Mayumi Komine

J-GLOBAL         Last updated: Apr 5, 2018 at 18:20
 
Avatar
Name
Mayumi Komine
Affiliation
Jichi Medical University
Section
School of Medicine

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Fusumae T, Kamiya K, Maekawa T, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   45(1) 115-116   Mar 2017   [Refereed]
Meephansan J, Subpayasarn U, Ponnikorn S, Chakkavittumrong P, Juntongjin P, Komine M, Ohtsuki M, Poovorawan Y
The Journal of dermatology   45(3) 322-325   Mar 2018   [Refereed]
Maki N, Komine M, Tsuda H, Fujita Y, Fujita E, Murata S, Demitsu T, Utani A, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   45(2) 244-246   Mar 2017   [Refereed]
Ueda Y, Komine M, Kamiya K, Tsuda H, Maekawa T, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   45(3) 326-328   Mar 2018   [Refereed]
Oshio T, Komine M, Tsuda H, Tominaga SI, Saito H, Nakae S, Ohtsuki M
Journal of dermatological science   85(2) 106-114   Feb 2017   [Refereed]
Suda K, Kamiya K, Chiang B, Okada H, Mato N, Maekawa T, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology      Mar 2018   [Refereed]
Tsuda H, Komine M, Tominaga SI, Ohtsuki M
Journal of dermatological science   85(2) 137-140   Feb 2017   [Refereed]
Waki Y, Kamiya K, Maekawa T, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   45(1) e9-e10   Jan 2018   [Refereed]
Adachi A, Komine M, Maekawa T, Murata S, Shiohama A, Kubo A, Ohtsuki M
Acta dermato-venereologica   97(6) 756-758   Feb 2017   [Refereed]
Fusumae T, Kamiya K, Chiang B, Okada H, Nakano N, Maekawa T, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   45(1) 87-90   Jan 2018   [Refereed]
Adachi A, Komine M, Hirano T, Tsuda H, Karakawa M, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   43(12) 1439-1440   Dec 2016   [Refereed]
Fusumae T, Kamiya K, Maekawa T, Komine M, Murata S, Inoda S, Takahashi R, Kawashima H, Ohtsuki M
The Journal of dermatology      Jan 2018   [Refereed]
Adachi A, Komine M, Murata S, Tsuda H, Kawahara Y, Morimoto A, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   43(11) 1378-1378   Nov 2016   [Refereed]
Ohtsuki M, Okubo Y, Komine M, Imafuku S, Day RM, Chen P, Petric R, Maroli A, Nemoto O
The Journal of dermatology   44(8) 873-884   Aug 2017   [Refereed]
Adachi A, Komine M, Murata S, Maekawa T, Ansai SI, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   43(11) 1364-1365   Nov 2016   [Refereed]
Adachi A, Komine M, Suzuki M, Murata S, Hirano T, Ishii N, Hashimoto T, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   43(11) 1391-1391   Nov 2016   [Refereed]
Kamiya K, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
International journal of dermatology   56(8) e173-e175   Aug 2017   [Refereed]
Karakawa M, Komine M, Kishimoto M, Maki N, Matsumoto A, Sugai J, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   43(11) 1357-1357   Nov 2016   [Refereed]
Ueda Y, Kamiya K, Maekawa T, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
European journal of dermatology : EJD   27(4) 423-425   Aug 2017   [Refereed]
Matsumoto A, Komine M, Karakawa M, Kishimoto M, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   44(2) 202-204   Oct 2016   [Refereed]
Nakano N, Nakaya T, Kamiya K, Komine M, Murata S, Kawata H, Yokoyama S, Tanaka A, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   44(11) 1327-1328   Nov 2016   [Refereed]
Karakawa M, Komine M, Hanakawa Y, Tsuda H, Sayama K, Tamaki K, Ohtsuki M
Journal of cellular physiology   229(12) 1935-1945   Apr 2014   [Refereed]
Imafuku S, Honma M, Okubo Y, Komine M, Ohtsuki M, Morita A, Seko N, Kawashima N, Ito S, Shima T, Nakagawa H
The Journal of dermatology   43(9) 1017-1017   Sep 2016   [Refereed]
Maekawa T, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   40(12) 1058-1059   Dec 2013   [Refereed]
Pittayapruek P, Meephansan J, Prapapan O, Komine M, Ohtsuki M
International journal of molecular sciences   17(6)    Jun 2016   [Refereed]
Hosoda S, Suzuki M, Komine M, Fujita E, Yamada T, Murata S, Koga H, Hashimoto T, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   40(12) 1067-1068   Dec 2013   [Refereed]
Adachi A, Maekawa T, Komine M, Murata S, Ueda Y, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   44(2) 222-223   May 2016   [Refereed]
Wu CS, Komine M, Fujimoto S, Ohmatsu H, Kikuchi K, Tada Y, Yu HS, Ohtsuki M, Tamaki K
Journal of dermatological science   72(1) 66-68   Oct 2013   [Refereed]
