基本情報

所属
東京大学 史料編纂所 古文書・古記録部門
学位
修士(文学)(東京大学)

研究者番号
80846585
J-GLOBAL ID
201701001084794004

※国立国会図書館を退職し、2019年4月から東大史料編纂所に就職いたしました。旧職への郵便物は以後こちらにお願いいたします。また、それにともない、名前の表記を本名の「竜馬」に統一しました。

①中世史
「中世に国家はあったか」という問いが投げかけられるほど、中世日本の現実をみるとき、現代の国家や法、公権力についての常識は、揺らがざるをえません。特に、「鎌倉幕府は国家なのか?」というかたちで数々の中世国家論の主戦場となった鎌倉時代をフィールドにして、国家や法、公権力のミニマムな要件について考えています。目下、申入の観点からの幕府裁判の見直しや、御成敗式目などの幕府法の諸本研究をテーマとしています。

②史学史
上記の課題を達成するためには、中世の事実の解明と同じ程度に、先行研究や自分自身が、知ってか知らずか近代的な諸概念を理解の尺度にしてしまっていることの吟味が必要です。そのため、先行する歴史学者や歴史学自体を、その生きた時代の文脈を踏まえながら理解すべきと考えるうちに、歴史学の歴史(史学史)に大きな関心をもつようになりました。

③書物・書誌・図書館
図書館で勤務した経験から、書誌、目録、分類などの知の組織化の歴史や、書物の伝来に関心を持っています。日本中世史学では古文書学にくらべて書誌学・文献学はやや低調であり、あらたな史料論に結びつかないか、模索中です。

経歴

  2

委員歴

  1

論文

  4

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1