Ryota Hashimoto

J-GLOBAL         Last updated: Oct 9, 2019 at 14:42
 
Avatar
Name
Ryota Hashimoto
Affiliation
National Center of Neurology and Psychiatry
Section
National Institute of Mental Health,Ncnp
Research funding number
10370983

Research Interests

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jul 2018
 - 
Today
国立精神・神経医療研究センター
 
Apr 2011
 - 
Jun 2018
准教授, 大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科 子どものこころの分子統御機構研究センター
 
Apr 2002
 - 
Mar 2003
客員研究員, 米国国立精神衛生研究所‐Clinical Brain Disorders Branch, National Institute of Mental
 
Jun 2000
 - 
Mar 2002
客員研究員, 米国国立精神衛生研究所‐Molecular Neurobiology Section, National Institute of Mental
 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
医学博士取得, 大阪大学大学院医学系研究科内科系精神医学専攻
 
Apr 1995
 - 
Mar 1996
大阪大学医学部付属病院神経科精神科にて研修
 
Mar 1995
   
 
大阪大学医学部卒業
 

Awards & Honors

 
Sep 2008
Translational research in mental disorder, The Award for Young Investigator of Japanese Society for Neurochemistry, Japanese Society for Neurochemistry
Winner: ryota hashimoto
 
2008
Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide is associated with schizophrenia, Annual Report of Osaka University 2006-2007 論文100選, Osaka University
 
Jul 2005
The breakpoint cluster region (BCR) gene on chromosome 22q11 is associated with bipolar disorder, BP/NP 2005 Osaka Outstanding Paper Award, 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会
 
May 2003
Lithium Protects Rat Cerebral Cortical Neurons From Glutamate Excitotoxicity: Involvement of NMDA Receptor Inhibition by Decreasing NR2B Tyrosine Phosphorylation, 日本精神神経学会・精神医学奨励賞, 日本精神神経学会
 
2002
Lithium Induces Brain-derived Neurotrophic Factor and Activates TrkB in Rodent Cortical Neurons: An Essential Step for Neuroprotection against Glutamate Excitotoxicity, Fellows award for research excellence, National Institute of Health
 

Published Papers

 
Oya K, Sakuma K, Esumi S, Hashimoto Y, Hatano M, Matsuda Y, Matsui Y, Miyake N, Nomura I, Okuya M, Iwata N, Kato M, Hashimoto R, Mishima K, Watanabe N, Kishi T.
Neuropsychopharmacol Rep   39(3) 241-246   Sep 2019   [Refereed]
Morita K, Miura K, Fujimoto M, Yamamori H, Yasuda Y, Kudo N, Azechi H, OkadaN, Koshiyama D, Shiino T, Fukunaga M, Watanabe Y, Ikeda M, Kasai K, Hashimoto R.
Psychiatry Clin Neurosci   73(8) 508-509   Aug 2019   [Refereed]
Ohi K, Sumiyoshi C, Fujino H, Yasuda Y, Yamamori H, Fujimoto M, Sumiyoshi T, Hashimoto R.
Front Psychiatry, section Schizophrenia   10 567   Aug 2019   [Refereed]
Morita K, Miura K, Fujimoto M, Yamamori H, Yasuda Y, Kudo N, Azechi H, Okada N, Koshiyama D, Ikeda M, Kasai K, Hashimoto R.
Schizophr Res   209 255-262   Jul 2019   [Refereed]
Ikeda M, Takahashi A, Kamatani Y, Momozawa Y, Saito T, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Sakusabe T, Iwayama Y, Toyota T, Wakuda T, Kikuchi M, Kanahara N, Yamamori H, Yasuda Y, Watanabe Y, Hoya S, Aleksic B, Kushima I, Arai H, Takaki M, Hattori K, Kunugi H, Okahisa Y, Ohnuma T, Ozaki N, Someya T, Hashimoto R, Yoshikawa T, Kubo M, Iwata N.
Schizophr Bull   45(4) 824-834   Jun 2019   [Refereed]
Morita K, Miura K, Fujimoto M, Shishido E, Shiino T, Takahashi J, Yamamori H, Yasuda Y, Kudo N, Hirano Y, Koshiyama D, Okada N, Ikeda M, Onitsuka T, Ozaki N, Kasai K, Hashimoto R.
Schizophr Res   202 420-422   Dec 2018   [Refereed]
Koshiyama D, Fukunaga M, Okada N, Morita K, Nemoto K, Yamashita F, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Kelly S, Jahanshad N, Kudo N, Azechi H, Watanabe Y, Donohoe G, Thompson PM, Kasai K, Hashimoto R.
Schizophr Res   202 180-187   Dec 2018   [Refereed]
Miki K, Nakae A, Shi K, Yasuda Y, Yamamori H, Fujimoto M, Ikeda M, Shibata M, Yukioka M, Hashimoto R.
Neuropsychopharmacol Rep   38 167-174   Dec 2018   [Refereed]
Sumiyoshi C, Fujino H, Yamamori H, Kudo N, Azechi H, Fujimoto M, Yasuda Y, Ohi K, Sumiyoshi T, Hashimoto R.
Schizophr Res   201 172-179   Nov 2018   [Refereed]
Ohi K, Sumiyoshi C, Fujino H, Yasuda Y, Yamamori H, Fujimoto M, Shiino T, Sumiyoshi T, Hashimoto R
Int J Mol Sc   19(12) 3822   Nov 2018   [Refereed]
Kushima I, (26名中略) Hashimoto R, (79名中28番目) (50名中略) Ozaki N.
Cell reports   24(11) 2838-2856   Sep 2018   [Refereed]
Numata S, Umehara H, Ohmori T, Hashimoto R
Front Pharmacol   9 1049   Sep 2018   [Refereed]
Kikuchi M, Miura K, Morita K, Yamamori H, Fujimoto M, Ikeda M, Yasuda Y, Nakaya A, Hashimoto R. Hashimoto R.
Sci Rep   8 12347   Aug 2018   [Refereed]
Zhang Y, Hishimoto A, Otsuka I Watanabe Y, Numata S, Yamamori H, Boku S, Horai T, Someya T, Ohmori T, Hashimoto R, Sora I.
J Psychiatr Res   103 161-166   Aug 2018   [Refereed]
Hibar DP, Cheung JW, Medland SE, Mufford MS, Jahanshad N, Dalvie S, Ramesar R, Stewart E, van den Heuvel OA, Pauls DL, Knowles JA, Stein DJ, Thompson PM; Enhancing Neuro Imaging Genetics through Meta Analysis (ENIGMA) Consortium and International Obsessive Compulsive Disorder Foundation Genetics Collaborative (IOCDF-GC).
Br J Psychiatry   213(1) 430-436   Jul 2018   [Refereed]
Kudo N, Yamamori H, Ishima T, Nemoto K, Yasuda Y, Fujimoto M, Azechi H, Niitsu T, Numata S, Ikeda M, Iyo M, Ohmori T, Fukunaga M, Watanabe Y, Hashimoto K, Hashimoto R.
Int J Neuropsychopharmacol   21(7) 631-639   Jul 2018   [Refereed]
Ursini G, Punzi G, Chen Q, Marenco S, Robinson J, Porcelli A, Hamilton E, Mitjans M, Maddalena G, Begemann M, Seidel J, Yamamori H, Jaffe A, Berman K, Egan M, Straub R, Colantuoni C, Blasi G, Hashimoto R, Rujescu D, Ehrenreich H, Bertolino A, Weinberger DR.
Nat Med   24(6) 792-801   Jun 2018   [Refereed]
Reinbold C, (37名中略) Hashimoto R, (119名中39番目) (79名中略) Cichon S.
Front Psychiatry   9 207   May 2018   [Refereed]
Kelly S, (46名中略) Hashimoto R, (158名中48番目) (109名中略) Donohoe G.
Mol Psychiatry   23(5) 1261-1269   May 2018   [Refereed]
van Erp TGM, Walton E, Hibar DP, Schmaal L, Jiang W, Glahn DC, Pearlson GD, Yao N, Fukunaga M, Hashimoto R,(179名中10番目) (168名中略)Turner JA.
Biol Psychiatry   84(9) 644-654   Apr 2018   [Refereed]

Misc

 
体の痛みを考える 精神科の立場から
橋本 亮太
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   39(4) 416-416   Aug 2019
生来の白血球数・顆粒球数とクロザピン誘発性顆粒球減少症 Mendelian Randomization解析
島崎 愛夕, 齋藤 竹生, 大河内 智, 谷口 賢, 二宮 光平, 橋本 亮太, 池田 匡志, 岩田 仲生, CPC-J日本クロザピン薬理ゲノム学コンソーシアム
精神神経学雑誌   (2019特別号) S467-S467   Jun 2019
Clozapineにより好酸球増加症が生じたが継続投与が可能であった治療抵抗性統合失調症の一例
藤本 美智子, 山森 英長, 安田 由華, 加藤 恒, 金倉 譲, 岩瀬 真生, 池田 学, 橋本 亮太
精神神経学雑誌   (2019特別号) S471-S471   Jun 2019
精神科医療の普及と教育に対するガイドラインの効果に関する研究(EGUIDEプロジェクト)参加施設の評価
飯田 仁志, 伊賀 淳一, 越智 紳一郎, 安田 由華, 山本 智也, 稲田 健, 渡邊 衡一郎, 橋本 亮太, 川嵜 弘詔
精神神経学雑誌   (2019特別号) S602-S602   Jun 2019
EGUIDEプロジェクト参加施設の大学病院は統合失調症の薬物治療において1年後の診療の質に変化があったのか
堀 輝, 安田 由華, 山本 智也, 稲田 健, 渡邊 衡一郎, 橋本 亮太, 吉村 玲児
精神神経学雑誌   (2019特別号) S650-S650   Jun 2019
【専攻医の間に身に着けるべき薬物治療技術】指導医に求められる薬物療法の教育方法
橋本 亮太, 中込 和幸
臨床精神薬理   22(5) 515-519   May 2019
専門医制度が発足し、専攻医に対する教育が始まっており、その指針も示されているが、精神科薬物療法に関して求められる水準は必ずしも具体的に明示されているとは言えない状況にある。指導医が行うべき専攻医への薬物療法の教育方法についても、同様である。本特集では、専攻医の間に身に着けるべき薬物治療技術の水準について、各精神疾患に対する専攻医教育の指導的立場からの指針が示されている。本稿においては、主に日本精神神経学会の精神科専門研修指導医マニュアルを紹介する形で、指導医に求められる薬物療法の教育方法に...
統合失調症薬物治療の新たな原則と注意点
稲田 健, 村岡 寛之, 橋本 亮太
臨床精神薬理   22(4) 335-340   Apr 2019
医療の質を評価し、改善するための取り組みは、絶え間なく行われている。米国医学研究所(現、全米医学アカデミー)は、医療の質を向上させる目標として、安全性、有効性、患者中心志向性などの6項目を挙げて、世に求めている。統合失調症の薬物療法も例外ではなく、これらを志向することが求められる。なかでも安全性は、最優先されるものであるが、すべての医療介入は、侵襲的な要素を含むものであり、安全は期待される効果と有害事象のバランスによってはじめて評価が行われる。また、患者中心志向性に伴い、自己決定を行うため...
【心理社会支援】認知機能障害と心理社会支援
橋本 亮太, 椎野 智子
精神保健研究   (32) 31-36   Mar 2019
【Clozapine登場で精神医療は変わったか?】ガイドラインにおけるclozapine
橋本 亮太
臨床精神薬理   21(11) 1451-1458   Nov 2018
「Clozapine=治療抵抗性統合失調症」ということについては、世界中のガイドラインにおいて記載されている。日本においてもclozapineが登場してから9年がたったが、治療抵抗性統合失調症のうちのごく一部しかclozapineは用いられておらず、clozapineの処方が可能な医療施設も少なく、処方経験のある精神科医も少ない。日本のガイドラインにclozapineの使用について明記されるようになったのは、2015年に作成された「統合失調症薬物治療ガイドライン」であり、「治療抵抗性統合失...
線維筋痛症・広範囲慢性疼痛の集学的診療の取り組み 精神科診断について
三木 健司, 史 賢林, 柴田 政彦, 行岡 正雄, 橋本 亮太
Journal of Musculoskeletal Pain Research   10(3) S79-S79   Nov 2018
リエゾン精神科医のためのガイドライン活用術
橋本 亮太, 市橋 香代
総合病院精神医学   30(Suppl.) S-57   Nov 2018
iPS細胞を用いた精神・神経疾患研究の現状:創薬への期待 iPS細胞関連技術とヒト型疾患モデルマウスを用いた精神疾患の分子病態解析
中澤 敬信, 橋本 亮太, 田熊 一敞, 橋本 均
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 125-125   Nov 2018
統合失調症薬物治療ガイド-当事者・当事者家族・支援者のために- 統合失調症薬物治療ガイド作成の趣旨
橋本 亮太
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 137-137   Nov 2018
統合失調症におけるネットワーク障害 グラフ理論による解析(Disrupted structural connectivity and less efficient network brain in the schizophrenia revealed by graph theoretical analysis)
大西 隆, 根本 清貴, 山下 典生, 山森 英長, 安田 由華, 藤本 美智子, 工藤 紀子, 畦地 裕統, 渡邉 嘉之, 橋本 亮太
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 179-179   Nov 2018
統合失調症における白質繊維障害 新しい解析手法local connectometryの応用(The large scale disturbed white matter fibre in schizophrenia revealed by local connectometry)
大西 隆, 根本 清貴, 山下 典生, 山森 英長, 安田 由華, 藤本 美智子, 工藤 紀子, 畦地 裕統, 渡邉 嘉之, 橋本 亮太
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 191-191   Nov 2018
統合失調症患者のクロザピン治療による中間表現型の変化
藤本 美智子, 三浦 健一郎, 森田 健太郎, 工藤 紀子, 畦地 裕統, 山森 英長, 安田 由華, 池田 学, 橋本 亮太
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 195-195   Nov 2018
統合失調症治療における施設群ごとのQuality Indicatorの検討 精神科医療の普及と教育に対するガイドラインの効果に関する研究(EGUIDE)より
市橋 香代, 堀 輝, 安田 由華, 山本 智也, 渡邊 衡一郎, 稲田 健, 笠井 清登, 橋本 亮太
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 211-211   Nov 2018
EGUIDEプロジェクトからの報告 過去2年間のガイドラインの教育効果と質の考察
松井 佑樹, 大石 智, 滝澤 毅矢, 工藤 紀子, 渡邊 衡一郎, 稲田 健, 橋本 亮太
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   28回・48回 211-211   Nov 2018
【公正と安全を守る分析化学】化学兵器用剤の現場分析技術
瀬戸 康雄, 橋本 亮太, 大類 保彦
ぶんせき   (526) 412-415   Oct 2018
EGUIDEプロジェクトによる精神科医療の普及と教育
橋本 亮太
Depression Strategy   8(3) 4-7   Sep 2018

Research Grants & Projects

 
包括型脳科学研究推進ネットワーク
文部科学省: 新学術領域研究
Project Year: 2010 - 2016    Investigator(s): 木村實
難治性疼痛の実態の解明と対応策の開発に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 慢性の痛み対策研究事業
Project Year: 2011 - 2012    Investigator(s): 牛田享宏
中間表現型の全ゲノム解析による統合失調症の病態解明
財団法人武田科学振興財団: 研究助成金
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 橋本 亮太
精神・神経・筋分野における治験・臨床研究の推進のための基盤整備に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 医療技術実用化総合研究事業
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 中林哲夫
超細密染色体分析から捉え直すヒト発達障害研究
厚生労働科学研究費補助金: 障害者対策総合研究事業
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 松本直通
精神疾患の生物学的病態解明研究-最新の神経科学・分子遺伝学との融合
厚生労働科学研究費補助金: 障害者対策総合研究事業
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 武田雅俊
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 橋本亮太
統合失調症の治療法・予防法開発研究
日本医師会: 医学研究助成金
Project Year: 2010 - 2011    Investigator(s): 橋本 亮太
精神疾患のトランスレーショナルリサーチ
財団法人昭和報公会: 学術研究助成金
Project Year: 2010 - 2011    Investigator(s): 橋本 亮太
難治性慢性疼痛の実態と病態の解明に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: 障害者対策総合研究事業
Project Year: 2010 - 2011    Investigator(s): 牛田享宏
ヒトの遂行機能の分子メカニズムの解明
財団法人上原生命科学財団: 平成21年度研究奨励金
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): 橋本 亮太
向精神薬のSNP解析による基づく個別化治療に関する研究
財団法人臨床薬理研究振興財団: 平成21年度(第34回)研究奨励金
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): 橋本 亮太
神経発達関連因子を標的とした統合失調症の分子病態解明
科学技術振興機構: CREST
Project Year: 2007 - 2011    Investigator(s): 貝淵弘三
統合失調症のリスク遺伝子による病態解明研究
財団法人金原一郎記念医学医療振興財団: 基礎医学医療研究助成金
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): 橋本 亮太
精神疾患脆弱性遺伝子と中間表現型に基づく新しい診断法・治療法の開発に関する研究
厚生労働科学研究費補助金: こころの健康科学研究事業
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): 武田雅俊 分担研究者: 橋本亮太
意欲と学習に対する環境・遺伝因子の影響とそのメカニズムの解明
科学技術振興機構: CREST
Project Year: 2004 - 2009    Investigator(s): 渡辺恭良 分担研究者: 橋本亮太