小野木真哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/13 12:26
 
アバター
研究者氏名
小野木真哉
 
オノギシンヤ
URL
http://www.fit.ac.jp/~onogi/
所属
福岡工業大学
部署
工学部
職名
准教授
学位
博士(科学)(東京大学), 修士(工学)(北海道大学), 学士(工学)(北海道大学)
その他の所属
東京農工大学
Twitter ID
s_onogi
ORCID ID
0000-0002-0642-0511

プロフィール

2007年3月東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻 博士課程 修了.博士(科学)
2007年4月東京大学インテリジェント・モデリング・ラボラトリー特任研究員
2010年4月米国Johns Hopkins大学工学部機械工学科博士研究員
2011年8月東京農工大学大学院生物システム応用科学府特任助教
2014年12月九州大学先端医療イノベーションセンター准教授
2018年4月福岡工業大学工学部電気工学科准教授
人工心臓、手術支援ロボット、医用ナビゲーションシステムなどの研究に従事。近年では,主に,術中超音波に着目し臨床ニーズに応じた実用的な画像処理・ナビゲーションの研究・開発に取り組んでいる.

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻
 
2002年5月
 - 
2004年3月
北海道大学 大学院工学研究科 システム情報工学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
北海道大学 工学部 システム工学科
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
福岡工業大学 工学部電気工学科 准教授
 
2014年12月
 - 
2018年3月
九州大学 先端医療イノベーションセンター 准教授
 
2011年8月
 - 
2014年11月
東京農工大学大学院生物システム応用科学府 特任助教
 
2010年4月
 - 
2011年8月
ジョンズホプキンス大学工学部 博士研究員
 
2007年4月
 - 
2011年3月
東京大学インテリジェント・モデリング・ラボラトリー 特任研究員
 

論文

 
円錐型ウォームギア機構を用いた腸管自走システムの開発
大澤啓介,中楯龍,荒田純平,小野木真哉,赤星朋比古,副島雄二,橋爪誠
日本コンピュータ外科学会誌   21(1) 5-11   2019年2月   [査読有り]
Iwasa Tsutomu, Nakadate Ryu, Onogi Shinya, Okamoto Yasuharu, Arata Jumpei, Oguri Susumu, Ogino Haruei, Ihara Eikichi, Ohuchida Kenoki, Akahoshi Tomohiko, Ikeda Tetsuo, Ogawa Yoshihiro, Hashizume Makoto
SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES   32(7) 3386-3392   2018年7月   [査読有り]
Nakadate Ryu, Omori Shigeru, Ikeda Tetsuo, Akahoshi Tomohiko, Oguri Susumu, Arata Jumpei, Onogi Shinya, Hashizume Makoto
LASERS IN SURGERY AND MEDICINE   49(5) 533-538   2017年7月   [査読有り]
Arata J, Fukami K, Oguri S, Onogi S, Ikeda T, Nakadate R, Sakaguchi M, Akahoshi T, Harada K, Mitsuishi M, Hashizume M
International journal of computer assisted radiology and surgery      2018年2月   [査読有り]
Yamashita M, Matsumoto N, Cho B, Komune N, Onogi S, Lee J, Bano J, Akahoshi T, Hashizume M
International journal of computer assisted radiology and surgery   11(11) 2119-2127   2016年11月   [査読有り]
夏目 薫, 和田 義久, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司
日本コンピュータ外科学会誌   17(4) 343-354   2016年1月   [査読有り]
For ultrasound therapy, e.g. microbubbles delivery, physical contact between therapeutic device and body surface is important. To guarantee the entire contact of the device, we propose a control method considering contact force and reaction moment...
Sato Hideyuki, Harada Kanako, Arata Jumpei, Oguri Susumu, Onogi Shinya, Ikeda Tetsuo, Hashizume Makoto, Mitsuishi Mamoru
SECOND CIRP CONFERENCE ON BIOMANUFACTURING   49 121-124   2016年   [査読有り]
澤口冬威, 保坂直斗, 江田廉, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司
生体医工学   53(3) 179-186   2015年6月   [査読有り]
Doke Takehito, Liang Jack T., Onogi Shinya, Nakajima Yoshikazu
INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   10(3) 275-283   2015年3月   [査読有り]
夏目薫, 入澤佐智恵, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司
生体医工学   53(1) 21-31   2015年2月   [査読有り]
Microbubbles are widely used as contrast agents in ultrasound diagnosis. Microbubbles may also has therapeutic uses in the heat amplification of high-intensity focused ultrasound ablation or as carriers of acoustic targeted drug/gene delivery ther...
Onogi Shinya, Phan Tuan Hung, Mochizuki Takashi, Masuda Kohji
ADVANCED BIOMEDICAL ENGINEERING   4 27-34   2015年   [査読有り]
保坂 直斗, 澤口 冬威, 宮澤 慎也, 江田 廉, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司
生体医工学   52(1) 25-32   2014年2月   [査読有り]
We have studied control of microbubbles(MBs) using ultrasound for medical applications. In trials for inducement of MBs, the tolerance of radiating point was as small as 1.5 mm. Considering the motions of the human body, to apply in vivo ma...
入澤 佐智恵, 小野木 真哉, 夏目 薫, 桝田 晃司
日本ロボット学会誌   32(7) 624-632   2014年   [査読有り]
Ultrasonic thrapy such as high intensity focused ultrasound and acoustic drug/gene delivery has a potential to provide minimal invasive and safe procedure. However, positioning of an ultrasound transducer accurately on a patient body is required. ...
吉田 寿夫, 小野木 真哉, 齊藤 俊, 菅野 悠樹, 望月 剛, 桝田 晃司
日本ロボット学会誌   32(3) 265-274   2014年   [査読有り]
Pneumatic actuator is low-weight, high-power and has backdrivability. In applications of the field of medicine, mechanisms using pneumatic actuators are studied for images acquisition. In images acquisition, ultrasound is non-invasive and enables ...
Hosaka Naoto, Koda Ren, Onogi Shinya, Mochizuki Takashi, Masuda Kohji
JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   52(7)    2013年7月   [査読有り]
Onogi Shinya, Urayama Yasuhiro, Irisawa Sachie, Masuda Kohji
ADVANCED ROBOTICS   27(7) 503-512   2013年5月   [査読有り][招待有り]
菅野悠樹, 小野木真哉, 吉田寿夫, BOSSARD Antoine, 望月剛, 桝田晃司
日本コンピュータ外科学会誌   15(1) 11-21   2013年3月   [査読有り]
入澤佐智恵, 小野木真哉, 菅野悠樹, BOSSARD Antoine, 桝田晃司
日本コンピュータ外科学会誌   15(1) 23-33   2013年3月   [査読有り]
田口 侑人, 小野木 真哉, 加藤 俊和, 渡會 展之, 吉永 崇, 桝田 晃司
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   17(4) 487-496   2012年12月   [査読有り]
We have proposed acoustic targeted drug/gene delivery by micro-bubble control. To apply the techniques in vivo, the focus positioning of acoustic field to blind targets is required. In this study, we proposed and evaluated a visualization system b...
Liang Jack T., Doke Takehito, Onogi Shinya, Ohashi Satoru, Ohnishi Isao, Sakuma Ichiro, Nakajima Yoshikazu
INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   7(6) 931-939   2012年11月   [査読有り]
Onogi Shinya, Yoshida Toshio, Sugano Yuki, Mochizuki Takashi, Masuda Kohji
FIRST CIRP CONFERENCE ON BIOMANUFACTURING   5 100-103   2013年   [査読有り]
Onogi Shinya, Nakajima Yoshikazu, Koyama Tsuyoshi, Tamura Yuichi, Kobayashi Etsuko, Sakuma Ichiro, Sugano Nobuhiko, Yonenobu Kazuo
JOURNAL OF MEDICAL AND BIOLOGICAL ENGINEERING   33(5) 491-496   2013年   [査読有り]
LIM Sunghwan, 道家健仁, 小野木真哉, 中島義和, 光石衛, 佐久間一郎, 別所雅彦, 大西五三男, 中村耕三
日本コンピュータ外科学会誌   12(4) 511-518   2010年12月   [査読有り]
小野木 真域, 廖 洪恩, 小林 英津子, 佐久間 一郎
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME   47(6) 582-587   2009年12月   [査読有り]
The combination of MR guided surgery and computer aided surgery has a potential to ensure accurate, certain, and safe procedures. Although a tracking device is indispensable for computer assisted surgery, conventional tracking devices are not avai...
高田祐平, KIM Hongho, 小野木真哉, 小林英津子, 佐久間一郎, 小野稔, 本村昇, 許俊鋭, 高本眞一
日本コンピュータ外科学会誌   11(1) 25-38   2009年3月   [査読有り]
小野木 真哉, 廖 洪恩, 渡部 滋, 小林 英津子, 佐久間 一郎
生体医工学   45(2) 177-184   2007年6月   [査読有り]
MR guided surgery is quite effective in realizing accurate and safe minimally invasive surgery (MIS). The combination of intra-operative MRI, surgical navigation system, and surgical robot should be of practical use in the field of MIS in the futu...

