Rumi Tsukinoki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 15:31
 
Avatar
Name
Rumi Tsukinoki
Affiliation
The Japanese Red Cross College of Nursing

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2010
 - 
2011
The George Institute for Global Health, University of Sydney
 

Awards & Honors

 
Mar 2012
sian Pacific Regional Federation Young Investigator Awards, International Atherosclerosis Society
 

Published Papers

 
Tsukinoki R, Okamura T, Okuda N, Kadota A, Murakami Y, Yanagita M, Miyamatsu N, Miura K, Ueshima H
Journal of occupational health   61(2) 189-196   Mar 2019   [Refereed]
Tsukinoki R, Murakami Y
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   65(2) 89-94   2018   [Refereed]
性、年齢、BMI、腹囲、体型に関連した高尿酸血症の検討 私立大学における特定健康診断結果の調査(Examining Hyperuricemia as Associated with Gender, Age, BMI Waist Circumference, and Body Type: Survey of Data Obtained in Specific Health Checkups at a Private University)
土手 友太郎, 中山 紳, 林 江美, 池原 賢代, 新田 明美, 吉田 久美子, 草野 恵美子, 月野木 ルミ, 山埜 ふみ恵, 玉置 淳子
大阪医科大学看護研究雑誌   7 14-20   Mar 2017
[目的]特定健康診断結果における性、年齢、体格指数(BMI)、腹囲および体型に伴う高尿酸血症の発症状況を検討した。[方法]対象者は服薬のない大阪府内の私立大学教職員(男性350人、女性402人)であった。高尿酸血症は血清中濃度が7mg/dL超と定義されている。高尿酸血症者の割合を性、年齢、BMI、腹囲およびBMIと腹囲の組み合わせによる体型区分に基づくカテゴリーにおいて年齢群間(2013年において40歳未満、40歳以上)で比較した。各カテゴリーにおける高尿酸血症者の百分率を年齢群、BMI区...
私立大学の中年男性職員における特健階層および腹部肥満区分に基づく健康意識、行動変容ステージ、保健指導の要望に関する調査研究(Survey of Health Awareness, Stage of Change, and Application for Health Guidance Based on Stratification of Specific Health Checkups and Classification of Abdominal Obesity among Middle-Aged Ma
土手 友太郎, 中山 紳, 玉置 淳子, 瀧井 道明, 吉田 久美子, 草野 恵美子, 月野木 ルミ, 横山 浩誉, 山埜 ふみ恵
大阪医科大学看護研究雑誌   6 3-11   Mar 2016
[目的]職域従事者の健康意識、特定健診(特健)、行動変容ステージ(ステージ)、保健指導希望を特健支援レベルと腹部肥満分類の組み合わせに基づき調査した。[方法]2012年度の特健を受けた40歳以上の男性(275名)を積極的支援、動機付け支援、情報提供のみに階層化した。健康状態、前回の特健結果、ステージ、保健指導希望をアンケートした。生体インピーダンス法で内臓脂肪レベル(内レ)(レベル10は内臓脂肪面積100cm2に相当)を測定した。腹部肥満を4カテゴリー化(非肥満:腹囲<85cmかつ内レ<1...
Tsukinoki R, Murakami Y, Hayakawa T, Hashimoto S
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   63(1) 17-25   2016   [Refereed]
Comparison of specific health checkup results between individuals with municipal national insurance and those with mutual insurance: focusing on stage of change and application to counseling from 2009 to 2011.
Dote T, Takii M, Yoshida K, Kusano E, Tsukinoki R, Yokoyama H, Yamano F.
61(1)    2015   [Refereed]
Tsukinoki R, Okamura T, Watanabe M, Kokubo Y, Higashiyama A, Nishimura K, Takegami M, Murakami Y, Okayama A, Miyamoto Y
American journal of hypertension   27(11) 1362-1369   Nov 2014   [Refereed]
国民生活基礎調査匿名データにおける世帯構造と内分泌代謝疾患の通院との関連
月野木 ルミ, 村上 義孝
日本公衆衛生雑誌   61(6) 299-305   Jun 2014
目的 本研究では、平成16年度国民生活基礎調査の匿名データに基づき単独世帯と内分泌代謝疾患通院との関連を解析した。方法 統計方第36条に基づき申請・入手した国民生活基礎調査匿名データBを利用した。対象者は20歳以上の者とし、年齢、医療機関への入院・入所者、喫煙習慣、日常生活動作に関する障害(以下、ADL障害)、就業が不詳のものを除外した11,928人とした。内分泌代謝疾患通院のリスクと世帯構造との関連の検討にはロジスティック回帰を用い、結果変数は内分泌代謝疾患の通院有無、説明変数として世帯...
特健後の階層・腹部肥満状況および健康状態・保健指導・行動変容への主観的要因の検討
土手 友太郎, 瀧井 道明, 黒川 博史, 横山 浩誉, 吉田 久美子, 草野 恵美子, 月野木 ルミ, 谷本 芳美, 中山 紳, 林 江美
成人病と生活習慣病   44(5) 601-601   May 2014
保健指導の希望、行動変容ステージ、メタボリックシンドロームおよび内臓脂肪の状況による特定保健指導の優先順位の検討(Review of Priority for Health Counseling after Mandatory Routine Health Checkups Using Application, Stage of Change, Presence of Metabolic Syndrome, and Visceral Adiposity)
