片岡 龍峰

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/03 14:20
 
アバター
研究者氏名
片岡 龍峰
 
カタオカ リュウホウ
ハンドル
ryuhokataoka
URL
https://ryuhokataoka.amebaownd.com/
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系・宙空圏研究グループ
職名
准教授
学位
博士(理学)(東北大学)
Twitter ID
ryuhokataoka
ORCID ID
0000-0001-9400-1765

プロフィール

1976年、宮城県仙台市生まれ。2004年、東北大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。情報通信研究機構、NASAゴダード宇宙飛行センター、名古屋大学太陽地球環境研究所で学振特別研究員、理化学研究所基礎科学特別研究員、東京工業大学理学研究流動機構特任助教を経て、現在、国立極地研究所准教授。専門は、宇宙空間物理学。2015年、文部科学大臣表彰 若手科学者賞受賞。著書に『オーロラ!』(岩波書店)、『宇宙災害』(化学同人)がある。2018年、NHKカルチャーラジオ科学と人間『太陽フレアと宇宙災害』講師。

宙空圏研究グループ片岡龍峰准教授の共著論文が計測自動制御学会システムインテグレーション部門の研究奨励賞を受賞
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20180214.html

宇宙からの電磁波で高速明滅する陽子オーロラを発見! ~日本とカナダの国際共同観測~
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20180206.html

八王子隕石とされる隕石を初めて詳細に分析
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20171228.html

江戸時代のオーロラ絵図と日記から明らかになった史上最大の磁気嵐
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170920.html

最速で瞬くオーロラの撮影に成功
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170519.html

航空機高度での宇宙線被ばく量を2024年まで予測~前回の太陽活動極小期(2009年)前後に比べ約19%増大する可能性
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170512.html

『明月記』と『宋史』の記述から、平安・鎌倉時代における連発巨大磁気嵐の発生パターンを解明
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170321.html

宙空圏研究グループ 片岡龍峰准教授の著書「宇宙災害 太陽と共に生きるということ」が出版されましたhttp://www.nipr.ac.jp/info/notice/20161202.html

国際宇宙ステーション「きぼう」に搭載したCALETで電子の“集中豪雨”を観測
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20160518.html

宙空圏研究グループの片岡龍峰准教授がアメリカ地球物理学連合(AGU)のExcellence in Refereeingを受賞
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20160428.html

宙空圏研究グループ 片岡龍峰准教授の著書「オーロラ!」が出版されました
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20151014-2.html

予想外に巨大化した磁気嵐の原因は太陽風の「玉突き事故」
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150702.html

コンピュータシミュレーションでオーロラ爆発の謎に迫る
http://kyokuchi.or.jp/?page_id=1461

片岡龍峰准教授、渡辺佑基助教が「平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」の若手科学者賞を受賞
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150408.html

世界初となる全天周8K解像度によるオーロラ映像の連続撮影に成功
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150209.html

全天に広がる3Dのオーロラを仮想体験できる常設展示を開始
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/info/20141014.html

全天周3Dオーロラの最新映像を科学技術館で世界初公開
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20131221.html

オーロラの全天周3Dプラネタリウム映像からオーロラの発光高度分布を測定する新手法を開発
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20130906.html

研究分野

 
 

経歴

 
2013年7月
 - 
現在
国立極地研究所 研究教育系・宙空圏研究グループ 准教授
 
2009年8月
 - 
2013年6月
東京工業大学 大学院・理工学研究科 特任助教
 
2007年4月
 - 
2009年7月
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
2006年3月
 - 
2007年3月
名古屋大学太陽地球環境研究所 学振特別研究員PD
 
2005年3月
 - 
2006年2月
NASA Goddard Space Flight Center 学振特別研究員PD
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2004年3月
東北大学 理学研究科 宇宙地球物理学専攻
 
1995年4月
 - 
1999年3月
東北大学 理学部 宇宙地球物理学科
 

委員歴

 
2018年1月
 - 
現在
ISSI  Convener, Auroral Physics
 
2016年4月
 - 
現在
「極地」編集委員
 
2016年4月
 - 
現在
国文学研究資料館 古典籍共同研究事業センター事業実施委員会委員
 
2015年4月
 - 
2015年9月
名古屋大学 太陽地球環境研究所付属ジオスペース研究センター運営委員会委員
 
2015年1月
 - 
現在
NASA LWS Institute GIC Working Group
 

受賞

 
2016年4月
AGU Excellence in Refereeing, Geophysical Research Letters
 
2016年1月
総研大 学融合推進センター 最優秀賞
 
2015年4月
科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2011年9月
AGU Excellence in Refereeing, Space Weather
 
2009年9月
地球電磁気・地球惑星圏学会 大林奨励賞
 

論文

 
Asaoka, Y., et al.,
Astroparticle Physics   100 29-37   2018年7月   [査読有り]
Dawnside wedge current system formed during major magnetic storms
Ohtani, S., J. Gjerloev, B. Anderson, R. Kataoka, O. Troshichev, and S. Watari
J. Geophys. Res. Space Physics      2018年9月   [査読有り]
Sato, T, R. Kataoka, D. Shiota, Y. Kubo, M. Ishii, H. Yasuda, S. Miyake, I. Park, and Y. Miyoshi
Space Weather   16    2018年6月   [査読有り]
Kataoka, R., Sato, T, S. Miyake, D. Shiota, and Y. Kubo
Space Weather   16    2018年5月   [査読有り]
Kataoka, R., and K. Iwahashi
Space Weather   15 1314-1320   2017年9月   [査読有り]
Sato, T., A. Nagamatsu, H. Ueno, R. Kataoka, S. Miyake, K. Takeda, and K. Niita
Radiation Protection Dosimetry      2017年9月   [査読有り]
Miyahara, H., Y. Aono, and R. Kataoka
ANGEO Communicates   35 1195-1200   2017年10月   [査読有り]
Tanaka, T., Y. Ebihara, M. Watanabe, M. Den, S. Fujita, T. Kikuchi, K. Hashimoto, and R. Kataoka
J. Geophys. Res. Space Physics   122    2017年6月   [査読有り]

Misc

 
竹内 彰, 藤井 浩光, 山下 淳, 田中 正行, 片岡 龍峰, 三好 由純, 奥富 正敏, 淺間 一
日本機械学会論文集   82(834) 15-00428-15-00428   2016年
Three-dimensional analysis of aurora is important for the research of solar wind and magnetic storms, because aurora reflects the relationship between solar wind and terrestrial magnetism. Therefore a method to reconstruct a three-dimensional shap...
Hiromitsu Fujii,Takayuki Kubo,Atsushi Yamashita,Akira Takeuchi,Masayuki Tanaka,Ryuho Kataoka,Yoshizumi Miyoshi,Masatoshi Okutomi,Hajime Asama
SIGGRAPH Asia 2014 Posters, Shenzhen, China, December 3-6, 2014   24   2014年   [査読有り]
Search for a correlation between giant radio pulses and hard X-ray emissions in the Crab pulsar
Mikami, R., T. Terasawa, S. Kisaka, H. Miyamoto, K. Asano, N. Kawai, Y. Yamakoshi, K. Nagata, R. Kataoka, K. Takefuji, M. Sekido, H. Takeuchi, H. Odaka, T. Sato, and Y. T. Tanaka
Proceedings of the 12th Asia Pacific Physics Conference   1(015 106) 1-4   2014年   [査読有り]
Calibration of Fish-Eye Stereo Camera for Aurora Observation
Mori, Y., A. Yamashita, M. Tanaka, R. Kataoka, Y. Miyoshi, T. Kaneko, M. Okutomi, H. Asama
Proceedings of the International Workshop on Advanced Image Technology   2013 729-734   2013年   [査読有り]
Effects of geomagnetically induced current on power grids
Watari, S., M. Kunitake, K. Kitamura, T. Hori, T. Kikuchi, K. Shiokawa, N. Nishitani, R. Kataoka, Y. Kamide, Y. Watanabe
Journal of NICT (Special Issue on Space Weather Forecast)   2(2 6) 125-133   2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
片岡 龍峰
NHK出版   2018年   ISBN:9784149109749
片岡 龍峰
化学同人   2016年11月   ISBN:4759816720
片岡 龍峰
岩波書店   2015年10月   ISBN:4000296434
総説 宇宙天気
京都大学学術出版会   2011年5月   ISBN:4876985545