受賞

 
2018年11月
日本コンピュータ外科学会 日立賞(シルバー賞)
 
2016年12月
日本コンピュータ外科学会 論文賞(工学賞) 金属球マーカーを用いた自動かつ高精度なフリーハンド超音波キャリブレーション
受賞者: 菅野悠樹,小野木真哉,吉田寿夫,Antoine Bossard,望月剛,桝田晃司
 
2016年6月
International Society for Computer Aided Surgery Kikuchi Frugal Technology Award A miniature five finger hand robot for laparoscopic surgery:
development of hand part and master glove
受賞者: R. Nakadate, J. Arata, S. Oguri, S. Onogi, T. Akahoshi, T. Ikeda, M. Hashizume
 
2015年6月
International Society for Computer Aided Surgery Kikuchi Frugal Technology Award Multi-Degrees of Freedom Laparoscopic Ultrasound Probe with Remote Center of Motion
受賞者: Susumu Oguri, Jumpei Arata, Tetsuo Ikeda, Ryu Nakadate, Shinya Onogi, Tomohiko Akahoshi, Kanako Harada, Mamoru Mitsuishi, Makoto Hashizume
 
2014年9月
生体医工学 シンポジウム2014 ベストリサーチアワード 3次元超音波音場の時分割送信による微小気泡の局所的捕捉効率向上のための実験的検討
受賞者: 澤口冬威、保坂直斗,江田廉,小野木真哉,望月剛,桝田晃司
 
2014年9月
生体医工学シンポジウム2014 ベストリサーチアワード Automatic Doppler Volume Fusion of 3D Ultrasound by using Point-based Registration of Shared Bifurcation Points
受賞者: Shinya Onogi, Phan Tuan Hung, Takashi Mochizuki, Kohji Masuda
 
2013年9月
生体医工学シンポジウム2013 ベストリサーチアワード
受賞者: Shinya Onogi, Sachie Irisawa, Kaoru Natsume, Ren Koda, Kohji Masuda
 
2013年7月
日本生体医工学会 平成24年度日本生体医工学会研究奨励賞・阪本研究刊行助成賞・阿部賞
 
2012年
日本生体医工学会関東支部 (3) 平成24年日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2012優秀発表者賞
受賞者: 入澤佐智恵, 小野木真哉, 桝田晃司
 
2008年11月
日本コンピュータ外科学会 Best Poster Award 単眼視による立体形状計測内視鏡
受賞者: 竹下隆章,中島義和,金ミンギュ,小野木真哉,光石衛,松本洋一郎
 
2003年9月
日本エム・イー学会北海道支部 研究奨励賞 モータ電流周波数分析による定常流血液ポンプのオンライン逆流・狭窄検出
受賞者: 小野木真哉, 三田村好矩
 

