Hiroko Kozuka-Hata

J-GLOBAL         Last updated: Dec 17, 2018 at 16:59
 
Avatar
Name
Hiroko Kozuka-Hata
E-mail
hataims.u-tokyo.ac.jp
Affiliation
The University of Tokyo
Section
The Institute of Medical Science
Research funding number
80401256

Published Papers

 
Koyanagi N, Kato A, Takeshima K, Maruzuru Y, Kozuka-Hata H, Oyama M, Arii J, Kawaguchi Y
Journal of virology   92(17)    Sep 2018   [Refereed]
Kato A, Oda S, Watanabe M, Oyama M, Kozuka-Hata H, Koyanagi N, Maruzuru Y, Arii J, Kawaguchi Y
Journal of virology   92(18)    Sep 2018   [Refereed]
Asada S, Goyama S, Inoue D, Shikata S, Takeda R, Fukushima T, Yonezawa T, Fujino T, Hayashi Y, Kawabata KC, Fukuyama T, Tanaka Y, Yokoyama A, Yamazaki S, Kozuka-Hata H, Oyama M, Kojima S, Kawazu M, Mano H, Kitamura T
Nature communications   9(1) 2733   Jul 2018   [Refereed]
Oishi K, Yamayoshi S, Kozuka-Hata H, Oyama M, Kawaoka Y
Cell reports   24(4) 851-860   Jul 2018   [Refereed]
Inoue D, Fujino T, Sheridan P, Zhang YZ, Nagase R, Horikawa S, Li Z, Matsui H, Kanai A, Saika M, Yamaguchi R, Kozuka-Hata H, Kawabata KC, Yokoyama A, Goyama S, Inaba T, Imoto S, Miyano S, Xu M, Yang FC, Oyama M, Kitamura T
Leukemia   32(6) 1327-1337   Jun 2018   [Refereed]
Kikuchi K, Kozuka-Hata H, Oyama M, Seiki M, Koshikawa N
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1731 29-37   2018   [Refereed]
Fujita T, Kozuka-Hata H, Hori Y, Takeuchi J, Kubo T, Oyama M
PloS one   13(2) e0191344   2018   [Refereed]
Saitoh SI, Abe F, Kanno A, Tanimura N, Mori Saitoh Y, Fukui R, Shibata T, Sato K, Ichinohe T, Hayashi M, Kubota K, Kozuka-Hata H, Oyama M, Kikko Y, Katada T, Kontani K, Miyake K
Nature communications   8(1) 1592   Nov 2017   [Refereed]
Suzawa M, Noguchi K, Nishi K, Kozuka-Hata H, Oyama M, Ui-Tei K
Journal of molecular biology   429(21) 3319-3333   Oct 2017   [Refereed]
Contu VR, Hase K, Kozuka-Hata H, Oyama M, Fujiwara Y, Kabuta C, Takahashi M, Hakuno F, Takahashi SI, Wada K, Kabuta T
Journal of cell science   130(17) 2843-2853   Sep 2017   [Refereed]
Hashimoto T, Horikawa DD, Saito Y, Kuwahara H, Kozuka-Hata H, Shin-I T, Minakuchi Y, Ohishi K, Motoyama A, Aizu T, Enomoto A, Kondo K, Tanaka S, Hara Y, Koshikawa S, Sagara H, Miura T, Yokobori SI, Miyagawa K, Suzuki Y, Kubo T, Oyama M, Kohara Y, Fujiyama A, Arakawa K, Katayama T, Toyoda A, Kunieda T
Nature communications   7 12808   Sep 2016   [Refereed]
Narushima Y, Kozuka-Hata H, Tsumoto K, Inoue J, Oyama M
Bioinformatics (Oxford, England)   32(14) 2083-2088   Jul 2016   [Refereed]
Yuki Y, Kurokawa S, Kozuka-Hata H, Tokuhara D, Mejima M, Kuroda M, Oyama M, Nishimaki-Mogami T, Teshima R, Kiyono H
Regulatory toxicology and pharmacology : RTP   76 128-136   Apr 2016   [Refereed]
Sato Y, Kato A, Arii J, Koyanagi N, Kozuka-Hata H, Oyama M, Kawaguchi Y
The Journal of veterinary medical science   78(3) 405-410   Mar 2016   [Refereed]
Narushima Y, Kozuka-Hata H, Koyama-Nasu R, Tsumoto K, Inoue J, Akiyama T, Oyama M
Molecular & cellular proteomics : MCP   15(3) 1017-1031   Mar 2016   [Refereed]
Taniue K, Kurimoto A, Sugimasa H, Nasu E, Takeda Y, Iwasaki K, Nagashima T, Okada-Hatakeyama M, Oyama M, Kozuka-Hata H, Hiyoshi M, Kitayama J, Negishi L, Kawasaki Y, Akiyama T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(5) 1273-1278   Feb 2016   [Refereed]
Sato Y, Kato A, Maruzuru Y, Oyama M, Kozuka-Hata H, Arii J, Kawaguchi Y
Journal of virology   90(6) 3173-3186   Jan 2016   [Refereed]
Nishimura A, Yamamoto K, Oyama M, Kozuka-Hata H, Saito H, Tatebayashi K
Molecular and cellular biology   36(7) 1109-1123   Jan 2016   [Refereed]
Hirano A, Nakagawa T, Yoshitane H, Oyama M, Kozuka-Hata H, Lanjakornsiripan D, Fukada Y
PloS one   11(4) e0154263   2016   [Refereed]
Liu Z, Kato A, Oyama M, Kozuka-Hata H, Arii J, Kawaguchi Y
Journal of virology   89(17) 8982-8998   Sep 2015   [Refereed]

