IWATA Ren

J-GLOBAL         Last updated: Aug 24, 2018 at 15:29
 
Avatar
Name
IWATA Ren
E-mail
ren.iwata.c2tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/05d29532defc005ac37ab193b5a0b758.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Cyclotron and Radioisotope Center
Job title
Professor
Degree
理学博士(The University of Tokyo), 理学修士(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2015
 - 
Today
Professor emeritus, Tohoku University
 
Jul 2002
 - 
Mar 2015
Professor, Cyclotron and Radioisotope Center, Tohoku University
 
Oct 1999
 - 
Jun 2002
助教授, 東北大学大学院工学研究科量子エネルギー専攻
 
Aug 1993
 - 
Sep 1999
助教授, 東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
 
Apr 1981
 - 
Jul 1993
助手, 東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
 
Jul 1990
 - 
Sep 1990
Creighton University Center for Metabolic Imaging
 
Mar 1988
   
 
Hammersmith Hospital
 
Jun 1984
 - 
Sep 1985
Brookhaven National Laboratory
 
Apr 1974
 - 
Mar 1981
研究員, 科学技術庁放射線医学総合研究所
 

Education

 
Apr 1972
 - 
Mar 1974
Chemistry, Graduate School of Science, The University of Tokyo
 
Apr 1970
 - 
Mar 1972
Chemistry, Faculty of Science, University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
May 2007
 - 
May 2013
Society of Radiopharmaceutical Sciences  Board member
 
Oct 2001
 - 
Mar 2013
日本核医学会  評議員
 
Feb 2003
 - 
Dec 2006
IUPAC Task group on terminology, quantities and units concerning production and applications of radionulcides in radiopharmaceutical and radioanalytical chemistry  committee member
 
Apr 2004
 - 
Mar 2005
日本病院薬剤師会 薬剤業務委員会・PET運用検討小委員会  特別委員
 
Sep 2002
   
 
日本核医学会 PET核医学委員会  理事
 

Awards & Honors

 
Oct 1983
陽電子放出核種標識薬剤自動合成装置の開発, 日本核医学会賞, 日本核医学会
 
Jun 1999
PETによるヒスタミンH3レセプター研究を目的とした新しいF-18-標識薬剤の開発, 武田科学振興財団研究助成金, 武田科学振興財団
Winner: 岩田 錬、谷内一彦
 

Published Papers

 
Correlations of 18F-THK5351 PET with post-mortem burden of tau and astrogliosis in Alzheimer’s disease.
Harada R., Ishiki A., Kai H., Sato N., Furukawa K., Furumoto S., Tago T., Tomita N., Watanuki S., Hiraoka K., Ishikawa Y., Funaki Y., Nakamura T., Yoshikawa T., Iwata R., Tashiro M., Sasano H., Kitamoto T., Yanai K., Arai H., Kudo Y., Okamura N.
J. Nucl. Med.   59 671-674   2018   [Refereed]
Magnesium uptake characteristics in Arabidopsis revealed by 28Mg tracer studies.
Ogura T., Kobayashi N. I., Suzuki H., Iwata R., Nakanishi T.M., Tanoi K.
Planta   248 745-750   2018   [Refereed]
Magnesium deficiency damages the youngest mature leaf in rice through tissue-specific iron toxicity.
Kobayashi N.I., Ogura T., Takagi K., Sugita R., Suzuki H., Iwata R., Nakanishi T.M., Tanoi K.
Plant Soil   428 137-152   2018   [Refereed]
Practical microscale one-pot radiosynthesis of 18F-labeled probes.
Iwata R., Pascali C., Terasaki K., Ishikawa Y., Furumoto S., Yanai K.
J. Label. Compd. Radiopharm.   61 540-549   2018   [Refereed]
Iwata R., Pascali C., Terasaki K., Ishikawa Y., Furumoto S., Yanai K.
Appl. Radiat. Isot.   125 113-118   2017   [Refereed]
Shidahara M., Thomas B.A., Okamura N., Ibaraki M., Matsubara K., Oyama S., Ishikawa Y., Watanuki S., Iwata R., Furumoto S., Tashiro M., Yanai K., Gonda K., Watabe H.
Ann. Nucl. Med.   31 563-569   2017   [Refereed]
Tago T., Furumoto S., Okamura N., Harada R., Adachi H., Ishikawa Y., Yanai K., Iwata R., Kudo Y.
Mol. Imaging Biol.   18 258-266   2016   [Refereed]
Harada R., Okamura N., Furumoto S., Furukawa K., Ishiki A., Tomita N., Tago T., Hiraoka K., Watanuki S., Shidahara M., Miyake M., Ishikawa Y., Matsuda R., Inami A., Yoshikawa T., Funaki Y., Iwata R., Tashiro M., Yanai K., Arai H., Kudo Y.
J. Nucl. Med. Mol. Imag.   57 208-214   2016   [Refereed]
Harada R., Furumoto S., Yoshikawa T., Ishikawa Y., Shibuya K., Okamura N., Ishiwata K., Iwata R., Yanai K.
J. Nucl. Med. Mol. Imag.   57 634-639   2016   [Refereed]
Tago T., Furumoto S., Okamura N., Harada R., Adachi Hajime., Ishikawa Y., Yanai K., Iwata R., Kudo Y.
J. Nucl. Med. Mol. Imag.   57 608-614   2016   [Refereed]