Hosoda S, Adachi A, Suzuki M, Yamada T, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   43(2) 196-196   Feb 2016   [Refereed]
Fujita E, Komine M, Tsuda H, Adachi A, Murata S, Kamata Y, Minota S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   42(12) 1169-1171   Dec 2015   [Refereed]
Ohtsuki M, Terui T, Ozawa A, Morita A, Sano S, Takahashi H, Komine M, Etoh T, Igarashi A, Torii H, Asahina A, Nemoto O, Nakagawa H, Biologics Review Committee of the Japanese Dermatological Association
The Journal of dermatology   40(9) 683-695   Sep 2013   [Refereed]
Nakajima R, Komine M, Miyamoto Y, Fusumae T, Fujita Y, Maekawa T, Murata S, Fukushima N, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   42(11) 1083-1086   Nov 2015   [Refereed]
Yano C, Saeki H, Komine M, Kagami S, Tsunemi Y, Ohtsuki M, Nakagawa H
Annals of dermatology   27(2) 152-156   Apr 2015   [Refereed]
Maekawa T, Komine M, Murata S, Fukushima N, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   42(3) 318-321   Mar 2015   [Refereed]
Tominaga S, Tago K, Tsuda H, Komine M
Cytokine   72(1) 105-108   Mar 2015   [Refereed]
Adachi A, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   42(2) 224-225   Feb 2015   [Refereed]
Suzuki M, Hosoda S, Yamada T, Komine M, Murata S, Yokokura H, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   41(11) 1030-1031   Nov 2014   [Refereed]
Maekawa T, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   41(10) 944-946   Oct 2014   [Refereed]
Miyamoto Y, Komine M, Takatsuka Y, Maekawa T, Murata S, Nakanaga K, Ishii N, Ohtsuki M
The Journal of dermatology      Jun 2014   [Refereed]
Nagai T, Karakawa M, Komine M, Muroi K, Ohtsuki M, Ozawa K
European journal of haematology   91 270-272   Sep 2013   [Refereed]
Meephansan J, Komine M, Tsuda H, Karakawa M, Tominaga S, Ohtsuki M
Journal of dermatological science   71 107-114   Aug 2013   [Refereed]
Maki N, Komine M, Takatsuka Y, Maekawa T, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   40 299-300   Apr 2013   [Refereed]
Hosoda S, Yamada T, Suzuki M, Murata S, Komine M, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   40 211-212   Mar 2013   [Refereed]
Morita M, Komine M, Takatsuka Y, Hosoda S, Onda H, Maekawa T, Murata S, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   40 132-134   Feb 2013   [Refereed]
Meephansan J, Komine M, Hosoda S, Tsuda H, Karakawa M, Murata S, Demitsu T, Ohtsuki M
Journal of the American Academy of Dermatology   68 138-143   Jan 2013   [Refereed]
Meephansan J, Tsuda H, Komine M, Tominaga S, Ohtsuki M
The Journal of investigative dermatology   132 2593-2600   Nov 2012   [Refereed]
Tsuda H, Komine M, Karakawa M, Etoh T, Tominaga S, Ohtsuki M
The Journal of investigative dermatology   132 2661-2664   Nov 2012   [Refereed]
Hosoda S, Komine M, Karakawa M, Tsuda H, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   39 855-857   Oct 2012   [Refereed]
Matsuyama Y, Okazaki H, Hoshino M, Onishi S, Kamata Y, Nagatani K, Nagashima T, Iwamoto M, Yoshio T, Ohto-Ozaki H, Tamemoto H, Komine M, Sekiya H, Tominaga S, Minota S
Rheumatology international   32 1397-1401   May 2012   [Refereed]
Takatsuka Y, Komine M, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   39 474-476   May 2012   [Refereed]
Wakatabi K, Komine M, Meephansan J, Matsuyama Y, Tsuda H, Tominaga S, Ohtsuki M
European journal of dermatology : EJD   22 333-336   May 2012   [Refereed]
Hosoda S, Suzuki M, Komine M, Murata S, Hashimoto T, Ohtsuki M
Acta dermato-venereologica   92 164-166   Mar 2012   [Refereed]
Meephansan J, Komine M, Tsuda H, Tominaga S, Ohtsuki M
Journal of dermatological science   65 72-74   Jan 2012   [Refereed]
Letter: Imported paracoccidioidomycosis in Japan.
Onda H, Komine M, Murata S, Ohtsuki M
Dermatology online journal   17 11   Dec 2011   [Refereed]
Karakawa M, Komine M, Takekoshi T, Sakurai N, Minatani Y, Tada Y, Saeki H, Tamaki K
The Journal of dermatology   38 655-660   Jul 2011   [Refereed]
Tatsuta A, Komine M, Taguchi Y, Yokokura H, Koike Y, Murata S, Fukushima N, Ohtsuki M
The Journal of dermatology   38 730-732   Jul 2011   [Refereed]
Kikuchi Y, Kashii Y, Gunji Y, Morimoto A, Masuzawa A, Takatsuka Y, Fujita E, Komine M, Ohtsuki M, Matsubara D, Kobayashi C, Sakurai A, Yanase K, Kato K, Koike K, Tsuchida M, Momoi MY
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   53 393-396   Jun 2011   [Refereed]
