寺田 竜太

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/11 18:37
 
アバター
研究者氏名
寺田 竜太
 
テラダ リュウタ
URL
http://www.phycollab.org/
所属
鹿児島大学
部署
大学院連合農学研究科
職名
教授
学位
博士(水産学)(北海道大学)
その他の所属
鹿児島大学
科研費研究者番号
70336329
ORCID ID
http://orcid.org/0000-0003-3193-6592

プロフィール

元々の専門は海産植物(藻類)の分類学,生理生態学,増養殖技術開発です。現代の研究は藻類学の分野でも細分化が著しいですが,藻類の新種記載から種分化,生活史,生理生態,有用海藻の利用まで,幅広く論文を公表しています。興味の幅は海藻に留まらず,淡水藻,海草,サンゴ,魚介類の食文化まで広範囲に研究しています。環境省自然環境保全基礎調査やモニタリングサイト1000,レッドリストの委員を務めており,沿岸生物相の長期変化モニタリングの高度化や絶滅危惧種の希少性評価の研究が現在の重点課題です。

研究対象の生物は自分で調査することを基本としており,スキューバ−ダイビングは学生時代の部活(体育会アクアラング部)以来,2000本以上潜っています。現役の海藻研究者の中では随一の潜水実績です。

学生時代はバックパッカーとして海外各地を旅行していました。この経験が現在の様々な海外調査で役立っています。衛生状態のよくない地域でも体調を崩すことはあまりありません。複数の研究者による総合学術調査では,もっぱら通訳,現地調整役を務めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
鹿児島大学 大学院連合農学研究科 教授
 
2016年4月
 - 
現在
鹿児島大学 大学院連合農学研究科 副研究科長
 
1999年4月
 - 
1999年9月
財団法人水産科学研究奨励会 研究員
 
1999年10月
 - 
2001年3月
高知県海洋深層水研究所 高知県技術吏員 技師
 
2001年4月
 - 
2003年5月
鹿児島大学 水産学部 助手
 
2003年6月
 - 
2016年3月
鹿児島大学 水産学部 准教授(助教授)
 
2004年3月
 - 
2005年1月
ハワイ大学マノア校 植物学科 研究員(文部科学省在外研究員)
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
北海道大学 大学院水産学研究科 水産増殖学専攻博士後期課程
 
1993年4月
 - 
1995年3月
北海道大学 大学院水産学研究科 水産増殖学専攻修士課程
 
1989年4月
 - 
1993年3月
北海道大学 水産学部 水産増殖学科
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
現在
鹿児島県  鹿児島県水産技術開発センター研究開発推進会議委員
 
2017年5月
 - 
現在
環境省  絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会」蘚苔類・藻類・地衣類・菌類分科会委員
 
2015年7月
 - 
2017年3月
環境省  絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会植物II分科会検討委員(レッドリスト植物II分科会委員)
 
2015年1月
 - 
現在
日本藻類学会  評議員
 
2013年1月
 - 
現在
日本藻類学会  日本藻類学会和文誌編集委員会委員
 
2016年3月
 - 
2017年3月
環境省  絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会委員
 
