Ryoichi Nakashima

J-GLOBAL         Last updated: Dec 23, 2019 at 10:32
 
Avatar
Name
Ryoichi Nakashima
Affiliation
The University of Tokyo
Research funding number
30626073

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Beyond one's body parts: Remote object movement with sense of agency involuntarily biases spatial attention.
Ryoichi Nakashima
Psychonomic Bulletin & Review   26(2) 576-582   May 2019   [Refereed]
Spatial attentional distribution is modulated by head direction during eccentric gaze.
Ryoichi Nakashima
Journal of Cognitive Psychology   31(2) 215-224   Feb 2019   [Refereed]
Task-irrelevant spatial dividers facilitate counting and numerosity estimation.
Li Qi, Nakashima Ryoichi, Yokosawa Kazuhiko
Scientific Reports   8(15620)    Oct 2018   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Kumada Takatsune
QUARTERLY JOURNAL OF EXPERIMENTAL PSYCHOLOGY   71(5) 1090-1099   May 2018   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Yokosawa Kazuhiko
VISUAL COGNITION   26(1) 37-47   2018   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Kumada Takatsune
ATTENTION PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS   79(6) 1666-1673   Aug 2017   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Komori Yuya, Maeda Eriko, Yoshikawa Takeharu, Yokosawa Kazuhiko
FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   7    Oct 2016   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Fang Yu, Hatori Yasuhiro, Hiratani Akinori, Matsumiya Kazumichi, Kuriki Ichiro, Shioiri Satoshi
VISION RESEARCH   117 59-66   Dec 2015   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Iwai Ritsuko, Ueda Sayako, Kumada Takatsune
FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   6    Nov 2015   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Watanabe Chisaki, Maeda Eriko, Yoshikawa Takeharu, Matsuda Izuru, Miki Soichiro, Yokosawa Kazuhiko
PSYCHOLOGICAL RESEARCH-PSYCHOLOGISCHE FORSCHUNG   79(5) 729-738   Sep 2015   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Shioiri Satoshi
PLOS ONE   10(4)    Apr 2015   [Refereed]
Fang Yu, Nakashima Ryoichi, Matsumiya Kazumichi, Kuriki Ichiro, Shioiri Satoshi
PLOS ONE   10(3)    Mar 2015   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Shioiri Satoshi
PLOS ONE   9(3)    Mar 2014   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Yokosawa Kazuhiko
ATTENTION PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS   75(2) 299-307   Feb 2013   [Refereed]
Maeda Eriko, Yoshikawa Takeharu, Nakashima Ryoichi, Kobayashi Kazufumi, Yokosawa Kazuhiko, Hayashi Naoto, Masutani Yoshitaka, Yoshioka Naoki, Akahane Masaaki, Ohtomo Kuni
SPRINGERPLUS   2    2013   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Yokosawa Kazuhiko
VISUAL COGNITION   20(3) 265-283   2012   [Refereed]
Nakashima Ryoichi, Yokosawa Kazuhiko
PSYCHONOMIC BULLETIN & REVIEW   18(2) 309-315   Apr 2011   [Refereed]

Misc

 
Nakashima Ryoichi
Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology   2017(0)    2017
ある位置を注視していたとしても、頭部方向正面で見るか、横目で見るかによって、視覚処理が変容する。具体的には、頭部正面方向における視覚処理が促進される。本研究では、横目で注視点を見ている時の、視覚的注意の空間的な広がりについて検討した。実験では、注視点位置に呈示されるTの文字の向き判断と、周辺視野に呈示されるドットの検出を同時に行う、二重課題の有効視野課題を行った。また、注視点に対する頭部(と身体)方向を、正面・左右と操作した。注視点の左または右にドットが出てきた場合の検出率の差分を左バイア...
Nakashima Ryoichi, Ueda Sayako, Hine Kyoko, Iwai Ritsuko, Kumada Takatsune
Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology   2016(0)    2016
現在、様々な場面における操作が自動制御システムに置き換えられてきている(例:自動運転車)。一方で、操作する喜びや学習効率に対しては、操作主体感が重要である。本研究では、自動制御時の操作主体感を検討した。特に、運転における要因として、目的指向行動(例:目標とする空間に車を停止させる)、結果の現れ方(例:ブレーキを踏むと減速して停止する)に焦点を当て、それらが操作主体感の主観評価に与える影響を検討した。実験では、直線運動するボールにキー押しでブレーキをかける課題を行った。その際、停止させるべき...
Iseki Ryuta, Nakashima Ryoichi, Ueda Sayako, Iwai Ritsuko, Kumada Takatsune
Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology   2015(0) 87-87   2015
マインドワンダリングが起こっているときには,マインドワンダリング報告時には,課題目標を制御する注意のメカニズムが適切に働いておらず,トップダウンの期待(課題に対する構え)が維持されていないことが考えられる。本研究では,シングルトン検出課題を用いて,標的項目を定義する特徴次元の出現頻度を操作した。出現しやすい特徴次元に対して注意が適切に維持されていれば,高頻度次元項目に対しては,低頻度次元項目に対するよりもすばやく検出が行なえるはずである。3つの実験の結果,課題関連思考が経験されていた試行で...
Nakashima Ryoichi, Iwai Ritsuko, Ueda Sayako, Iseki Ryuta, Kumada Takatsune
Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology   2015(0) 9-9   2015
運転等の自己移動に必要な知覚として、自己方向、自己位置の知覚がある。これらの知覚に対して、「道路が正立して見えていること」「遠くの情報を中心視で捉えること」という、典型的な道路の見えの要因が影響を与えるかどうかに焦点を当てて検討した。実験では、2枚の直線道路の画像を観察して、どちらが道路に対して正面を向いたものか(自己方向判断)、どちらが車線の中央から見たものか(自己位置判断)を答えさせた。実験1では正立画像と倒立画像の比較、実験2では正立画像と上下入替画像の比較を行った。その結果、自己方...
Ueda Sayako, Nakashima Ryoichi, Iseki Ryuta, Iwai Ritsuko, Kumada Takatsune
Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology   2015(0) 81-81   2015
日常的な文脈で視覚運動トラッキングが行われるとき,大抵はターゲットとエフェクターは共に,空間的に広がりがあるオブジェクトであるが,先行研究の多くは,空間的にコンパクトなオブジェクトを用いている。本研究では,オブジェクトサイズの違いがトラッキングに与える影響について検討した。空間的に広がりがあるオブジェクト同士のトラッキングでは,参照点の検出に伴う負荷が上昇してトラッキングが困難になる可能性がある。本研究では,オブジェクトサイズを変化させる方向として,ターゲットとカーソルを同時に変える条件と...