高橋 理枝

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 12:07
 
アバター
研究者氏名
高橋 理枝
所属
独立行政法人日本貿易振興機構 アジア経済研究所
学位
修士(国際文化)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
現在
日本貿易振興機構アジア経済研究所
 

学歴

 
 
 - 
2002年3月
東北大学 国際文化研究科 国際地域文化論(博士課程後期)
 
 
 - 
1999年3月
東北大学 国際文化研究科 国際地域文化論(博士課程前期)
 

論文

 
高橋 理枝
『情報の科学と技術』   66(1) 2-7   2016年1月   [招待有り]
書評「三浦徹編『イスラームを学ぶ 史資料と検索法』(イスラームを知る 3) 山川出版社 2013年」
高橋 理枝
『イスラーム世界研究』   8    2015年3月   [査読有り][招待有り]
資料「シリアにおける女性労働関係諸制度」
高橋 理枝
『アジア経済』   50(1)    2009年1月   [査読有り]
「身分法改正問題に関する女性の見解の多様性についての一考察:ヨルダン川西岸での聞き取り調査の分析から」
高橋 理枝
『国際文化研究』   9 15-28   2002年12月   [査読有り]

Misc

 
「中東・イスラーム諸国関係資料紹介」
高橋 理枝
中東レビュー   5    2018年3月   [査読有り]
「The Open Data Barometerにみる中東・北アフリカのオープンガバメント・データ」
高橋 理枝
『アジ研ワールド・トレンド』   268    2018年2月
「中東-IT化の進展と学術情報の流通」 
高橋 理枝
『アジ研ワールドトレンド』   162    2009年3月
研究所紹介「エミレーツ戦略研究調査センター(ECSSR)」
高橋 理枝
『アジア経済』   49(4) 68-72   2008年4月
研究所紹介「レバノン・アメリカン大学アラブ世界女性研究所」
高橋 理枝
『アジア経済』   48(3) 73-78   2007年3月

書籍等出版物

 
『東アラブの女性に関する文献解題 : シリア、ヨルダン、レバノンの女性労働を中心に』
高橋 理枝
日本貿易振興機構アジア経済研究所   2012年   
『世界の社会福祉年鑑』2010年版
高橋 理枝 (担当:分担執筆, 範囲:「第2部 各国社会福祉の現状:シリア」)
2011年11月   
安田喜憲・後藤明・木村喜博編 『新世界地理』
高橋 理枝 (担当:分担執筆, 範囲:「エルサレム」「テルアビブ」「ジェンダー」、以下コラム「ペトラ」「アカバ」「死海」「ベツレヘム」)
朝倉書店   2010年8月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
紛争地域の史資料保存のための基礎的研究:イラクの新聞保存を事例に
日本学術振興会: 助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 高橋 理枝