2009年12月
 - 
2014年3月
鹿児島県  藻場・干潟環境生態系保全対策協議会委員
 
2009年1月
 - 
2012年12月
日本藻類学会  評議員
 
2009年1月
 - 
2012年12月
日本藻類学会  日本藻類学会誌編集委員長
 
2008年6月
 - 
現在
鹿児島県  鹿児島県海域モニタリング技術委員会委員
 
2008年4月
 - 
現在
鹿児島県土地改良事業団体連合会  農村環境保全専門委員会委員
 
2008年1月
 - 
2009年12月
日本応用藻類学会  日本応用藻類学会誌幅編集委員長
 
2007年1月
 - 
2009年12月
The Korean Society of Phycology  Algae編集委員
 
2007年4月
 - 
現在
特定非営利活動法人日本国際湿地保全連合  環境省モニタリングサイト1000沿岸域調査検討委員会委員
 
2007年4月
 - 
現在
特定非営利活動法人日本国際湿地保全連合  環境省モニタリングサイト1000沿岸域調査検討委員会藻場分科会委員長
 

受賞

 
2017年7月
日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
 
2011年3月
日本藻類学会 第14回日本藻類学会論文賞
受賞者: Gregory N. Nishihara, 寺田竜太
 

論文

 
Boo, G. H., Qiu, Y., Kim, J. Y., Ang, P., Bosch, S., De Clerck, O., He, P., Higa, A., Huang, B., Kogame, K., Liu, S. L., Nguyen, T. V., Suda, S., Terada, R., Thiamdao, S., Miller, K. A., Boo, S. M.
Journal of Phycology      2019年9月   [査読有り]
Terada, R., Abe, M., Abe, T., Aoki, M., Dazai, A., Endo, H., Kamiya, M., Kawai, H., Kurashima, A., Motomura, T., Murase, N., Sakanishi, Y., Shimabukuro, H., Tanaka, J., Yoshida, G., Aoki, M.
Phycological Research   67    2019年7月   [査読有り]
“Monitoring Sites 1000” – Japan's long‐term monitoring survey was established in 2003, based on the Japanese Government policy for the conservation of biodiversity. Ecological surveys have been conducted on various types of ecosystems at approxima...
Terada, R., Nakashima, Y., Borlongan, I. A., Shimabukuro, H., Kozono, J., Endo, H., Shimada, S., Nishihara, G. N.
Phycological Research      2019年7月   [査読有り]
Maeno, Y., Terada, R., Kotaki, Y., Cho, Y., Konoki, K., Yotsu-Yamashita, M.
Journal of Natural Products      2019年5月   [査読有り]
Borlongan, I. A., Maeno, Y., Kozono, J., Endo, H., Shimada, S., Nishihara, G. N., Terada, R.
Phycologia   58(3) 300-309   2019年3月   [査読有り]
Fukumoto, R., Borlongan, I. A., Nishihara, G. N., Endo, H., Terada, R.
Journal of Applied Phycology   31(2) 1259-1270   2019年4月   [査読有り]
Kozono, J., Nishihara, G. N., Endo, H., Terada, R.
Phycologia   57(6) 619-629   2018年11月   [査読有り]
Terada, R., Nakahara, K., Borlongan, I. A., Watanabe, Y., Mine, T., Morikawa, T., Igari, T., Nishi, H., Endo, H., Nishihara, G. N.
Journal of Applied Phycology   31(2) 1251-1257   2019年4月   [査読有り]
Terada, R., Nakazaki, Y., Borlongan, I. A., Endo, H., Nishihara, G. N.
Journal of Applied Phycology   30(4) 2533-2538   2018年8月   [査読有り]
Yamada, N., Dawut, M., Terada, R., Horiguchi, T.
Phycological Research   67(1) 12-20   2019年1月   [査読有り]
Fukumoto, R., Borlongan, I. A., Nishihara, G. N., Endo, H., Terada, R.
Phycological Research   66(3) 209-217   2018年7月   [査読有り]
Borlongan, I. A., Nishihara, G. N., Shimada, S., Terada, R.
Phycological Research   67(1) 28-38   2019年1月   [査読有り]
Terada, R. Matsumoto, K., Borlongan, I. A., Watanabe, Y., Nishihara, G. N., Endo, H., Shimada, S.
Journal of Applied Phycology   30(3) 1893-1904   2018年6月   [査読有り]
Sotka, E. E., Baumgardner, A. W., Bippus, P., Destombe, C., Duermit, E., Endo, H., Flanagan, B. A., Kamiya, M., Lees, L., Murren, C. J., Nakaoka, M., Shainker, S., Strand, A. E., Terada, R., Valero, M., Weinberger, F., Krueger-Hadfield, S. A.
Evolutionary Applications   11(5) 781-793   2018年6月   [査読有り]
鹿児島県産淡水紅藻オキチモズクNemalionopsis tortuosaの光合成における光阻害と低温の複合作用
小園淳平,Gregory N. Nishihara,遠藤光,寺田竜太
藻類   66(1) 1-6   2018年3月   [査読有り]
Maeno, Y., Kotaki, Y., Terada, R., Cho, Y., Konoki, K., Yotsu-Yamashita, M.
Scientific Reports   8 356   2018年1月   [査読有り]
Borlongan, I. A., Matsumoto, K., Nakazaki, Y., Shimada, N., Kozono, J., Nishihara, G. N., Shimada, S., Watanabe, Y., Terada, R.
Phycologia   57(2) 159-168   2018年1月   [査読有り]
Borlongan, I. A., Nishihara, G. N., Shimada, S., Terada, R.
Journal of Applied Phycology      2017年7月   [査読有り]
Muangmai, M., Lewmanomont, K., Prathep, A., Terada, R., Zuccarello, G. C.
Botanica Marina   60(5) 533-541   2017年7月   [査読有り]
Watanabe, Y., Yamada, H., Mine, Y., Kawamura, Y., Nishihara, G. N., Terada, R.
Phycological Research   65(3)    2017年6月   [査読有り]
Krueger-Hadfield, S. A., Kollars, N. M, Strand, A. E., Byers, J. E., Shainker, S. J., Terada, R., Greig, T. W, Hammann, M., Murray, D. C., Weinberger, F., Sotka, E. E.
Ecology and Evolution   7(12) 4432-4447   2017年6月   [査読有り]
Horiguchi, T., Moriya, R., Pinto, S. K., Terada, R.
Phycological Research   63(3)    2017年6月   [査読有り]
Borlongan, I. A., Gerung, G. S., Kawaguchi, S., Nishihara, G. N., Terada, R.
Journal of Applied Phycology   29(1) 395-404   2017年2月   [査読有り]
Borlongan, I. A., Gerung, G. S., Kawaguchi, S., Nishihara, G. N., Terada, R.
Phycological Research   65(1) 69-79   2017年1月   [査読有り]
Krueger-Hadfield, S. A., Carmona, G. H., Terada, R., López-Vivas, J. M.
Cryptogamie Alglorogie   37(4) 257-263   2016年12月   [査読有り]
Pinto, S. K., Terada, R. Horiguchi, T.
Phycologia   56(2) 136-146   2016年12月   [査読有り]
九州に生育するオニアマノリとイチマツノリ配偶体の光合成に対する光と温度の影響
渡邉裕基,Gregory N. Nishihara,寺田竜太
藻類   64(3) 131-138   2016年11月   [査読有り]
Krueger-Hadfield, S. A., Kollars, N. M, Byers, J. E, Greig, T. W., Hammann, M., Murray, D. C., Murren, C. J., Strand, A. E., Terada, R., Weinberger, F., Sotka, E. E.
Molecular Ecology   25(16) 3801-3816   2016年8月   [査読有り]
Watanabe, Y., Yamada, H., Mine, Y., Kawamura, Y., Nishihara, G. N., Terada, R.
Phycologia   55(6) 665-672   2016年8月   [査読有り]
Terada, R., Vo, T. D., Nishihara, G. N., Matsumoto, K., Kokubu, S., Watanabe, Y., Kawaguchi, S.
Phycological Research   64    2016年8月   [査読有り]
Boo, G, H., Gall, L. L., Miller, K. A., Freshwater, W. D., Wernberg, T., Terada, R., Yoon, K. J., Boo, S. M.
Molecular Phylogenetics and Evolution   101 369-372   2016年5月   [査読有り]
Terada, R., Watanabe, Y., Fujimoto, M., Tatamidani, I., Kokubu, S., Nishihara, G. N.
Journal of Applied Phycology   28(2) 1255-1263   2016年4月   [査読有り]
Terada, R., Vo, D. T., Nishihara, G. N., Shioya, K., Shimada, S., M., Kawaguchi, S.
Journal of Applied Phycology   28(2) 457-467   2016年2月   [査読有り]
The effect of irradiance and temperature on the photosynthesis and growth of a Vietnamese-cultivated red alga, Kappaphycus alvarezii, was determined by laboratory and field measurements. Dissolved oxygen sensors and pulse amplitude modulated (PAM)...
Terada, R., Shikada, S., Watanabe, Y., Nakazaki, Y., Matsumoto, K., Kozono, J., Saino, N., Nishihara, G. N.
Phycologia   55(2) 178-186   2016年2月   [査読有り]
Nishihara, G. N., Yamada, C., Kimura, R., Terada, R.
Phycological Research   63(4) 307-317   2015年10月   [査読有り]
Fujimoto, M., Nishihara, G. N., Prathep, A., Terada, R.
Journal of Applied Phycology   27(3) 1235-1242   2015年6月   [査読有り]
The effect of irradiance and temperature on the photosynthesis of an agarophyte from Thailand, Gelidiella acerosa (Gelidiales, Rhodophyta), was determined using dissolved oxygen sensors and pulse-amplitude modulated fluorometry (PAM). A model of t...
Kokubu, S., Nishihara, G. N., Watanabe, Y., Tsuchiya, Y., Amano, Y., Terada, R.
Phycologia   54(3) 235-247   2015年4月   [査読有り]
The effect of irradiance and temperature on the photosynthesis of a Japanese native brown alga, Sargassum fusiforme, was determined by using dissolved oxygen sensors and pulse amplitude–modulated fluorometry. In situ measurements of the effective ...
Vo, T. D., Nishihara, G. N., Kitamura, Y., Shimada, S., Kawaguchi, S., Terada, R.
Phycologia   54(1) 24-31   2015年2月   [査読有り]
The effect of irradiance and temperature on the photosynthesis of two Vietnamese edible algae, Hydropuntia edulis and H. eucheumatoides (Gracilariaceae, Rhodophyta), were determined using dissolved oxygen sensors and pulse amplitude–modulated fluo...
畳谷伊織,倉堀宇弘,島袋寛盛,寺田竜太
藻類   62(3) 152-160   2014年11月   [査読有り]
Watanabe, Y., Nishihara, G. N., Tokunaga, S. Trerada, R.
