Ritsuko Hanajima

J-GLOBAL         Last updated: Oct 27, 2019 at 15:35
 
Avatar
Name
Ritsuko Hanajima

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Watanabe Y, Matsuba T, Nakanishi M, Une M, Hanajima R, Nakashima K
BMC biotechnology   18(1) 39   Jun 2018   [Refereed]
Nakanishi M, Watanabe Y, Honda N, Une M, Kazuki K, Kazuki Y, Terashima T, Katagi M, Nakashima K, Hanajima R
Brain research   1724 146444   Dec 2019   [Refereed]
Ishiura H, Doi K, Mitsui J, Yoshimura J, Matsukawa MK, Fujiyama A, Toyoshima Y, Kakita A, Takahashi H, Suzuki Y, Sugano S, Qu W, Ichikawa K, Yurino H, Higasa K, Shibata S, Mitsue A, Tanaka M, Ichikawa Y, Takahashi Y, Date H, Matsukawa T, Kanda J, Nakamoto FK, Higashihara M, Abe K, Koike R, Sasagawa M, Kuroha Y, Hasegawa N, Kanesawa N, Kondo T, Hitomi T, Tada M, Takano H, Saito Y, Sanpei K, Onodera O, Nishizawa M, Nakamura M, Yasuda T, Sakiyama Y, Otsuka M, Ueki A, Kaida KI, Shimizu J, Hanajima R, Hayashi T, Terao Y, Inomata-Terada S, Hamada M, Shirota Y, Kubota A, Ugawa Y, Koh K, Takiyama Y, Ohsawa-Yoshida N, Ishiura S, Yamasaki R, Tamaoka A, Akiyama H, Otsuki T, Sano A, Ikeda A, Goto J, Morishita S, Tsuji S
Nature genetics   50(4) 581-590   Apr 2018   [Refereed]
Shirota Y, Ohminami S, Tsutsumi R, Terao Y, Ugawa Y, Tsuji S, Hanajima R
Parkinsonism & related disorders   66 125-129   Sep 2019   [Refereed]
Shimizu T, Hanajima R, Shirota Y, Tsutsumi R, Tanaka N, Terao Y, Hamada M, Ugawa Y
Brain stimulation      Aug 2019   [Refereed]
Tanaka N, Tsutsumi R, Shirota Y, Shimizu T, Ohminami S, Terao Y, Ugawa Y, Tsuji S, Hanajima R
Neurobiology of aging      Aug 2019   [Refereed]
Taneda K, Adachi T, Watanabe Y, Hanajima R
Internal medicine (Tokyo, Japan)   58(13) 1943-1946   Jul 2019   [Refereed]
Sawada M, Wada-Isoe K, Hanajima R, Nakashima K
Brain and behavior   9(4) e01244   Apr 2019   [Refereed]
Hanajima R, Tanaka N, Tsutsumi R, Shirota Y, Shimizu T, Terao Y, Ugawa Y
Experimental brain research   237(3) 647-651   Mar 2019   [Refereed]
Osada T, Ohta S, Ogawa A, Tanaka M, Suda A, Kamagata K, Hori M, Aoki S, Shimo Y, Hattori N, Shimizu T, Enomoto H, Hanajima R, Ugawa Y, Konishi S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   39(13) 2509-2521   Mar 2019   [Refereed]