Aochi S, Tsuji K, Sakaguchi M, Huh N, Tsuda T, Yamanishi K, Komine M, Iwatsuki K
Journal of the American Academy of Dermatology   64 879-887   May 2011   [Refereed]
Fujimoto S, Komine M, Karakawa M, Uratsuji H, Kagami S, Tada Y, Saeki H, Ohtsuki M, Tamaki K
Cytokine   54 191-199   May 2011   [Refereed]
Natsuga K, Nishie W, Shinkuma S, Nakamura H, Matsushima Y, Tatsuta A, Komine M, Shimizu H
Journal of dermatological science   61 38-44   Jan 2011   [Refereed]
Karakawa M, Komine M, Tamaki K, Ohtsuki M
Archives of dermatological research   302 763-767   Dec 2010   [Refereed]
Takekoshi T, Tada Y, Watanabe T, Sugaya M, Hoashi T, Komine M, Kawashima T, Shimizu T, Hau CS, Asahina A, Yokomizo T, Sato S, Tamaki K
The Journal of biological chemistry   285 31876-31884   Oct 2010   [Refereed]
Nakajima A, Matsuki T, Komine M, Asahina A, Horai R, Nakae S, Ishigame H, Kakuta S, Saijo S, Iwakura Y
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   185 1887-1893   Aug 2010   [Refereed]
Shibata S, Saeki H, Tada Y, Karakawa M, Komine M, Tamaki K
Journal of dermatological science   55 62-63   Jul 2009   [Refereed]
Futaki K, Komine M, Hosoda S, Hirashima M, Yokokura H, Yamada T, Murata S, Matsuyama Y, Nagashima T, Nara H, Minota S, Ohtsuki M
European journal of dermatology : EJD   19 266-267   May 2009   [Refereed]
Takatsuka Y, Komine M, Fujita E, Koike Y, Yamada T, Murata S, Ohtsuki M
International journal of dermatology   48 324-326   Mar 2009   [Refereed]
Shibata S, Tada Y, Komine M, Hattori N, Osame S, Kanda N, Watanabe S, Saeki H, Tamaki K
Journal of dermatological science   53 34-39   Jan 2009   [Refereed]
Masui Y, Komine M, Kadono T, Ishiura N, Maekawa T, Ihn H, Kikuchi K, Tamaki K
Journal of cutaneous pathology   35 Suppl 1 55-58   Oct 2008   [Refereed]
Fujimoto S, Uratsuji H, Saeki H, Kagami S, Tsunemi Y, Komine M, Tamaki K
Cytokine   44 172-178   Oct 2008   [Refereed]
Saeki H, Watanabe A, Tada Y, Kakinuma T, Komine M, Ihn H, Asahina A, Etoh T, Kitanaka S, Sato U, Kano H, Igarashi T, Tamaki K
The Journal of dermatology   35 601-603   Sep 2008   [Refereed]
Kondo T, Suzuki T, Mitsuhashi Y, Ito S, Kono M, Komine M, Akita H, Tomita Y
The Journal of dermatology   35 395-406   Jul 2008   [Refereed]
Kagami S, Saeki H, Tsunemi Y, Nakamura K, Kuwano Y, Komine M, Nakayama T, Yoshie O, Tamaki K
European journal of immunology   38 647-657   Mar 2008   [Refereed]
Kuwano Y, Fujimoto M, Watanabe R, Ishiura N, Nakashima H, Komine M, Hamazaki TS, Tamaki K, Okochi H
Biochemical and biophysical research communications   361 224-229   Sep 2007   [Refereed]
Komine M, Karakawa M, Takekoshi T, Sakurai N, Minatani Y, Mitsui H, Tada Y, Saeki H, Asahina A, Tamaki K
The Journal of investigative dermatology   127 1915-1922   Aug 2007   [Refereed]
Fujita H, Asahina A, Komine M, Tamaki K
The Journal of dermatology   34 403-406   Jun 2007   [Refereed]
Saeki H, Hosono S, Tsunemi Y, Sasaki K, Kadono T, Ihn H, Komine M, Asahina A, Kikuchi K, Tamaki K
The Journal of dermatology   34 356-359   May 2007   [Refereed]
Fujita H, Asahina A, Komine M, Tamaki K
Cellular immunology   245 70-79   Feb 2007   [Refereed]
Kuwano Y, Watanabe R, Fujimoto M, Komine M, Asahina A, Tsukada N, Tamaki K
International journal of dermatology   45 1265-1267   Oct 2006   [Refereed]
Saeki H, Nakamura K, Tsunemi Y, Komine M, Tamaki K
The Journal of dermatology   33 692-695   Oct 2006   [Refereed]
Shimazu K, Tsunemi Y, Hattori N, Saeki H, Komine M, Adachi M, Tamaki K
International journal of dermatology   45 1128-1130   Sep 2006   [Refereed]
Tsunemi Y, Saeki H, Nakamura K, Nagakubo D, Nakayama T, Yoshie O, Kagami S, Shimazu K, Kadono T, Sugaya M, Komine M, Matsushima K, Tamaki K
European journal of immunology   36 2116-2127   Aug 2006   [Refereed]
Nakashima H, Komine M, Sasaki K, Mitsui H, Fujimoto M, Ihn H, Asahina A, Kikuchi K, Tamaki K
The Journal of dermatology   33 557-562   Aug 2006   [Refereed]
Yano S, Komine M, Fujimoto M, Okochi H, Tamaki K
Experimental dermatology   15 356-361   May 2006   [Refereed]
Kagami S, Saeki H, Komine M, Kakinuma T, Nakamura K, Tsunemi Y, Sasaki K, Asahina A, Tamaki K
Experimental dermatology   15 95-100   Feb 2006   [Refereed]
Takekoshi T, Asahina A, Komine M, Tamaki K
Acta dermato-venereologica   86 375-376   2006   [Refereed]
Diagnosis of epidermolytic palmoplantar keratoderma in a very early stage by gene analysis.