Journal of Applied Phycology   26(6) 2405-2415   2014年10月   [査読有り]
Watanabe, Y., Nishihara, G. N., Tokunaga, S., Terada, R.
Phycological Research   62(3) 187-196   2014年7月   [査読有り]
Fujimoto, M., Nishihara, G. N., Terada, R.
Fisheries Science   80(4) 695-703   2014年7月   [査読有り]
Fujimoto, M., Nitta, K., Nishihara, G. N., Terada, R.
Phycological Research   62(2) 77-85   2014年4月   [査読有り]
Vo, T. D., Nishihara, G. N., Shimada, S., Watanabe, Y., Fujimoto, M., Kawaguchi, S., Terada, R.
Fisheries Science   80(2) 281-292   2014年3月   [査読有り]
Terada, R., Inoue, S., Nishihara, G. N.
Journal of Applied Phycology   25(6) 1863-1872   2013年12月   [査読有り]
渡邉裕基・Gregory N. Nishihara・寺田竜太
藻類   61(3) 141-148   2013年11月   [査読有り]
Effect of temperature and light on the photosynthesis as measured by chlorophyll fluorescence of cultured Kappaphycus sp. (Sakol strain) from Indonesia.
Lideman, Laining, A., Nishihara, G. N., Terada, R.
Indonesian Aquaculture Journal   8(2) 163-171   2013年11月   [査読有り]
中島広樹,田中敏博,吉満敏,寺田竜太
藻類   61(2) 97-105   2013年7月   [査読有り]
Yamada, N., Terada, R., Tanaka, A., Horiguchi, T.
Journal of Phycology   49(3) 555-569   2013年6月   [査読有り]
Lideman, Nishihara, G. N., Noro, T., Terada, R.
Journal of Applied Phycology   25(2) 399-406   2013年3月   [査読有り]
田中敏博・吉満敏・今吉裕二・石賀好恵・寺田竜太
日本水産学会誌   79(1) 20-30   2013年1月   [査読有り]
Muangmai, N., Yamagishi, Y., Terada, R., Kawaguchi, S.
九州大学大学院農学研究院紀要   57(2) 411-420   2012年9月
河野敬史・猪狩忠光・今吉雄二・田中敏博・徳永成光・吉満敏・寺田竜太
水産増殖   60(3) 359-369   2012年9月   [査読有り]
Suzuki, M., Nozaki, H., Terada, R., Kitayama, T., Hashimoto, T., Yoshizaki, M.
Phycologia   51(5) 479-488   2012年9月   [査読有り]
寺田竜太・田中敏博・内村真之
植物研究雑誌   87(4) 260-267   2012年8月   [査読有り]
島袋寛盛・今村圭史・新井章吾・田中敏博・今吉雄二・吉田忠生・寺田竜太
藻類   60(2) 31-40   2012年7月   [査読有り]
河野敬史・Gregory N. Nishihara・寺田竜太
日本水産学会誌   78(4) 692-704   2012年7月   [査読有り]
Lideman, Nishihara, G. N., Noro, T., Terada, R.
水産増殖   59(4) 563-571   2011年12月   [査読有り]
Romero, M. L. J., Kotaki, Y., Lundholm, N., Thoha, H., Ogawa, H., Reloxa, J. R., Terada, R., Takeda, S., Takata, Y., Haraguchi, K., Endo, T., Lim, P. T., Kodama, M., Fukuyo, Y.
Harmful Algae   10 456-462   2011年7月   [査読有り]
Influence of environmental changes on the Micronesian region: Case study in islands of Yap State, Federated States of Micronesia
Kawai, K., Kuwahara, S., Tominaga, S., Noda, S., Nagashima, S.
South Pacific Studies   31 57-70   2011年3月   [査読有り]
Nishihara, G. N., Terada, R., Shimabukuro, H.
Phycological Research   59(1) 24-33   2011年1月   [査読有り]
Nishihara, G. N., Terada, R.
Phycological Research   58(1) 29-34   2010年3月   [査読有り]
Nishihara, G. N. and Terada, R.
Phycological Research   58(4) 280-292   2010年   [査読有り]
Haraguchi, K., Kotaki, Y., Relox , J., Romero, M. and Terada, R.
Journal of Agricultural and Food Chemistry   58(23) 12385-12391   2010年   [査読有り]
Kamei, Y., Sueyoshi, M., Hayashi K., Terada R., Nozaki, H.
The Journal of Antibiotics   62(5) 259-263   2009年   [査読有り]
Isolation of ASP toxin-producing Nitzschia from Thailand
Romero, M. L. J., Lirdwitayaprasit, T., Kotaki, Y., Lundholm, N., Relox, J. Jr, Furio, E. F., Terada, R., Yokoyama, T., Kodama, M., Fukuyo, Y.
Marine Research in Indonesia   33(2) 225-228   2008年   [査読有り]
Shimabukuro, T., Terada, R., Noro, T., Yoshida, T.
Botanica Marina   51 26-33   2008年   [査読有り]
Kim, MS, Kim, M., Terada, R, Yamg, EC, Boo, SM
Taxon   57 231-237   2008年   [査読有り]
島袋 寛盛, 寺田 竜太, 外林 純, NISHIHARA GREGORY N., 野呂 忠秀
日本水産学会誌   73(3) 454-460   2007年5月   [査読有り]
2002年1月から2003年5月にかけて,鹿児島県頴娃町番所鼻において褐藻類ホンダワラ属フタエモクの季節的消長を観察した。本種は平均海水面から上部60cmの潮間帯に生育していた。2002年3月から5月の春期に著しく生長した。6月に生殖器床を形成するとともに,藻長・湿重量ともに最大となった。成熟後全ての個体は枯死し,10月に群落は消失した。翌2003年は前年同様に1月に群落が出現したが,3月には藻体の欠損や白化などによる生育阻害が見られた。これらは魚類による食害や他の環境要因が原因と考えられた。
島袋 寛盛, 樋口 福久, 寺田 竜太, 野呂 忠秀
日本水産学会誌   73(2) 244-249   2007年3月   [査読有り]