Misc

 
岩田 錬
ファルマシア   48 637-641   2012
岩田 錬
日本気管食道科学会会報   61 92-96   2010
18F-イオン濃縮を目的としたPETプローブ合成装置用電気化学的マイクロフローセルの開発
小関英一、斎木秀和、山原 亮、石川洋一、中西博昭、岩田 錬
島津評論   66(1・2) 13-19   Sep 2009
がん分子イメージングの新展開:腫瘍分子イメージングプローブの開発
岩田 錬
癌と化学療法   35(8) 1286-1290   Aug 2008

Books etc

 
新放射化学・放射性医薬品学
佐治英郎、前田 稔、小島周二編 (Part:Joint Work, 第4章 天然の放射性核種と人工放射性核種の製造)
南江堂   Sep 2011   
非侵襲的・可視化技術ハンドブック
岩田 錬
NTS   Jun 2007   
薬学生のための臨床化学
後藤順一, 片山善章(編集)他 (Part:Joint Work, 第1章5 ポジトロン・エミッション・トモグラフィ- 44頁~49頁)
南江堂   Apr 2005   
Cancer Imaging: Instrument and Application
Kiichi Ishiwata, Kazuo Kubota, Tadashi Nariai, and Ren Iwata
Elsevier   Mar 2008   
脳の動態を見る 記憶とその障害の分子機構
谷内 一彦,岩田 錬 (Part:Joint Work, 技術編7 PETを用いた神経活動の画像化の将来像:ヒスタミン神経系を例に)
Apr 2001   

Conference Activities & Talks

 
薬学教育講演 PET診断用プローブ自動合成装置の開発
第51回日本核医学会学術総会   27 Oct 2011   
1.RI分子プローブの新しい合成技術の開発 18F-標識分子プローブ合成用マイクロリアクター
第5回放医研分子イメージング研究センターシンポジウム   29 Nov 2010   
がんの分子イメージング PET診断用腫瘍イメージングプローブの開発
第61回日本気管食道科学会総会   5 Nov 2009   
優れたPET薬剤を創出するために 1.PET薬剤自動合成システム
第48回日本核医学会学術総会   26 Oct 2008   
PET診断用標識プローブ開発の現状と将来
第75回みちのく核医学会   26 Sep 2008   

Research Grants & Projects

 
Automated and/or simplified Synthesis of positron emitting radiopharmaceuticals
The Other Research Programs
Project Year: Apr 1974 - Today
Production of radio nuclides with an accelerator and their application to life science
The Other Research Programs
Project Year: Apr 1974 - Today

Patents

 
4734451 : 放射性フッ素アニオン濃縮装置及び方法
岩田 錬、小関英一、中西博昭、坂本勝正、山原 亮

Others

 
Oct 2010   小型高速18F-標識PETプローブ合成装置の実用化開発
微量スケールでの合成が要求される18F-標識ペプチド・タンパク質合成に特化したマイクロリアクター合成システムの開発
Apr 2008   近接撮像型PET装置・高分解能PET-CT/MRIシステム用分子プローブ製剤技術の開発
[18F]フッ化物イオンによる求核反応において脱離性に優れる置換基を探索する。また、マイクロリアクター等を利用した自動合成システムの開発を行う。
マイクロリアクターを活用した分子プローブの合成に関する基盤技術の確立
PET核種のプローブへの効率的な導入法を検討する。得られたデータを工学分野にフィードバックし、反応に適した形状のマイクロチップの創製を試みる。さらに複数のマイクロリアクターを組み合わせ、ナノデバイスとしてキット式小型自動合成装置を開発する。
Nov 2007   PET診断プローブ合成に用いるオンチップ微細炭素電極の開発
短寿命RIである18F(半減期110分)を用いたPET(Positron Emission Tomography)診断では、施設内で18Fにて標識した診断プローブを迅速に合成する必要がある。また、限られた管理区域内の高価な放射線遮蔽セル内に設置することから、合成システムの自動化と小型化が望まれている。MEMS技術を応用したマイクロリアクターはその可能性を有しており、世界の複数の研究機関にて既に開発が進んでいる。その重要な開発課題として、原料の18Fイオンの捕捉、濃縮技術がある。そこで、立命館大学で培った、化学的に安定で導電性を有しデバイス化に適した微細炭素電極を適用して、オリジナリティーを有する新規で世界に例を見ない18Fイオンの捕捉&濃縮デバイスを顕在化ステージにて開発し、実用化に向けて道を拓く。
Jun 2004   メチオニン・コリン連続合成システム開発研究
PET診断薬剤であるメチオニン・コリン等を連続的に合成するシステムを構築する装置開発研究
Aug 2003   18F-標識フルオロアルキル化反応による新規18F-標識薬剤の合成と評価
種々の18F-標識薬剤を開発する目的で、その標識前駆体である18F-標識臭化フルオロメチルとヨウ化フルオロエチルを合成する自動合成装置を開発した。これを用いて18F-標識フルオロコリンを合成し、評価する。