Yoshikazu Kuwahara

J-GLOBAL         Last updated: Sep 11, 2019 at 14:35
 
Avatar
Name
Yoshikazu Kuwahara
Affiliation
Tohoku Medical and Pharmaceutical University

Published Papers

 
MiR-7-5p is a key factor that controls radioresistance via intracellular Fe2+ content in clinically relevant radioresistant cells.
Kazuo Tomita, Manabu Fukumoto, Katsuhiko Itoh, Yoshikazu Kuwahara, Kento Igarashi, Taisuke Nagasawa, Masatoshi Suzuki, Akihiro Kurimasa, Tomoaki Sata.
Biochemical and Biophysical Research Communications.   in press    Aug 2019   [Refereed]
Lipid peroxidation increases hydrogen peroxide permeability leading to cell death in cancer cell lines that lack mtDNA.
Kazuo Tomita, Yuko Takashi, Yuya Ouchi, Yoshikazu Kuwahara, Kento Igarashi, Taisuke Nagasawa, Hideki Nabika, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato.
Cancer Science.   in press    Jul 2019   [Refereed]
Sina Rahimi, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Ammar Ebrahimi, Ali Akbar Samadani,Yoshikazu Kuwahara, Mehryar Habibi Roudkenar.
Life Sciences.   231    Jun 2019   [Refereed]
AIMS:
Lipocalin 2 (Lcn2/NGAL) belongs to lipocalin superfamily with diverse functions. The precise function of Lcn2, particularly in cancer development, remains to be elucidated yet. In an attempt to knockout of Lcn2 expression by CRISPR/Cas 9 tec...
Amaneh Mohammadi Roushandeh, Yoshikazu Kuwahara, Mehryar Habibi Roudkenar
Cytotechnology   71(2) 647-663   Apr 2019   [Refereed]
Mitochondria are attractive cellular organelles which are so interesting in both basic and clinical research, especially after it was found that they were arisen as a bacterial intruder in ancient cells. Interestingly, even now, they are the focus...
Hikaru Nakashima, Ryoji Yoshida, Akiyuki Hirosue, Kenta Kawahara, Junki Sakata, Hidetaka Arita, Tatsuro Yamamoto, Ryo Toya, Ryuji Murakami, Akimitsu Hiraki, Masanori Shinohara, Takaaki Ito, Yoshikazu Kuwahara, Hideki Nakayama
Tumor Biology   41(3) 1-10   Mar 2019   [Refereed]
MicroRNAs are a class of small, endogenous, noncoding 18- to 24-nucleotide-long RNAs that can regulate multiple processes related to cancer progression. However, their clinical value in patients with oral squamous cell carcinoma has not yet been f...

Conference Activities & Talks

 
治療耐性がん細胞の膜動態 [Invited]
富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、佐藤 友昭
第2回放射線耐性研究セミナー   6 Sep 2019   
熊本大学大学院歯科口腔外科学分野主催
放射線耐性細胞(CRR細胞)の特徴について [Invited]
桑原 義和、富田 和男、五十嵐 健人、 佐藤 友昭、栗政 明弘
第2回放射線耐性研究セミナー   6 Sep 2019   
熊本大学大学院歯科口腔外科学分野主催
miRNAによる放射線抵抗性制御機構
富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、高 裕子、長澤 大成、山西 沙祐里、西谷 佳浩、宮脇 正一、栗政 明弘、佐藤 友昭
第4回 鹿児島大学 歯科応用薬理学セミナー   28 Aug 2019   
放射線抵抗性と細胞死 [Invited]
桑原 義和、富田 和男、五十嵐 健人、佐藤 友昭、栗政 明弘
第4回 鹿児島大学 歯科応用薬理学セミナー   28 Aug 2019   
X線で誘発される細胞死.
桑原 義和、富田 和男、五十嵐 健人、佐藤 友昭、栗政 明弘、 福本 学.
第28回 日本Cell Death学会学術集会.   13 Jul 2019   
東京大学本郷
放射線療法はがんの三大治療法の一つであるものの、放射線抵抗性細胞の出現や存在といった克服すべき課題が残っている。そこで、標準的放射線療法である2 Gy/dayのX線照射に抵抗性を示す臨床的放射線耐性(clinically relevant radioresistant; CRR)細胞を樹立した。X線照射後に誘発される細胞死は、一般的にアポトーシスであると考えられているものの、その誘発頻度は親株(15%程度)及びCRR細胞(10%以下)でそれほど高くなかった。そこで、X線照射後...

