Okada Satoru

J-GLOBAL         Last updated: Dec 4, 2018 at 00:24
 
Avatar
Name
Okada Satoru
E-mail
s-okadakoto.kpu-m.ac.jp
Affiliation
Kyoto Prefectural University of Medicine
Section
Graduate School of Medical Science
Research funding number
20572085

Published Papers

 
Okada S, Shimada J, Kato D, Tsunezuka H, Teramukai S, Inoue M
Annals of surgical oncology      Nov 2018   [Refereed]
Okada S, Ito K, Shimada J, Kato D, Shimomura M, Tsunezuka H, Miyata N, Ishihara S, Furuya T, Inoue M
General thoracic and cardiovascular surgery   66(10) 565-572   Oct 2018   [Refereed]
Okada S, Inoue M
Annals of surgical oncology      Oct 2018   [Refereed]
Suzuki H, Nishimura M, Okada S, Inoue M
Journal of thoracic disease   10(7) E532-E534   Jul 2018   [Refereed]
Okada S, Itoh K, Ishihara S, Shimada J, Kato D, Tsunezuka H, Miyata N, Hirano S, Teramukai S, Inoue M
Surgical oncology   27(2) 259-265   Jun 2018   [Refereed]

Misc

 
島田順一, 伊藤和弘, 加藤大志朗, 岡田悟, 石原駿太, 井上匡美
日本内視鏡外科学会雑誌   23(5) 701‐706   Sep 2018
岡田悟
京都府立医科大学雑誌   127(4) 258‐259   Apr 2018
岡田悟, 井上匡美
京都府立医科大学雑誌   127(3) 137‐145-144   Mar 2018
分子標的薬に加え免疫チェックポイント阻害薬の登場により、肺癌診療において大きなパラダイムシフトが起きる中、古くて新しいテーマである"栄養"が臨床腫瘍学の領域で注目されている。がん患者において、がん細胞での非効率的なエネルギー代謝とグルコース消費の亢進、がん細胞および免疫細胞から放出されるサイトカインによる全身の代謝変動、さらに食欲低下や治療に伴う生体への侵襲が加わり、さまざまなレベルで栄養障害を来たしがん悪液質へと進行していく。治療前の低栄養は、外科治療においては術後合併症の危険因子であり...
肺癌術後の予後栄養指数の臨床的意義(Clinical Significance of Prognostic Nutritional Index After Surgical Treatment in Lung Cancer)
岡田 悟
京都府立医科大学雑誌   127(4) 258-259   Apr 2018
岡田悟, 常塚啓彰, 古谷竜男, 加藤大志朗, 島田順一, 井上匡美
日本呼吸器外科学会雑誌(Web)   32(1) 104‐110(J‐STAGE)   2018