小林 諒平

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/08 02:57
 
アバター
研究者氏名
小林 諒平
 
コバヤシ リョウヘイ
eメール
kobayashics.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
計算科学研究センター
職名
助教
学位
修士(工学)(東京工業大学), 博士(工学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
40783709

研究分野

 
 

学歴

 
2013年
 - 
2016年
東京工業大学 大学院情報理工学研究科 計算工学専攻 博士課程
 
2011年
 - 
2013年
東京工業大学 大学院情報理工学研究科 計算工学専攻 修士課程
 
2007年
 - 
2011年
上智大学 理工学部 電気電子工学科
 

委員歴

 
2019年5月
   
 
FPT'19  Program Committee Member
 
2018年6月
   
 
ICPP2019  Publicity Chair
 
2019年4月
   
 
CANDAR2019 CSA  Program Committee Member
 
2018年4月
   
 
Summer United Workshops on Parallel, Distributed and Cooperative Processing (SWoPP)  実行委員
 
2017年4月
   
 
電子情報通信学会  コンピュータシステム研究会 専門委員
 

論文

 
高位設計と低位設計の違いとFPGA演算性能の関係について
横野, 智也;山口, 佳樹;藤田, 典久;小林, 諒平;朴, 泰祐;吉川, 耕司;安部, 牧人;梅村, 雅之
情報処理学会第81回全国大会講演論文集      2019年3月
FPGA1チップの回路規模が100 万システムゲートを超えた現在,その全ての動作を把握し,RTL(Register Transfer Level)設計により完全な最適化を達成するのは困難になりつつある.そこで,高位記述言語によるHLS(High Level Synthesis) 設計に注目が集まっている.Intel社のIntel SDK for OpenCL,Xilinx 社のVivado HLS およびSDAccel などHLS 設計・開発環境は整いつつある.ここで,データセンターのよう...
Accelerating Space Radiative Transfer on FPGA using OpenCL
Boku, Taisuke;藤田典久;小林諒平;佳樹, 山口;大畠佑真;耕司, 吉川;阿部牧人;雅之, 梅村
Proc. of HEART2018      2018年6月   [査読有り]
One of the recent challenges faced by High-Performance Computing (HPC) is how to apply Field-Programmable Gate Array (FPGA) technology to accelerate a next-generation supercomputer as an efficient method of achieving high performance and low power...
OpenCL-enabled high performance direct memory access for GPU-FPGA cooperative computation.
Boku, Taisuke;小林諒平;藤田典久;山口佳樹
Proc. of IXPUG Workshop 2019      2019年1月   [査読有り]
Field programmable gate arrays (FPGAs) have gained attention in high-performance computing (HPC) research because their computation and communication capabilities have dramatically improved in recent years as a result of improvements to semiconduc...
GPU-FPGA協調計算を記述するためのプログラミング環境に関する研究
綱島, 隆太;小林, 諒平;藤田, 典久;中道, 安祐未;朴, 泰祐
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2019-HPC-169(10) 1-9   2019年5月
近年,高性能コンピューティング (HPC : High Performance Computing) 分野におけるトップレベルのマシンには,アクセラレータを搭載した大規模計算クラスタが多く含まれている.高い演算性能とメモリバンド幅を有する Graphics Processing Unit (GPU) がアクセラレータとして主に用いられているが,条件分岐が頻出する処理や多数の演算コアが利用できないような並列性の小さい処理といった GPU の不得手する演算は依然として存在し,それが性能向上の妨...
GPU・FPGA混載ノードにおけるヘテロ演算加速プログラム環境に関する研究
中道, 安祐未;小林, 諒平;藤田, 典久;朴, 泰祐
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2019-HPC-168(10) 1-7   2019年2月
近年,高性能コンピューティング (HPC : High Performance Computing) の分野において,アクセラレータを搭載した大規模計算クラスタが主流の 1 つとなっている.アクセラレータには,主に Graphics Processing Unit (GPU) が用いられているが,HPC 分野では処理の柔軟性や電力効率の高さから Field Programmable Gate Array (FPGA) が注目されつつある.そこで,GPU が不得意な計算を FPGA に行わせ...