鹿児島県志布志湾におけるヨレモクモドキとシロコモク季節消長について,2003年3月から2004年1月にかけて調査した。両種とも水深1〜1.5mの範囲に優占種として生育していた。両種とも4月に藻体サイズが最大となり,ヨレモクモドキは主枝長244.0cm,主枝1本あたりの湿重量665.2g,シロコモクは194.6cm,395.5gに達した。その後,両種の枝部は枯死流出し,9月には付着器上から新たな主枝が伸長した。
Morphological and molecular phylogenetic studies of a red alga, Halymenia durvillei, (Halymeniaceae, Halymeniales) from Indo-Pacific
Kawaguchi, S., Shimada, S., Abe, T., Terada, R.
Coastal Marine Science   30 201-208   2006年   [査読有り]
Abe, T., Kurihara, A., Kawaguchi, S., Terada, R., Masuda, M.
Coastal Marine Science   30 209-213   2006年   [査読有り]
Nishihara, G. N., Terada, R., Noro, T.
Journal of Applied Phycology   17 371-377   2005年   [査読有り]
Taxonomic note on Gracilaria articulata Chang et Xia (Gracilariales, Rhodophyta) from Okinawa, Japan.
Terada, R., Shimada, S.
Cryptogamie Algologie   26 77-89   2005年   [査読有り]
NISHIHARA Gregory N., 森 裕子, 寺田 竜太, 野呂 忠秀
水産増殖   52(1) 1-10   2004年3月   [査読有り]
Scientific publications on macroalgae and seagrasses from Southeast Asian Waters found in important marine biological journals and books from 1990 to 2003
Ogawa, H., Nanba, N., Ajisaka, T., Terada, R., Kawaguchi, S. and Kawai, H.
Proceeding of the First Joint Seminar on Coastal Oceanography, Department of Marine Science, Chulalongkon University   178-181   2004年   [査読有り][招待有り]
Gracilaria and related genera (Gracilariales, Rhodophyta) from the Gulf of Thailand and adjacent waters
Terada, R., Lewmamonomont, K., Chirapart, A., Kawaguchi, S.
Proceeding of the First Joint Seminar on Coastal Oceanography, Department of Marine Science, Chulalongkon University   144-159   2004年   [査読有り][招待有り]
New record of Gracilaria yamamotoi Zhang et Xia (Rhodophyta) from Japan
Terada, R., Ueno, J.
Taxonomy of Economic Seaweeds: With Reference to the Pacific and other locations   9 243-247   2004年   [査読有り]
Nishihara, G. N., Terada, R., Noro, T.
Journal of Applied Phycology   16 303-308   2004年   [査読有り]
Nishihara, G. N., Mori, Y., Terada, R., Noro, T.
Phycological Research   52(1) 30-37   2003年   [査読有り]
Additional notes on Gracilaria eucheumatoides from Vietnam
Terada, R., Yamamoto, H.
Taxonomy of Economic Seaweeds: With Reference to Some Pacific Species   8 215-224   2002年   [査読有り]
Review of Gracilaria vermiculouphylla (ohmi) Papenfuss and other species in Japan and Asia.
Terada, R., Yamamoto, H.
Taxonomy of Economic Seaweeds: With Reference to Some Pacific Species   8 215-224   2002年   [査読有り]
寺田 竜太, 木村 充, 山本 弘敏
藻類   48(3) 203-209   2000年11月   [査読有り]
Terada, R., Kawaguchi, S. Pang, S. M., Masuda, M.
Botanica Marina   43 347-357   2000年7月   [査読有り]
Terada, R., Ohno, M.
Bulletin of Marine Science and Fisheries, Kochi University   20 81-88   2000年3月
Terada. R., Baba, M., Yamamoto, H.
Phycological Research   48(4) 291-294   2000年   [査読有り]
Terada, R., Yamamoto, H.
Phycological Research   48(3) 189-198   2000年   [査読有り]
Observation on an adelphoparasitic algae growing on Gracilaria edulis from Manado, Indonesia
Gerung, G. S., Terada, R., Yamamoto, H., Ohno, M.
Taxonomy of Economic Seaweeds, with special reference to Pacific Species   7 131-143   1999年   [査読有り][招待有り]
The species of Gracilaria from Vietnam
Ohno, M., Terada, R., Yamamoto, H.
Taxonomy of Economic Seaweeds, with special reference to Pacific Species   7 99-111   1999年   [査読有り][招待有り]
On so-called Gracilaria coronopifolia from the Philippines and Japan
Yamamoto, H., Terada, R., Muraoka, D.
Taxonomy of Economic Seaweeds, with special reference to Pacific Species   7 89-97   1999年   [査読有り][招待有り]
Observation on an adelphoparasite growing on Gracilaria salicornia from Thailand
Terada, R., Yamamoto, H., Muraoka, D.
Taxonomy of Economic Seaweeds, with special reference to Pacific Species   7 121-129   1999年   [査読有り][招待有り]
Muraoka, D., Yamamoto, H., Yasui, H., Terada, R.
Bulletin of Faculty of Fisheries, Hokkaido University   49 31-39   1998年
Yasui, H., Terada, R.
植物研究雑誌   69(1) 14-17   1994年2月   [査読有り]