講演・口頭発表等

 
Relativistic Electron Precipitation Events at International Space Station and Their Conjunction Observations
片岡 龍峰
AOGS2018   2018年6月4日   
Radiation Dose During the Ground Level Enhancement on 10 September 2017
片岡 龍峰
AOGS2018   2018年6月4日   
Panel discussion: Japanese space weather activities in 2020s and future international collaborations
片岡 龍峰
JpGU2018   2018年5月20日   
Corotating interaction regions, magnetic storms, and radiation belts [招待有り]
片岡 龍峰
JpGU2018   2018年5月20日   
Inclined Zenith Aurora over Kyoto on 17 September 1770: Graphical Evidence of Extreme Magnetic Storm
片岡 龍峰
JpGU2018   2018年5月20日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
オーロラと人間社会の過去・現在・未来
総研大学融合推進センター: 学融合共同研究
研究期間: 2015年7月 - 2017年3月    代表者: 片岡 龍峰
オーロラの高周波数変動の発生メカニズムの研究
名古屋大学太陽地球環境研究所: 地上ネットワーク観測大型共同研究
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 片岡 龍峰
極限的短周期変動を持つオーロラの探索
山田科学財団: 
研究期間: 2013年9月 - 2014年8月    代表者: 片岡 龍峰
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 片岡龍峰
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 片岡龍峰
コロナ質量放出の3次元磁気流体シミュレーションコードを開発した。太陽風観測データにもとづいて構成した背景風中に、太陽活動領域の磁場データによってパラメタライズされたスフェロマック型の磁気雲を、コロナグラフ観測と一致する速度で内側境界に導入することで、磁気嵐を引き起こす強い南向き磁場を再現可能なコロナ質量放出の伝播モデルを提唱した。

社会貢献活動

 
NHKラジオ「太陽フレアと宇宙災害」の放送
【出演, 講師】  NHK  カルチャーラジオ科学と人間  2018年1月5日 - 2018年3月30日
パネル討論と講演「オーロラと人間社会の過去・現在・未来」
【パネリスト, 講師】  人文機構・情報システム研究機構  機構合同シンポジウム  2018年2月26日
古典オーロラハンター3を開催
【講師, 企画, 運営参加・支援】  2018年2月18日
小学5年生に特別授業「地球と宇宙」
【講師】  成蹊大学  2018年2月16日
「オーロラと宇宙」シンポジウムで講演
【出演, 講師】  成蹊大学  2018年2月16日

その他

 
2018年8月   ISSI Auroral Physics Workshop Convener
オーロラ物理ワークショップ開催@スイス・ベルン、8/5-10、各国から約40人が参加
2018年5月   代表コンビーナ(宇宙天気国際セッション)
JpGU2018: 2018/5/20-24 Space Weather, Space Climate, VarSITI session
2018年1月   ISSI Auroral Physics Convener Meeting
コンビーナによるオーロラ物理ワークショップの調整@スイス・ベルン
2018年1月   古典籍文理融合シンポジウムの開催
1/30-31の2日間、第2回古典籍文理融合研究会を兼ねてシンポジウムを開催。場所は極地研2F大会議室。
2018年1月   国際会議ISAR-5のGeospaceセッションの共同コンビーナ
国際会議ISAR-5のGeospaceセッションの共同コンビーナ
https://www.jcar.org/isar-5/