Misc

 
小野木真哉
日本コンピュータ外科学会誌   20(3) 139‐140   2018年8月
中楯龍, 小栗晋, 荒田純平, 小野木真哉, 赤星朋比古, 副島雄二, 橋爪誠
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.1P1‐J04   2018年6月
川本祥太郎, 和田義久, 木村允俊, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 311   2017年10月
小野木真哉, 中楯龍, 荒田純平, 長尾吉泰, 赤星朋比古, 池田哲夫, 橋爪誠
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 284   2017年10月
片井拓弥, 木村允俊, 山下智己, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司, 枝元良広, 篠崎雅史
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 357   2017年10月
神田浩輔, 木村允俊, 片井拓弥, 鈴木俊哉, 牛水英貴, 小野木真哉, 桝田晃司
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 280   2017年10月
大澤啓介, 中楯龍, 小栗晋, 荒田純平, 小野木真哉, 赤星朋比古, 池田哲夫, 橋爪誠, 橋爪誠
日本コンピュータ外科学会誌   19(4) 230   2017年10月
池田哲夫, 池田哲夫, 堤亮介, 堤亮介, 長原一, 沖原伸一朗, 瀧口義浩, 佐伯浩司, 中島雄一郎, 沖英次, 中楯龍, 小野木真哉, 小栗晋, 前原喜彦, 橋爪誠, 橋爪誠
先進内視鏡治療研究会   11th 18   2017年
中楯龍, 岩佐勉, 岩佐勉, 岡本康治, 小野木真哉, 荒田純平, 小栗晋, 赤星朋比古, 池田哲夫, 橋爪誠, 橋爪誠
先進内視鏡治療研究会   11th 28   2017年
小野木真哉, JANSSON Magnus, 荒田純平, 赤星朋比古, 桝田晃司, 橋爪誠
日本コンピュータ外科学会誌   18(4) 280   2016年11月
荒田 純平, 中楯 龍, 小野木 真哉, 橋爪 誠
医療機器学   86(4) 373-376   2016年8月
望月剛, 鶴井信宏, 小野木真哉, 桝田晃司
超音波Techno   26(6) 36-40   2014年12月
望月 剛, 鶴井 信宏, 小野木 真哉
超音波techno   26(6) 36-40   2014年11月
望月 剛, 小野木 真哉, 桝田 晃司
超音波techno   25(5) 57-61   2013年9月