Misc

 
研究室から
寺田竜太
鹿大ジャーナル   211 10-11   2019年7月
藻場生態系 モニタリングサイト1000沿岸域調査 2008–2016年度とりまとめ報告書
寺田竜太,川井浩史,倉島彰,坂西芳彦,島袋寛盛,田中次郎,村瀬昇、吉田吾郎、青木優和、阿部拓三、太齋彰浩、本村泰三
環境省自然環境局生物多様性センター(編)モニタリングサイト1000沿岸域調査,磯・干潟・アマモ場,藻場,2008–2016年度とりまとめ報告書   183-224   2019年4月
薩南諸島の油類漂着問題に関する鹿児島大学調査ワーキンググループの取り組み
西隆一郎,寺田竜太
鹿児島大学環境報告書2018   17-18   2018年9月
韓国藻類学会第30回大会に参加して
寺田竜太,川井浩史
藻類   64(3) 158-158   2016年11月
寺田竜太,渡邉裕基,中﨑好希,瀬之口開
鹿児島大学多島圏研究センター南太平洋海域調査研究報告   57 77-79   2016年3月   [査読有り]
藻場生態系
寺田竜太・川井浩史・倉島 彰・坂西芳彦・田中次郎・村瀬 昇・吉田吾郎・青木優和・太齊彰浩・本村泰三
モニタリングサイト1000沿岸域調査(磯・干潟・アマモ場・藻場)2008-2012年度とりまとめ報告書   48-55   2013年10月
日本産コンブ目海藻5種の分布とモニタリング指標種としての評価
寺田竜太・川井浩史・倉島 彰・村瀬 昇・坂西芳彦・田中次郎・吉田吾郎・阿部剛史・北山太樹
モニタリングサイト1000沿岸域調査(磯・干潟・アマモ場・藻場)2008-2012年度とりまとめ報告書   68-73   2013年10月
地域での取り組み.漁業者,地域住民と一体で取り組む沿岸環境・藻場の保全活動
寺田竜太
鹿児島大学環境報告書2013   33-34   2013年9月
漁業者,地域住民と一体で取り組む沿岸環境・藻場の保全活動
寺田竜太
鹿児島大学環境報告書2013   33-34   2013年9月
鹿児島県の海藻利用に見る「失われつつある食文化」と「新たな産業創出」
寺田竜太
地域経済情報   259 2-7   2011年10月   [依頼有り]
藻場の長期モニタリング,背景と課題
寺田竜太
海洋と生物   33 291-297   2011年8月   [依頼有り]
川井 浩史, 寺田 竜太, 村瀬 昇,吉田吾郎,倉島彰,神谷充伸
海洋と生物   33(4) 306-314   2011年8月   [依頼有り]
環境省モニタリングサイト1000における藻場の長期モニタリング
寺田竜太・川井浩史・田中次郎・倉島彰・坂西芳彦・村瀬昇・吉田吾郎・中川雅博・佐々木美貴・横井謙一
藻類   59(2) 93-96   2011年7月
寺田竜太,鈴木智博
鹿児島大学国際島嶼教育研究センター南太平洋海域調査研究報告   51 69-75   2011年3月
寺田竜太・鈴木智博
鹿児島大学国際島嶼教育研究センター南太平洋海域調査研究報告   51 6-15   2011年3月
寺田 竜太
藻類   57(1)    2009年3月
大隅諸島(屋久島,種子島)及び奄美大島における海草藻類調査報告書
香村眞徳・寺田竜太・吉田稔・長井隆
南西諸島生物多様性評価プロジェクトフィールド調査報告書   121-183   2009年
寺田 竜太, 田中 敏博, 吉満 敏, 島袋 寛盛
藻類   56(2) 148-149   2008年7月