Shimazu K, Tsunemi Y, Hattori N, Adachi M, Imakado S, Saeki H, Komine M, Tamaki K
The Journal of dermatology   32 859-861   Oct 2005   [Refereed]
Komine M, Kakinuma T, Kagami S, Hanakawa Y, Hashimoto K, Tamaki K
The Journal of investigative dermatology   125 491-498   Sep 2005   [Refereed]
Iizuka Y, Yokomizo T, Terawaki K, Komine M, Tamaki K, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   280 24816-24823   Jul 2005   [Refereed]
Kagami S, Kakinuma T, Saeki H, Tsunemi Y, Fujita H, Sasaki K, Nakamura K, Takekoshi T, Kishimoto M, Mitsui H, Komine M, Asahina A, Tamaki K
The Journal of investigative dermatology   124 1088-1090   May 2005   [Refereed]
Mitsui H, Watanabe T, Komine M, Nakamura H, Shimizu H, Tamaki K
Journal of the American Academy of Dermatology   52 371-373   Feb 2005   [Refereed]
Komine M, Tamaki K
Acta dermato-venereologica   85 360-362   2005   [Refereed]
Tsunemi Y, Komine M, Sekiya T, Saeki H, Nakamura K, Hirai K, Kakinuma T, Kagami S, Fujita H, Asano N, Tanida Y, Wakugawa M, Torii H, Tamaki K
Experimental dermatology   13 715-719   Nov 2004   [Refereed]
Yano S, Komine M, Fujimoto M, Okochi H, Tamaki K
The Journal of investigative dermatology   122 783-790   Mar 2004   [Refereed]
Tsunemi Y, Saeki H, Kishimoto M, Mitsui H, Tada Y, Torii H, Komine M, Asahina A, Tamaki K, Sekiya T
Journal of dermatological science   32 163-165   Aug 2003   [Refereed]
Xiao T, Kagami S, Saeki H, Sugaya M, Kakinuma T, Fujita H, Yano S, Mitsui H, Torii H, Komine M, Asahina A, Nakamura K, Tamaki K
Journal of dermatological science   31 111-117   Apr 2003   [Refereed]
[Suppressive effect of roxithromycin on TARC production in epidermal cells].
Komine M, Kakinuma H, Tamaoki K
The Japanese journal of antibiotics   56 Suppl A 109-112   Apr 2003   [Refereed]
Kakinuma T, Saeki H, Tsunemi Y, Fujita H, Asano N, Mitsui H, Tada Y, Wakugawa M, Watanabe T, Torii H, Komine M, Asahina A, Nakamura K, Tamaki K
The Journal of allergy and clinical immunology   111 592-597   Mar 2003   [Refereed]
Yano S, Komine M, Fujimoto M, Okochi H, Tamaki K
Biochemical and biophysical research communications   301 841-847   Feb 2003   [Refereed]
Mitsui H, Komine M, Shirai A, Kanda N, Asahina A, Okochi H, Hitomi S, Kimura S, Tamaki K
Acta dermato-venereologica   83 31-35   2003   [Refereed]

Misc

 
【原因が明らかな皮膚病】 <臨床例> Muir-Torre症候群
加藤 めぐみ, 北島 麻耶子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
皮膚病診療   40(2) 161-164   Feb 2018
<症例のポイント>Muir-Torre症候群(MTS)は、DNAミスマッチ修復遺伝子変異が原因の、主に大腸癌をはじめとする遺伝性多発癌疾患であるLynch症候群のうち、脂腺腫瘍やケラトアカントーマを合併する一亜型である。胸部脂腺腫の切除治療を契機に、過去切除された皮膚腫瘍と大腸癌、家族歴、既往歴などの再検討から、MTSと診断した1例を報告した。大腸癌組織を用いたマイクロサテライト不安定性検査が陽性であること、脂腺腫の免疫染色でDNAミスマッチ修復遺伝子の1つであるMLH1蛋白の発現がみられ...
【乾癬-病態・臨床の最新知見-】 乾癬の治療 治療総論
小宮根 真弓, 大槻 マミ太郎
日本臨床   76(1) 86-90   Jan 2018
乾癬の病態理論と治療の変遷
小宮根 真弓
皮膚病診療   39(12) 1236-1241   Dec 2017
【乾癬-2017】 <臨床例>photosensitive psoriasis
永島 和貴, 梅本 尚可, 津田 英利, 小宮根 真弓, 出光 俊郎, 川瀬 正昭
皮膚病診療   39(12) 1247-1250   Dec 2017
<症例のポイント>乾癬性紅皮症の治療経過中にnarrow band ultraviolet B(以下、NB-UVB)照射療法を行い膿疱性乾癬が誘発された。IL36RN遺伝子変異検索ではp.Asn47Serのヘテロ変異を認めた。通常はキャリアと解釈されるヘテロ変異症例でもなんらかの複合要因のもとに炎症反応が強く働き、膿疱性乾癬の皮疹が発症する可能性があり、自験例は光線過敏症が要因と考えた。(著者抄録)
【痒み十人十色-がんこな痒みの仕組みと対処法】 (Part1)痒い疾患の対処法ア・ラ・カルト(case 11) 乾癬の痒み
小宮根 真弓, 大槻 マミ太郎
Visual Dermatology   16(11) 1076-1077   Oct 2017
鈴木 正之, 細田 里美, 山田 朋子, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   127(10) 2313-2319   Sep 2017
77歳、男の水疱性類天疱瘡(BP)で、プレドニゾロン(PSL)内服とDFPP、ミノサイクリン、ニコチン酸アミドなどの併用をしたが、難治の症例であった。経過中に膀胱がんの再発や肺結核の疑いが生じたため、皮疹再発時に免疫抑制をきたす治療法を選択することが困難な状況であった。このため大量免疫グロブリン(IVIG)療法の併用を選択し、皮疹の再燃を抑制した。その後PSLの減量を進めながらBPの再発を防ぐ目的でIVIG療法の併用を継続した。計16クール施行し、その間再燃なくPSL漸減が可能であった。(...
小川 智広, 中野 尚美, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 福留 潤
皮膚科の臨床   59(9) 1391-1394   Aug 2017
症例は71歳男性で、3年前より右耳介後部に黒色結節を自覚しており、時々掻破による出血があった。精査加療目的で当科を紹介受診した。頭頸部造影MRIでは右耳介後部にT1強調画像で低信号領域、T2強調画像で高信号領域を認め、筋層との境界は一部不明瞭で筋への浸潤が疑われた。皮膚生検で基底細胞癌(BCC)と診断後、局所麻酔下で局面より5mm離し、僧帽筋膜直上まで人工真皮植皮術を施行した。切除標本から、神経周囲浸潤、筋層浸潤およびリンパ節への直接浸潤を認めた浸潤型BCCと最終診断した。切除断端陰性であ...