講演・口頭発表等

 
夏目 薫, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2015年5月17日   
Microbubbles are expected as earners of acoustic targeted drug/gene delivery therapy. To realize the therapeutic system, we have proposed a technique that controls microbubble behavior in blood vessels using ultrasound emitted from the body surfac...
小野木 真哉, ファン トゥアンフン, 山下 智己, 橋爪 誠, 桝田 晃司
生体医工学   2015年   
This study provides an image and information processing method for accurate fusion of blood vessel network from multiple ultrasound Doppler volumes. As previous study, we proposed a fusion method by registration of shared bifurcations between Dopp...
小野木 真哉, 呉 佳蔚, 馬場 稔, 橋爪 誠, 桝田 晃司
生体医工学   2015年   
This study describes a visual servo system using biplane ultrasound imaging using a phased array probe which can provide two cross-sectional images in 20 fps. Using the probe, we developed a robotic visual servo system which tracks a target in hum...
山下 智己, ふぁん とぅあんふん, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司
生体医工学   2015年   
Because of some advantages in endovascular surgery, 3D visualization technique of blood vessel network from ultrasound volume data is required. However, Doppler signal from blood flow depends on the direction. To address this issue, we propose a m...
宮澤 慎也, 保坂 直斗, 江田 廉, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司, 小田 雄介, 鈴木 亮, 丸山 一雄
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集   2014年12月3日   
夏目薫, 入澤佐智恵, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司
日本コンピュータ外科学会誌   2014年10月31日   
鶴井信宏, 望月剛, 江田廉, 保坂直斗, 小野木真哉, 桝田晃司
日本コンピュータ外科学会誌   2014年10月31日   
小野木真哉,江田廉,望月剛,桝田晃司
第93回先端医工学セミナー   2014年8月7日   九州大学病院先端医工学診療部
微小気泡は超音波造影剤として血液を可視化するために広く使用されている.一方,微小気泡の治療への応用として薬物送達が考えられている.これは,薬物を付与した微小気泡を血管内に投与し,患部周辺に超音波を照射することで破壊すると同時に血管壁に微小な穴を空けることで,薬物を効率よく細胞内へと導入する手法である.この手法はソノポレーションと呼ばれ,薬物だけでなくウィルスを用いない遺伝子導入手法としても期待されている.しかし,投与された微小気泡は全身に拡散するため,その効率には限界がある.そこで,我々は...
江田廉, 澤口冬威, 宮澤慎也, 保坂直斗, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司
超音波医学   2014年4月15日   
保坂直斗, 澤口冬威, 宮澤慎也, 江田廉, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司
超音波医学   2014年4月15日   
桝田晃司, 江田廉, 保坂直斗, 小野木真哉, 宮澤慎也, 澤口冬威, 望月剛
超音波医学   2014年4月15日   
桝田晃司, 江田廉, 保坂直斗, 出町文, 小野木真哉, 望月剛
超音波医学   2014年1月15日   
呉 佳蔚, 吉田 寿夫, 小野木 真哉, 桝田 晃司
生体医工学   2014年   
Ultrasound-guided needle placement such as radiofrequency ablation has been widely used for safe and low-invasive procedures. Meanwhile, an ultrasound probe has to be placed for monitoring tumor and needle positions. Therefore, we have developed a...
ファン トゥアンフン, 小野木 真哉, 桝田 晃司
生体医工学   2014年   
Nowadays, we can obtain 3D vascular network information inside a body using a 2D matrix array ultrasound probe. This information is useful for diagnosis or intra-operation. However, Doppler volume is incomplete because obtained volume dimensions a...
夏目 薫, 入澤 佐智恵, 小野木 真哉, 桝田 晃司
生体医工学   2014年   
HIFU is a treatment that can ablate tumors in the body non-invasively. Also, the control of microbubbles in vivo by ultrasound has been researched for the purpose of drug/gene delivery and high efficiency of HIFU. One key of these treatments is ac...
澤口 冬威, 江田 廉, 保坂 直斗, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司
生体医工学   2014年   
We have reported attempts to trap microcbubbles by ultrasound to increase density of microbubbles considering therapeutic efficiency. Because the form of blood vessel is complex, therapeutic efficiency will be improved by trapping in multiple area...
宮澤 慎也, 保坂 直斗, 江田 廉, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司
生体医工学   2014年   
