湯上 良

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/09 08:40
 
アバター
研究者氏名
湯上 良
 
ユガミ リョウ
eメール
yugami.ryonijl.ac.jp
所属
国文学研究資料館
部署
研究部
職名
特任助教
学位
博士(史学)(ヴェネツィア大学)

研究分野

 
 

論文

 
湯上 良
国文学研究資料館紀要アーカイブズ研究篇   48(13) 51-60   2017年3月   [査読有り]
 現在、イタリアの国有アーカイブズは、各地の国立文書館に移管され、非国有アーカイブズに関しても、各地の文書保護局が所在調査や監視、保護のための助言や災害時の救助などを行っている。すなわち、公文書・私文書を問わず、保存や保護、公開の体制が整備されていると言える。
 イタリア統一当初からアーカイブズの重要性が認識されていたが、長く複雑な歴史的背景をもつため、非国有アーカイブズの保護に関しては、私有権の問題も絡み、困難な状況にあった。統一から半世紀が経過した時期に、非国有アーカイブズを取り巻く状...
湯上 良(訳)、ドリット・ライネス
中京大学社会科学研究所『社会科学研究』   37(2) 1-24   2017年3月
湯上 良(訳)、ルドヴィーカ・ガレアッツォ
都市史研究   3 52-64   2016年   [招待有り]
湯上 良(訳)、アンヘラ・ヌーニェス=ガイタン
国文学研究資料館紀要アーカイブズ研究篇   47(12) 171-180   2016年3月
マレガ・プロジェクトは、多分野間の共同作業の模範的事例であり、閲覧のために長期保存を行うことを主な目的としている。まず、無酸素処理による殺菌を行い、次に各要素の構造を反映した整理番号を付し、調査票を記入する。日本の作業グループとの共同作業は、すべての基礎となるものである。修復作業は、文書全体のデジタル化の準備段階にあたり、取り扱い時の安全性と高画素撮影を保証する。日本の文書素材は、西洋のものとは異なるため、金山正子氏や青木睦氏によって、バチカン図書館の修復士向けの特別研修が行われた。これに...
ヴェネツィア共和国による領域支配概説
湯上 良
シーレ川とブレンタ川の流域に関するフィールド研究 ヴェネツィアを支える水のテリトーリオ   12-17   2014年   [招待有り]
Gli archivi e la fiscalità: l’organizzazione delle informazioni amministrative nella Repubblica di Venezia nel Settecento I
Ryo YUGAMI
Sito web della Scuola dottorale del Veneto      2013年6月   [査読有り]
湯上 良
中京大学社会科学研究所『社会科学研究』   33(1) 255-291   2012年9月

