武関(遠藤)彩瑛

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/05 20:51
 
アバター
研究者氏名
武関(遠藤)彩瑛
 
ブセキ(エンドウ) サエ
所属
東北大学
部署
文学研究科 歴史科学専攻 美学・西洋美術史専攻分野 博士課程後期
学位
修士(文学)(東北大学)

研究分野

 
 
  • 芸術学 / 美術史 / Roman art history

学歴

 
2018年4月
 - 
現在
東北大学大学院 文学研究科 美学・西洋美術史 博士後期3年の課程
 
2015年4月
 - 
2018年3月
東北大学大学院 文学研究科 美学・西洋美術史 博士前期2年の課程
 
2011年4月
 - 
2015年3月
東北大学 文学部 人文社会学科 美学・西洋美術史
 

受賞

 
2018年7月
第4回東北大学若手研究者アンサンブルワークショップ ポスター賞   「古代ローマ美術にみる風景表現の一考察――当時の自然観と自然災害による影響との関連から」
受賞者: 遠藤彩瑛
 

論文

 
Disaster and its representation in Pompeii
Sae Endo-Buseki
3.11 Disaster and trauma in experience, understanding, and imagination   127-136   2019年3月
古代ローマ壁画における神話風景画――アグリッパ・ポストゥムス荘「神話の間」を中心に――
武関彩瑛
第66回美学会全国大会若手フォーラム報告集   97-104   2016年3月

Misc

 
セッティス サルヴァトーレ(著), フォンがロ・エンリコ, 芳賀京子(監訳), 河西 宏紀, 瀬戸 はるか, 武関 彩瑛, 郭 磊, 河野 奈津美(訳)
美術史学 = Art history   (39) 165-185   2018年
【翻訳】作品解説 『古代ギリシャ―時空を超えた旅―』 
武関彩瑛(担当:共訳)
   2016年6月
【翻訳】作品解説 『世界遺産 ポンペイの壁画展』
武関彩瑛(担当:共訳)
   2016年4月

書籍等出版物

 
世界遺産 ポンペイの壁画展 (展覧会カタログ)
武関彩瑛 (担当:分担執筆, 範囲:用語解説)
2016年4月   

講演・口頭発表等

 
Il paesaggio mitologico segue un modello? Le pitture in Terzo e Quarto Stile.
Sae Buseki-Endo
PARETI DIPINTE : dallo scavo alla valorizzazione, XIV COLLOQUIO AIPMA   2019年9月   
古代ローマ壁画のコピーに関する一考察――背景描写を中心に
武関彩瑛
イタリア言語・文化研究会   2019年5月11日   
古代ローマ壁画における図像選択 ――ポンペイ「神官アマンドゥスの家」トリクリニウム(b)の神話風景画を中心に――
遠藤彩瑛
第69回美学会全国大会   2018年10月   
古代ローマにおけるギリシア文化の受容と発展
遠藤彩瑛
東北大学付属図書館企画展「ヨーロッパレード!」記念講演会   2018年6月   
L’effetto degli catastrofi naturali sulla espressione artistica a Pompei
Sae Endo
International Workshop on Japanese Cultural Studies (Università Ca' Foscari Venezia)   2018年3月   

競争的資金等の研究課題

 
古代ローマの室内装飾における自然風景描写の研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(DC1)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 遠藤彩瑛

その他

 
2019年6月   「書庫のなかのヨーロッパ 人文学者のよこがお」
東北大学図書館企画展の企画および資料解説
2018年6月   「ヨーロッパレード! 建築と歴史のカーニバル」
東北大学付属図書館企画展における資料解説
(担当:ギリシャ・ローマ建築史、シュマルゾー文庫)