名
助教
学位
博士 (教育学)(東京大学)

プロフィール

図書館情報学に足場をおきつつ、自然言語処理や翻訳研究に手を広げて研究を進めています。
ことば・本・もの・表現・アイディアを生み出し、共有することを可能にする仕組み・社会情報基盤・テクノロジー全般に興味があります。

研究テーマ:
(1) 機械翻訳を活用して多言語での情報流通を支援するための枠組みとシステム環境の研究
(2) 日本語イディオムの異形パターンの言語学的分析とマッチングルールの構築
(3) 学校図書館による教員サポートを促す図書推薦支援システムの開発

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院工学研究科 助教
 
2016年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
立教大学 兼任講師
 
2015年11月
 - 
2016年3月
情報通信研究機構(NICT) 先進的音声翻訳研究開発推進センター 先進的翻訳技術研究室 有期技術員
 
2015年3月
 - 
2015年8月
情報通信研究機構(NICT) ユニバーサルコミュニケーション研究所 多言語翻訳研究室 協力研究員
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
東京大学大学院 教育学研究科 生涯学習基盤経営コース 博士課程(修了)
 
2012年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 教育学研究科 生涯学習基盤経営コース 修士課程
 
2010年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 情報学環 教育部 研究生(修了)
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東京大学 教育学部 教育実践・政策学コース
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学 前期教養学部 文科三類
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
Machine Translation Summit XVI  Programme Committee Member (Users Track) & Local Organizing Committee
 
2016年4月
 - 
現在
NLP若手の会(YANS)  プログラム委員
 
2015年4月
 - 
現在
東京大学大学院教育学研究科生涯学習基盤経営コース  紀要編集委員
 
2015年
   
 
AI (Australasian Joint Conference on Artificial Intelligence) 2015  Programme Committee Member
 

受賞

 
2017年3月
東京大学 学生表彰「東京大学総長賞」
 
2015年9月
NLP若手の会(YANS) 2015年奨励賞 機械翻訳向け前編集に有効な書き換えルールに関する調査
受賞者: 宮田玲, 藤田篤
 
2014年6月
アジア太平洋機械翻訳協会 AAMT長尾賞学生奨励賞
 

論文

 
Rei Miyata, Anthony Hartley, Kyo Kageura, Cécile Paris
The Prague Bulletin of Mathematical Linguistics (PBML)   (108) 147-158   2017年6月   [査読有り]
Rei Miyata, Atsushi Fujita
Proceedings of the 20th Annual Conference of the European Association for Machine Translation (EAMT 2017)   54-59   2017年5月   [査読有り]
Rei Miyata, Kyo Kageura
Proceedings the 5th International Workshop on Computational Terminology (CompuTerm 2016)   83-93   2016年12月   [査読有り]
Rei Miyata, Anthony Hartley, Kyo Kageura, Cécile Paris, Masao Utiyama, Eiichiro Sumita
Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016), System Demonstrations   35-39   2016年12月   [査読有り]
Rei Miyata, Anthony Hartley, Cécile Paris, Kyo Kageura
Proceedings of the 6th International Workshop on Controlled Language Applications (CLAW 2016)   30-35   2016年5月   [査読有り]
Rei Miyata, Anthony Hartley, Cécile Paris, Midori Tatsumi, Kyo Kageura
Proceedings of the Machine Translation Summit XV   90-103   2015年10月   [査読有り]
学校図書館による教員サポートのための図書推薦支援システム
宮田玲, 矢田竣太郎, 浅石卓真
生涯学習基盤経営研究   39 61-72   2015年3月   [査読有り]
自治体文書の多言語化を支援する枠組みとシステム環境の研究
宮田玲
AAMTジャーナル   57 54-63   2014年10月   [招待有り]
A Simple Platform for Defining Idiom Variation Matching Rules
Koichi Takeuchi, Ulrich Apel, Rei Miyata, Wolfgang Fanderl, Ryo Murayama, Iris Vogel, Ryoko Adachi, Kyo Kageura
Proceedings of the the XVI EURALEX Internatinal Congress: The User in Focus   399-404   2014年7月   [査読有り]
The Use of Corpus Evidence and Human Introspection to Create Idiom Variations
Rei Miyata, Ryoko Adachi, Ulrich Apel, Iris Vogel, Wolfgang Fanderl, Ryo Murayama, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura
Proceedings of the 2nd Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2014)   201-202   2014年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Social Media for Government Services
Rei Miyata, Anthony Hartley, Kyo Kageura, Cécile Paris (担当:分担執筆, 範囲:‘Garbage Let’s Take Away’: Producing Understandable and Translatable Government Documents: A Case Study from Japan)
Springer   2016年2月   
Government departments increasingly communicate information to citizens digitally via web sites, and, in many societies, the linguistic diversity of these citizens is also growing. In Japan, a largely monolingual society, municipal governments now...

