野内類

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/03 09:19
 
アバター
研究者氏名
野内類
 
ノウチルイ
eメール
ruitohoku.ac.jp
URL
https://nouchi-lab.com/
所属
東北大学
部署
加齢医学研究所
職名
准教授
学位
博士(心理学)(中央大学)
その他の所属
卓越研究員
科研費研究者番号
50569580

プロフィール

専門は、認知健康科学/心理学です。

文部科学省の卓越研究員事業と東北大学加齢医学研究所の支援を受けて、新しい研究室(認知健康科学研究分野)をスタートしました。

適応的なこころの働きを調べたり、スマートエイジングの実現や認知的健康の推進を目指しています。

認知科学と健康科学を融合させた認知健康科学という実践的な学問を提案しています。
認知的健康とは、個人や社会にとって健康で【適応的な】精神状態(認知や感情)であると考えています。
身体的健康や精神的健康や社会的健康に続く、新しい健康に対するコンセプトです。

心理学的手法、脳科学的手法、疫学的手法、生活介入などの多様な研究手法を用いて、人の適応的な認知プロセスを明らかにする基礎研究や認知的健康を維持・促進する要因の解明や介入方法の開発と実証を行う応用研究を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年12月
 - 
現在
東北大学 加齢医学研究所 准教授
 
2018年12月
 - 
現在
文部科学省 卓越研究員
 
2017年9月
 - 
2018年11月
東北大学 スマート・エイジング学際重点研究センター 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年8月
東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教
 
2013年9月
 - 
2015年3月
東北大学 災害科学国際研究所 助教
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
中央大学 文学研究科 心理学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
明治学院大学 文学部 心理学科
 

受賞

 
2017年5月
広告電通賞審議会広告電通賞 名古屋地区賞
 
2013年3月
公益財団法人 明治安田厚生健康事業団 第28回健康医科学研究助成優秀賞
 
2011年8月
財団法人発達科学教育センター 発達科学研究教育奨励賞
 
2008年3月
中央大学学員会 会長賞
 
2006年8月
日本カウンセリング学会 ポスター発表賞
 

論文

 
Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Kotozaki Y, Shinada T, Maruyama T, Sekiguchi A, Iizuka K, Yokoyama R, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Makoto Miyauchi C, Magistro D, Sakaki K, Jeong H, Sasaki Y, Kawashima R
Scientific reports   9(1) 12227   2019年8月   [査読有り]
Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Sassa Y, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Daniele M, Kawashima R
Scientific reports   9(1) 8856   2019年6月   [査読有り]
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, Sugiura M
Appetite   137 218-225   2019年6月   [査読有り]
Ikeda S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Nozawa T, Yokota S, Magistro D, Kawashima R
Brain and behavior   9(6) e01267   2019年6月   [査読有り]
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, Sugiura M
Foods (Basel, Switzerland)   8(3)    2019年3月   [査読有り]
Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Kotozaki Y, Shinada T, Maruyama T, Sekiguchi A, Iizuka K, Yokoyama R, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Magistro D, Sakaki K, Jeong H, Sasaki Y, Kawashima R
Scientific reports   9(1) 1338   2019年2月   [査読有り]
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, Sugiura M
Multisensory research   1-27   2019年1月   [査読有り]
Takeuchi H, Tomita H, Taki Y, Kikuchi Y, Ono C, Yu Z, Sekiguchi A, Nouchi R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima R
Brain imaging and behavior      2019年1月   [査読有り]
Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Daniele M, Sassa Y, Kawashima R
Brain structure & function      2019年1月   [査読有り]
Saito T, Motoki K, Nouchi R, Kawashima R, Sugiura M
PloS one   14(8) e0220883   2019年   [査読有り]
Nouchi R, Kobayashi A, Nouchi H, Kawashima R
Frontiers in aging neuroscience   11 99   2019年   [査読有り]
Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Sassa Y, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Daniele M, Kawashima R
Brain structure & function   223(9) 4243-4258   2018年12月   [査読有り]
Takeuchi H, Taki Y, Asano K, Asano M, Sassa Y, Yokota S, Kotozaki Y, Nouchi R, Kawashima R
Human brain mapping   39(11) 4471-4479   2018年11月   [査読有り]
Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Magistro D, Sassa Y, Kawashima R
Frontiers in human neuroscience   12 543   2018年   [査読有り]
Takeuchi H, Tomita H, Taki Y, Kikuchi Y, Ono C, Yu Z, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Magistro D, Sassa Y, Kawashima R
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)      2018年8月   [査読有り]
Akimoto Y, Yamazaki R, Sugiura M, Nouchi R, Terao C, Tsukiura T, Kawashima R
The European journal of neuroscience      2018年5月   [査読有り]
Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Shinada T, Sakaki K, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Daniele M, Sassa Y, Kawashima R
Scientific reports   8(1) 5833   2018年4月   [査読有り]
Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Sakaki K, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Daniele M, Sassa Y, Kawashima R
Scientific reports   8(1) 3694   2018年2月   [査読有り]
Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Shinada T, Sakaki K, Sassa Y, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Daniele M, Kawashima R
Scientific reports   8(1) 175   2018年1月   [査読有り]
Kulason K, Nouchi R, Hoshikawa Y, Noda M, Okada Y, Kawashima R
Frontiers in aging neuroscience   10 68   2018年   [査読有り]

