沖田 理貴

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 12:03
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立病院機構山口宇部医療センター 呼吸器外科 医長
 
2012年4月
 - 
2018年3月
川崎医科大学 呼吸器外科学 講師
 
2009年5月
 - 
2012年3月
カロリンスカ研究所 腫瘍病理部門 ポスドク
 
2008年4月
 - 
2009年4月
広島大学原爆放射線医科学研究所  腫瘍外科 助教
 
2007年10月
 - 
2008年3月
広島大学 がん治療学 特任助教
 

受賞

 
2006年12月
日本バイオセラピィ学会 優秀演題賞
 

論文

 
Okita R, Shimizu K, Nakata M
Journal of thoracic disease   10(Suppl 26) S3143-S3146   2018年9月   [査読有り]
Shimizu K, Okita R, Saisho S, Maeda AI, Nojima Y, Nakata M
Anticancer research   38(8) 4637-4644   2018年8月   [査読有り]
Shimizu K, Okita R, Saisho S, Maeda A, Nojima Y, Nakata M
Oncology letters   14(2) 1615-1620   2017年8月   [査読有り]
Okita R, Maeda A, Shimizu K, Nojima Y, Saisho S, Nakata M
Cancer immunology, immunotherapy : CII   66(7) 865-876   2017年7月   [査読有り]
Shimizu K, Okita R, Saisho S, Maeda A, Nojima Y, Nakata M
OncoTargets and therapy   10 153-163   2017年   [査読有り]
Shimizu K, Okita R, Saisho S, Maeda A, Nojima Y, Nakata M
Cancer management and research   9 741-750   2017年   [査読有り]
Maeda A, Nakata M, Shimizu K, Yukawa T, Saisho S, Okita R
World journal of surgical oncology   14(1) 175   2016年6月   [査読有り]
Okita R, Yukawa T, Nojima Y, Maeda A, Saisho S, Shimizu K, Nakata M
Cancer immunology, immunotherapy : CII   65(5) 499-509   2016年3月   [査読有り]
Okita R, Shimizu K, Nojima Y, Yukawa T, Maeda A, Saisho S, Nakata M
Oncology reports   34(6) 2864-2870   2015年12月   [査読有り]
Shimizu K, Okita R, Saisho S, Yukawa T, Maeda A, Nojima Y, Nakata M
Annals of nuclear medicine   29(10) 854-860   2015年12月   [査読有り]
Shimizu K, Okita R, Saisho S, Maeda A, Nojima Y, Nakata M
World journal of surgical oncology   13 291   2015年9月   [査読有り]
Shimizu K, Yukawa T, Okita R, Saisho S, Maeda A, Nojima Y, Nakata M
World journal of surgical oncology   13 21   2015年2月   [査読有り]
Yukawa T, Shimizu K, Maeda A, Yasuda K, Saisho S, Okita R, Nakata M
Oncology reports   33(1) 74-80   2015年1月   [査読有り]
Okita R, Wolf D, Yasuda K, Maeda A, Yukawa T, Saisho S, Shimizu K, Yamaguchi Y, Oka M, Nakayama E, Lundqvist A, Kiessling R, Seliger B, Nakata M
PloS one   10(10) e0139809   2015年   [査読有り]
Shimizu K, Okita R, Saisho S, Yukawa T, Maeda A, Nojima Y, Nakata M
Therapeutics and clinical risk management   11 1555-1561   2015年   [査読有り]
Shimizu K, Maeda A, Yukawa T, Nojima Y, Saisho S, Okita R, Nakata M
World journal of surgical oncology   12 343   2014年11月   [査読有り]
Yukawa T, Shimizu K, Hirami Y, Okita R, Saisho S, Maeda A, Yasuda K, Nakata M
General thoracic and cardiovascular surgery   62(4) 252-254   2014年4月   [査読有り]
Okita R, Miyata Y, Hamai Y, Hihara J, Okada M
Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   20 Suppl 478-481   2014年   [査読有り]
Shimizu K, Yukawa T, Hirami Y, Okita R, Saisho S, Maeda A, Yasuda K, Nakata M
Targeted oncology   8(4) 237-242   2013年12月   [査読有り]
Maeda A, Nakata M, Yasuda K, Yukawa T, Saisho S, Okita R, Hirami Y, Shimizu K
General thoracic and cardiovascular surgery   61(9) 542-545   2013年9月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 沖田 理貴
NK細胞傷害活性の主なメカニズムにNKG2Dリガンドを介した標的認識機構があり、NK細胞は免疫監視機構を担う。腫瘍細胞におけるNKG2Dリガンド発現機構としてはDNAストレスを介したATM-ATR経路、癌遺伝子 (BCL/ABL、HER3)が報告されてきたが、未解明な点も多い。我々は特に非小細胞肺癌における、EGFファミリー受容体を介した、腫瘍におけるNKG2Dリガンド発現機構の解明と、そのNK細胞傷害活性への影響について研究を行っている。これまでに、非小細胞肺癌細胞株ならびに切除検体を用...
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 沖田 理貴
1-1 EGF family シグナルの活性化がMICA/B発現に及ぼす影響の解析:非小細胞肺癌細胞株をEGFRリガンドEGFあるいはHER3リガンドNRGで処理し、MICA/BやMHC class I発現をフローサイトメトリー法により解析した。これまでに5種の非小細胞肺癌細胞株(A549, PC9, LC2/ad, RERF-LC-AI, RERF-LC-KJ)を用いて解析を行い、EGF、NRGによりMICA/B発現量に変化のある細胞株が存在することを確認した。1-2 EGF famil...