KAJI Ryota

J-GLOBAL         Last updated: Nov 8, 2018 at 16:43
 
Avatar
Name
KAJI Ryota
E-mail
ryotakaffrc.go.jp
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/english/harc/index.html
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Hokkaido Agricultural Research Center, NARO,Division of Crop Breeding Research,Rice Breeding Group
Job title
Group Leader

Research Areas

 
 

Published Papers

 
梶亮太, 太田久稔, 福嶌陽, 津田直人, 森山茂治, 今智穂美, 遠藤貴司, 中込佑介, 佐藤浩子, 川本朋彦, 加藤和直, 後藤元, 阿部洋平, 佐藤弘一, 佐々木園子, 吉田直史, 大寺真史
東北農業研究センター研究報告   (118) 49-55   Mar 2016
太田久稔, 山口誠之, 福嶌陽, 梶亮太, 津田直人, 中込弘二, 片岡知守, 遠藤貴司, 横上晴郁, 田村泰章
東北農業研究センター研究報告   (117) 15-27   Mar 2015
梶亮太, 坂井真, 田村克徳, 田村泰章, 岡本正弘, 溝淵律子, 平林秀介, 西村実, 深浦壯一
九州沖縄農業研究センター報告   (60) 13-28   Sep 2013
梶亮太, 太田久稔, 福嶌陽, 山口誠之, 片岡知守, 中込弘二, 滝田正, 横上晴郁, 遠藤貴司, 加藤浩, 市場茂夫, 辻内啓次郎
東北農業研究センター研究報告   (115) 1-10   Mar 2013
「きんのめぐみ」は、「おきにいり」を母とし、「あそみのり」を父とした雑種第一代を母に、「おきにいり」を父として戻し交配した組合せに由来する。東北農業研究センターとトーヨーライス株式会社との共同育成による品種で、2011年に品種登録出願された。育成地における出穂期、成熟期は「ひとめぼれ」に比べて1~2日早く、寒冷地中部では"中生の中"に属する。「ひとめぼれ」と比較して、稈長は同程度、穂長は同程度で穂数はやや少ない。草型は"穂重型"である。いもち病真性抵抗性遺伝子型は"Pia、Pii"と推定さ...
坂井 真, 岡本 正弘, 田村 克徳, 梶 亮太, 溝淵 律子, 平林 秀介, 八木 忠之, 西村 実, 深浦 壮一
Bulletin of the National Agricultural Research Center for Kyushu Okinawa Region   (54) 43-61   Nov 2010
「にこまる」は,「は系626 (きぬむすめ)」を母とし,「北陸174号」を父として人工交配を行った雑種の後代から育成された。2002年より「西海250号」の系統名を付し,関係各府県に配布して地域適応性を検討してきた。2005年に長崎県において奨励品種に採用され,「水稲農林411号」として命名登録された。稈長は「ヒノヒカリ」と同程度で,穂数はやや少ない。中稈中間型のうるち種である。出穂期は「ヒノヒカリ」より2~3日,成熟期は3~5日晩生である。いもち病の真性抵抗性遺伝子型は "Pia, Pi...

Misc

 
保田浩, 梶亮太, 松葉修一, 池ケ谷智仁
育種学研究   18 194   Mar 2016
山崎将紀, 出田収, 前田道弘, 岩田洋佳, 堀清純, 江花薫子, 横山若菜, 吉岡拓磨, GARCIA Arturo, 片岡知守, 梶亮太, 横上晴郁, 横上晴郁, 前田英郎, 村田和優, 中川博視, 土井一行
育種学研究   18 244   Mar 2016
太田久稔, 山口誠之, 福嶌陽, 梶亮太, 津田直人, 中込弘二, 片岡知守, 遠藤貴司
東北農業研究センター研究報告   (118) 37-48   Mar 2016
太田 久稔, 山口 誠之, 福嶌 陽, 梶 亮太, 津田 直人, 中込 弘二, 片岡 知守, 遠藤 貴司
東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region   (118) 37-48   Mar 2016
福嶌陽, 林高見, 太田久稔, 梶亮太, 津田直人
日本作物学会東北支部会報   (58) 19-20   Dec 2015
FUKUSHIMA Akira, HAYASHI Takami, OHTA Hisatoshi, KAJI Ryota, TSUDA Naoto
Tohoku Journal of Crop Science   (58) 19-20   Dec 2015
津田直人, 太田久稔, 山口誠之, 福嶌陽, 梶亮太, 中込弘二, 片岡知守, 遠藤貴司, 横上晴郁
東北農業研究   (68) 1-2   Dec 2015
Yasuda H, Kaji R, Matsuba S, Ikegaya T
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   (56) 94-95   Dec 2015
佐藤宏之, 坂井真, 田村克徳, 田村泰章, 片岡知守, 梶亮太
育種学研究   17 109   Mar 2015
佐藤秀樹, 中込弘二, 津田直人, 福嶌陽, 梶亮太, 太田久稔
育種学研究   17(1) 16-24   Mar 2015
福嶌陽, 太田久稔, 梶亮太, 津田直人, 中込弘二, 山口誠之, 片岡知守, 遠藤貴司
東北農業研究センター研究報告   (117) 1-13   Mar 2015
福嶌 陽, 太田 久稔, 梶 亮太
東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region   (117) 1-13   Mar 2015
福嶌陽, 太田久稔, 梶亮太, 津田直人
日本作物学会紀事   84(3) 249-255 (J-STAGE)   2015
福嶌陽, 太田久稔, 梶亮太, 津田直人
日本作物学会紀事   84(4) 439-444 (J-STAGE)   2015
Fukushima Akira, Ohta Hisatoshi, Kaji Ryota, Tsuda Naoto
Jpn. J. Crop Sci.   84(4) 439-444   2015
Low percentage of germination and emergence has been a serious problem in cultivation of feed rice varieties in the Tohoku region of Japan. In order to elucidate the factors causing low percentage of germination, we investigated the effects of hot...
Fukushima Akira, Ohta Hisatoshi, Kaji Ryota, Tsuda Naoto
Jpn. J. Crop Sci.   84(3) 249-255   2015
Genetic and environmental factors in rice yield formation were analyzed using the data of the performance test for breeding conducted at the NARO Tohoku Agricultural Research Center obtained during a 14-year period. Transplanting and direct seedin...
Sato Hideki, Nakagomi Koji, Tsuda Naoto, Fukushima Akira, Kaji Ryota, Ohta Hisatoshi
Breeding Research   17(1) 16-24   2015