書籍等出版物

 
Interface 2017年2月号 緊急特集 本家ARMのIoTワールド入門
Kobayashi,Ryohei (担当:分担執筆, 範囲:計算力時代到来...スパコン技術研究コーナ ソート専用コンピュータ最前線)
2017年2月   
Interface 2016年12月号 IoT&スパコン!ラズパイ時代の自分用コンピュータ作り
Kobayashi,Ryohei (担当:分担執筆, 範囲:第6章 Appendix 2 基本演算の高速化が重要!ハードウェア並列ソート・アルゴリズム)
CQ出版社   2016年12月   
Interface 2016年12月号 IoT&スパコン!ラズパイ時代の自分用コンピュータ作り
Kobayashi,Ryohei (担当:分担執筆, 範囲:第6章 ビッグデータ時代にますます重要!ハードウェア・データ処理に挑戦)
CQ出版社   2016年12月   

講演・口頭発表等

 
高位設計と低位設計の違いとFPGA演算性能の関係について
横野, 智也;山口, 佳樹;藤田, 典久;小林, 諒平;朴, 泰祐;吉川, 耕司;安部, 牧人;梅村, 雅之
情報処理学会第81回全国大会   2019年3月14日   情報処理学会
FPGA1チップの回路規模が100 万システムゲートを超えた現在,その全ての動作を把握し,RTL(Register Transfer Level)設計により完全な最適化を達成するのは困難になりつつある.そこで,高位記述言語によるHLS(High Level Synthesis) 設計に注目が集まっている.Intel社のIntel SDK for OpenCL,Xilinx 社のVivado HLS およびSDAccel などHLS 設計・開発環境は整いつつある.ここで,データセンターのよう...
GPU-FPGA協調計算を記述するためのプログラミング環境に関する研究
綱島, 隆太;小林, 諒平;藤田, 典久;中道, 安祐未;朴, 泰祐
第169回 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会   2019年5月10日   
近年,高性能コンピューティング (HPC : High Performance Computing) 分野におけるトップレベルのマシンには,アクセラレータを搭載した大規模計算クラスタが多く含まれている.高い演算性能とメモリバンド幅を有する Graphics Processing Unit (GPU) がアクセラレータとして主に用いられているが,条件分岐が頻出する処理や多数の演算コアが利用できないような並列性の小さい処理といった GPU の不得手する演算は依然として存在し,それが性能向上の妨...
GPU・FPGA混載ノードにおけるヘテロ演算加速プログラム環境に関する研究
中道, 安祐未;小林, 諒平;藤田, 典久;朴, 泰祐
第168回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会   2019年3月5日   
近年,高性能コンピューティング (HPC : High Performance Computing) の分野において,アクセラレータを搭載した大規模計算クラスタが主流の 1 つとなっている.アクセラレータには,主に Graphics Processing Unit (GPU) が用いられているが,HPC 分野では処理の柔軟性や電力効率の高さから Field Programmable Gate Array (FPGA) が注目されつつある.そこで,GPU が不得意な計算を FPGA に行わせ...
異デバイス間でのPCIe通信を実現するOpenCL対応FPGAモジュールの提案と検証
小林, 諒平;藤田, 典久;山口, 佳樹;朴, 泰祐
2019-01-SLDM-RECONF-VLD-CPSY-ARC   2019年1月30日   
我々は,高い演算性能とメモリバンド幅を有する GPU (Graphics Processing Unit) に演算通信性能に優れている FPGA (Field Programmable Gate Array) を連携させ,双方を相補的に利用する GPU-FPGA 複合システムに関する研究を進めている.GPU,FPGA といった異なるハードウェアを搭載するシステム上では,各デバイスで実行される演算をどのようにプログラミングし,全デバイスを協調動作させるかが重要な課題となる.そこで本稿では,O...
OpenCLとVerilog HDLの混合記述によるGPU-FPGAデバイス間連携
小林, 諒平;藤田, 典久;山口, 佳樹;朴, 泰祐
第167回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会   2018年12月17日   
我々は,高い演算性能とメモリバンド幅を有する GPU (Graphics Processing Unit) に演算通信性能に優れている FPGA (Field Programmable Gate Array) を連携させ,双方を相補的に利用する GPU - FPGA 複合システムに関する研究を進めている.GPU,FPGA といった異なるハードウェアを搭載するシステム上では,各デバイスで実行される演算をどのようにプログラミングし,全デバイスを協調動作させるかが重要な課題となる.そこで本稿では...

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科研費 若手研究B
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 小林 諒平