KUNIMOTO Shingo

J-GLOBAL         Last updated: Jan 13, 2020 at 15:04
 
Avatar
Name
KUNIMOTO Shingo
URL
http://www.geocities.jp/cygnus_kuni/
Affiliation
Tottori College
Section
Department of Childcare and Education
Job title
Associate Professor
Research funding number
80353100

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2002
Special Needs Education, Graduate School, Division of Education, Tottori University
 
 
 - 
2000
Faculty of Education, Tottori University
 

Published Papers

 
Yoko WATANABE(KIMIWADA)and Shingo KUNIMOTO
Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kindai University   (42) 33-44   Oct 2018   [Refereed]

Misc

 
KUNIMOTO Shingo
Japanese Journal on The Issues of Persons with Disabilities   47(2) 72-79   Aug 2019   [Invited]
KUNIMOTO Shingo
BULLETIN OF HUMAN DEVELOPMENT   (31) 22-35   Aug 2018   [Refereed]
渡部 容子, 國本 真吾
近畿大学生物理工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kindai University   (42) 33-43   Oct 2018
[要旨]2012年、日本政府は、国際人権A規約第13条2項の留保を撤回し、中等教育および高等教育の漸進的無償化への義務を負うこととなった。本稿では「無償教育の漸進的導入」の原理と具体策に関する共同研究の一環として、鳥取県を事例として、保育から高等教育へ至るまでの教育費負担と自治体による支援策の現状を明らかにした。人口減少、18歳における県外への若者の流出、中等後教育機関の不足などへの対策として、同県では第1子からの保育料完全無償化や定住者への奨学金返還助成など先導的な施策を導入しており特筆...
KUNIMOTO Shingo
MEMOIRS OF TOTTORI COLLEGE OF NURSING AND TOTTORI COLLEGE   (73) 73-80   Jul 2016
本稿では,戦後「障害福祉の父」と称せられた糸賀一雄が,故郷である鳥取の地で行った最期の講義で用いた「ミットレーベン」の言葉の意味を,糸賀の共感思想との関係で読み解いた.「ミットレーベン」には,「共感」を中核とする人間理解とともに,新しい社会の建設を願った「共鳴」への期待が込められていると理解できる.今後の糸賀の研究において,「ミットレーベン」の語の解釈は糸賀思想の読取りの鍵になるであろう.
実践に学ぶ 新井田実践に学ぶ 選挙学習を通じた仲間の成長と国民の一人としての権利行使への喜びの共有
國本 真吾
障害者問題研究   45(3) 224-225   Nov 2017

Research Grants & Projects

 
Positive Study on the State of the Special Support Education at Decentralization in Japan
Project Year: 2002 - 2005

Works

 
About Management and Educational Practice of "Open College in Tottori"
2001