論文

2019年3月

味覚外来患者統計および亜鉛補充療法の効果

口腔・咽頭科
  • 船山 さおり
  • ,
  • 伊藤 加代子
  • ,
  • 濃野 要
  • ,
  • 井上 誠

32
1
開始ページ
41
終了ページ
47
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
日本口腔・咽頭科学会

近年、味覚障害患者が増加している。味覚外来における治療効果を検討することを目的として臨床統計を実施し、亜鉛補充療法の効果について調査した。対象は2012年12月より2017年12月までの5年間に当院味覚外来を受診した患者172名(男性56名、女性116名)とした。患者の既往歴、服用薬剤、診断について単純統計を行った。さらに亜鉛製剤投与による自覚症状の改善に関わる因子を多変量解析により探索した。患者の平均年齢61.1歳であった。亜鉛欠乏性および特発性と診断された99名に亜鉛製剤を処方した。自覚症状の改善があった者は82.8%であった。ロジスティック回帰分析の結果、自覚症状改善に関わる因子は、病悩期間や亜鉛/銅(Zn/Cu)比であることが示された。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS