林 隆介

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 17:34
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人工知能研究センター 主任研究員
 

論文

 
Xing Liu, Masataka Sawayama, Ryusuke Hayashi, Mete Ozay, Takayuki Okatani, Shin'ya Nishida
Journal of Vision   18(10) 756-756   2018年   [査読有り]
Proceesings of 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics   105-109   2018年   [査読有り]
林隆介
Vision   29(3) 77-85   2017年7月   [招待有り]
Hayashi Ryusuke, Watanabe Osamu, Yokoyama Hiroki, Nishida Shin'ya
JOURNAL OF VISION   17(6) 14   2017年6月   [査読有り]
林 隆介
Journal of Vision   17(10) 730-730   2017年   [査読有り]
林隆介, 横山裕樹, 渡部修, 西田眞也
Vision   28(1) 17-30   2016年1月
Decoding visual information in monkey IT cortex using deep neural network
Ryusuke Hayashi, Shinji Nishimoto
Proceedings of Life Engineering Symposium 2013   511-514   2013年   [査読有り][招待有り]
Hayashi Ryusuke, Tanifuji Manabu
JOURNAL OF VISION   12(3)    2012年3月   [査読有り]
Hayashi R, Sugita Y, Nishida S, Kawano K
Journal of neurophysiology   103(1) 230-243   2010年1月   [査読有り]
Hayashi Ryusuke, Tanifuji Manabu
NEUROSCIENCE RESEARCH   68 E99   2010年   [査読有り]
Hayashi Ryusuke, Kawano Kenji
EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH   190(4) 499-502   2008年10月   [査読有り]
Hayashi Ryusuke, Miyakawa Naohisa, Tanifuji Manabu
NEUROSCIENCE RESEARCH   65 S51   2009年   [査読有り]
Hayashi Ryusuke, Miura Kenichiro, Tabata Hiromitsu, Kawano Kenji
JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY   99(5) 2329-2346   2008年5月   [査読有り]
Hayashi Ryusuke, Nishida Shin'ya, Tolias Andreas, Logothetis Nikos K.
JOURNAL OF VISION   7(8) 7   2007年6月   [査読有り]
Hayashi Ryusuke, Miura Kenichiro, Tabata Hiromitsu, Kawano Kenji
NEUROSCIENCE RESEARCH   58 S35   2007年   [査読有り]
Nieman DR, Hayashi R, Andersen RA, Shimojo S
Vision research   45(22) 2885-2894   2005年10月   [査読有り]
Hayashi R, Maeda T, Shimojo S, Tachi S
Vision research   44(20) 2367-2380   2004年   [査読有り]
Hayashi R, Miyawaki Y, Maeda T, Tachi S
Vision research   43(26) 2773-2782   2003年12月   [査読有り]
Electronics and Communications in Japan, Part II   86(11) 72-86   2003年   [査読有り]
Ryusuke Hayashi, Yoichi Miyawaki, Taro Maeda, Susumu Tachi
Electronics and Communications in Japan (Part II: Electronics)   86(3) 47-60   2003年   [査読有り]
宮脇陽一, 林隆介, 前田太郎, 舘すすむ
電子情報通信学会論文誌 D-2   J85-D-2(2) 337-350   2002年2月
ヒト立体視過程の時間推移の明確化を目指し,視覚誘発電位計測に着目した.立体視時の誘発電位は,潜時約200ms前後に出現する単一成分として扱われてきたが,実は性質の異なる2成分からなることがごく近年明らかになった.本論文は,この2峰性反応における後期潜時帯と図地分離過程との関連を検討するものである.図地分離刺激としての特性は,Random-Dot Stereogramで両眼視差を付加した単一矩形領域(図)の背景(地)に対する面積比で定義し制御した.その結果,逐次的に発生する二つの陰性成分をと...
奥行き知覚時の視覚誘発電位における2峰性波の性質
 宮脇 陽一, 林 隆介, 前田 太郎, 舘暲
電子情報通信学会論文誌, D-II   J85-D-II(2) 337-350   2002年   [査読有り]
林隆介, 宮脇陽一, 前田太郎, 舘すすむ
電子情報通信学会論文誌 D-2   J84-D-2(3) 559-570   2001年3月
両眼視機能が正常で視力矯正後の成人男子4名を被験者とし,random-dot stereogram(RDS)提示時の視覚誘発電位(VEP)を計測し両眼立体視過程の解明を試みた.RDSは提示視野角を拡大し,刺激を上下方向に偏位した.刺激提示位置,視差量,両眼画像間の相関をパラメーターとし,VEPの反応潜時の変化に注目して実験を行った.その結果,両眼競合と両眼立体視の共通の神経基盤は局所的な視差検出機構であることを示唆し,眼非対応検出機構が両者を区別する機構であると考察した
林 隆介, 宮脇 陽一, 前田 太郎, 舘 〓
生体・生理工学シンポジウム論文集   15 269-272   2000年10月   [査読有り]
宮脇陽一, 林隆介, 前田太郎, 舘すすむ
生体・生理工学シンポジウム論文集   14th 351-354   1999年10月   [査読有り]
林 隆介, 宮脇 陽一, 前田 太郎, 舘 〓
生体・生理工学シンポジウム論文集   14 307-310   1999年10月   [査読有り]
宮脇 陽一, 林 隆介, 柳田 康幸, 前田 太郎, 舘 〓
生体・生理工学シンポジウム論文集   13 205-208   1998年9月   [査読有り]
林 隆介, 宮脇 陽一, 柳田 康幸, 前田 太郎, 舘 〓
生体・生理工学シンポジウム論文集   13 209-212   1998年9月   [査読有り]

