SO RINA

J-GLOBAL         Last updated: Nov 30, 2018 at 16:30
 
Avatar
Name
SO RINA
E-mail
sorinah.jniosh.johas.go.jp
Affiliation
National Institute of Occupational Safety and Health,Japan

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Zempo-Miyaki A, Kumagai H, Yoshikawa T, Myoenzono K, So R, Otsuki T, Tanaka K, Maeda S
Applied physiology, nutrition, and metabolism = Physiologie appliquee, nutrition et metabolisme      Jul 2018   [Refereed]
Ikeda H, Kubo T, Sasaki T, Liu X, Matsuo T, So R, Matsumoto S, Yamauchi T, Takahashi M
Journal of occupational health   60(3) 229-235   May 2018   [Refereed]
Yoshikawa T, Zempo-Miyaki A, Kumagai H, Myoenzono K, So R, Tsujimoto T, Tanaka K, Maeda S
Journal of clinical biochemistry and nutrition   62(3) 254-258   May 2018   [Refereed]
Rina So, Tomoaki Matsuo, Takeshi Sasaki, Xinxin Liu, Tomohide Kubo, Hiroki Ikeda, Shun Matsumoto, Masaya Takahashi
J Phys Fitness Sports Med   7(2) 121-130   Mar 2018   [Refereed]
Kumagai H, Zempo-Miyaki A, Yoshikawa T, Eto M, So R, Tsujimoto T, Nishiyasu T, Tanaka K, Maeda S
Endocrine journal   65(1) 53-61   Jan 2018   [Refereed]

Misc

 
勤務日と休日の睡眠時間の差と勤務間インターバルの関連性 横断web調査による検討
池田 大樹, 久保 智英, 佐々木 毅, 劉 欣欣, 松尾 知明, 蘇 リナ, 松元 俊, 高橋 正也
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   43回 277-277   Jul 2018
松尾 知明, 蘇 リナ, 笹井 浩行, 大河原 一憲
産業衛生学雑誌   59(6) 219-228   Nov 2017
目的:労働安全衛生総合研究所(JNIOSH)では疫学調査での活用を企図し、労働者の座位行動評価を主目的とした「労働者生活行動時間調査票(Worker's Living Activity-time Questionnaire)(JNIOSH-WLAQ)」(以下WLAQ)を開発した。本研究の目的はWLAQの再検査信頼性と基準関連妥当性を検討することである。方法:国内在住の労働者138名が本研究に参加し、WLAQによる質問紙調査を1週間の間隔をあけて2回おこなった。妥当性の基準値評価のため、対象...
田中 喜代次, 蘇 リナ, 松尾 知明
体力科学   66(5) 335-344   Oct 2017
住民を対象に行ったメタボリックシンドローム(MS)測定会に参加した日本人男性214名(23〜64歳)を対象とした。全体の約2割が高血圧または脂質代謝異常、約1割が糖尿病で服薬があった。腹部内臓脂肪体積と年齢、形態測定項目および3ヶ所の腹部内臓脂肪面積では、身長を除いた全ての項目において腹部内臓脂肪体積との間に有意な相関関係を認めた。腹部内臓脂肪体積と3ヶ所の腹部内臓脂肪面積では、L4-L5+10cm高位の腹部内臓脂肪面積との相関係数が最も高かった。腹部内臓脂肪体積を目的変数、年齢、BMI、...
職域での健康づくり課題とその支援策 過労死等調査研究センターが取り組む労働体力科学研究
蘇 リナ, 松尾 知明, 茅嶋 康太郎
健康支援   19(1) 56-56   Feb 2017