共同研究・競争的資金等の研究課題

2014年4月 - 2017年3月

赤城大沼の水圏生態系における放射性セシウムの動態解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 久下 敏宏
  • ,
  • 薬袋 佳孝
  • ,
  • 角田 欣一
  • ,
  • 森 勝伸
  • ,
  • 野原 精一
  • ,
  • 岡田 往子
  • ,
  • 鈴木 究真
  • ,
  • 小野関 由美
  • ,
  • 長尾 誠也
  • ,
  • 新井 肇
  • ,
  • 渡辺 峻
  • ,
  • 田中 英樹
  • ,
  • 横塚 哲也

課題番号
26292100
配分額
(総額)
16,380,000円
(直接経費)
12,600,000円
(間接経費)
3,780,000円

原子力発電所事故に由来するCs-137の赤城大沼における動態を解明するため、環境(周辺土壌、湖底質、湖水)や生物(水生植物、プランクトン、魚類)を時空間的に調査した。
Cs-137の化学形態別存在割合は、土壌と底質では難溶態が、水生生物では食物連鎖が上がるに従って可溶態が高かった。湖水・底質間の分配係数は10Λ5、プランクトンと魚類への濃縮係数はそれぞれ10Λ1~10Λ2と10Λ3のオーダーであった。停滞期は水温躍層下部で溶存態のCs-137濃度が上昇していたが、循環期は溶存態と粒子態がほぼ一定であった。ワカサギとウグイのCs-137減衰過程をモデル化して実効生態学的半減期を求めた。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-26292100/26292100seika.pdf