基本情報

所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門 上級研究員
学位
博士(東京大学)

研究者番号
30435614
J-GLOBAL ID
201601009792262377

全ての生命現象は適切なタイミングで遺伝子の働きがオン・オフに制御されることで成立しています。このプログラムはゲノムの本体であるDNAの配列だけでなく、DNAの化学修飾やDNAが巻きつくヒストンタンパク質の化学修飾といったエピゲノムにも大きく依存しています。私はこれまでに、イネの形が作られる仕組みやコメに蓄積される貯蔵タンパク質が蓄積する仕組み、またシロイヌナズナのエピゲノム多様性について研究を進めてきました。現在はコメが作られるプログラムを解明し、胚乳品質を向上させるための基盤技術開発に取り組んでいます。

研究キーワード

  5

委員歴

  1

論文

  28

MISC

  5

所属学協会

  1