土手 友太郎, 谷本 芳美, 中山 紳, 林 江美, 黒川 博史, 横山 浩誉, 瀧井 道明, 吉田 久美子, 草野 恵美子, 月野木 ルミ
大阪医科大学看護研究雑誌   4 32-40   Mar 2014
目的は特定保健指導を受けるべき対象者の優先順位についての検討である。対象者は大阪府の私立総合大学の男性40歳以上の教職員であった。選定要因は保健指導の希望、行動変容ステージ、メタボリックシンドローム(MetS)の判定、腹囲と体組成計による内臓脂肪量である。約半数が保健指導を希望した。希望者のうち無関心期・関心期と準備期・実行期と維持期は13%、3%、34%であった。MetSと予備群は17%、20%であった。腹囲と内臓脂肪がともに基準以上が30%、内臓脂肪のみ基準以上が44%であった。保健指...
西頭 知子, 月野木 ルミ, カルデナス 暁東
大阪医科大学看護研究雑誌 = Osaka Medical College journal of nursing research   4 96-104   Mar 2014
Tsukinoki Rumi, Murakami Yoshitaka
EUROPEAN JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY   29(1) 77   Jan 2014   [Refereed]
Four-year follow-up of specific Health Checkups and Effect of Specific Health Guidance for Untreated employees
Dote T, Tanimoto Y, Nakayama S, Tamaki J, Takii M, Yoshida K, Kusano E, Tsukinoki R, Yokoyama H.
60(1) 19-25   2014   [Refereed]
[Association between single-person households and ambulatory treatment of endocrine and metabolic disease in Japan: analysis of the Comprehensive Survey of Living Conditions].
Tsukinoki R, Murakami Y
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   61(6) 299-305   2014   [Refereed]
カルデナス 暁東, 西頭 知子, 月野木 ルミ
大阪医科大学看護研究雑誌 = Osaka Medical College journal of nursing research   3 147-156   Mar 2013
Association between request for health counseling and mandatory routine health checkup parameters in middle-aged Japanese men with metabolic syndrome
Dote T, Hayashi E, Nakayama S, Komiyama MMaki, Hayashida I, Fujita A, Kusabikari T, Tanimoto Y, Watanabe M, Kono K, H Kurokawa, Takii M, Yokoyama H, Yoshida K, Kusano E, Tsukinoki R
Bulletin of Osaka Medical College      2013   [Refereed]
Tsukinoki R, Murakami Y, Huxley R, Ohkubo T, Fang X, Suh I, Ueshima H, Lam TH, Woodward M, Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
Stroke   43(6) 1478-1483   Jun 2012   [Refereed]
Murakami Y, Huxley RR, Lam TH, Tsukinoki R, Fang X, Kim HC, Woodward M, Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
Preventive medicine   54(1) 38-41   Jan 2012   [Refereed]
Woodward M, Tsukinoki-Murakami R, Murakami Y, Suh I, Fang X, Ueshima H, Lam TH, Asia–Pacific Cohort Studies Collaboration.
Women's health (London, England)   7(3) 305-317   May 2011   [Refereed]
OKUDA Nagako, OKAMURA Tomonori, KADOTA Aya, MURAKAMI Yoshitaka, MIYAMATSU Naomi, TANAKA Taichiro, MORINAGA Miho, YANAGITA Masahiko, TSUKINOKI Rumi, TANAKA Nobuko, TAKADA Keiko, FUNAKOSHI Tsutae, UESHIMA Hirotsugu
日本循環器病予防学会誌 = Japanese journal of cardiovascular disease prevention   44(1) 10-21   Jan 2009
Toda M, Tsukinoki R, Morimoto K
Acta diabetologica   44(1) 20-22   Mar 2007   [Refereed]
Tsukinoki R, Morimoto K, Nakayama K
Lipids in health and disease   4 27   Nov 2005   [Refereed]
Okabe J, Eguchi A, Wadhwa R, Rakwal R, Tsukinoki R, Hayakawa T, Nakanishi M
Human molecular genetics   13(3) 285-293   Feb 2004   [Refereed]
Tsukinoki Rumi, Matsuda Tomoko, Kawamoto Masako, Yamamoto Akiko, Ito Mikiko, Nakamura Yasuhide
Journal of volunteer studies   4 85-98   2003
It is important for overseas volunteers to have adequate health care and to prevent travel related illnesses while in developing countries. The lack of information regarding health care for overseas volunteers from NGO/NPOs in Japan led to our inv...

Misc

 
高血圧通院者が抱える自覚症状の実態調査 平成22年国民生活基礎調査匿名データ
月野木 ルミ, 村上 義孝
日本公衆衛生雑誌   65(2) 89-94   Feb 2018
目的 平成22年国民生活基礎調査の匿名データに基づき高血圧通院患者が抱える自覚症状の実態調査を行った。方法 統計法第36条に基づき申請・入手した平成22年国民生活基礎調査匿名データBを利用した。対象者は20歳以上の10,218人とした(施設入所・入院者、悪性新生物および精神障害通院者除く)。自覚症状と高血圧通院との関連の検討にはロジスティック回帰を用い、結果変数として高血圧通院有無、要因として高血圧に関連すると考えられる主な自覚症状(頭痛、耳鳴り、動悸、肩こり、足の浮腫とだるさ)を投入し、...
村上義孝, 月野木ルミ, 三浦克之, 三浦克之, 岡村智教
健康寿命及び地域格差の要因分析と健康増進対策の効果検証に関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書(Web)   54‐61 (WEB ONLY)   2018
疫学研究レビューからみた震災発生からの経過時間と疾患発生との関連
月野木 ルミ, 村上 義孝, 早川 岳人, 橋本 修二
日本公衆衛生雑誌   63(1) 17-25   Jan 2016
目的 震災による疾患発生・死亡への影響を検討した疫学研究(保健医療統計調査を含む)を対象に系統的な文献レビューを行い、疾患別に震災からの経過時間とその影響の関連を検討した。方法 文献検索にはMEDLINEを用い、発行年が1990年1月1日から2012年10月30日、政府統計もしくは500人程度以上の集団、を検索条件として実行した。文献レビューでは重複文献、少数例の調査、動物実験、実験的研究など不適切な文献を除外した。最終的に抽出した文献から、震災からの経過時間と震災前後の疾患発生・死亡の増...
特健階層と腹部肥満区分別の保健指導の要望内容と拒否理由および生活習慣改善の有効要因の検討
土手 友太郎, 谷本 芳美, 林 江美, 中山 紳, 玉置 淳子, 瀧井 道明, 吉田 久美子, 草野 恵美子, 月野木 ルミ, 横山 浩誉
人間ドック   29(2) 419-419   Jul 2014
【メタアナリシスの意義-臨床にどういう影響を与えたか-】メタアナリシスの紹介と臨床に与えたImpact APCSC(Asia Pacific Cohort Studies Collaboration)
村上 義孝, 月野木 ルミ, 上島 弘嗣
動脈硬化予防   11(2) 13-19   Jul 2012
月野木ルミ, 荻田美穂子, 加藤みのり, 村上義孝, 盛永美保, 宮松直美
68th 630   Oct 2009
口腔衛生状態と脳梗塞発症との関連 症例対照研究のデザインおよび中間報告
小倉 正恒, 石原 雅行, 岩渕 博史, 佐藤 弘樹, 佐藤 ゆき, 月野木 ルミ, 松下 邦洋
健康管理事業団研究助成論文集   XXV 3-8   Oct 2009
不良な口腔衛生状態と脳梗塞発症との因果関係は明らかにされていない。欧米では疫学調査により不良な口腔衛生状態と動脈硬化性疾患発症との関連が報告されているが、否定的な報告もある。一方、本邦では類似の疫学研究は皆無である。そこで著者らは基礎資料を得ることを目的に、口腔衛生状態と脳梗塞との関連について症例対照研究を計画した。症例は2008年6月以降に国立病院機構栃木病院脳神経外科に入院した初発急性発症の症候性脳梗塞患者とし、対照群については同時期に同地域で実施される住民歯周病検診のデータを用いる計...
月野木ルミ, 宮松直美
滋賀医科大学看護学ジャーナル   5(1) 87-92   Mar 2007

Conference Activities & Talks

 
The impact of distribution shifts in a population’s cardiovascular risk factors on healthy life expectancy in japan
R Tsukinoki, Y Murakami, K Miura, T Okamura, A Kadota, T Hayakawa, A Okayama, H Ueshima
Journal of Epidemiology and Community Health   3 Sep 2019   
看護学生を対象とした亜急性期・避難所体験型演習の学習効果 赤十字六大学共同ワークショップ
蛭川 陽香, 月野木 ルミ
日本赤十字看護学会学術集会講演集   Jun 2019   
月野木ルミ, 村上義孝, 三浦克之, 三浦克之, 岡村智教, 門田文, 門田文, 早川岳人, 岡山明, 上島弘嗣
日本疫学会学術総会講演集(Web)   30 Jan 2019   
木村愛, 月野木ルミ, 石田千絵
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
横山萌莉, 月野木ルミ
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
月野木ルミ, 村上義孝, 三浦克之, 三浦克之, 岡村智教, 門田文, 門田文, 早川岳人, 岡山明, 上島弘嗣, 上島弘嗣
日本公衆衛生学会総会抄録集   9 Oct 2018   
月野木ルミ, 村上義孝, 三浦克之, 岡村智教, 門田文, 早川岳人, 岡山明, 上島弘嗣
日本公衆衛生学会総会抄録集   15 Oct 2017   
月野木ルミ, 村上義孝
日本疫学会学術総会講演集(Web)   25 Jan 2017   
土手友太郎, 中山紳, 池原賢代, 林江美, 吉田久美子, 草野恵美子, 月野木ルミ, 山埜ふみ恵, 玉置淳子
日本公衆衛生学会総会抄録集   15 Oct 2016   
月野木ルミ, 村上義孝, 川戸美由紀, 橋本修二
日本公衆衛生学会総会抄録集   15 Oct 2016   
若手研究者の挑戦的取り組み 生活習慣病対策における疫学・保健統計の活用と健康教育の開発および評価
月野木 ルミ
Dec 2015   
月野木ルミ
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2015   
東日本大震災と保健医療統計の研究(第1報) 震災前後の死亡状況
橋本 修二, 川戸 美由紀, 山田 宏哉, 鈴木 茂孝, 眞崎 直子, 柴田 陽介, 尾島 俊之, 三重野 牧子, 月野木 ルミ, 村上 義孝
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014   
東日本大震災と保健医療統計の研究(第2報) 震災前後の自殺死亡の状況
眞崎 直子, 橋本 修二, 川戸 美由紀, 尾島 俊之, 山田 宏哉, 柴田 陽介, 坂田 清美, 横山 由香里, 月野木 ルミ, 三重野 牧子, 松田 智大, 仲村 秀子, 中村 美詠子
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014   