Misc

 
湯上 良
国文研ニューズ   (47) 6-7   2017年5月   [依頼有り]
湯上 良
人間文化研究機構基幹研究プロジェクト・ニューズレター『きざし』   1(1) 11-11   2017年3月   [依頼有り]
湯上 良
国文研ニューズ   (46) 4-5   2017年1月   [依頼有り]
湯上 良
記録と史料   (26) 45-47   2016年3月   [依頼有り]
湯上 良、アルフレード・ヴィッジャーノ
地中海学会 月報   (360) 5-5   2013年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
湯上 良(訳)、マリオ・インフェリーゼ (担当:単訳)
法政大学出版局   2017年8月   ISBN:978-4-588-35233-1 C1022
活版印刷の発明から宗教改革をへて、近代ヨーロッパ世界が形成される過程で、異端思想を取り締まる禁書目録のシステムはどのように作られ、機能し、消滅したのか。現代イタリアの近世史・出版史研究の第一人者が、教権から王権へと統制主体の移行していく時代を背景に、各国の書物発禁や検閲の内情、人々の抵抗の実態をたどり、やがて出版の自由が実現されるまでの知られざる歴史を解き明かす。
地方公共団体における公文書管理制度の形成 : 現状と課題
湯上 良 (担当:分担執筆, 範囲:地方公文書管理制度の国際比較 2. イタリア)
公職研   2017年3月   ISBN:978-4-87526-373-9
バチカン図書館所蔵マレガ文書の保存と修復-技術の交流と創発-
湯上 良(訳)、アンヘラ・ヌーニェス=ガイタン;アレッサンドロ・シドーティ (担当:単訳, 範囲:マレガ・プロジェクトにおける日本の古文書の調査方法について;国立フィレンツェ中央図書館における資料レスキュー対策)
国文学研究資料館   2017年1月   ISBN:978-4-87592-181-3
Archival Sources from the Marega Collection in the Vatican Library – Outlines and Selected Documents
湯上 良 (担当:分担執筆, 範囲:The cards in Italian from A1 to A10)
2017年1月   
バチカン図書館所蔵マレガ神父収集豊後切支丹史料-概要と紹介-
湯上 良 (担当:分担執筆, 範囲:A1からA10内のイタリア語カードについて)
国文学研究資料館   2017年1月   
公文書管理の在り方に関する調査報告書
湯上 良 (担当:監修, 範囲:イタリア)
日本国内閣府   2016年3月   
http://www8.cao.go.jp/koubuniinkai/iinkaisai/2016/20160624/20160624sankouhyoushi.pdf
http://www8.cao.go.jp/koubuniinkai/iinkaisai/2016/20160624/20160624sankoumokuji.pdf
ヴェネツィアとテリトーリオ-水の都を支える3つの川
湯上 良 (担当:分担執筆, 範囲:ヴェネツィア共和国とテッラフェルマ)
鹿島出版会   2016年3月   ISBN:978-4-306-07323-4
水都学IV
湯上 良(訳)、マウロ・ピッテーリ (担当:単訳, 範囲:水のなかで水に事欠くヴェネツィア-14 世紀から18 世紀の飲料水、水力、河川管理)
法政大学出版局   2015年6月   ISBN:978-4-588-78024-0
シーレ川とブレンタ川の流域に関するフィールド研究 ヴェネツィアを支える水のテリトーリオ
湯上 良(訳)、マウロ・ピッテーリ (担当:共訳, 範囲:シーレ川の製粉所)
法政大学デザイン工学部建築学科 陣内研究室   2014年   ISBN:978-4-9907970-0-3
水の都市、アマルフィと美濃の職人文化 -手漉き紙の景観、構造と生産の比較
湯上 良(訳)、マリア・ルッソ (担当:単訳, 範囲:アマルフィ海岸東側における製紙業と他のプロト工業生産)
アマルフィ文化歴史センター   2014年   ISBN:978-88-88283-47-0
アーカイブズ学要論
湯上 良 (担当:分担執筆, 範囲:世界のアーカイブズ 2. イタリア)
尚学社   2014年   ISBN:978-4-86031-110-2
知と技術の継承と展開―アーカイブズの日伊比較
湯上 良 (担当:分担執筆, 範囲:17−18世紀のヴェネツィア共和国における税務文書の運用と管理)
創泉堂   2014年   ISBN:978-4-902416-30-5
湯上 良(訳)、マリア=バルバラ・ベルティーニ (担当:単訳)
法政大学出版局   2012年1月   ISBN:978-4-588-35006-1 C1022
アーカイブ(文書館・公文書館)概念の変遷と発展を明らかにするとともに、アーキビストの職務と倫理、現代イタリアのアーカイブ行政と文書館の活動内容について幅広く概説する。電子化の急速な進展がもたらした革新と最新のプロジェクトを紹介しつつ、デジタル文書の問題点をも指摘した本書は、イタリアと同じく厖大な歴史的文書を扱う日本の文書行政関係者にも必携のハンドブックである。
湯上 良(訳)、東山京子 (担当:共訳, 範囲:台湾総督府文書を通しての日本の公文書管理)
Archivio di Stato di Venezia   2012年   
湯上 良(訳)、陣内秀信 (担当:単訳, 範囲:Gli insegnamenti da “Venezia minore” e le sue applicazioni alla città di Tokyo)
Università Iuav di Venezia   2010年   

講演・口頭発表等

 
Ryo YUGAMI
Tra Italia e Giappone Tutela e conservazione documentaria: due mondi a confronto   2017年10月31日   Soprintendenza Archivistica e Bibliografica della Toscana, National Institute of Japanese Literature, National Institutes for the Humanities
Il seminario, organizzato dalla Soprintendenza Archivistica e Bibliografica della Toscana, dal National Institute of Japanese Literature e dal National Institutes for the Humanities, costituisce una occasione unica di affacciarsi alla realtà archi...
湯上 良
第45回 国文研フォーラム   2017年1月25日   国文学研究資料館
バチカン図書館で江戸時代のキリシタン関係の文書が発見され、2013年からマレガ・プロジェクトが 開始された。1万点を越える文書群の概要調査や修復、撮影や目録作成が進む中、文書を収集した マレガ神父の人となりや江戸時代の新たな村の様子が明らかになりつつある。本発表では、 プロジェクトの現状とともに、キリシタン統制と同じ時代に西洋で行われていた異端審問の様子や、 神父が文書を収集した当時のイタリアやバチカンでの文書保存の動向などを交え、マレガ文書と それを取り巻く時代について探ってみたい。
湯上 良
イタリアのアーカイブズと文書保護局   2015年12月11日   中京大学
イタリアにおける文書館と文書管理 [招待有り]
湯上 良
わが国におけるアーカイブズの現状と課題―各国比較を踏まえて   2015年1月24日   日本アーカイブズ学会
Gli archivi e la fiscalità: l’organizzazione delle informazioni amministrative nella Repubblica di Venezia nel Settecento I
Ryo YUGAMI
Seminario dottorandi   2013年6月22日   Scuola dottorale del Veneto
湯上 良
アーカイブズの日伊比較 知と技術の継承と展開   2013年2月16日   中京大学
Ryo YUGAMI
Presentazione del volume "Che cos'è un archivio", curato da Maria Barbara Bertini, nella traduzione in giapponese di Ryo YUGAMI con Ca’ Foscari per il Giappone 2012   2012年3月12日   Università Ca' Foscari di Venezia
Ryo YUGAMI
Ca’ Foscari Venezia per il Giappone, Giornata di solidarietà   2011年4月11日   Università Ca' Foscari di Venezia

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 湯上 良