Misc

 
林 隆介
VISION   28(1) 31-31   2016年
林隆介
立石科学技術振興財団助成研究成果集   (23) 85-89   2014年9月
林 隆介
照明学会誌   97(8) 534-537   2013年8月
林 隆介
照明学会誌   96(8) 535-538   2012年8月
林 隆介
照明学会誌   95(8) 520-522   2011年8月
林隆介
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   14(3) 247-248   2007年9月

講演・口頭発表等

 
GANを用いたサルIT皮質ニューロン活動のデコーディング
林 隆介, 河田 隼季
SICEライフエンジニアリング部門シンポジウム   2018年9月12日   
松田圭司, 林隆介, 河野憲二
Vision   2018年7月20日   
視覚情報の階層的な処理とその時間的統合について [招待有り]
林 隆介
時間学公開学術シンポジウム『心的時間の諸特性とその基礎』-時間はどのようにして体験されているのか?-   2018年6月9日   
Perturbation Tolerance of Deep Neural Networks and Humans in Material Recognition
X. Liu, M. Sawayama, R. Hayashi, M. Ozay, T. Okatani and S. Nishida
VSS2018   2018年5月   
両眼情報処理と視野闘争 [招待有り]
林 隆介
第3回視覚生理学基礎セミナー -視覚と生理学のコラボレーション-   2018年2月   
画像認識用深層ニューラルネットワークによる「不気味の谷」の再現:知覚的不協和仮説の傍証
林 隆介
第40回 日本神経科学大会   2017年7月   
Latency-variable time integration mechanisms underlie generalized flash-lag effect
林 隆介
VSS2017   2017年5月   
林隆介
Vision   2017年1月20日   
篠塚千愛, 篠塚千愛, 林隆介
Vision   2017年1月20日   
ディープニューラルネットを介した視覚神経情報処理の理解とブレイン・マシン・インタフェースへの応用 [招待有り]
林 隆介
第3回 東北大学 ブレインウエア工学研究会   2016年12月7日   
深層ニューラルネットを利用した神経科学研究の展望について [招待有り]
林 隆介
電気通信大学・技能情報学研究ステーション・第12回セミナー   2016年11月28日   
A new analytical method for characterizing nonlinear visual processes
R. Hayashi, H. Yokoyama, O. Watanabe, S. Nishida
The 39th European Conference on Visual Perception   2016年8月   
林隆介
日本認知科学会冬のシンポジウム   2016年   
Different time courses for neural representation of face orientation and face identity in macaque inferior temporal cortex
林 隆介
International symposium on the Science of Mental Time   2015年9月   
畳み込みニューラルネットワークを利用したTE野における神経情報の復号化とブレイン・マシン・インタフェースへの応用 [招待有り]
林 隆介
生理学研究所研究会「視知覚の現象・機能・メカニズム - 生理学的、心理物理学的、計算論的アプローチ」   2015年6月11日   
脳内視覚情報処理における物体表現の理解を目指して: Deep neural networkの利用とブレイン・マシン・インタフェースへの応用 [招待有り]
林 隆介
第9回全脳アーキテクチャ勉強会:「実世界に接地する言語と記号」   2015年2月   
Classification of hand shapes for dexterous control of a five-fingered robot hand using neural signals in the macaque inferior temporal cortex
R. Hayashi, S. Saga
Neuroscience 2014   2014年11月   
視覚誘発神経活動を使った義手の精緻制御のためのBMIをめざして
林 隆介, 嵯峨 智
第37回 日本神経科学大会   2014年9月12日   
Deep convolution networkを用いた脳の視覚情報処理の理解と今後の展望 [招待有り]
林 隆介
日本神経回路学会主催セミナー 「Deep learningが拓く世界」   2014年8月26日   
ディープ・ニューラルネットワークを利用した視覚神経信号の復号化とその応用 [招待有り]
林 隆介
神経科学と統計科学の対話4   2014年3月   
Image reconstruction from neural activity via higher-order visual features derived from deep convolutional neural networks
R. Hayashi, S. Nishimoto
Neuroscience 2013   2013年11月   