東日本大震災と保健医療統計の研究(第3報) 震災前後の肺炎死亡の状況
柴田 陽介, 尾島 俊之, 中村 美詠子, 仲村 秀子, 眞崎 直子, 川戸 美由紀, 三重野 牧子, 月野木 ルミ, 橋本 修二
Oct 2014   
東日本大震災と保健医療統計の研究(第4報) 震災前後の医療施設の廃止・休止状況
川戸 美由紀, 橋本 修二, 山田 宏哉, 鈴木 茂孝, 三重野 牧子, 月野木 ルミ, 村上 義孝
Oct 2014   
東日本大震災と保健医療統計の研究(第5報) 震災前後の病院の受療状況
三重野 牧子, 橋本 修二, 川戸 美由紀, 山田 宏哉, 月野木 ルミ, 村上 義孝
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014   
東日本大震災と保健医療統計の研究(第6報) 震災前後の患者の受療状況
月野木 ルミ, 村上 義孝, 三重野 牧子, 川戸 美由紀, 眞崎 直子, 柴田 陽介, 橋本 修二
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014   
月野木ルミ, 村上義孝, 早川岳人, 橋本修二
Journal of Epidemiology   23 Jan 2014   
日本私立看護大学の看護学教育における国際交流活動に関する研究
カルデナス 暁東, 西頭 知子, 月野木 ルミ, 小林 道太郎, 小林 貴子
Dec 2013   
甘味飲料および乳製品飲料摂取制限に着目した、タブレット端末を用いた新しい減量保健指導教材の開発
月野木 ルミ
Dec 2013   
東日本大震災と保健医療統計の研究(第1報) 各統計の影響の報告状況
橋本 修二, 川戸 美由紀, 山田 宏哉, 眞崎 直子, 早川 岳人, 三重野 牧子, 月野木 ルミ, 村上 義孝
Oct 2013   
東日本大震災と保健医療統計の研究(第4報) 患者調査の分析
早川 岳人, 村上 義孝, 月野木 ルミ, 川戸 美由紀, 橋本 修二
Oct 2013   
甘味飲料摂取減少に着目した、タブレット端末を用いた新しい減量保健指導教材
月野木 ルミ, 村上 義孝, 田中 太一郎
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2013   
メタボリックシンドロームのわが国および世界統一の判定基準による該当者の比較検討
土手 友太郎, 林 江美, 中山 紳, 小見山 麻紀, 草開 俊之, 林田 一志, 藤田 愛子, 谷本 芳美, 渡辺 美鈴, 瀧井 道明, 草野 恵美子, 月野木 ルミ, 黒川 博史, 横山 浩誉, 吉田 久美子
Jan 2013   
効率的な保健指導計画のための保健指導の希望状況および行動変容のステージの視点からの検討
土手 友太郎, 林 江美, 中山 紳, 谷本 芳美, 渡辺 美鈴, 吉田 久美子, 瀧井 道明, 草野 恵美子, 月野木 ルミ, 黒川 博史, 横山 浩誉
Sep 2012   
月野木ルミ, 岡村智教, 渡邉至, 小久保喜弘, 西村邦宏, 宮本恵宏
Journal of Epidemiology   26 Jan 2012   
奥田奈賀子, 岡村智教, 門田文, 村上義孝, 宮松直美, 田中太一郎, 盛永美保, 柳田昌彦, 月野木ルミ, 田中信子, 高田桂子, 船越傳, 上島弘嗣
May 2008