Sae Ochi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 6, 2019 at 08:10
 
Avatar
Name
Sae Ochi
E-mail
ochisae1024gmail.com
Affiliation
Jikei University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
Lecturer, Department of Laboratory Medicine, Tokyo Jikei University School of Medicine
 
Apr 2017
 - 
Today
Depuity Manager, Department of Clinical Research and Trials Division of Clinical Research and Trials, Japan Agency for Medical Research and Development
 
Apr 2016
 - 
Today
Visiting Lecturer, First Department of Internal Medicine, University of Occupational and Environmental Health
 
Nov 2013
 - 
Mar 2017
Director of Internal Medicine, Department of Internal Medicine, Soma Central Hospital
 
Oct 2012
 - 
Oct 2013
Intern, Extreme Event, Public Health England
 

Education

 
Oct 2011
 - 
Sep 2012
Master of Public Health, School of Public Health, Imperial College London
 
Apr 2005
 - 
Mar 2011
Medicine, School of Medicine, Tokyo Medical and Dental University
 
Apr 2003
 - 
Mar 2007
Medicine and Rheumatology, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dental University
 

Published Papers

 
Leppold C, Ochi S, Nomura S, Murray V
Prehospital and disaster medicine   33(4) 424-427   Aug 2018   [Refereed]
東日本大震災 被災地の今:発展的復興に看護が果たす意味 原発事故のもたらす健康被害と発展的復興の機会
越智 小枝
日本災害看護学会誌   20(1) 89-89   Jun 2018
Ochi S, Kato S, Kobayashi KI, Kanatani Y
Disaster medicine and public health preparedness   12(3) 291-295   Jun 2018   [Refereed]
Ochi S, Kato S, Leppold C, Morita T, Tsubokura M, Oikawa T, Shineha R, Kanazawa Y, Fujiwara M
International journal of rheumatic diseases   21(6) 1254-1262   Jun 2018   [Refereed]
Morita T, Nomura S, Furutani T, Leppold C, Tsubokura M, Ozaki A, Ochi S, Kami M, Kato S, Oikawa T
PloS one   13(3) e0194134   2018   [Refereed]

Misc

 
【診療に活かす臨床検査活用術!知っていますか こんなこと、あんなこと】治す 高Lp(a)血症の診断の問題点と治療の展望
吉田 博, 越智 小枝
Heart View   23(8) 774-780   Aug 2019
<Point>1 高Lp(a)は動脈硬化性心血管疾患のリスク因子であり、スタチン治療などのLDLコレステロール管理下での残余リスクである。2 Lp(a)測定試薬、とくに広く使用されているLp(a)マス濃度の標準化があらためて求められている。3 Lp(a)低下薬の開発が進んでおり、今後の動脈硬化性心疾患の予防がさらに発展すると考えられる。(著者抄録)
福島県甲状腺検査の現状の紹介と今後の方向性に関する論点 甲状腺スクリーニングにおけるエビデンスの限界
越智 小枝
日本公衆衛生学会総会抄録集   77回 73-73   Oct 2018
福島県南相馬・相馬地域仮設住宅の健康に関する仮設懇談会と検診の取り組み IFN-α産生能検査から見えて来たもの
宇野 賀津子, 嶋田 裕記, 坪倉 正治, 尾崎 章彦, 橋野 洸平, 山本 佳奈, 越智 小枝, 森田 知宏, 高垣 雅緒, 八木 克巳, 遠藤 匡胤, 金澤 幸夫, 及川 友好
PASKEN JOURNAL   (26-29) 62-67   Jul 2017
2015年7月に福島県南相馬・相馬地域仮設住宅に住む住民を対象に、血圧測定、血液検査、アンケート調査を実施し、健康問題について検討した。インターフェロン(IFN-α)産生能検査を行ったのは男性22名(平均73.7歳)、女性77名(平均71.2歳)で、logIFN産生能値は男女間で有意差はなかった。全体としてのIFN産生能は、当センターのデータベースの60歳以上ほぼ健常人に比べると、やや低い傾向がられた。ヘモグロビン値11g/dL以下の住民、HbA1c 7以上で未治療の住民では、IFN産生能...
トリプル災害後の相双地区病院スタッフニーズに関する調査
越智 小枝, 熊川 宏美, 渡邊 善二郎, 菊地 安徳, 熊倉 徹雄, 猪又 義男, 金澤 幸夫, 標葉 隆三郎
Japanese Journal of Disaster Medicine   20(3) 490-490   Feb 2016
目でみる症例 抗リン脂質抗体症候群(梗塞像)
越智 小枝, 窪田 哲朗
内科   103(1) 165-168   Jan 2009

Books etc

 
World Health Organization
World Health Organization   2015   ISBN:9789241548984

Conference Activities & Talks

 
福島県南相馬・相馬地域仮設住宅の健康に関する仮説懇談会と検診の取り組み IFN-α産生能検査から見えて来たもの
宇野 賀津子, 嶋田 裕記, 坪倉 正治, 尾崎 彰彦, 橋野 洸平, 横田 武尊, 山本 佳奈, 越智 小枝, 森田 知宏, 高垣 雅緒, 金澤 幸夫, 及川 友好
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   Jun 2016   
トリプル災害後の相双地区病院スタッフニーズに関する調査
越智 小枝, 熊川 宏美, 渡邊 善二郎, 菊地 安徳, 熊倉 徹雄, 猪又 義男, 金澤 幸夫, 標葉 隆三郎
Japanese Journal of Disaster Medicine   Feb 2016   
日本の2011年福島原発事故後の救急医療サービスの遅延(Emergency medical service delay following Japan's 2011 Fukushima nuclear disaster)
森田 知宏, 坪倉 正治, 古谷 知之, 野村 周平, 越智 小枝, 嶋田 裕記, 藤岡 将, 高原 和博, 加藤 茂明, 上 昌広, 及川 友好
日本救急医学会雑誌   Aug 2015   
仮設住宅生活による長期健康被害についての前向きコホート研究
越智 小枝, 森田 知宏
日本集団災害医学会誌   Dec 2014   
福島第一原発事故が避難指示地域の救急搬送に与えた影響
森田 知宏, 古谷 知之, 坪倉 正治, 越智 小枝, 嶋田 裕記, 藤岡 将, 高原 和博, 棚木 昌次, 上 昌広, 及川 友好
日本集団災害医学会誌   Dec 2014   

Others

 
Essays (IEEI)