OBAYASHI Shigeru

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:12
 
Avatar
Name
OBAYASHI Shigeru
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/524dc983b72995029fd87c3c30275da6.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute of Fluid Science Creative Flow Research Division Aerospace Fluid Engineering Laboratory
Job title
Professor
Degree
工学博士(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1989
 - 
Mar 1994
エムキャット研究所(MCAT Institute)上級研究員
 

Committee Memberships

 
Apr 1998
 - 
Jan 2009
アメリカ航空宇宙学会 (American Institute of Aeronanticsad Astonaitics)  知的システム技術委員会委員(1998-)
 
Jan 2006
 - 
Today
The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.(IEEE) IEEE Emergent Technologies Task Committee, Computational Intelligence Society  委員
 
Oct 2011
 - 
Sep 2016
日本機械学会 計算力学部門 設計情報学研究会  主査
 
Mar 2010
 - 
Feb 2015
日本航空宇宙学会空力部門ソニックブーム研究会  主査
 
Apr 2011
 - 
Mar 2013
宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループ  航空プログラム推進委員 委員
 

Awards & Honors

 
Apr 2014
多目的設計探査とその応用に関する研究, Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 文部科学省
 
Oct 2012
学術,技術,学会活動,出版,国際交流などで計算力学の発展と進歩に貢献, 日本機械学会計算力学部門功績賞, 日本機械学会
 
Apr 2010
Kiring-Model-Based Multi-Objective Robust Optimization and Trade-Off Rule Mining of a Centrifugal Fan with Dimensional Uncertainty, 日本機会学会賞, 日本機会学会
Winner: 大林茂,杉村和之,鄭信圭,木村剛
 
Journal of Computational Science and Technology, 第3巻, 第1号(2009-2)
May 2009
日本計算工学会学会賞川井メダル, 日本計算工学会
 
本会の初代会長を務めた川井忠彦先生の功績を記念して設けられた川井メダルは、本学会の運営発展、あるいは計算工学の発展に特別の貢献のあった、受賞者の年齢が受賞年の4月1日現
在で50歳未満の会員に授与する。
Mar 2009
ターボ機械の多目的ロバスト設計探査, 平成20年度日本機械学会東北支部技術研究賞, 日本機械学会東北支部
Winner: 大林茂、杉村和之、鄭信圭、下山幸治
 

Published Papers

 
Aerodynamic Characteristics and Effects of Winglets of the Boomless Tapered Supersonic Biplane during the Starting Process
Hiroshi YAMASHITA, Takashi FUJISONO, Atsushi TOYODA, Hiroki NAGAI, Keisuke ASAI, Shinkyu JEONG, Shigeru OBAYASHI
Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   11 17-26   Mar 2013   [Refereed]
Hiroaki Hasegawa, Seigo Kitta, Masahide Murakami and Sigeru Obayashi
Sports Engineering   1369-7072    Mar 2013   [Refereed]
Evaluation of the Tube-and-Wing Configuration Varieties for Near-Future Fuel Efficient Transonic Transports with the Advanced Aero Engines
Masaya Oshimizu, Shinkyu Jeong, Shigeru Obayashi, Daisuke Sasaki, Kazuhiro Nakahashi
51st AIAA Aerospace Sciences Meeting including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition      Jan 2013   [Refereed]
P GUI-based Geometry Deformation Tool for Modification of Aircraft Configurations
Tomoki Taira, Shinkyu Jeong, Shigeru Obayashi, Daisuke Sasaki, Kazuhiro Nakahashi
51st AIAA Aerospace Sciences Meeting including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition      Jan 2013   [Refereed]
Wake Evolution of High-Lift Configuration from Roll-Up to Vortex Decay
Takashi Misaka, Frank Holzapfel, Thomas Gerz
51st AIAA Aerospace Sciences Meeting including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition      Jan 2013   [Refereed]

Misc

 
データ同化法による後方乱気流の計測融合シミュレーション Mearurement-Integrated Simulation of Wake Turbulence Using Data Assimilation Method
大林茂,三坂孝志
日本機械学会誌   116(1131) 107-109   Feb 2013
Adaptive Simulation of Turbulence Flow by using Data Assimilation
加藤 博司,大林 茂,橋本 敦,吉澤徴,上野玄太,樋口知之
Journal of Japan Society of Fluid Mechanics   31(2) 165-173   Apr 2012
計算力学
大林茂
日本機械学会誌   9-9   Aug 2010
世界記録への挑戦:長距離人力飛行機研究調査について
大林茂
日本航空宇宙学会誌   58(677) 1-5   Jun 2010
航空宇宙産業と計算工学
大林茂
計算工学   14(3) 1-1   Jul 2009