We have reported path selection of microbubbles as a high density delivery method in flow by acoustic radiation force. However, it was impossible to change the sound field shape according to the movement of the microbubbles. In this study, forming...
WU Jiawei, 吉田寿夫, 小野木真哉, 桝田晃司
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   2014年   
Ultrasound-guided needle placement such as radiofrequency ablation has been widely used for safe and low-invasive procedures. Meanwhile, an ultrasound probe has to be placed for monitoring tumor and needle positions. Therefore, we have developed a...
保坂 直斗, 宮澤 慎也, 江田 廉, 望月 剛, 小野木 真哉, 桝田 晃司
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2014年1月10日   
澤口冬威, 江田廉, 保坂直斗, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   2014年   
We have reported attempts to trap microcbubbles by ultrasound to increase density of microbubbles considering therapeutic efficiency. Because the form of blood vessel is complex, therapeutic efficiency will be improved by trapping in multiple area...
PHAN Tuanhung, 小野木真哉, 桝田晃司
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   2014年   
Nowadays, we can obtain 3D vascular network information inside a body using a 2D matrix array ultrasound probe. This information is useful for diagnosis or intra-operation. However, Doppler volume is incomplete because obtained volume dimensions a...
宮澤慎也, 保坂直斗, 江田廉, 小野木真哉, 望月剛, 桝田晃司
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   2014年   
We have reported path selection of microbubbles as a high density delivery method in flow by acoustic radiation force. However, it was impossible to change the sound field shape according to the movement of the microbubbles. In this study, forming...
夏目薫, 入澤佐智恵, 小野木真哉, 桝田晃司
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   2014年   
HIFU is a treatment that can ablate tumors in the body non-invasively. Also, the control of microbubbles in vivo by ultrasound has been researched for the purpose of drug/gene delivery and high efficiency of HIFU. One key of these treatments is ac...
江田 廉, 小井土 惇, 保坂 直斗, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司, 鈴木 亮, 丸山 一雄
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集   2013年11月20日   
小野木真哉, WU Jiawei, 吉田寿夫, 望月剛, 桝田晃司
日本コンピュータ外科学会誌   2013年8月27日   
保坂 直斗, 宮澤 慎也, 江田 廉, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集   2013年11月20日   
入澤佐智恵, 小野木真哉, ファントゥアンフン, 夏目薫, 江田廉, 桝田晃司
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   2013年9月4日   
吉田寿夫, 小野木真哉, 呉佳蔚, 菅野悠樹, 桝田晃司
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   2013年9月4日   
小野木真哉, 入澤佐智恵, 吉田寿夫, WU Jia‐Wei, 桝田晃司
電気学会医用・生体工学研究会資料   2012年11月28日   
呉 佳蔚, 吉田 寿夫, 小野木 真哉, 桝田 晃司
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2013年5月22日   
We have developed the ultrasound probe scan mechanism to assist ultrasound diagnosis using pneumatic actuators. However, due to the nonlinearity of the position in the actuators, there is a limitation in the position accuracy of the probe using th...
小野木真哉, 江田廉, 重原信彦, 渡會展之, 桝田晃司
日本コンピュータ外科学会誌   2012年10月5日   
望月剛, 保坂直斗, 江田廉, 小野木真哉, 桝田晃司
超音波医学   2013年4月15日   
小野木真哉, 菅野悠樹, PHAN Tuan hung, 望月剛, 桝田晃司
超音波医学   2013年4月15日   
桝田 晃司, 江田 廉, 重原 伸彦, 小野木 真哉, 望月 剛
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2013年1月8日   
桝田晃司, 江田廉, 重原伸彦, 小野木真哉, 望月剛
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2013年1月8日   
超音波2次元アレイを用いた微小気泡の捕捉効率向上のための音場形成とその検証(ポスターセッション)
保坂 直斗, 江田 廉, 小野木 真哉, 望月 剛, 桝田 晃司
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集   2012年11月13日   
低侵襲治療のための超音波ガイド下による治療用デバイスの位置制御システムの開発
入澤 佐智恵, 小野木 真哉, 菅野 悠樹, BOSSARD A., 桝田 晃司