小川 智広, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
臨床皮膚科   71(8) 635-639   Jul 2017
36歳,女性.4年前から肛門周囲に潰瘍が出現した.近医皮膚科や肛門科で抗菌薬外用等するも改善せず,生検病理組織像でLCHを疑われ当院を紹介受診した.外陰部から会陰,肛門周囲に多発潰瘍,額に黄色丘疹,点状痂皮,体幹に褐色斑の多発を認めた.再生検でCD1a陽性細胞の表皮内浸潤,真皮の結節状浸潤あり,LCHと確定診断した.ステロイド外用にて陰部潰瘍は縮小傾向を認め,一定の効果を示したが,全身精査で腟壁,尿道,甲状腺浸潤がみられ,多臓器型として今後化学療法を施行予定である.また,LCHではBRAF...
【最近のトピックス2017 Clinical Dermatology 2017】皮膚科医のための臨床トピックス ジェネリックからバイオシミラーへ
小宮根 真弓
臨床皮膚科   71(5) 183-185   Apr 2017
ジェネリックとは,低分子医薬品の後発医薬品を指すが,バイオシミラーはバイオ医薬品の後続品を指す.低分子医薬品の開発は頭打ちであり,今後はバイオ医薬品の開発の伸びが期待されており,バイオシミラーの開発が進むことが予想される.低分子医薬品と比較して,バイオ医薬品の製造工程は複雑であり,環境に依存する微生物の細胞内で産生され,培養,精製など多数の工程を踏む必要がある.バイオシミラーでは他社が製造した先行品の詳細な情報を得ることが難しいため,宿主・ベクター系,培養・精製の工程を独自に確立する必要が...
【鼻の皮膚病】 臨床例 鼻翼に生じた有茎性粉瘤
平野 智子, 村田 哲, 伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 大槻 マミ太郎
皮膚病診療   39(3) 279-282   Mar 2017
<症例のポイント>左鼻翼に生じた多彩な毛細血管拡張を伴う有茎性表皮嚢腫の1例を経験した。有茎性となった理由として、下床・皮膚・嚢腫の硬さのバランスがあげられる。切除組織標本の一部に毛包様構造を認めており、背景にfolliculosebaceous cystic hamartoma(FSCH)が存在していた可能性がある。(著者抄録)
小川 智広, 藤田 有理香, 佐藤 篤子, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
臨床皮膚科   71(3) 221-224   Mar 2017
82歳,女性.13年前胃癌全摘,2年前よりアルツハイマー型認知症あり.介護度は全介助で,おむつを着用していた.1ヵ月前より臀部,大陰唇に弾性硬,紫紅色の扁平隆起性結節が左右対称性に多発,部分的に融合し敷石状を呈していた.発症前後で下痢,軟便があった.生検病理組織像にて表皮突起の延長,真皮浅層血管周囲に形質細胞,好酸球,好中球を含む単核球浸潤を認め,diaper area granuloma of the agedと診断した.清潔指導およびベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルの外用を...
エポキシ樹脂による職業性全身型接触皮膚炎の1例
福田 浩孝, 伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   10(4) 440-440   Oct 2016
【皮膚疾患ペディア】 膿疱性乾癬(汎発型)診療ガイドライン
小宮根 真弓
日本医師会雑誌   145(特別2) S210-S210   Oct 2016
ニボルマブが遠隔転移に早期から奏効した口腔粘膜悪性黒色腫の1例
伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 中野 崇史, 土屋 欣之, 大槻 マミ太郎
西日本皮膚科   78(5) 544-544   Oct 2016
瓢箪型結節を形成し片側のみメラニン色素のみられたBednar腫瘍(pigmented dermatofibrosarcoma protuberans)の1例
福田 浩孝, 伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大山 正彦, 大槻 マミ太郎
西日本皮膚科   78(5) 544-544   Oct 2016
【脊椎関節炎の病態と治療】 乾癬性関節炎に対する生物学的製剤治療
岸本 恵美, 小宮根 真弓, 大槻 マミ太郎
炎症と免疫   24(5) 421-425   Aug 2016
乾癬性関節炎は、関節リウマチ同様、初期の治療介入が重要であることが示されている。現在わが国で乾癬性関節炎に保険適応のある生物学的製剤はインフリキシマブ、アダリムマブ、ウステキヌマブ、セクキヌマブの4剤にかぎられており、いずれの薬剤をどの時期に使うかについては、国内外のガイドラインを準拠するとともに、個々の症例の特性、合併症などに照らし合わせて決定するべきである。現時点では、乾癬性関節炎に生物学的製剤を導入する際、多くの場合でTNF阻害薬が第一選択と考えられている。一方、ウステキヌマブやセク...
