(Unregistered) (Unregistered)

J-GLOBAL         Last updated: Jun 21, 2019 at 18:10
 
Avatar
Name
(Unregistered) (Unregistered)
E-mail
rohkincc.go.jp
Affiliation
National Cancer Center,Research Institute

Published Papers

 
Kojima M, Chen Y, Ikeda K, Tsukada Y, Takahashi D, Kawano S, Amemiya K, Ito M, Ohki R, Ochiai A
Scientific reports   9(1) 2404   Feb 2019   [Refereed]
Identification of novel receptors for secreting protein p53PAD7 that triggers inhibition of cell proliferation
Takikawa Masahiro, Ishikawa Fuyuki, Ohki Rieko
CANCER SCIENCE   109 840   Dec 2018   [Refereed]
Functional loss of p53 cooperates with the in vivo microenvironment to promote malignant progression of gastric cancers
Ohki Rieko, Ohtsuka Junko, Oshima Hiroko, Abe Ryo, Oshima Masanobu
CANCER SCIENCE   109 679   Dec 2018   [Refereed]
Chen Y, Takikawa M, Tsutsumi S, Yamaguchi Y, Okabe A, Shimada M, Kawase T, Sada A, Ezawa I, Takano Y, Nagata K, Suzuki Y, Semba K, Aburatani H, Ohki R
Cancer science   109(11) 3532-3542   Nov 2018   [Refereed]
Magi S, Iwamoto K, Yumoto N, Hiroshima M, Nagashima T, Ohki R, Garcia-Munoz A, Volinsky N, Von Kriegsheim A, Sako Y, Takahashi K, Kimura S, Kholodenko BN, Okada-Hatakeyama M
The Journal of biological chemistry   293(6) 2206-2218   Feb 2018   [Refereed]

Misc

 
がん抑制遺伝子p53機能喪失とがん微小環境は協調的に胃がん悪性化を促進する(Functional loss of p53 cooperates with the in vivo microenvironment to promote malignant progression of gastric cancers)
大木 理恵子, 大塚 旬子, 大島 浩子, 安部 良, 大島 正伸
日本癌学会総会記事   77回 1074-1074   Sep 2018
分泌性p53標的因子p53PAD7の新規受容体の同定と細胞増殖停止機構の解明(Identification of novel receptors for secreting protein p53PAD7 that triggers inhibition of cell proliferation)
滝川 雅大, 石川 冬木, 大木 理恵子
日本癌学会総会記事   77回 1302-1302   Sep 2018
【膵神経内分泌腫瘍update】 膵神経内分泌腫瘍のがん遺伝子研究 PHLDA3は膵神経内分泌腫瘍の運命を決定する
冨永 航平, 陳 よ, 大木 理恵子
臨床消化器内科   33(9) 1099-1109   Jul 2018
<文献概要>膵神経内分泌腫瘍(PNETs)においてPI3K-Akt-mTOR経路が異常に活性化していることが知られている.われわれが見出したPNETsの新規がん抑制遺伝子PHLDA3は,PNETs検体においてLOH(loss of heterozygosity)とメチル化の2-hitによって機能が失われており,さらにはPHLDA3の機能喪失とPNETsの予後不良との関連が示唆された.PHLDA3はがん遺伝子Aktの活性化を特異的に抑制することでPI3K-Akt-mTOR経路を負に制御し,P...
【膵神経内分泌腫瘍診療の最前線】 新規がん抑制遺伝子PHLDA3は膵神経内分泌腫瘍攻略におけるもっとも重要な分子の一つである
友杉 充宏, 川瀬 竜也, 冨永 航平, 大木 理恵子
胆と膵   38(12) 1345-1355   Dec 2017
神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor:NET)のなかでも膵神経内分泌腫瘍(pancreas neuroendocrine tumor:PanNET)は予後が悪いことが知られている。そうした状況のなか、mTOR阻害剤であるエベロリムスがPanNETに対して効果を示すことが明らかになり、適応が追加承認された。このことはPanNETの治療戦略においてAkt経路の抑制が重要な意味をもつことを示したことになる。われわれはp53の標的遺伝子として、PHLDA3を見出し、その働きがA...
Akt抑制因子PHLDA3の新規結合分子PH3IPはAkt活性を制御する
山口 陽子, 西川 雷羅, 陳 ヨ, 斎藤 梢, 広川 貴次, 八田 知久, 夏目 徹, 永田 喜三郎, 大木 理恵子
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0459]   Dec 2017