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2012年10月5日   
金属球マーカーを用いた自動かつ高精度なフリーハンド超音波キャリブレーション
菅野 悠樹, 小野木 真哉, 吉田 寿夫, BOSSARD Antoine, 望月 剛, 桝田 晃司
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2012年10月5日   
吉田 寿夫, 小野木 真哉, 菅野 悠樹, ボサール アントワーヌ, 桝田 晃司
日本ロボット学会第30回記念学術講演会   2012年9月17日   
小野木真哉
日本ロボット学会第30回記念学術講演会   2012年9月17日   
McKibben型空気圧アクチュエータを用いた超音波プローブ走査機構の撮像断面の位置制御への応用(医療ロボティクス・メカトロニクス(2))
吉田 寿夫, 小野木 真哉, 齊藤 俊, 桝田 晃司
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012年5月27日   
Recently, robots for ultrasound probe-control are studied to assist ultrasound diagnosis. However, the relative position between the image plane coordinates and ultrasound probe has not been considered for robot control. Thus, we propose robot con...
ロボットによる超音波撮像断面位置制御のための超音波プローブのキャリブレーション(医療ロボティクス・メカトロニクス(2))
菅野 悠樹, 小野木 真哉, 吉田 寿夫, 加藤 俊和, BOSSARD Antoine, 桝田 晃司
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012年5月27日   
Since ultrasonic diagnostic equipment is small and cheap compared to CT or MRI, 3D-information acquiring methods by ultrasound (US) are widely studied. For that purpose, identification of the spatial relationship between an US probe and a position...
超音波画像情報のロボットへのフィードバックによる治療用超音波音場の3次元位置制御に関する研究(医療ロボティクス・メカトロニクス(2))
入澤 佐智恵, 小野木 真哉, 浦山 泰寛, 桝田 晃司
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2012年5月27日   
Ultrasound is widely applied to clinical purpose as Echography and High-intensity focused ultrasound for ablation therapy. Also, we have studied micro bubble control in blood vessel using ultrasound for acoustic targeted drug delivery. These techn...
ロボットによる超音波撮像断面位置制御のための超音波プローブキャリブレーション
菅野悠樹, 小野木真哉, 吉田寿夫, 加藤俊和, Antoine Bossard, 桝田晃司
ロボティクス・メカトロニクス講演会2012   2012年5月   
McKibben型空気圧アクチュエータを用いた超音波プローブ走査機構の撮像断面の位置制御への応用
吉田寿夫, 小野木真哉, 齊藤俊, 桝田晃司
ロボティクス・メカトロニクス講演会2012   2012年5月   
林 成煥, 道家 健仁, 小野木 真哉, 中島 義和, 光石 衛, 佐久間 一郎, 別所 雅彦, 大西 五三男, 中村 耕三
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2009年11月21日   
超音波画像情報のロボットへのフィードバックによる治療用超音波音場の三次元位置制御に関する研究
入澤佐智恵, 小野木真哉, 浦山泰寛, 桝田晃司
ロボティクス・メカトロニクス講演会2012   2012年5月   
林 成煥, 道家 健仁, 小野木 真哉, 中島 義和, 光石 衛, 佐久間 一郎, 別所 雅彦, 大西 五三男, 中村 耕三
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2009年11月21日   
Development of visualization system of acoustic field using augmented reality technology for less-invasive ultrasonic therapy
Shinya Onogi, Yuto Taguchi, Yuki Sugano, Toshikazu Kato, Kohji Masuda
World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (WC2012)   2012年5月   
竹下 隆章, 金 〓奎, 中島 義和, 小野木 真哉, 光石 衛
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2009年11月21日   
空気圧駆動アクチュエータを用いたプローブ走査機構による超音波断層像の位置制御
吉田寿夫, 小野木真哉, 齊藤俊, 桝田晃司
第51回日本生体医工学会大会   2012年5月   
斎藤 季, 成田 拓也, 中島 義和, 橋詰 博行, 小野木 真哉, 杉田 直彦, 藏本 孝一, 中島 義雄, 光石 衛
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2009年11月21日   
操作者とロボットの協調動作による超音波検査におけるプローブの走査支援システムの開発
小野木真哉, 浦山泰寛, 入澤佐智恵, 桝田晃司
第51回日本生体医工学会大会   2012年5月   
空気圧アクチュエータを用いた超音波プローブ走査機構による生体内情報のリアルタイム計測システムの開発
小野木真哉, 齊藤俊, 吉田寿夫, 桝田晃司
第51回日本生体医工学会大会   2012年5月   
超音波低侵襲治療のためのAR技術を用いた超音波音場3次元可視化システムの開発
小野木真哉, 田口侑人, 菅野悠樹, 加藤俊和, 桝田晃司
第51回日本生体医工学会大会   2012年5月   
複数回計測した金属球の中心位置による断面の厚みを考慮した超音波画像断面位置のキャリブレーション
菅野悠樹, 小野木真哉, 吉田寿夫, 加藤俊和, Antoine Bossard, 桝田晃司
第51回日本生体医工学会大会   2012年5月   
小野木 真哉, 廖 洪恩, 小林 英津子, 佐久間 一郎, 谷口 拡樹, 渡部 滋
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2006年12月30日   
超音波画像情報のロボットへのフィードバックによる治療用超音波音場の3次元位置制御
入澤佐智恵, 小野木真哉, 浦山泰寛, 桝田晃司
第51回日本生体医工学会大会   2012年5月   
3次元細線化処理による3次元血管網データからの分枝部と血流方向の認識
Antoine BOSSARD, 加藤俊和, 小野木真哉, 桝田晃司
第51回日本生体医工学会大会   2012年5月   
森本 顕二郎, 小野木 真哉, 松宮 潔, 工藤 朋, 小林 英津子, 佐久間 一郎, 中島 義和, 佐藤 嘉伸, 田村 進一, 小山 毅, 菅野 伸彦, 田村 裕一, 米延 策雄