広範に広がるボーエン様丘疹症の1例
前川 武雄, 足立 晃正, 伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚外科学会誌   20(2) 152-153   Aug 2016
外科的切除を行った径2cm大の左側頭部血管肉腫の1例
伏間江 貴之, 前川 武雄, 中野 尚美, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚外科学会誌   20(2別冊) 220-220   Aug 2016
泌尿器科との合同手術で腫瘍完全切除をし得た外陰部Bowen病の1例
伏間江 貴之, 前川 武雄, 藤田 有理香, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚外科学会誌   20(1) 80-81   Jul 2016
Muir-Torre症候群の1例
加藤 めぐみ, 北島 麻耶子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(7) 1311-1311   Jun 2016
ニフェジピン内服にて繰り返し汎発性膿疱化が誘発された膿疱性乾癬の1例
松本 藍, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(7) 1315-1315   Jun 2016
photosensitive psoriasisの1例
永島 和貴, 中村 哲史, 梅本 尚可, 山田 朋子, 高澤 摩耶, 塚原 理恵子, 出光 俊郎, 五野 貴久, 寺井 千尋, 津田 英利, 小宮根 真弓, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(7) 1316-1316   Jun 2016
若年者に発症した尋常性天疱瘡の1例
北島 麻耶子, 加藤 めぐみ, 伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 作山 葵, 神部 芳則, 橋本 隆
日本皮膚科学会雑誌   126(7) 1320-1320   Jun 2016
径5mm大の若年者足底悪性黒色腫と診断した1例
伏間江 貴之, 足立 晃正, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(7) 1326-1326   Jun 2016
塚原 理恵子, 若旅 功二, 山田 朋子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 出光 俊郎, 大槻 マミ太郎
皮膚科の臨床   58(7) 1198-1199   Jun 2016
56歳男。受診の約3年前、左腋窩に母指頭大の結節が出現し、1年前には手挙大まで増大した。約3ヵ月前に結節の一部が潰瘍化し、軽度の出血を認めるようになった。初診時、結節は8.0×6.5cm大でドーム状に隆起しており、結節の胸側は深く大きく潰瘍化し、黒色の小結節からなる周堤を形成していた。結節の背側は硬く充実性で、表面に大小さまざまな小結節が多発融合し、顆粒状ないし桑実状を呈していた。これらの病変は4つの部分に大別することができ、内訳は、1)胸腹側黒色小結節からなる周堤部、2)背側淡紅色透明な...
薬疹治療中に一過性に出現した線状IgA水疱症の1例
中野 尚美, 足立 晃正, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
西日本皮膚科   78(3) 304-304   Jun 2016
4歳児に発症した弾性線維性仮性黄色腫(PXE)
牧 伸樹, 藤田 有理香, 藤田 悦子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 出光 俊郎, 大久保 佑美, 宇谷 厚志
西日本皮膚科   78(3) 310-310   Jun 2016
乾癬治療における生物学的製剤の位置づけの再考 生物学的製剤はファーストラインになりうるか?
小宮根 真弓
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 844-844   May 2016
汎発型Hailey-Hailey病の1例
北島 麻耶子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 岡田 嘉右衛門
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 945-945   May 2016
乳房下縁の紅色硬結を主訴に当科紹介された乳癌の1例
加藤 めぐみ, 佐藤 篤子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 954-954   May 2016
瓢箪型結節を形成し片側のみメラニン色素のみられたBednar腫瘍の1例
福田 浩孝, 伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 大山 正彦
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 958-958   May 2016
右耳介後部皮膚の気管支原性上皮迷入の1例
中野 尚美, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 仲矢 丈雄, 河田 浩敏, 田中 亨, 和田 聖哉, 河野 由美, 矢田 ゆかり
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 963-963   May 2016
Hepatitis B virus-associated vasculitis(Chapel Hill分類2012)の1例
平野 智子, 佐藤 篤子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 橋壁 道雄
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 964-964   May 2016
シクロスポリンが著効した毛孔性紅色粃糠疹の1例
伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 980-980   May 2016
認知症でおむつ常用患者にみられたdiaper area granuloma of the agedの1例
小川 智広, 藤田 有理香, 佐藤 篤子, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(5) 1000-1000   May 2016
当科における新規薬剤による悪性黒色腫治療の現状
前川 武雄, 伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(6) 1124-1124   May 2016
CEA陽性表皮増生を伴ったpapillary tubular adenomaの1例
村田 哲, 宮本 有希子, 小宮根 真弓, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(6) 1137-1137   May 2016
原発性皮膚CD4陽性小・中細胞型T細胞リンパ腫を疑った一例
北島 麻耶子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   32回 130-130   May 2016
ベムラフェニブ投与中にVogt-小柳-原田病を合併した1例
伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   32回 151-151   May 2016
宮本有希子, 平嶋海帆, 前川武雄, 小宮根真弓, 村田哲, 大槻マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   124(4) 824-824   Apr 2014
CBDCA+VP-16による化学療法を施行したメルケル細胞癌の2例
前川 武雄, 北島 麻耶子, 伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   32回 172-172   May 2016
診断に苦慮した鼻背発症の汗腺系附属器癌の1例
中野 尚美, 小川 智広, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 山根 康弘
日本皮膚科学会雑誌   126(4) 438-438   Apr 2016