Misc

 
野内類, 川島隆太
高次脳機能研究   34(3) 335-341   2014年9月
大庭 輝, 野内 類, 高野 裕治
老年社会科学   35(4) 429-437   2014年
大庭 輝, 野内 類, 高野 裕治
明治学院大学心理学部付属研究所年報   (2) 51-63   2009年5月
野内 類, 兵藤 宗吉
人文研紀要   (65) 139-163   2009年
野内 類, 高野 裕治, 高野 春香
明治学院大学心理学部付属研究所年報   1 79-87   2008年5月
野内 類, 兵藤 宗吉
認知心理学研究   6(1) 75-83   2008年
本研究では,Remember-Knowパラダイムを用いてエピソード想起課題における検索過程の違いが気分一致記憶に及ぼす影響を検討した.大学生60名が実験に参加した.参加者をポジティブ気分群とネガティブ気分群と音楽聴取を行わないニュートラル群に割り振った.各群の参加者には4秒間隔で刺激語が呈示された.刺激語は快語30語と不快語30語の形容詞を使用した.参加者は刺激語から自伝的記憶もしくは母親のエピソードが思い出せるの(Remember)か,わかるだけ(Know)か,想起できないか(Not)の...
野内類, 兵藤宗吉
心理学研究   78(1) 25-32   2007年4月
野内 類, 高野 裕治, 高野 春香
明治学院大学心理学部付属研究所紀要   (5) 3-13   2007年3月
野内 類, 兵藤 宗吉
認知心理学研究   5(1) 71-78   2007年
気分一致記憶とは,気分と一致した感情価をもつ刺激語の記憶成績が良くなる現象を指す.本研究は,自伝想起課題と修正自伝想起課題を用いて気分一致記憶を検討した.大学生90名をランダムに実験条件に割り振った(ポジティブ,ネガティブ,ニュートラル).ポジティブとネガティブ気分群は,気分誘導のために音楽を聴取した.各群の被験者には4秒間隔で刺激が呈示された.刺激は快語30語と不快語30語の形容詞を使用した.自伝想起課題の参加者は刺激語にあてはまるエピソードを生成し,それが自分の経験にあるかどうかの再認...
野内 類, 兵藤 宗吉
人文研紀要   (61) 21-40   2007年
野内 類, 高野 裕治, 小嶋 明子
明治学院大学心理学部付属研究所紀要   (4) 3-18   2006年3月
阿部 裕, 野内 類, 井上 孝代
明治学院大学心理学部付属研究所紀要   (4) 39-49   2006年3月
井上 孝代, 野内 類
明治学院大学心理学紀要   (16) 19-30   2006年3月
野内 類, 兵藤 宗吉
認知心理学研究   4(1) 15-23   2006年
気分一致記憶とは,気分が気分状態と一致した情報の記憶を促進することである.この気分一致記憶の生起には自己に関係づける処理が重要であると考えられている.本研究では,自伝想起課題と母親に関係づける課題である他者エピソード想起課題を用いて気分一致記憶の生起要因を検討した.大学生66名をランダムに実験条件に割り振った(ポジティブ,ネガティブ,ニュートラル).ポジティブとネガティブ気分群は,気分誘導のために音楽を聴取した.各群の被験者には4秒間隔で刺激が呈示された.刺激は快語30語と不快語30語の形...