基本情報

所属
夢・アーキテクティング工房 代表
学位
博士(工学)(慶應義塾大学)
工学修士(慶應義塾大学)
PhD(Engineering)(Keio Gijuku University)
MSC(Engineering)(Keio Gijuku University)

通称等の別名
片山 立
J-GLOBAL ID
201501032362662901

外部リンク

1981年 慶應義塾大学院工学研究科(修士)修了、同年、三洋電機に入社。技術本部、研究開発本部にて音声合成、分析、知能情報処理、ファジイ制御、ネットワークミドルウエア、リアルタイムOS、IP電話などの研究開発に従事。工学博士。学位論文:ファジィ・ニューラルネットワークモデルによる同定手法とその応用に関する研究[3],慶應義塾大学大学院理工学研究科,1995.
2001年 ハイパーメディア研究所ネットワークシステム研究部部長、2003年 デジタル技術開発センター企画室長。2008年から全社ソフトウェア開発革新事務局を立ち上げ、24事業部に対する支援・横串組織を組織化。2013年11月パナソニック(株)R&D本部。イノベーティブ思考法研究会を2014年度から立上げ、毎月研究会を主催。U理論とイノベーティブ思考の融合に興味を持つ。2014年10月オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社技術本部。ADASなどの車載システム製品へのシステムズエンジニアリングや要求工学の適用を推進。組込みシステム産業推進機構(ESIP)第1部会キャリアガイド検討SWG主査。AUTOSAR Japan Work Package委員。2017年3月 パナソニック株式会社を定年退職。2017年4月 夢・アーキテクティング工房代表。システムズエンジニアリング、ソフトウエア工学、組込みシステム、IoT、人工知能、車載ネットワークセキュリティ、組織開発関連等のコンサルティングに従事。
「内省する実践者の会」設立メンバー。オンラインハイブリッドチームF所属。
【資格】
工学博士
実用英語検定1級
情報処理技術者第一種
ビジョンインテグレーションアプローチ養成講座応用コース 修了
2030SDGs 公認ファシリテーター
Points of You 認定エバンジェリスト
日本ゆめ教育協会認定ドリームファシリテータ
リフレクションカード認定ファシリテータ
Essential Management School Fellow
自己組織化ラーニング認定ファシリテータ

【趣味:テニス、サイクリング、読書】
【テニス】
テニス歴38年。研究所の硬式テニス部の部長。堀川子ども会テニス部で2001年から小学生を指導。2008年度から2代目の監督。18年間で延べ190人の卒業生を育てる。2019年度は14人の小学生とその保護者を指導。
【自転車】
2007年ロードバイク購入、四万十川・足摺岬、桜島~枕崎、台湾など輪行
2013年美ら島オキナワセンチュリーラン(160km)
2013年、2014年奈良盆地シクロクロスラリー(120km)

[PROFILE]
Graduated Graduate Schhol of Keio Gijuku University(MSC engineering) in 1981, and entered Sanyo Electric Company Ltd.
Engaged in the research and development of voice synteshis,analysis,Artificial Intelligence,fuzzy control, neural network, industrial application of chaos theory,network,real time operating system, Internet Phone, and so forth. PhD(Engineering)(Keio Gijuku University). PhD Research:Identification Methods and Their Applications by use of a Fuzzy Neural Network[3].

In 2001, engaged in the manager of network system division of Hypermedia Research Center.
In 2003. engaged in the director of planning office of Digital Systems Technology Center.
From 2008 to 2013, established the Software Development Innovation Office for All Sanyo 24 Business Units and promoted the software development process improvemt and innovation of software development.
From November 2013, joined R&D division of Panasonic corporation, where promoted Innovative Thinking which is a combination og Design Thinking and System Thinking, which is developed by the Graduate School of System Design Management, Keio University.
From October 2014, engaged in the application of Systems Engineering to automotive products such as ADAS ECU .
Member of ESIP(Embedded Systems Industry Promotion Organization)[1], and AUTOSAR Regional Work Package Japan[2]. In April 2017, established Dream Architechting Manufactory.
Engaged in the cosutation in the field such as Systems Engineering, Software Engineering,Embedded System, IoT, Artificial Engineering, Automotive Network Security, and Organization Development.

[Tennis]
Playing tennis for 28 years. Teaching tennis to elementary school students of Horikawa Kids Community from 2001, and engaged in the Director of Horikawa Kids Tennis Club, where trained over 190 students.

[Roadbike]
In 2013, participated Chura Shima Okinawa Century Run 2013.
In 2014 and 2015, participated Nara Bonchi Cyclocross Rally.

[1] http://www.kansai-kumikomi.net/
[2] https://www.autosar.org/
[3] http://iroha.scitech.lib.keio.ac.jp:8080/sigma/handle/10721/1190?show=full


論文

  42

MISC

  1
  • K Aihara, R Katayama
    JOURNAL OF INTELLIGENT & FUZZY SYSTEMS 5(1) 1 - 2 1997年

講演・口頭発表等

  5