薬疹治療中に一過性に出現した線状IgA水疱症の1例
中野 尚美, 足立 晃正, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 306-306   Mar 2016
両足背潰瘍、浮腫、疼痛を主訴とした両側重症下肢虚血の1例
北島 麻耶子, 足立 晃正, 平野 智子, 伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 佐藤 弘隆, 堀内 早苗
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 306-306   Mar 2016
イレッサ内服に関連したerosive pustular dermatosis of the scalp様皮疹の1例
加藤 めぐみ, 北島 麻耶子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 306-306   Mar 2016
ヨウ化カリウム内服に温熱療法を併用し短期間で改善を得たスポロトリコーシスの小児例
伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 307-307   Mar 2016
特発性後天性全身性無汗症の1例
岡田 寛文, 伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 307-307   Mar 2016
両側眼瞼腫脹を契機に診断されたMikulicz病の1例
伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 307-307   Mar 2016
左手首屈側に帯状に集簇する汗管腫の1例
中野 尚美, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 308-308   Mar 2016
Muir-Torre症候群の1例
加藤 めぐみ, 北島 麻耶子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 308-308   Mar 2016
尋常性乾癬に合併した自己免疫性水疱症の1例
中野 尚美, 加藤 めぐみ, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 鈴木 宏
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 308-308   Mar 2016
diaper area granuloma of the agedの1例
小川 智広, 藤田 有理香, 佐藤 篤子, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 308-308   Mar 2016
乳房下縁紅色結節を主訴に当科紹介された乳癌の1例
加藤 めぐみ, 佐藤 篤子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 塚田 篤子
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 309-309   Mar 2016
中年鼻背に急速増大した石灰化上皮腫の1例
福田 浩孝, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 藤平 正利
日本皮膚科学会雑誌   126(3) 309-309   Mar 2016
ニフェジピン内服にて繰り返し汎発性膿疱化が誘発された膿疱性乾癬の1例
松本 藍, 小宮根 真弓, 大槻 マミ太郎
角化症研究会記録集   30 108-111   Mar 2016
遺伝性・非遺伝性白色海綿状母斑の免疫組織化学的および電顕的検討
出光 俊郎, 梅本 尚可, 神部 芳則, 山本 亜紀, 森 良之, 米田 耕造, 津田 英利, 大槻 マミ太郎, 小宮根 真弓
角化症研究会記録集   30 122-126   Mar 2016
神経周囲浸潤、筋層浸潤およびリンパ節への直接浸潤を認めた右耳介後部の浸潤型基底細胞癌の一例
小川 智広, 中野 尚美, 加藤 めぐみ, 北島 麻耶子, 藤田 悦子, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
Skin Surgery   25(1) 61-61   Feb 2016
当科における耳介からの複合組織移植(composite graft)による鼻翼再建を行った症例の検討
伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
Skin Surgery   25(1) 66-66   Feb 2016
【免疫疾患Update】 皮膚関連疾患 皮膚科における関節症性乾癬(PsA)診療のコツ
小宮根 真弓
クリニシアン   63(2) 235-239   Feb 2016
イレッサ内服に関連したerosive pustular dermatosis of the scalp様皮疹の1例
加藤 めぐみ, 北島 麻耶子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   126(1) 29-29   Jan 2016
【臨床医として皮膚病変をこう診る】 乾癬
小宮根 真弓
成人病と生活習慣病   46(1) 81-90   Jan 2016
乾癬は、寛解・増悪を繰り返す、難治性の慢性炎症性皮膚疾患である。尋常性乾癬、滴状乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症の5型があるが、90%は尋常性乾癬が占める。遺伝的背景に環境要因が加わって発症すると考えられているが、その原因は不明である。近年、生物学的製剤の発展から病態が急速に解明されつつあり、Th17細胞、形質細胞様樹状細胞、骨髄由来樹状細胞の重要性と、膿疱性乾癬では表皮細胞に発現する分子の遺伝子異常が報告されている。メタボリックシンドロームとの病態の共通性、関連性が重視され、...
左手関節部の橈骨動脈瘤に合併した多発類上皮血管腫の1例
平野 智子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
西日本皮膚科   77(6) 609-609   Dec 2015
IL-33は表皮角化細胞核内で細胞分裂に関与している
津田 英利, 小宮根 真弓, 富永 眞一, 大槻 マミ太郎
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P0122]-[1P0122]   Dec 2015
【整形外科診療に役立つ皮膚科の知識】 掌蹠膿疱症 掌蹠膿疱症性骨関節炎、SAPHO症候群
小宮根 真弓
整形・災害外科   58(12) 1561-1566   Nov 2015
複数の市販鎮痛薬で固定薬疹を生じた1例
伏間江 貴之, 村田 哲, 小宮根 真弓, 大槻 マミ太郎
Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   9(5) 451-451   Nov 2015
照井 正, 秋山 真志, 池田 志斈, 小澤 明, 金蔵 拓郎, 黒澤 美智子, 小宮根 真弓, 佐野 栄紀, 根本 治, 武藤 正彦, 山西 清文, 岩月 啓氏, 青山 裕美, 今井 康友, 中島 喜美子, 馬渕 智生, 藤田 英樹, 葉山 惟大, 日本皮膚科学会膿疱性乾癬(汎発型)診療ガイドライン作成委員会
日本皮膚科学会雑誌   125(12) 2211-2257   Nov 2015
メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例
上田 有希子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 丸山 暁人, 畑野 かおる, 大槻 マミ太郎
皮膚科の臨床   57(11) 1755-1758   Oct 2015
75歳女。四肢や臀部に多発する皮下結節を主訴とした。メトトレキサート(MTX)、アダリムマブにて加療中の関節リウマチ患者であり、4ヵ月前より主訴が出現した。両前腕、左大腿、臀部に皮下の結節病変を認めたが、発熱や体重減少などの全身症状はなかった。結節病変の生検の病理組織学的所見では真皮内から脂肪織に中型〜大型で歪な核を有する好塩基性細胞が巣状に浸潤し、皮膚組織のEBV-DNA PCRは陽性、免疫染色はCD20、CD30陽性、CD79a、CD3、EBER陰性であり、diffuse large ...
