松葉 龍一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/21 15:00
 
アバター
研究者氏名
松葉 龍一
 
マツバ リュウイチ
eメール
matsubakumamoto-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40336227.ja.html
所属
熊本大学
部署
教授システム学研究センター
職名
准教授
学位
博士(理学)(熊本大学), 修士(理学)(熊本大学)
その他の所属
熊本大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
熊本大学 教授システム学研究センター 准教授
 
2007年
 - 
2017年
熊本大学 eラーニング推進機構 准教授
 
2002年
 - 
2007年
熊本大学 総合情報基盤センター 助手
 
1999年
 - 
2002年
熊本大学 総合情報処理センター 助手
 

学歴

 
 
 - 
1998年
熊本大学 理学研究科 物理学専攻修士課程
 

論文

 
Suzuki Yusei, Matsuba Ryuichi, Suzuki Katsuaki, Kita Toshihiro, Kubota Shin-Ichiro, Nishino Hiroaki
COMPLEX, INTELLIGENT, AND SOFTWARE INTENSIVE SYSTEMS   772 927-935   2019年   [査読有り]
An Approach for Building a Learning Style with ePortfolios
Ryuichi Matsuba, Naoshi Hiraoka, Shin-Ichiro Kubota, Makoto, Miyazaki, Yusei Suzuki
orld Conference on Educational Media and Technology 2017      2017年   [査読有り]
Beyond ePortfolios - Creating, Exploiting, and Archiving Activities, Learning Outcomes,and Learning Analytics as Personal Shareable Online Spaces -
7th World Engineering Education Forum      2017年   [査読有り]
1. サービスラーニングの原則・基準を活用したPBL科目の授業設計・運営準備ガイドおよびワークシートの開発
石田百合子, 石田祐, 梶村好宏, 松葉龍一, 根本淳子, 鈴木克明
教育システム情報学会誌   34(2) 196-201   2017年   [査読有り]
A Study Toward For Efficient Implementation of Collaborative Learning Activities
R. Matsuba, Y. Suzuki, S-I. Kubota, M. Miyazaki
12th International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age   347-350   2016年   [査読有り]

Misc

 
A proposal for a Course Improvement Cycle Model based on Self-Assessment Using Rubric
M. Miyazaki, R. Matsuba, S-I. Kubota, N. Hiraoka
4th Association for Authentic Experiential and Evidence-Based Learning      2015年   [査読有り]
Addressing to Create a Questionnaire for Measuring Portfolio Learning Skills Based on the ePortfolio Literacy Rubric
S-I. Kubota, R. Matsuba, H. Naoshi, M. Miyazaki, Y. Suzuki
4th Association for Authentic Experiential and Evidence-Based Learning      2015年   [査読有り]
Rubric on Mahara: An update of rubric‒plugin for a course improvement cycle model based on self‒assessment
M.Miyazaki, N.Hiraoka, S-I.Kubota, R.Matsuba
5th Association for Authentic Experiential and Evidence-Based Learning      2016年   [査読有り]
三井 一希, 戸田 真志,松葉 龍一,鈴木克明
日本教育工学会論文誌   38(suppl) 9-12   2014年
LMS等を利用したオンライン科目の学習ログの抽出及び分析環境の検討
中野 裕司,戸田 真志,右田 雅裕,杉谷 賢一,武藏 泰雄,喜多 敏博,松葉 龍一,中野 裕司,久保田 真一郎,松葉 龍一,戸田 真志,永井 孝幸,右田 雅裕,武藏 泰雄,喜多 敏博,杉谷 賢一
情報処理学会研究報告   2014(7) 1-6   2014年

書籍等出版物

 
松葉 龍一・小村 道昭
東京電機大学出版局   2018年2月   ISBN:4501631309
小川賀代, 小村道昭
東京電機大学出版局   2012年3月   ISBN:4501627409
Moodle with Contents for Learning Information Literacy and Intellectual Property: An Indonesia-Japan Institutional Mission
京都大学高等教育研究開発推進センター   2006年   
全学的規模の情報教育におけるe-Learning 講義の実施
2005年   

講演・口頭発表等

 
DPと連動したe-ポートフォリオシステム活用 [招待有り]
松葉 龍一
慈恵会医科大学 e-ポートフォリオ オープンセミナー   2016年   
Why ePortfolio implementations Fail and How They Can Succeed: Learning from our mistakes and failures in introducing ePortfolio environments [招待有り]
Ryuichi Matsuba
Minnesota Portfolio Summit 2015   2015年   
ARCSモデルと時間連続体モデルの組み合わせによる授業改善のための適切な動機づけ方策の選択手法の提案
日本教育工学会研究会   2015年   
A Fundamental Study For Efficient Implementation Of Online Collaborative Ac tivities In Large-Scale Classes
12th International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digi tal Ag   2015年   
大学へのポートフォリオ導入の目的と現状-ポートフォリオ導入担当者へのアンケートから-
第31回 日本教育工学会全国大会   2015年   

Works

 
ブラックホールまわりの降着円盤内における元素合成の研究
2002年 - 2003年
超臨界降着円盤によるGRBモデル研究
2002年 - 2003年
ブラックホールまわりのニュートリノ冷却降着円盤の研究
2002年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 中嶌 康二
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 大森 不二雄
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 鈴木 雄清
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 石田 百合子
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 平岡 斉士