Takeshi SAGARA

J-GLOBAL         Last updated: Jul 30, 2018 at 11:29
 
Avatar
Name
Takeshi SAGARA
E-mail
sagarainfo-proto.com
ORCID ID
0000-0002-2924-6739

Published Papers

 
小林 亘, 相良 毅
GIS-理論と応用   25(2) 91-100   Dec 2017
Sagara Takeshi, Kitsuregawa Masaru
全国大会講演論文集   70(5) "5-31"-"5-32"   Mar 2008
SAGARA Takeshi, KITSUREGAWA Masaru
The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion)   91(3) 531-537   Mar 2008
Webからの店舗情報収集を行う際には,収集したWebページがある店舗に関連することを確認するため,店舗名称を識別語として利用する必要がある.しかし,店舗データベースに登録されている店舗名称には,支店名などWebページには記載されていない可能性のある語(不要語)が含まれているため,収集したページを正しく関連づけられないという問題がある.不要語にはビル名を用いた支店名など多くのバリエーションがあり,不要語辞書を整備して除去することは難しい,そこで,店舗データベースに含まれる住所の情報や,周辺の...
SAGARA TAKESHI, KITSUREGAWA MASARU
情報処理学会論文誌. データベース   48(11) 49-57   Jun 2007
To extract geographical information from the Web, there are two typical approaches. The 1st one is preparing all geographical entities as a list, and crawled web pages will be linked to them by analyzing their content. The other one is retrieving ...

Misc

 
長島 康雄, 攝待 尚子, 相良 毅
Research bulletin of Environmental Education Center, Miyagi University of Education   13 31-38   Mar 2011
NAGASHIMA Yasuo, SETTAI Naoko, SATO Yuki, OOYAMA Mami, SUZUKI Naoyuki, SAGARA Takeshi
SR   (20) 36-42   Mar 2011
2010年の7月から10月にかけて,仙台市内の小学生が中心となって仙台市内の生き物分布調査が行われた。対象はセミとコオロギなどの鳴く虫である。科学館のホームページを通して広報し,また仙台市内の小学校理科教員宛に協力依頼する形で参加型(この指止まれ式)調査を実施した。身近な生物や自然への興味関心を高める機会を提供するという成果が得られたこと,課題としては調査対象生物の選定が重要であり,必要に応じて補助的な資料が必要であることを指摘した。
Sagara Takeshi, Iguchi Makoto, Fujimoto Kazunori
Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence   21(4) 430-437   Jul 2006
SAGARA Takeshi
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   63    Mar 2003
SAKAUCHI Masao, OHSAWA Yutaka, SAGARA Takeshi
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   3(2) 53-58   Aug 1995

Conference Activities & Talks

 
FURUKAWA Tatsuya, SAGARA Takeshi, AIZAWA Akiko
Journal of Japan Society of Information and Knowledge   2014   
 If terms in Japanese technical documents are linked to entries of English Wikipedia, much information about these terms are obtained. This paper conducts cross-lingual entity linking which links terms in Japanese document to entries in English Wi...
SAGARA Takeshi, FURUKAWA Tatsuya, AIZAWA Akiko
Journal of Japan Society of Information and Knowledge   2014   
 In this paper, we propose a method resolving polysemy of terminology to select appropriate translation. Terminology polysemy in academic texts must be resolved for retrieving in or translating to other languages, since the polysemy may depend on ...
OGUCHI Takashi, SHIRAISHI Yoh, TAKAHASHI Akiko, SATO Hideto, SAGARA Takeshi, OKABE Atsuyuki
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2007   
<BR>I.はじめに<BR> 東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)は,1988年に日本学術会議から提出された国立地図学博物館(仮称)設立の勧告のうち,研究部門の設立を具現するものとして1998年に発足した.CSISは必然的にGISの研究を主要な目的として活動しているが,様々な対外サービスにも力を入れてきた.これらのサービスは基本的に研究者を対象とするものであるが,具現されていない国立地図学博物館の展示・サービス部門を補うという側面も持っている.<BR> 本発表では,CSISの対外サ...

Works

 
SVG WG   The Others   Feb 2003
This specification defines the features and syntax for Scalable Vector Graphics (SVG) Version 1.1, a modularized language for describing two-dimensional vector and mixed vector/raster graphics in XML.

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(特定領域研究)
Project Year: 2006 - 2010    Investigator(s): 喜連川優