広範に広がるボーエン様丘疹症の1例
前川 武雄, 足立 晃正, 伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚外科学会誌   19(2別冊) 205-205   Sep 2015
泌尿器科との合同手術で腫瘍完全切除をし得た外陰部Bowen病の1例
伏間江 貴之, 前川 武雄, 藤田 有理香, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚外科学会誌   19(2別冊) 206-206   Sep 2015
当科におけるニボルマブの使用経験
伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   31回 145-145   Jul 2015
鼡径リンパ節転移をきたした大腿部基底細胞癌の1例
前川 武雄, 藤田 有理香, 佐藤 篤子, 伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   31回 181-181   Jul 2015
当科での非挿管下局所麻酔手術におけるデクスメデトミジンの使用経験
伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚外科学会誌   19(1) 40-41   Jul 2015
当科における下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術の治療経験
前川 武雄, レパヴー・アンドレ, 伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚外科学会誌   19(1) 60-61   Jul 2015
生物学的製剤時代における乾癬治療
尹 浩信, 小宮根 真弓
西日本皮膚科   77(3) 288-288   Jun 2015
皮膚筋炎との鑑別を要した抗セントロメア抗体陽性の限局型全身性強皮症の1例
伏間江 貴之, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1449-1449   Jun 2015
踵部の石灰化を伴う血管平滑筋腫(angiomyoma with severe calcification)
平野 智子, 伏間江 貴之, 藤田 有理香, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1449-1449   Jun 2015
線維肉腫様変化を伴う隆起性皮膚線維肉腫(fibrosarcomatous variant of dermatofibrosarcoma portuberans)の1例
松本 藍, 足立 晃正, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1449-1449   Jun 2015
上口唇の基底細胞癌切除後、オープン法で治療した1例
中山 一, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1450-1450   Jun 2015
鼻背インプラント除去5年後に再発したパラフィノーマの1例
松本 藍, 足立 晃正, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1450-1450   Jun 2015
鼻翼に発生した有茎性表皮嚢腫の1例
近藤 泰之, 伏間江 貴之, 平野 智子, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 高山 五郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1450-1450   Jun 2015
踵部に生じた角化型悪性黒色腫の1例
中川 志保, 松本 藍, 足立 晃正, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1451-1451   Jun 2015
踵部に生じたclear cell sarcoma
平野 智子, 伏間江 貴之, 藤田 有理香, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1451-1451   Jun 2015
栄養障害に伴う皮膚粘膜障害の1例 ペラグラ、壊死性遊走性紅斑、亜鉛欠乏性皮膚炎の異同について
松本 藍, 足立 正晃, 藤田 有理香, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1451-1451   Jun 2015
高齢者陰嚢の疣状黄色腫(Verruciform xanthoma)の1例
中村 明生, 足立 晃正, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1452-1452   Jun 2015
臨床的に足底表皮嚢腫が疑われたporoid cell neoplasmの1例
村上 琢哉, 足立 晃正, 藤田 有理香, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 澤田 実
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1452-1452   Jun 2015
赤色、白色衛星病変を伴い術前診断に苦慮した踵部悪性黒色腫の1例
近藤 泰之, 伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1452-1452   Jun 2015
前額と頸部に限局して夏期に皮疹を反復するダリエー(Darier)病の1例
松本 藍, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 平賀 教子
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1453-1453   Jun 2015
苔癬様型皮膚サルコイドの1例
岸 由利子, 松本 藍, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1453-1453   Jun 2015
MRIで脂肪肉腫が疑われたspindle cell lipomaの1例
中野 尚美, 伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1453-1453   Jun 2015
未治療糖尿病ありコルヒチン単独内服で治療した後天性表皮水疱症の1例
平野 智子, 足立 晃正, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(7) 1453-1453   Jun 2015
前川 武雄, 伏間江 貴之, 足立 晃正, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(6) 1237-1243   May 2015
当科では、2013年8月から下肢静脈瘤に対するELVeSレーザーを用いた血管内焼灼術を開始し、2014年9月までに58例(65肢)に対して施行した。重篤な合併症はみられず、治療効果については良好な結果を示した一方で、約7割の症例で術後の一過性の疼痛や紫斑が出現した。本邦における下肢静脈瘤血管内焼灼術は、主に血管外科を中心に報告されており、皮膚科からの報告は未だない。今後、皮膚科での治療も発展する分野と考え、当科での治療経験についてその有用性と合併症について報告し、今後の血管内焼灼術の展望に...
鼻翼溝部に発生した有茎性表皮嚢腫の1例
平野 智子, 伏間江 貴之, 藤田 有理香, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(6) 1277-1277   May 2015
踵部に生じたclear cell sarcomaの1例
伏間江 貴之, 前川 武雄, 平野 智子, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(6) 1279-1279   May 2015
【小児を診る!皮膚科医の心得】(第I部)(2章)小児皮膚アトラス 乾癬
小宮根 真弓
皮膚科の臨床   57(6) 920-924   May 2015
患者の全身炎症を意識した乾癬治療
小宮根 真弓
日本皮膚科学会雑誌   125(4) 798-798   Apr 2015
生物学的製剤時代の乾癬治療における外用剤の役割
小宮根 真弓
日本皮膚科学会雑誌   125(4) 826-826   Apr 2015
前額と頸部に限局して夏期に皮疹を反復するダリエー(Darier)病の1例
松本 藍, 小宮根 真弓, 村田 哲, 平賀 教子, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(4) 909-909   Apr 2015
体幹の点状・網状紫斑から診断確定した全身性アミロイドーシスの一例
平野 智子, 藤田 有理香, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 山中 祐子
日本皮膚科学会雑誌   125(4) 917-917   Apr 2015
赤色、白色衛星病変を伴い術前診断に苦慮した踵部悪性黒色腫の1例
伏間江 貴之, 前川 武雄, 小宮根 真弓, 村田 哲, 大槻 マミ太郎
日本皮膚科学会雑誌   125(4) 941-941   Apr 2015

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2006 - 2009    Investigator(s): Mayumi KOMINE
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2002 - 2004    Investigator(s): Mayumi KOMINE
Thymus and activation-regulated chemokine (TARC/CCL17) is a potent chemokine, deeply associated with the pathogenesis of several inflammatory skin diseases, such as atopic dermatitis and bullous pemphigoid. Production of TARC from HaCaT keraitnocy...