講演・口頭発表等

 
MuTUAL: A Controlled Authoring System for Municipal Text Multilingualisation Using Machine Translation [招待有り]
Rei Miyata, Anthony Hartley, Kyo Kageura, Cécile Paris
2017 Portsmouth Translation Conference: Translation and Disruption: Global and Local Perspectives   2017年11月4日   
わかりやすく翻訳しやすい日本語を書くために ~制限言語という考え方を理解し、ツールを活用して翻訳しやすい日本語を書く~ [招待有り]
宮田玲
テクニカルコミュニケーション(TC)シンポジウム2017   2017年10月4日   
制限言語執筆支援システムのユーザビリティ評価
宮田玲
言語処理学会第23回年次大会   2017年3月   
宮田玲
第8回産業日本語研究会・シンポジウム   2017年3月8日   
宮田玲
名古屋地区NLPセミナー   2016年11月29日   
宮田玲, 藤田篤, 内山将夫, 隅田英一郎
言語処理学会第22回年次大会   2016年3月   
MuTUAL: An Authoring Support System for Municipal Text Multilingualisation
Rei Miyata, Masao Utiyama, Anthony Hartley, Cécile Paris, Kyo Kageura, Eiichiro Sumita
Machine Translation Summit 2015: Technology Showcase (demonstration)   2015年11月1日   
六法全書の参照条文を用いたネットワーク構造の分析:日本国憲法を対象として
吉元涼介, 瀧澤啓太, 宮田玲, 芳鐘冬樹, 鈴木崇史
第63回日本図書館情報学会研究大会   2015年10月17日   
機械翻訳向け前編集に有効な書き換えルールに関する調査
宮田玲, 藤田篤
NLP若手の会(YANS)第10回シンポジウム   2015年9月4日   
Die flexible Suche nach Varianten von Kollokationen mittels einer Online-Platform
Iris Vogel, Ray Miyata, Ulrich Apel, Ryo Murayama, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura, Ryoko Adachi and Wolfgang Fanderl
16. Deutschsprachigen Japanologentages   2015年8月   

Misc

 
宮田玲
JTFジャーナル   (292) 26-27   2017年11月   [依頼有り]
宮田玲
JTF ジャーナル   (291) 26-27   2017年9月   [依頼有り]
ものづくりを通じた新しいコミュニティのデザイン:MONO-LAB-JAPANの活動を中心に
東京大学生涯学習論研究室MONO-LAB-JAPANプロジェクト(荻野亮吾編)/担当:5章「ものラボのメディア活用」, 6章「3Dものづくり教育」, 10章5節「電子工作体験講座(第4回プログラム)」
学習基盤社会研究・調査モノグラフ   7    2014年12月

担当経験のある科目

 
 

Works

 
宮田玲   教材   2016年4月 - 2016年8月

競争的資金等の研究課題

 
文書構造と言語表現の対応づけによる多言語文書作成方式の構築と評価
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2017年8月 - 2019年3月    代表者: 宮田玲
文化財をやさしい日本語・英語・多言語で紹介するための作文法と執筆支援ツールの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 共同研究者
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 立見みどり
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 宮田玲
言語技術の高度な活用を見据えた自治体多言語用語集の構築と評価
東京工業大学基金: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 宮田玲
学校図書館による教員サポートを促す図書推薦システムの開発と評価
日本図書館情報学会: 研究助成
研究期間: 2014年6月 - 2015年3月    代表者: 宮田玲

その他

 
2015年9月〜2015年10月 東京大学教育学部ティーチングアシスタント
2014年12月〜2015年2月 東洋大学社会学部リサーチアシスタント