前田 亮介

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/23 12:34
 
アバター
研究者氏名
前田 亮介
 
マエダ リョウスケ
所属
北海道大学
部署
大学院法学研究科 法学政治学専攻
職名
准教授
学位
博士(文学)(東京大学)
科研費研究者番号
00735748

プロフィール

最初の研究では、19世紀末の議会制の導入によって日本列島の上に現出した全国大の政治秩序を検討した(2016年単著)。領域主権国家・国民国家の形成、帝国の拡大と解体、戦後国家の再出発といった、空間(領域性)の再編に伴う政治と国際関係の変容に、基底的な関心がある。

この関心から現在は第一に、(1)世界恐慌後の東アジアをめぐる金融と外交、(2)戦時の植民地銀行と帝国経済秩序、(3)戦後復興期の国際経済秩序への参入、というテーマを単著にまとめるべく、研究プロジェクトを進めている。また派生して、戦後北海道開発の史料収集にも着手している。

第二に、(1)革命政権による暴力と交通の管理、(2)憲法起草にむけた中央・周辺間の競合、の観点から、明治維新の定着過程を「長い19世紀」の世界史的な展望の下で見直す作業にも、今後取り組みたいと考えている。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院法学研究科 准教授
 
2018年9月
 - 
現在
プリンストン大学 東アジア学部 客員研究員
 
2017年9月
 - 
2018年8月
ロンドン政治経済学院(LSE)国際関係史学部 客員研究員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2010年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 博士課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 修士課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学 文学部 
 

受賞

 
2017年12月
第39回サントリー学芸賞(思想・歴史部門)
 
『全国政治の始動――帝国議会開設後の明治国家』(東京大学出版会、2016)

論文

 
前田 亮介
『オーラル・ヒストリーに何ができるか――作り方から使い方まで』(岩波書店)   277-307   2019年3月
前田 亮介
『明治政治史(上)』(岩波文庫)   463-515   2019年2月   [招待有り]
前田 亮介
『天皇の近代――明治一五〇年・平成三〇年』(千倉書房)   81-140   2018年9月
前田 亮介
平成29年度助成研究論文集(北海道開発協会開発調査総合研究所)   153-182   2018年8月
前田 亮介
東京大学日本史学研究室紀要 = Bulletin of the Department of Japanese History, Faculty of Letters, the University of Tokyo   (18) 43-72   2014年3月

Misc

 
「地方」の成立と政党
前田 亮介
『日本思想史事典』(丸善出版)      2019年12月   [依頼有り]
前田 亮介
日本歴史   (850) 55-59   2019年3月   [依頼有り]
前田 亮介
アステイオン   (89) 156-161   2018年11月   [依頼有り]
Or Rosenboim, The Emergence of Globalism: Visions of World Order in Britain and the United States, 1939-1950(Princeton, NJ: Princeton UP, 2017)を紹介したもの。
前田 亮介
『明治史講義【テーマ篇】』(ちくま新書)   197-218   2018年3月   [依頼有り]
前田 亮介
『御厨政治史学とは何か』(吉田書店)   124-132   2017年12月

書籍等出版物

 
前田 亮介
東京大学出版会   2016年5月   ISBN:4130262432
書評
『レヴァイアサン』第60号、2017年4月(評者:川中豪)
『年報政治学』2017-I、2017年7月(評者:五百旗頭薫)
『歴史と経済』第236号、2017年7月(評者:石井寛治)
『道歴研年報』第18号、2017年9月(評者:木村聡・武藤三代平)
『歴史学研究』第962号、2017年10月(評者︰塩出浩之)
『日本歴史』第835号、2017年12月(評者︰伏見岳人)
『社会経済史学』第83巻第3号、2018年3月(評者:神山恒雄)
吉野作造講義録研究会(編) (担当:共編者)
岩波書店   2016年1月   ISBN:4000254685
オーラル・ヒストリーに何ができるか――作り方から使い方まで
御厨 貴(編) (担当:共著, 範囲:第16章)
岩波書店   2019年3月   
明治政治史(上)
岡 義武 (担当:分担執筆, 範囲:解説)
岩波書店   2019年2月   
御厨 貴(編) (担当:共著, 範囲:第4章)
千倉書房   2018年9月   ISBN:4805111593

講演・口頭発表等

 
前田 亮介
BAJS(British Association for Japanese Studies)2018 Annual Conference(The University of Sheffield)   2018年9月7日   
(コメント) セッションⅡ「オーラル・ヒストリーの作り方・使い方:東アジア日本学研究者協議会から見て」について [招待有り]
前田 亮介
第2回オーラル・ヒストリーの集い(東京大学)   2017年4月8日   
(コメント) 報告「「経済大国」の苦悩:東京サミット(1979年)と日本外交」について [招待有り]
前田 亮介
戦後外交史研究会(二松学舎大学)   2017年3月4日   
前田 亮介
第3回慶應比較政治セミナー(慶應義塾大学)   2016年11月12日   
(リプライ) 前田亮介『全国政治の始動』書評会(評者:木村聡、武藤三代平)
前田 亮介
北海道歴史研究者協議会例会(北海道大学)   2016年10月1日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 前田 亮介
公益財団法人 野村財団: 国際交流助成(研究者の海外派遣)
研究期間: 2017年9月 - 2019年8月    代表者: 前田 亮介
Finance, Empire, and War: The International Monetary Politics between Japan, Britain, and the United States. 1929-1952
北海道大学: 総長奨励による若手教員海外派遣支援事業
研究期間: 2018年9月 - 2019年3月    代表者: 前田 亮介
公益財団法人 村田学術振興財団: 研究者海外派遣援助
研究期間: 2017年9月 - 2017年11月    代表者: 前田 亮介
金融・帝国・戦争——世界恐慌後の国際経済秩序をめぐる日英米関係、1929-1952——
公益財団法人 杉野目記念会: 海外研修助成
研究期間: 2017年9月 - 2018年8月    代表者: 前田 亮介