研究ブログ

12Next
2017/09/12

文体改革

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
昨日は、サイエンスリポートwebsite 新記事の公開日だったが、2016年1月以来取り組んできた文体改革のひとつのステップを記すテキスト、と自分では思います。

サイエンスリポートwebsite |  僕らはゲノムでできている。04
生物学とデータベースの関係は?


実践的には、(なるべくそのまま)英語にできるものとして開発してきたものであり、より正確には、そのような英語の流れから学んだ自然さを日本語に反映させたもの、といったことになるかもしれません。

ロジカルな流れは要素のひとつなので、先生方にはいっそう読みやすく、チェックに時間がかからない原稿をお届けできる可能性が高いのも、うれしいことです。
21:19 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 文体の開発
2017/01/30

サイエンスリポート

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
サイエンスリポートWebSite |
http://sr.rois.ac.jp/
というサイトで北極テーマのコンテンツ、公開開始です。
昨今の寒さに効く!?読み物となれば幸い。
11:08 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2016/11/08

本年第二回目の文体変更

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
今回のはたいした変更じゃないんだけど、global Englishという潮流とも若干関わりがある、なるべくユニバーサルな文体へ向けた仕様変更。ということになるかな。
12:41 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 文体の開発
2016/11/08

ルモンド誌

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
Le Monde Dipromatique
https://mondediplo.com/maps/integrationspiral


いつのまに! ルモンドもレスポンシブだ。
12:36 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 科学と広告
2016/01/10

「わかりやすい」の再定義。

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
今年は(日本語の、自分の)文体を変革します。
と、facbookに書いた。
こう言い切ってみると、いかにこれまで自分が「日本語らしい」表現に愛着やこだわり、その他を持っていたかがわかる。ああこれが最後ですから、自由に書かせてくれ、とみぞおちで思いもする。まさしく、そばをつゆに漬けたかった江戸っ子ってやつ。(笑)
そもそも自分が苦しい。
読む方だって、よくて賛否両論、特段の効果なしといったところ。
なんでわざわざという論陣は簡単だ。

文体を変革するとは、ここへ書く時は変革しないで、あっちへ書く時は変革するというよりは、書くこと全般に及ぶものだが、私において主に(学術)広報の文章での必要から生じて、全般化へ向かうものだ。わざわざ変革する目的は、「わかりやすい」とは何か?を再考することにある。まず一般的な理解として、文章を「わかりやすく」という指針はある程度共有され、実践され,開発・応用も広がる一方で、その革新性には苔が生えつつある。つまり、それはかつて、堪えがたい難解性への「アンチテーゼ」だったから。(たとえば一般へのコミュニケーションにおける「わかりやすい」と、教育における「ゆとり」に共通点はないだろうか?)そこで、過去との対峙構図から離れて、未来に流通するであろうコミュニケーションの様相へ向けて「わかりやすい」を考えることはできないか。

もうひとつは「わかりやすい」をめぐる個人的な背景である。私は主に80年代から90年代にかけてコピーライターという仕事をしてきた(と書くとちょっとぞっとしない)。コピーライティングという専門性スキルは、商業的な価値を目指したものなので委細省略するが、まず1980〜90年代以降、おそらくその影響下に人々が使う日本語が変わった。その特徴は(ソフトウェア的には)「ああ、そうだよな」という受け手の共感を引きだす好感度であり、(ハードウェア的には)情報の圧縮であるとまとめてもおそらく差し支えないだろう。この情報の圧縮技術には魅力的な特徴がたくさんある。たとえば、どんなにリッチなコンテンツでも、原理的に、私は任意の文章の長さで説明できる(笑)。一方、2016年となっては、具体的でクリティカルな2つの害がある。1つは、日本人あるいは日本語の使い手なら通じる当然の展開といったものが前提されていることだ(たとえば山といえば川のように)。このことから当然に2番目として、英訳がうまくいかない(!)。

そこで2016年、私は文体を改革することにした。そもそもの原因は一般のライターからURAへ立場が転じたためだが、この話はまた別の機会に。さて、書いてみると、見かけたいして変わらないので、どこが違うんだと思われるかもしれない。1番の違いは、以前は裏に流れるよう組み立てていた論理の道筋を、文字上にしっかり表すということである。2番め以降は、一見逆方向に見える指針を含めて諸々検討中だ。ところでこの文体の問題点は、コンテンツの深さや援用すべき知識や背景の多さに応じて、文章が長くなってしまうことである。なお、効果的な英文作成について諸論あるけれども、この改革はなかなか効果的ではないかと密かに思っている。

22:44 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 文体の開発
2015/07/17

コンテンツ担当より御礼とお詫び

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
researchmapつながるコンテンツいつも閲覧ありがとうございます。
先日、新井先生から突然の「契約終了」を告げられ、
すでに御依頼していた先生方へも連絡してはならないというご命令のため、
結果として最後になります次号の先生、
そしてインタビューを御快諾くださったお二人の先生方へも
ひたすら申し訳なく、電車の中などで時折ハッと「連絡してない!」と、思い出しています。

私の考える連載終了とは、まったく異なるかたちでの降板であり、
このことはこれまでの連載の価値にも影響せざるを得ません。
担当として、第1回からお世話になってまいりました先生方に改めて御礼とともに、深くお詫び申し上げます。

13:15 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2014/06/16

マイルームを使っています

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
マイルームを最近使っています。リンク集を作るのに、いままではhtmlとcssでしかもリストタグで書いていたわけですが、それと比べると、当然、便利ですね。
15:54 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2014/06/16

写真を変えました

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
結構変えているような気がしますが、気のせいかもしれません。facebookと共通です。
15:53 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0)
2013/12/25

更新しなくては。

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
11月から、NIIから情報・システム研究機構へ転任しました。
いろいろと書かなければいけないことを、……正月休みにやろうと思います。
10:40 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 報告
2013/06/21

一橋大学の書店がすばらしい

Tweet ThisSend to Facebook | by rue
雨の一橋大学へ。
時間に少し余裕があったので、校内を歩いていると、生協(購買部)のなかに、書籍コーナーを発見。「社会・人文の書棚」が、こうあるべきというという姿で、新刊から名著から復刻本(東大出版会のフェア中だった)、岩波文庫まで、日本語で読める最良のものは揃えておこうという、たいへんな意志。

雨もあって、タイムスリップしたような気分。

先生におうかがいしたら、駅のほうにもうひとつ「増田書店」という本屋さんがありますよ、と教えてくださった。
16:27 | Impressed! | Voted(0) | Comment(0) | 科学と広告
12Next