MISC

2018年8月

【高齢者の口腔機能-オーラルフレイル-】口腔乾燥症・味覚障害への対応

Geriatric Medicine
  • 伊藤 加代子
  • ,
  • 船山 さおり
  • ,
  • 井上 誠

56
8
開始ページ
755
終了ページ
758
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)ライフ・サイエンス

口腔乾燥症や味覚障害は、「乾いた食べ物を食べづらい」、「飲み込みづらい」、「何を食べてもおいしくない」、「常に嫌な味がする」などの症状を呈し、食思不振から低栄養を招くこともある。しかし高齢者の中には、口腔乾燥症や味覚障害であることに気づかず、水を飲むことで対処していたり、知らない間に塩分過剰摂取になっていることもある。医療従事者や周囲の者がこれらの症状に気づき、医療機関受診を勧奨し、適切な治療を行うことで、QOLの向上を図ることが可能である。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS