今 隆助

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/04 02:40
 
アバター
研究者氏名
今 隆助
eメール
konrcc.miyazaki-u.ac.jp
URL
http://www.cc.miyazaki-u.ac.jp/konr/
所属
宮崎大学
部署
工学教育研究部 工学基礎教育センター担当
職名
准教授
学位
博士(理学)(静岡大学)

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
宮崎大学 工学教育研究部 工学基礎教育センター担当 准教授
 
2011年4月
 - 
2012年3月
明治大学 研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
ウィーン大学 助教
 
2006年4月
 - 
2009年3月
九州大学 日本学術振興会特別研究員
 
2004年5月
 - 
2006年3月
九州大学 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2002年3月
静岡大学 理工学研究科 システム科学専攻
 
 
 - 
1999年3月
静岡大学 理工学研究科 システム工学専攻
 
 
 - 
1997年3月
室蘭工業大学 工学部 機械システム工学科
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
国際学術雑誌(Journal of Difference Equations and Applications)  編集員
 
2015年6月
 - 
現在
国際学術雑誌(Mathematical Reviews)  Reviewer
 
2015年1月
 - 
2018年12月
日本数理生物学会  運営委員会委員
 
2014年2月
 - 
2016年7月
国際学術雑誌(Journal of Difference Equations)  編集員
 
2014年1月
 - 
現在
日本数理生物学会  学術専門委員会委員
 

受賞

 
2007年7月
日本数理生物学会 日本数理生物学会研究奨励賞
 

論文

 
私とロトカ・ヴォルテラ方程式
今 隆助
日本数理生物学会ニュースレター   (86) 2-9   2018年9月
高次元の1回繁殖型Leslie行列モデルにおける2分律
今 隆助
数理解析研究所講究録   (2087) 141-146   2018年8月
Ryusuke Kon
Journal of Difference Equations and Applications   23(10) 1747-1759   2017年10月   [査読有り]
In a certain class of semelparous Leslie matrix models, either a positive equilibrium is stable and an invariant set on the boundary of the nonnegative cone is unstable or vice versa generically if the model dimension is two or three. This dynamic...
1回繁殖型Leslie行列モデルにおける2分律
今 隆助
数理解析研究所講究録   (2043) 44-50   2017年9月
Ryusuke Kon
Springer Proceedings in Mathematics and Statistics   212 3-25   2017年   [査読有り]
It is known that the behavior of a nonlinear semelparous Leslie matrix model with the basic reproduction number close to one can be approximated by a solution of a Lotka-Volterra differential equation. Furthermore, even in multi-species cases, a s...

Misc

 
Lotka-Volterra方程式のネットワーク構造とパーマネンス
今 隆助
日本数理生物学会ニュースレター   58 72-77   2009年5月
存続と絶滅の数理
竹内 康博, 今 隆助, 齋藤 保久, 佐藤 一憲
応用数理   16(4) 280-292   2006年12月

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 
Evolution of life cycle constancy in periodical insects [招待有り]
Ryusuke Kon
International Conference on Mathematical Modeling and Computations   2018年12月1日   
1回繁殖型戦略における周期性と生活環恒常性の進化
今 隆助
日本応用数理学会2018年度年会   2018年9月3日   
Sustained oscillations in three-dimensional nonlinear iteroparous Leslie matrix models
Ryusuke Kon
The 12th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications   2018年7月5日   
An invariant loop in four-dimensional nonlinear semelparous Leslie matrix models
Ryusuke Kon
The 12th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications   2018年7月5日   
1回繁殖型戦略における周期性と生活環恒常性の進化
今 隆助
日本人口学会   2018年6月2日   

競争的資金等の研究課題

 
常微分方程式で近似できる構造化生態系モデルの数理的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
昆虫の大発生や絶滅のような,自然界の個体数変動のパターンを説明するための理論を構築することは,生態学における重要な目標の一つである.これまで生物の個体数変動のパターンを説明するために研究されてきた生態系モデルの多くは,種内構造を無視している.そのため,種内構造が個体数変動に決定的な影響を及ぼす場合には現象の本質を捉えることが出来ない.本研究では,種内構造を持つ生態系モデル(構造化生態系モデル)の研究を行う.具体的には,常微分方程式による近似を利用することにより,従来の構造化生態系モデルでは...
Lotka-Volterra方程式を用いた構造化生態系モデルの数理的研究
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
Lotka-Volterra方程式を用いた構造化生態系モデルの数理的研究.
Volterraの原理を満たさない生態系の力学系モデルのパーマネンスの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月
Volterraの原理を満たさない生態系の力学系モデルのパーマネンスの研究.
非ロトカ・ボルテラ型モデルのパーマネンスの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月
非ロトカ・ボルテラ型モデルのパーマネンスの研究.