Ryoko Higa

J-GLOBAL         Last updated: Dec 25, 2018 at 09:12
 
Avatar
Name
Ryoko Higa
Affiliation
Oita University
Section
Faculty of Medicine
Research funding number
10819642

Published Papers

 
Higa R, Hanada T, Teranishi H, Miki D, Seo K, Hada K, Shiraishi H, Mimata H, Hanada R, Kangawa K, Murai T, Nakao K
Molecular and cellular endocrinology      Mar 2018   [Refereed]
Teranishi H, Hayashi M, Higa R, Mori K, Miyazawa T, Hino J, Amano Y, Tozawa R, Ida T, Hanada T, Miyazato M, Hanada R, Kangawa K, Nakao K
Peptides   99 134-141   Jan 2018   [Refereed]
Yamaguchi M, Matsui M, Higa R, Yamazaki Y, Ikari A, Miyake M, Miwa M, Ishii S, Sugatani J, Shimizu T
Biochemical pharmacology   93(4) 482-495   Feb 2015   [Refereed]
Sugatani J, Sadamitsu S, Yamaguchi M, Yamazaki Y, Higa R, Hattori Y, Uchida T, Ikari A, Sugiyama W, Watanabe T, Ishii S, Miwa M, Shimizu T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   28(1) 440-452   Jan 2014   [Refereed]
Yamazaki Y, Yasuda K, Matsuyama T, Ishihara T, Higa R, Sawairi T, Yamaguchi M, Egi M, Akai S, Miyase T, Ikari A, Miwa M, Sugatani J
Biochemical pharmacology   86(5) 632-644   Sep 2013   [Refereed]

Misc

 
マウス由来誘導型褐色脂肪細胞におけるCD105の機能解析
比嘉 涼子, 寺西 仁志, 花田 礼子, 花田 俊勝, 中尾 一和
日本内分泌学会雑誌   94(1) 344-344   Apr 2018
コカイン投与時における脳内NMUシステムの関与の検討
阿南 まどか, 寺西 仁志, 比嘉 涼子, 花田 礼子
日本内分泌学会雑誌   94(1) 394-394   Apr 2018
マウス鼠径部白色脂肪組織の誘導型褐色脂肪細胞におけるCD105の機能解析
比嘉 涼子, 花田 俊勝, 花田 礼子, 中尾 一和
肥満研究   23(Suppl.) 174-174   Sep 2017
褐色脂肪研究の今
花田 俊勝, 比嘉 涼子, 花田 礼子
肥満研究   23(2) 137-142   Aug 2017
脂肪細胞は余剰のエネルギーを中性脂肪として蓄えるだけでなく、エネルギーバランス、栄養のホメオスタシス、そして各臓器形成のホメオスタシス維持に重要な役割を果たしていることが明らかとなってきた。哺乳類において、脂肪細胞は形態的機能的な違いから白色脂肪と褐色脂肪の2種類に大別されるが、最近、新たなエネルギー燃焼性脂肪細胞としてベージュ脂肪細胞またはBRITE細胞と呼ばれる褐色脂肪様細胞が報告された。古典的褐色脂肪細胞、ベージュ/BRITE脂肪細胞ともに豊富なミトコンドリアと多房性の脂肪滴を有し、...
マウス皮下脂肪組織由来脂肪前駆細胞株の樹立とその機能的解析
瀬尾 和志, 比嘉 涼子, 花田 俊勝, 中尾 一和
肥満研究   21(Suppl.) 132-132   Sep 2015