Misc

 
安井建一, 花島律子
Clinical Neuroscience   37(9) 1117‐1119   Sep 2019
花島律子
Clinical Neuroscience   37(7) 876‐879   Jul 2019
パーキンソン病の大脳の生理学的変化
花島 律子
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   13回 50-50   Jul 2019
Neurodegeneration with brain iron accumulation(NBIA)様のMRI所見を呈したHuntington病の1例
清水 崇宏, 松川 敬志, 阿部 有起, 須賀 裕樹, 富永 奈保美, 永井 真貴子, 飯塚 高浩, 石浦 浩之, 三井 純, 辻 省次, 花島 律子, 西山 和利
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   13回 106-106   Jul 2019
パーキンソン病の一次運動野における興奮・抑制バランスの検討
代田 悠一郎, 大南 伸也, 堤 涼介, 花島 律子, 寺尾 安生, 辻 省次, 宇川 義一, 戸田 達史
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   13回 114-114   Jul 2019
パーキンソン病患者における4連発磁気刺激法の長期増強様効果への薬物治療の影響
守安 正太郎, 清水 崇宏, 本田 誠, 宇川 義一, 花島 律子
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   13回 114-114   Jul 2019
吉田健太郎, 足立正, 中本成紀, 渡辺保裕, 花島律子
月刊脳神経内科   90(4) 460‐464   Apr 2019
失行性失書を呈した大脳皮質基底核症候群の1例
吉田 健太郎, 山本 幹枝, 足立 正, 渡辺 保裕, 花島 律子
高次脳機能研究   39(1) 112-113   Mar 2019
渡辺保裕, 足立正, 瀧川洋史, 花島律子
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   60th 358   2019
花島律子
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   60th 320   2019
守安正太郎, 清水崇宏, 本田誠, 宇川義一, 花島律子
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   60th 356   2019
足立正, 和田健二, 石橋愛, 花島律子
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   60th 394   2019
渡辺保裕, 本多直人, 中西真実, 足立麻由香, 寺島智也, 花島律子
日本再生医療学会総会(Web)   18th ROMBUNNO.P‐01‐060 (WEB ONLY)   2019
河瀬真也, 古和久典, 周藤豊, 福田弘毅, 楠見公義, 中安弘幸, 花島律子, 中島健二
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   60th 390   2019
松本英之, 濱田雅, 代田悠一郎, 弓削田晃弘, 榎本雪, 花島律子, 寺尾安生, 宇川義一, 宇川義一
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   60th 410   2019
PSP Rating Scaleによる進行性核上性麻痺の経時的変化に関する検討
瀧川 洋史, 池内 健, 饗場 郁子, 森田 光哉, 小野寺 理, 下畑 享良, 徳田 隆彦, 村山 繁雄, 長谷川 一子, 古和 久典, 花島 律子, 中島 健二, JALPACコンソーシアム
臨床神経学   58(Suppl.) S261-S261   Dec 2018
進行性核上性麻痺等のパーキンソン症候群の鑑別診断に有用な脳脊髄液タンパク質の探索
阪田 良一, 瀧川 洋史, 渡辺 保裕, 花島 律子
臨床神経学   58(Suppl.) S261-S261   Dec 2018
日本語版Edinburgh Cognitive and Behavioural ALS Screen(ECAS)
渡辺 保裕, 荻野 美恵子, 市川 博雄, 伊藤 悟, 中島 健二, 花島 律子
臨床神経学   58(Suppl.) S290-S290   Dec 2018
地域在住高齢者における軽度パーキンソン徴候の疫学調査
岸 真文, 和田 健二, 花島 律子, 寺岡 瞳, 山本 幹枝, 深田 育代, 古和 久典, 足立 芳樹, 中島 健二
臨床神経学   58(Suppl.) S346-S346   Dec 2018
脳症合併と考えられた日本紅斑熱の1例
徳田 直希, 足立 正, 堤 玲子, 千酌 浩樹, 渡辺 保裕, 花島 律子
臨床神経学   58(Suppl.) S357-S357   Dec 2018
本態性振戦は小脳起源である-YES
花島 律子
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   12回 51-51   Jul 2018
脊髄小脳変性症患者に対するTRH療法がプリズム順応課題に与える影響
清水 崇宏, 花島 律子, 堤 涼介, 清水 和敬, 富永 奈保美, 宇川 義一, 西山 和利
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   12回 80-80   Jul 2018
すくみ足発症に関連する認知機能の検討
澤田 誠, 和田 健二, 花島 律子, 中島 健二
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   12回 90-90   Jul 2018
【パーキンソン病(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-】 病理・病態 神経生理-基底核生理
花島 律子
日本臨床   76(増刊4 パーキンソン病) 212-217   May 2018
Stiff-person症候群にITB療法が奏功した1例
大谷 侑資, 尾崎 まり, 萩野 浩, 山本 幹枝, 花島 律子
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 1-IP   May 2018
認知症疾患診療ガイドライン 2017改訂のポイント
足立 正, 花島 律子, 和田 健二
日本薬剤師会雑誌   70(4) 417-421   Apr 2018
難病患者および介護者の就労に関する患者ADLの影響についての検討 平成26年度鳥取県特定疾患医療受給者就労実態調査より
伊藤 悟, 佐々木 貴史, 原田 孝弘, 林 幸子, 瀧川 洋史, 中島 健二, 古和 久典, 花島 律子
労働科学   94(1) 1-11   Feb 2018
アンケートにて鳥取県における難病患者の就労状況を調査した。平成26年度に、特定疾患治療研究事業対象56疾患、4,388名を対象に調査し、2,364人から回答を得た。平均年齢は62.3歳で、男女比1:1.38であった。modified Rankin Scale(mRS)を用いたADL評価では、介助不要のmRS0〜1が51.1%、介助を要するmRS2以上が43.5%だった。全体の40.3%が就業中で、21.0%は病気を理由に失業していた。患者ADLがmRS2以上になると患者の就業率が有意に低下...
ヒトの小脳機能
花島 律子
臨床神経生理学   45(5) 367-367   Oct 2017
脊髄小脳変性症の病型ごとの時間的統合能力
徳重 真一, 松田 俊一, 他田 正義, 矢部 一郎, 武田 篤, 田中 洋康, 畠中 めぐみ, 榎本 博之, 小林 俊輔, 清水 和敬, 清水 崇宏, 花島 律子, 辻 省次, 宇川 義一, 寺尾 安生
臨床神経生理学   45(5) 436-436   Oct 2017
代田 悠一郎, 大友 亮, 花島 律子
臨床神経学   52(5) 356-359   May 2012
We report two patients who presented with altered mental status and involuntary movement under administration of cefepime (CFPM). Both cases had impaired renal function. Electroencephalogram (EEG) revealed generalized periodic discharges (GPD) or ...
筋萎縮性側索硬化症における筋超音波検査によるfasciculation検出の検討
青江 康貴, 佐藤 研吾, 小川 絢女, 恩田 栞菜, 松浦 由佳, 大栗 聖由, 渡辺 保裕, 花島 律子, 廣岡 保明
臨床神経生理学   45(5) 488-488   Oct 2017
Ritsuko Hanajima, Yoshikazu Ugawa
Oxford Handbook of Transcranial Stimulation      Nov 2012
© Oxford University Press, 2008. All rights reserved. This article reviews the physiology and application of the currently available paired-pulse protocols. Paired-pulse transcranial magnetic stimulation (TMS) techniques study the modulation of hu...

Conference Activities & Talks

 
Motor excitability in myoclonus and focal dystonia [Invited]
Ritsuko Hanajima
5th Asia Oceanian Congress of Clinical Neurophysiology   2013