MISC

2010年12月

【制御性T細胞の新展開】 CD4陽性CD25陽性制御性T細胞とSOCSファミリー分子

炎症と免疫
  • 高橋 令子

19
1
開始ページ
13
終了ページ
19
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)先端医学社

Suppressors of cytokine signaling 1(SOCS1)分子の胸腺由来の、Foxp3+ naturally occuring regulatory T cell(nTreg)における役割について、(1)nTregにおいてSOCS1の発現は亢進、(2)SOCS1欠損nTregのin vivoでの抑制能の低下、(3)SOCS1欠損nTregはFoxp3の発現を失いやすくTh1へと転換しやすい、ということを明らかにした。SOCS1は、Tregの運命決定と機能を担う重要な分子であることが示唆される。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS