山岡 龍一

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/17 18:07
 
アバター
研究者氏名
山岡 龍一
 
ヤマオカ リュウイチ
所属
放送大学
部署
社会と産業コース
職名
教授
学位
Ph.D(University of London)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
放送大学 教養学部 教授
 
1997年12月
 - 
2010年3月
放送大学 教養学部 助教授(2007年から准教授)
 

学歴

 
1991年10月
 - 
1997年1月
University of London, London School of Economics and Political Science, Department of Govenment
 
1990年4月
 - 
1991年9月
早稲田大学大学院 博士課程 政治学研究科
 
1988年4月
 - 
1990年3月
早稲田大学大学院 修士課程 政治学研究科
 
1984年4月
 - 
1988年3月
国際基督教大学 教養学部 社会科学科
 

委員歴

 
2015年5月
 - 
現在
政治思想学会  理事
 
2013年3月
 - 
現在
日本イギリス哲学会  理事
 
2013年5月
 - 
2019年4月
社会思想史学会  幹事
 
2012年5月
 - 
2014年5月
政治思想学会  監事
 
2008年3月
 - 
2010年3月
日本イギリス哲学会  監事
 

論文

 
方法論かエートスか?:政治理論におけるリアリズムとは何か
山岡 龍一
政治研究   66 1-31   2019年3月   [招待有り]
政治的リアリズムの挑戦――寛容論をめぐって
山岡 龍一
『ニュクスNyx』   (4) 236-249   2017年   [招待有り]
「所有権と領土権ーー規範的政治理論における主権国家概念の再検討」
山岡 龍一
『政治思想研究第15号 国家と圏域の政治思想』   30~57頁    2015年   [招待有り]
「政治におけるアカウンタビリティ――代表、責任、熟議デモクラシー」
山岡 龍一
『早稲田政治経済学雑誌』   第364号、20~33頁    2006年   [招待有り]
Morality and Politics of a Modern Self: A Critical Reconstruction of LockeanLiberalism
山岡 龍一
Ph D Thesis submitted to University of London,      1997年   [査読有り]

Misc

 
書評「森達也『思想の政治学──アイザィア・バーリン研究』」
山岡 龍一
イギリス哲学研究   (42) 78-81   2019年3月   [依頼有り]
事典項目「近代の形成――ルネサンス期から17世紀へ」「ロック」「主権」「立憲主義」
山岡 龍一
『社会思想史事典』 丸善出版   42~43、54~55、108~109,120~121   2019年   [依頼有り]
評論「放送大学新時代についての一考察」
山岡 龍一
社会教育   (866) 22-27   2018年8月   [依頼有り]
書評「政治哲学とは何か 田中将人『ロールズの政治哲学――差異の神議論=正義論』(風行社、2017年をめぐって)」
山岡 龍一
『政治哲学』   (23) 124-133   2017年   [依頼有り]
書評「複数の「近代」像を求めて 『ケンブリッジ・プラトン主義――神学と政治の連関』(原田健二朗)」
山岡 龍一
『政治思想研究』   第16号、270~271頁    2016年

書籍等出版物

 
第1章「公共哲学とは何か」、第2章「公共哲学としての功利主義」、第3章「公共哲学としてのリベラリズム」、第4章「リベラリズム批判の公共哲学Ⅰ-ノージックの権原理論」、第5章「リベラリズム批判の公共哲学Ⅱ-マッキンタイアの徳倫理学」
山岡 龍一
『改訂版 公共哲学』放送大学教育振興会   2017年3月   
第11章「西洋政治思想史と政治(1)ー善き生の追求」、第12章「西洋政治思想史と政治(2)ー近代国家の思想」、第13章「制度と政治」、第14章「党派と政治」、第15章「民主主義と正義」
山岡 龍一
『政治学へのいざない』放送大学教育振興会   2016年   
第2章「リベラリズムの誕生と逆説」
山岡 龍一
『逆光の政治哲学』法律文化社   2016年   
第1章「市民自治とは何か」、第2章「市民自治の思考法Ⅰ」、第3章「市民自治の思考法Ⅱ」、第15章「市民自治の展望と社会科学の責任(第4節)」
山岡 龍一
『市民自治の知識と実践』放送大学教育振興会   2015年   
第14章「グローバルな正義論」
山岡 龍一
『グローバル化と私たちの社会』放送大学教育振興会   2015年   

講演・口頭発表等

 
規範理論家としてのバーリン:冷戦リベラルからリベラルリアリストへ
山岡 龍一
日本イギリス哲学会第43 回研究大会   2019年3月29日   
Comments and questions on Onur Ulas Ince, "Colonial Capitalism and the Dilemmas of Liberalism", Oxford U. P. (2018) [招待有り]
山岡 龍一
GSI International Academic Forum: The Deep Roots of Brexit? The Anglosphere in History   2019年3月23日   
科学主義的ドンキホーテの夢をリベラルは共有できるのか?――井上彰著『正義・平等・責任――平等主義的正義論の新たなる展開』へのコメント
山岡 龍一
第43回社会思想史学会大会   2018年10月27日   
「宗教的寛容からリベラリズムへ」
山岡 龍一
日本イギリス哲学会第41回研究大会   2017年3月27日   
"Locke's Political Constitutionalism: Reexamination of his Idea of the Prerogative"
山岡 龍一
John Locke Conference at Gakushuin   2016年12月11日   

担当経験のある科目