Books etc

 
シミュレーション辞典
下山幸治,大林茂 (Part:Joint Work, 流体力学におけるビジュアルデータマイニング)
コロナ社 日本シミュレーション学会(編)   2012   
Evolutionary and Deterministic Methods for Design, Optimization and Control with Applications to Industrial and Societal Problems
Koji Shimoyama, Shu Yoshimizu, Shinkyu Jeong, Shigeru Obayashi, and Yasuyuki Yokono (Part:Joint Work, Multi-Objective Design Optimization for a Steam Turbine Stator Blade Using LES, pp. 176-181)
Tadeusz Burczynski and Jacques Périaux (Eds.)   2011   
宇宙航空研究開発機構特別資料 第3回EFD/CFD融合ワークショップ JAXA Special Publication The 3rd Workshop on Intergration of EFD and CFD
大林茂
JAXA   Aug 2010   
Computational Fluid Dynamics Review 2010
Dong. Seop Lee, Karkenahalli Srinivas, Luis. Felipe Gonzalez, Jacques Periaux and Shige (Part:Joint Work, Chapter 19, Robust Multidisciplinary Design Optimisation Using CFD and Advanced Evolutionary Algorithms)
World Scientific   Jun 2010   
フルードインフォマティクス「流体力学」と「情報科学」の融合
大林茂, 白山普, 中村育雄, 早瀬敏幸, 藤代一成, 渡邉崇 (Part:Joint Work, 流れの最適化)
技報堂出版   Apr 2010   

Conference Activities & Talks

 
Tohoku University’s Electric Car for Student Formula Japan
Workshop on Next Generation Transport Aircraft   29 Mar 2013   
Knowledge Extraction for Structural Design of Regional Jet Horizontal Tail using Multi-Objective Design Exploration (MODE)
7th International Conference on Evolutionary Multi-Criterion Optimization   22 Mar 2013   
車両モデル周り流れの計測融合シミュレーション
日本航空宇宙学会北部支部2013年講演会   15 Mar 2013   
高翼形態におけるフェアリング形状の空力最適化
日本航空宇宙学会北部支部2013年講演会   14 Mar 2013   
弾道飛行装置を用いた低ソニックブーム実証実験のための計測技術に関する研究
平成24年度衝撃波シンポジウム   14 Mar 2013   

Research Grants & Projects

 
Aerodynamic Optimization Using Computational Fluid Dynamics
Project Year: Apr 1994   
Aerodynamic Design of Supersonic Transport
Cooperative Research
Project Year: Apr 1996   

Social Contribution

 
みやぎ県民大学 大学開放講座 主催:宮城県教育委員会
[Others]  2 Sep 2011
プラズマの流れ,分子,原子のようなミクロの流れなどの日頃意識することのないながれから、飛行機に関わる様々なながれ、そして地下のながれまで様々なながれをご紹介し、その中に潜む科学を解き明かします。
グローバルCOE航空宇宙流体科学サマースクール
[Others]  3 Aug 2011 - 5 Aug 2011
東北大学グローバルCOE プログラム「流動ダイナミクス知の融合教育研究世界拠点」が主催となり,宇宙航空研究開発機構,名古屋大学,鳥取大学及び東北大学の方々の研究交流を目的としたサマースクールを開催.
明治大学GCOEプログラム 第8回現象数理若手シンポジウム
[Others]  12 Jan 2011
講演“航空機の設計と数理モデル,”
J-BILAT第五回セミナー(J-BILAT 5th seminar)
[Others]  11 Nov 2010
講演“日本の航空科学技術の研究ポテンシャルについて(Research Potential of Japanese Programme),”
みやぎ県民大学 大学開放講座 主催:宮城県教育委員会
[Others]  27 Aug 2010
プラズマの流れ,分子,原子のようなミクロの流れなどの日頃意識することのないながれから、飛行機に関わる様々なながれ、そして地下のながれまで様々なながれをご紹介し、その中に潜む科学を解き明かします。

Others

 
Aug 2009   航空機の舵面LCOに関する研究
遷音速における非線形空気力とガタ等の構造非線形の双方を考慮可能な解析ツールを開発する。
May 2009   ソニックブーム長距離非線形伝播音響解析ツール開発およびソニックブーム波形に対する大気乱流効果に関する研究(その1)(その2)(その3)
本委託研究は,宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループが進める静粛超音速機技術の研究開発で必要となる,ソニックブーム推算技術のうち機体近傍場の圧力波形を高精度に推算する技術の獲得を目的とし,格子細分化に基づく解適合格子法の開発を行う.
Oct 2008   計測融合シミュレーションを利用したドップラーライダーの信号処理改善
観測データ補正プログラムを開発して、飛行実験データを用いて改善効果を評価する。
Oct 2008   局所気象シミュレーションを利用した乱気流検知システムの高性能化
計測融合シミュレーションによるオンラインの観測データ補正技術の開発で、オフラインでCFDによる局所気象シミュレーションを用いた検証を行う。1年目は検討、2年目はアルゴリズム試作を行う。
Dec 2007   実験/計算融合によるソニックブーム推定方法の高精度化
波形パラメータ法に対して、実験と計算による近傍場波形の推定精度の検証、気象データと計算による大気乱れの影響の検証を行い、ソニックブーム推定精度の高精度化を試みる。