書籍等出版物

 
アマノリ生物学の最前線
三上浩司(編) (担当:分担執筆, 範囲:光合成活性が示す世代間における環境耐性能の違い)
GlobeEdit   2019年6月   ISBN:978-613-9-41357-7
奄美群島の水生生物 −山から海へ 生き物たちの繋がり−
鹿児島大学生物多様性研究会 (担当:共編者)
南方新社   2019年3月   ISBN:978-4-86124-401-8
The Osumi Islands: Culture, Society, Industry and Nature
Kawai, K., Terada, R. Kuwahara, S. (担当:共編者, 範囲:Seaweeds and coastal environment in the Osumi Islands)
北斗書房   2017年3月   ISBN:978-4-89290-041-9
Seaweeds and seagrasses of the southern Andaman Sea coast of Thailand
Coppejans, E., Prathep, A., Lewmanomont, K., Hayashizaki, K., De Clerck, O., Leliaert, F., Terada, R. (担当:共著)
Kagoshima University Museum   2017年3月   ISBN:978-4-905464-09-9
https://www.researchgate.net/publication/316796669_Seaweeds_and_seagrasses_of_the_southern_Andaman_Sea_coast_of_Thailand
みんなが知りたい海藻の疑問50
日本藻類学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:Question 22,刺身に添えられているのはどんな海藻?Question 32,アイスクリーム,ガム,ジュース,ケーキに海藻が使われているってホント?)
成山堂書店   2016年6月   
鹿児島大学島嶼研ブックレット5,生物多様性と保全,奄美群島を例に(下)
鈴木英治,桑原季雄,平端樹,山本智子,坂巻祥考,河合渓(編) (担当:分担執筆, 範囲:海藻・海草の多様性と環境.)
北斗書房   2016年3月   
鹿児島県環境林務部自然保護課(編),改訂・鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物,植物編,鹿児島県レッドデータブック2016
寺田 竜太 (担当:分担執筆, 範囲:藻類,海草)
鹿児島県環境技術協会   2016年3月   
高宮広土,河合渓,桑原季雄(編),鹿児島の島々 文化と社会,産業,自然
寺田 竜太 (担当:分担執筆, 範囲:島嶼域の食用海藻)
南方新社   2016年3月   
鹿児島大学生物多様性研究会(編),奄美群島の生物多様性
寺田 竜太 (担当:分担執筆, 範囲:奄美群島の海藻・海草類と生育環境の特性)
南方新社   2016年3月   
鮫島奈々美,叶内宏明,塩崎一弘,吉﨑由美子(編),鹿児島の食環境と健康食材
寺田 竜太 (担当:分担執筆, 範囲:海藻の利用と食文化:鹿児島,奄美を中心に)
南方新社   2016年3月   
The Amami Islands: Culture, Society, Industry and Nature
寺田 竜太 (担当:編者)
北斗書房   2016年3月   
日本生態学会(編)南西諸島の生物多様性,その成立と保全.世界自然遺産登録へ向けて
寺田 竜太 (担当:分担執筆, 範囲:琉球列島の沿岸生態系を支える海藻・海草類)
南方新社   2015年4月   ISBN:978-4-86124-314-1
The Islands of Kagoshima: Culture, Society, Industry and Nature, Second Edition
寺田 竜太 (担当:編者)
北斗書房   2015年3月   
環境省(編),レッドデータブック2014,日本の絶滅のおそれのある野生生物9,植物II(蘚苔類,藻類,地衣類,菌類)
寺田 竜太 (担当:分担執筆, 範囲:シマチスジノリ他)
株式会社ぎょうせい   2015年2月   
The Islands of Kagoshima: Culture, Society, Industry and Nature
寺田 竜太 (担当:編者)
鹿児島大学国際島嶼教育研究センター   2013年3月   
藻類ハンドブック
寺田 竜太 (担当:分担執筆, 範囲:海藻類.概観;キリンサイ;オゴノリ)
株式会社エヌ・ティー・エス   2012年7月   ISBN:978-4864690027
有用海藻誌
大野正夫 (担当:共著, 範囲:オゴノリ目)
内田老鶴圃   2004年4月   ISBN:978-4753640485
寺田竜太, 能登谷正浩, 大野正夫
恒星社厚生閣   2001年   ISBN:4769909551

講演・口頭発表等

 
Japan’s nationwide long-term monitoring survey of seaweed communities known as the “Monitoring Sites 1000”: Ten-year oerview and future perspectives
Terada, R.
23rd International Seaweed Symposium   2019年4月28日   
Effects of light quality and temperature on the photosynthesis and pigment content of an edible red alga Meristotheca papulosa (Solieriaceae, Gigartinales) from Kagoshima, southern Japan
Borlongan, I. A., Suzuki, S., Nishihara, G. N., Terada, R.
8th National Symposium and Scientific Meeting of the Philippine Phycological Society   2019年3月20日   
The effects of velocity and canopy deformation on the photosynthesis of a seaweed bed in a recirculating flow chamber
寺田 竜太
Inoue, Y., Hinode, K., Osaki, K., Kamisaki, H., Otake, M., Toda, T., Terada, R., Nishihara, G. N.   2019年4月28日   
Photosynthetic responses in two population of the red seaweed, Gracilaria salicornia, from Japan and Thailand
Praiboon, J., Borlongan, I. A., Watanabe, Y., Muangmai, N., Kaewsuralikhit, C., Chirapart, A., Terada, R.
23rd International Seaweed Symposium   2019年4月28日   
Effects of light quality and temperature on the photosynthesis and pigment content of an edible red alga Meristotheca papulosa (Solieriaceae, Gigartinales) from Kagoshima, southern Japan
寺田 竜太
Borlongan, I. A., Suzuki, S., Nishihara, G. N., Terada, R.   2019年4月28日   
Photosynthetic activity including the Chilling-light sensitivity of a temperate Japanese brown alga, Sargassum macrocarpum
Terada, R., Nakashima, Y., Borlongan, I. A., Shimabukuro, H., Kozono, J., Endo, H., Shimada, S., Nishihara, G. N.
23rd International Seaweed Symposium   2019年4月28日   
Effect of light and temperature on the PSII photochemical efficiency of Ulva ohnoi
Saromines, C. J., Terada, R., Borlongan, I. A., Nishihara, G. N.
12th Asian Fisheries and Aquaculture Forum (12th AFAF)   2019年4月8日   
カイニン酸新規類縁体の探索及び生合成経路の推定
前野優香理,寺田竜太,小瀧裕一,長由扶子,此木敬一,山下まり
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月24日   日本農芸化学会
Effect of salinity and desiccation on photosynthetic performance of red alga, Bostrychia tenella (Rhodomelaceae) from Kagoshima, Japan
Bulan, J., Muangmai, N., Terada, R.
9th Natinal Conference on Algae and Plankton in Thailand   2019年3月21日   Algae and Plankton Society of Thailand
The photosynthetic responses to environmental gradient in the heteromorphic life history stages of some macroalgae [招待有り]
Terada, R., Borlongan, I. A., Watanabe, Y., Nishihara, G. N.
9th Natinal Conference on Algae and Plankton in Thailand   2019年3月21日   Algae and Plankton Society of Thailand
日本産紅藻ハスジグサ属の分類学的再検討
鈴木雅大,寺田竜太,北山太樹,川井浩史
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
紅藻アマノリ類の乾燥適応
吉川祥代,寺田竜太,渡邉裕基,菊地則雄,嶌田智
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
海洋植物の遺伝子発現に注目した健全性診断システムの開発
原淑乃,山崎誠和,高橋文雄 ,吉川伸哉,寺田竜太,嶌田智
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
藻場生態系における一次生産と環境要因の関係
河手梓,井上幸男,大崎幸一,紙崎星美,松田悠平,寺田竜太,Gregory N. Nishihara
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
海藻の形状変化が与える光合成速度と栄養塩吸収速度への影響
大崎幸一,井上幸男,日野出賢二郎,紙崎星美,大竹正弘,寺田竜太,Gregory N. Nishihara
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
藻場のキャノピー構造が光合成速度に及ぼす影響
井上幸男,日野出賢二郎,大崎幸一,紙崎星美,大竹正弘,戸田龍樹,寺田竜太,Gregory N. Nishihara
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
鹿児島県与次郎沿岸における褐藻ヒジキの季節的消長
杉江透,遠藤光,米盛裕希子,寺田竜太
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
褐藻ヒジキの止水条件における成長に対する水温と栄養塩濃度の影響
米盛裕希子,遠藤光,杉江透,寺田竜太
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
寺田竜太.ナラワスサビノリ配偶体および胞子体の光合成に対して,光・温度・乾燥が与える影響
弓削智浩,渡邉裕基,森川太郎,三根崇幸,小園淳平,遠藤光,Gregory N. Nishihara,寺田竜太
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会
褐藻カジメの光合成に対する温度と光の影響
姫野絢圭,Gregory N. Nishihara,遠藤光,寺田竜太
日本藻類学会第43回大会   2019年3月15日   日本藻類学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究 (B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 寺田竜太
文部科学省: 科学技術研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 鈴木英治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 寺田竜太
文部科学省: 科学技術研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 寺田 竜太
文部科学省: 科学技術研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 小瀧裕一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 寺田竜太
奄美群島の絶滅危惧海藻アマミノクロキズタ(アオサ藻綱,イワズタ目)の分布と生活史に関する研究
藤原ナチュラルヒストリー研究財団: 藤原ナチュラルヒストリー研究財団
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 寺田竜太
日本学術振興会: 科学技術研究補助金(外国人研究員奨励費)
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 寺田竜太
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 寺田竜太
オゴノリ科(紅藻綱オゴノリ目)は,外形の変異が著しく,分類形質である生殖器官の確認されていない種が多いことから,分類に多くの問題点を抱えている。これまで,本科内には主に3属(Gracilaria, Gracilariopsis, Hydropuntia)が認められてきたが,東アジアおよび東南アジアにかけての知見が不足していることから,形態分類学的・分子系統学的手法によって再検討をおこなった。19年度はこれまでの試料にフィリピン,マレーシア,タイ,韓国産の試料を加え,属内各種の形態的知見を整...
南西諸島の熱帯性食用オゴノリ属(紅藻オゴノリ目)の分類と生態に関する研究
日本学術振興会: 熱帯生物資源研究助成事業
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 寺田竜太