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2006年   
Percutaneous vertebroplasty (PVP) is an effective and less invasive medical treatment for vertebral osteoporotic compression fractures. However, PVP requires very qualified skill because the needle must be inserted the narrow arcus vertebra accura...
Linear Surgical Tool Insertion Guidance using Fluoro-laser Navigation
Jack T Liang, Doke Takehito, Shinya Onogi, Satoru Ohashi, Isao Ohnishi, Ichiro Sakuma, Yoshikazu Nakajima
第51回日本生体医工学会大会   2012年5月   
小野木 真哉, 佐久間 一郎, 西村 博
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2005年12月30日   
An accurate calibration method of ultrasound images by center positions of a metal ball.
Onogi S, Sugano Y, Yoshida T, Masuda K
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2012年   
小野木 真哉, 松宮 潔, 工藤 朋, 森本 顕二郎, 小林 英津子, 佐久間 一郎, 中島 義和, 小山 毅, 田村 裕一, 菅野 伸彦, 佐藤 嘉伸, 田村 進一, 米延 策雄
Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS   2004年12月30日   
PunctVertebral Robotic Puncture for Minimally Invasive Spinal Surgery: Puncture Accuracy Evaluation for Vertebral Modelure Accuracy Evaluation for Vertebral Model
S. Onogi, M. Gotoh, Y. Nakajima, T. Koyama, Y. Tamura, E. Kobayashi, N. Sugano, I. Sakuma, K. Yonenobu
the 23th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS)   2009年6月   
伊藤 誠一, 小野木 真哉, 岡本 英治, 三田村 好矩
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   2001年11月2日   
現在、軸流型血液ポンプ駆動源としてDCブラシレスモータを使用している。われわれは今まで、モータの位置と回転数をホール素子信号から測定し、制御を行ってきた。本研究では、ホール素子信号による制御から、モータ電線に生じる逆起電力を用いたセンサレス方式へ変更した。その結果、生理食塩水中での実験において、人工心臓用ポンプとして十分な流量および差圧を得ることができた。逆起電力を用いることでモータの回転を制御でき、回路を小型化できることが示された。
Needle Insertion Robot for Percutaneous Vertebroplasty: Accuracy Evaluation of the Needle Insertion with Vertebral Model
S. Onogi, M. Gotoh, Y. Nakajima, T. Koyama, Y. Tamura, E. Kobayashi, N. Sugano, I. Sakuma, K. Yonenobu
the 22nd International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2008)   2008年6月   
6-DOF tracking method for an intra-operative MRI
S. Onogi, E. Kobayashi, I. Sakuma
The 3rd Asian Conference on Computer Aided Surgery, Singapore, Dec 1-2, 2007   2007年12月   
MRI磁場を応用するアクチュエータに関する研究
Deddy Nur Zaman, 鈴木 孝司, 小野木 真哉, 廖 洪恩, 小林 英津子, 佐久間 一郎
精密工学会学術講演会講演論文集   2007年   
MRI誘導下手術支援ロボットへの応用を目的に,MR静磁場を利用したアクチュエータを開発した.ガントリ内に置いたコイルに流れるパルス電流と高磁場環境から得られる電磁力による微小回転をラチェット機構で積算し回転運動を得る.試作したアクチュエータの駆動試験を行い、出力と位置決め精度などを評価した結果,MR環境下に応用可能なオープンループ位置決めアクチュエータの実現可能性が示された.
Simultaneous measurement of position and orientation for interventional MRI devices
S. Onogi, H. Liao, Y. Jimbo, E. Kobayashi, I. Sakuma, S. Watanabe, H. Nishimura
the 20th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS'06)   2006年6月   
Development of the Needle Insertion Robot for Percutaneous Vertebroplasty
S. Onogi, K. Morimoto, I. Sakuma, Y. Nakajima, T. Koyama, N. Sugano, Y. Tamura, S. Yonenobu, Y. Momoi
The 8th International Conference on Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention (MICCAI'05)   2005年   
Development of the Needle Insertion Robot for Percutaneous Vertebroplasty
S. Onogi, K. Morimoto, I. Sakuma, Y. Nakajima, T. Koyama, N. Sugano, Y. Tamura, S. Yonenobu, Y. Momoi
The 1st Asian Symposium on Computer Aided Surgery   2005年   
小野木 真哉, 三田村 好矩
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌   2004年6月10日   
小野木 真哉, 片山 茂, 矢野 哲也, 三田村 好矩
生体医工学 : 日本エム・イー学会誌   2003年3月10日   

研究分野

 
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本生体医工学会 生体画像と医用人工知能研究会  幹事
 
2013年11月
 - 
現在
一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  評議員
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 小野木 真哉