共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2015年3月

窒素と水からのアンモニア合成システムの開発

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 山内 美穂

課題番号
24655040
配分額
(総額)
4,160,000円
(直接経費)
3,200,000円
(間接経費)
960,000円

湿式法により、CuPd合金およびRuナノ粒子を作製し、TiO2に担持して触媒を調製した( Ru/TiO, CuPd/TiO2)。メタノール存在下において作製した触媒に紫外光照射することにより水素が発生することを確認した。次に、Ru/TiO2上で光水分解により得られた水素と窒素分子からのアンモニアの合成試験を行った。犠牲試薬としてメタノールを添加し、窒素ガスをバブリングしながら光を照射するとしない場合に比べて、アンモニア濃度が増大することがわかった。CuPd/TiO2でも同様な結果が得られた。以上の結果より、光水分解発生機水素と窒素の反応によりアンモニアが合成されることが明らかとなった。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24655040/24655040seika.pdf