Misc

 
CD73はEmmprinと複合体を形成し線維芽細胞からのMMP-2産生に関与する
青木 光希子, 古賀 佳織, 宮崎 健, 濱崎 慎, 越川 直彦, 尾山 大明, 秦 裕子, 鍋島 一樹
日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集   49回 120-120   Jun 2017
【生命科学で使える はじめての数理モデルとシミュレーション】 (第4章)生命科学・医学研究における事例に学ぶ シグナル伝達 リン酸化プロテオミクスに基づく数理ネットワーク解析
尾山 大明, 秦 裕子
実験医学   35(5) 843-846   Mar 2017
mTOR阻害剤を用いた膠芽腫幹細胞プロテオーム及びリン酸化プロテオームに関する統合摂動解析
秦 裕子, 廣木 朋子, 那須 亮, 津本 浩平, 井上 純一郎, 秋山 徹, 尾山 大明
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [4T17p-01(3P0407)]   Dec 2015
次世代シグナル伝達研究への展開 ショットガンプロテオミクスが解き明かす高解像度シグナル伝達ダイナミクス
尾山 大明, 秦 裕子
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 2S01a-6   Sep 2013
【次世代シグナル伝達研究-先駆的基礎解析と臨床・創薬への展開-】 ショットガンプロテオミクスが解き明かす高解像度シグナル伝達ネットワーク
秦 裕子, 尾山 大明
生化学   85(6) 456-461   Jun 2013
細胞は多くのタンパク質が織り成す相互作用ネットワークによって増殖、分化といった基本的な生命現象を幅広く制御しており、その作動原理に関する理論的基盤の解明は生命システムの真の理解に向けて至上命題といっても過言ではない。シグナル伝達ネットワークにおいては、リン酸化をはじめとする翻訳後修飾によって高次の動的制御がなされており、それらの包括的な全体像の計測から今まで予測されなかった知見の導出が大いに期待される。本稿では、近年技術的な進展が目覚ましく、数百から数千の因子に関する一斉同定・定量を可能と...
【シグナル伝達研究最前線2012 翻訳後修飾、解析技術、疾患との連関から創薬応用まで】 (第1章)シグナル伝達経路解析の新しい方法論 高精度定量プロテオミクスによる翻訳後修飾シグナルの包括的動態解析
尾山 大明, 秦 裕子
実験医学   30(5) 681-685   Mar 2012
シグナル伝達系は細胞の増殖、分化といった基本的な生命現象を幅広く制御する生命システムであり、その主体は多くの情報伝達因子の翻訳後修飾ダイナミクスによって制御されるタンパク質相互作用ネットワークであることがこれまでの研究によって明らかにされている。本稿では、シグナル伝達系を制御する代表的なタンパク質翻訳後修飾であるリン酸化、ユビキチン化に関して、生化学的な精製からショットガン質量分析に至る先端的なプロテオミクス解析技術の現状を紹介する。また、安定同位体を用いたタンパク質ラベル化技術に基づくシ...
リン酸化プロテオームとトランスクリプトーム動態の統合的解析により乳癌の薬剤耐性特性を解明できる(Integrative analysis of phosphoproteome and transcriptome dynamics defines drug-resistance properties of breast cancer)
尾山 大明, 長嶋 剛史, 秦 裕子, 湯本 範子, 白石 友一, 池田 和博, 黒木 陽子, 後藤 典子, 井上 聡, 北野 宏明, 岡田 眞里子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 4T16-3   Dec 2010
Helicobacter pylori感染によるCagA依存性シグナルネットワーク動態のシステムレベル解析(System-level analysis of CagA-dependent signaling network dynamics by Helicobacter pylori infection)
秦 裕子, 鈴木 仁人, 氣駕 恒太朗, 田崎 真哉, 井上 純一郎, 山本 雅, 笹川 千尋, 尾山 大明
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 4T16-6   Dec 2010
【プロテオミクスが解き明かす情報伝達ネットワーク タンパク質リン酸化の全体像の解析から、病態機構の理解、分子標的薬評価の応用まで】 リン酸化時系列情報からみえるシグナルダイナミクス
尾山 大明, 秦 裕子
実験医学   27(16) 2576-2581   Oct 2009
シグナル伝達系は細胞の増殖、分化といった複雑な生命現象を幅広く制御することが知られており、これまでの幾多の研究によって多くの情報伝達因子とそれらの相互作用ネットワークが明らかにされてきた。本稿では、代表的なシグナル伝達系の1つである上皮成長因子受容体パスウェイを対象として、その根幹をなすチロシンリン酸化シグナルネットワークの活性変動を包括的かつ定量的に捕える方法論を紹介し、細胞内情報伝達の作動原理をシステムレベルで明らかにするための新たな研究の方向性に関して議論する。(著者抄録)
乳癌の新規薬剤ターゲット探索に向けたリン酸化シグナルネットワークの包括的時系列解析(Time-resolved analysis of global phosphoproteome dynamics for network-wide exploration of novel drug targets against breast cancer)
尾山 大明, 秦 裕子, 湯本 範子, 長嶋 剛史, 黒木 陽子, 井上 聡, 畠山 眞里子, 北野 宏明
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 4T25-4   Nov 2008
チロシンリン酸化プロテオームのシグナル動態解析によるSrcファミリー制御ネットワークの解明(Time-resolved description of tyrosine-phosphoproteome signaling dynamics reveals Src family-mediated global regulatory networks)
秦 裕子, 尾山 大明, 田崎 真哉, 仙波 憲太郎, 服部 成介, 菅野 純夫, 井上 純一郎, 山本 雅
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 4T25-5   Nov 2008