Books etc

 
Recent Advances in Cryopreservation Edited by Hideaki Yamashiro.
Hideaki Yamashiro, Yasuyuki Abe, Yoshikazu Kuwahara, Tomokazu Fukuda, Yasushi Kino, Kazuya Inoue, Shintaro Takahashi, Motoi Fukumoto, Jin Kobayashi, Bin Tong, Sachio Takino, Takahisa Yamada, Tsutomu Sekine, Emiko Isogai, Manabu Fukumoto. (Part:Joint Work, Chapter 5 Cryopreservation of Cattle, Pig, Inobuta Sperm and Oocyte after the Fukushima Nuclear Plant Accident.)
InTech.   Jul 2014   
疾患モデルマウス・ラット活用ハンドブック. 秋山 徹, 河府 和義, 奥山 降平 編.
桑原 義和. (Part:Joint Work, 第1部 7章 化学物質・放射線発がんモデル.)
羊土社.   Dec 2010   
Health Effects of Incorporated Radionuclides–Emphasis on Radium, Thorium, Uranium and their Daughter Products.
Manabu Fukumoto, Yoshikazu Kuwahara, Lu Wang, Duo Liu, Takashi Shimizu, Ikuo Wada, Yuuichi Ishikawa, Takeo Mori. (Part:Joint Work, Mechanisms of liver carcinogenesis in patients injected with Thorotrast.)
GSF (Germany).   Dec 2004   

Patents

 
戸所 一雄, 里深 博幸, 桑原 義和
本発明は、造血幹細胞を未分化に抑制又は増殖する方法、造血幹細胞の分化抑制又は増殖剤などを提供する。より具体的には、本発明は、造血幹細胞を、Wnt2及びWnt5aから選ばれる一種以上のタンパク質の存在下で培養することを特徴とする造血幹細胞の分化抑制又は増殖方法;(a)フィーダー細胞、(b)Wnt2及びWnt5aから選ばれる一種以上のタンパク質及び(c)一種以上の造血因子又は細胞刺激因子を含み、かつ血清を含まないことを特徴とする造血幹細胞培養系;Wnt2及びWnt5aから選ばれる一種以上のタン...

Awards & Honors

 
Oct 2015
筋肉中放射性セシウム動態の体外モニタリングと血中動態との相関., 優秀発表賞., 日本放射線影響学会放射線ワークショップ.
Winner: 鈴木 正敏、鈴木 秀彦、木野 康志、石黒 裕敏、漆原 佑介、渡邉 智、齊藤 陽介、小堤 知行、曽地 雄一郎、西 清志、安彦 亮、鷲尾 亮太、福本 基、桑原 義和、沼辺 孝、関根 勉、福本 学.
 
Sep 2015
血管新生阻害剤エベロリムスによるX線抵抗性舌がん腫瘍の克服., 第47回 日本臨床分子形態学会総会・学術集会準優秀演題賞., 日本臨床分子形態学会.
Winner: 桑原 義和、北原 秀治、福本 基、漆原 佑介、鈴木 正敏、江崎 太一、福本 学.
 
Jul 2014
福島原発事故被災牛の血漿生化学検査による被ばく影響評価, ポスター賞, 第33回 分子病理学研究会 宮城蔵王シンポジウム
Winner: 漆原 佑介、川角 浩、平川 泰子、木野 康志、関根 勉、桑原 義和、鈴木 正敏、新井 敏郎、福本 学.
 
Jul 2014
X線及びドセタキセル耐性におけるミトコンドリア関与の検討, ポスター賞, 第2回 がんと代謝研究会
Winner: 桑原 義和、高橋 慎太郎、鷲尾 亮太、福本 基、漆原 佑介、鈴木 正敏、福本 学.
 
Mar 2014
がんの放射線耐性克服に向けた臨床的放射線耐性細胞の樹立とその解析., 平成26年度放射線影響研究奨励賞., 公益財団法人放射線影響協会.
Winner: 桑原 義和.
 
http://www.rea.or.jp/kikaku/rea_news/news/2015_83.pdf

Research Areas

 
 

Misc

 
漆原 佑介, 鈴木 正敏, 鈴木 敏彦, 清水 良央, 桑原 義和, 宇野 壮春, 篠田 壽, 福本 学, 青野 辰雄
霊長類研究 Supplement   33(A11)    2017
濱 進, 中村 伊吹, 大石 利一, 土谷 博之, 桑原 義和, 福本 学, 福澤 健治, 小暮 健太朗
86(4) 237   2012
Tsutomu SHIMURA, Yasushi OCHIAI, Yoshikazu KUWAHARA, Manabu FUKUMOTO
The 52nd Annual Meeting of the Japan Radiation Research Society      2009
日高 征幸,尾田 正二,漆原 佑介,桑原 義和,福本 学,三谷 啓志
日本放射線影響学会大会講演要旨集      2008
桑原 義和,馬場 泰輔,井上 和也,栗原 愛,福本 学
日本放射線影響学会大会講演要旨集      2007