Decoding visual information in monkey IT cortex using deep neural network [招待有り]
R. Hayashi, S. Nishimoto
計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム2013   2013年9月14日   
GIST記述子を利用したニューロン活動に基づく観察画像の復元
林 隆介, 倉重 宏樹
Neuro2013   2013年6月22日   
網羅的神経活動記録による脳情報の解読とコミュニケーション利用の可能性について [招待有り]
林 隆介
第2回社会神経科学研究会   2013年1月31日   
サルTE野における脳情報の復号化およびその応用 [招待有り]
林 隆介
コンピュータサイエンス専攻コロキウム   2012年11月   
Face representation across the surface of a macaque inferior temporal cortex: a study using chronically implanted multi-electrode arrays [招待有り]
Ryusuke Hayashi
RIKEN Brain Science Seminor   2012年10月   
Hierarchical processing of face across the surface of macaque inferior temporal cortex: multi-electrode array recording study
林 隆介
Neuroscience 2012   2012年10月   
サル下側頭葉における顔情報表現:多電極アレイを使った慢性記録の事例
林 隆介
第35回 日本神経科学大会   2012年6月22日   
Face processing across the surface of macaque inferior temporal cortex: multi-electrode array recording study [招待有り]
Ryusuke Hayashi
ATR Seminor   2012年5月   
The effect of phase-shift motion on object-selective responses in the inferior temporal cortex: a case study of multi-electrode recording from an awake monkey
林 隆介
Neuroscience 2011   2011年11月   
位相シフト運動視刺激によって誘発されたサル下側頭葉のオブジェクト選択的応答:多電極アレイを使った慢性記録の事例
林 隆介
第34回 日本神経科学大会   2011年9月   
脳接続型人工視覚技術の可能性について [招待有り]
林 隆介
つくば半導体コンソーシアム   2010年12月   
両眼視野闘争下で知覚的優位な物体画像を判別する新しい心理物理手法(A new psychophysical method measuring perceptual dominance of object image during binocular rivalry)
林 隆介, 谷藤 学
神経化学   2010年8月   
林隆介, 佐藤多加之, 谷藤学
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2009年9月9日   
林隆介, 宮川尚久, 佐藤多加之, 谷藤学
Vision   2009年7月20日   
Reading out the perceptual status during binocular rivalry using eye movement responses: application of the quadrature motion display
Ryusuke Hayashi, Manabu Tanifuji
ECVP 2009   2009年   
Dominance of low spatial frequency in motion perception revealed by a reversed correlation technique
R. Hayashi, K. Kawano
Neuroscience 2008   2008年11月   
林隆介, 谷藤学
Vision   2008年7月20日   
林隆介, 河野憲二
Vision   2008年1月20日   
林隆介, 三浦健一郎, 田端宏充, 河野憲二
Vision   2007年1月20日   
林隆介, 三浦健一郎, 田端宏充, 河野憲二
日本生理学雑誌   2006年11月1日   
“Pure” dichoptic motion without any salient motion cues
R. Hayashi, S. Nishida, A. Tolias, N. K. Logothetis
the 4th Asian Conference on Vision   2006年   
A computational model of stereopsis that produces depth from interocularly unpaired points as well as binocular rivalry
R. Hayashi, T. Maeda, S. Shimojo, S. Tachi
VSS2002   2002年5月   

特許

 
特願2017-127777 : 単語概念可視化装置と単語概念可視化方法
林 隆介
特願2017-107945 : 画像生成装置と画像生成方法
林 隆介