才田聡子(旧姓 高崎)

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/21 11:05
 
アバター
研究者氏名
才田聡子(旧姓 高崎)
所属
北九州工業高等専門学校
部署
生産デザイン工学科
学位
理学博士(九州大学)
その他の所属
情報システムコース
Twitter ID
satoko_saita

プロフィール

地球磁気圏と呼ばれる地球のまわりの宇宙の電磁場を研究しています。地上や衛星で実際に観測された電磁場とシミュレーションで予測した電磁場を比較し、現在のシミュレーションに使われている地球磁気圏のモデルを検証しさらに改良したいと考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年2月
 - 
現在
北九州工業高等専門学校 電子制御工学科 准教授
 
2013年4月
 - 
2015年1月
情報・システム研究機構 特任研究員
 
2014年4月
 - 
2014年9月
大正大学 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2010年3月
拓殖大学 留学生別科 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2013年3月
新領域融合研究センター 融合プロジェクト特任研究員
 

論文

 
Numerical simulation of ionospheric convection with a global MHD simulation
S. Saita, S. Fujita, A. Kadokura, T. Tanaka and Y.-M. Tanaka
Journal of Physics: Conference Series   1035(1)    2018年5月   [査読有り]
SC-triggered 1.6mHz waves including an interval with latitude-dependent phase shift, observed by the SuperDARN Hokkaido East Radar in mid latitudes: Possible global magnetospheric cavity-mode waves and their field-line resonance with poloidal Alfven-mode
Kawano, H., A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Saita, N. Nishitani, and T. Hori
Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University, Series D, Earth and Planetary Sciences   34(1) 1-15   2016年11月   [査読有り]
Y.-M. Tanaka, Y. Ebihara, S. Saita, A. Yoshikawa, Y. Obana, and A.-T. Weatherwax
Journal of Geophysical Research      2012年   [査読有り]
S. Saita, A. Kadokura , N. Sato , S. Fujita , T. Tanaka , Y. Ebihara , S. Ohtani , G. Ueno , K. Murata , D. Matsuoka , A. Kitamoto , T. Higuchi
Journal of Geophysical Research   116(A06213)    2011年   [査読有り]
N. Maeda, S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, S. Ohtani, P. M. E. Décréau, J. G. Trotignon, S. I. Solovyev, D. G. Baishev, K. Yumoto
Advances in Space Research   43(2) 265-272   2009年   [査読有り]

Misc

 
地上多点磁場観測と海底ケーブルを組み合わせた宙空電磁環境のモニタリング/モデリングの可能性について
吉川顕正, 河野英昭, 公田浩子, 才田聡子(高崎聡子), 魚住禎司, 北村健太郎, 湯元清文
月刊地球   26(5) 307-314   2004年

講演・口頭発表等

 
画像処理を用いた特徴抽出に基づくオーロラ検出ツールの開発
吉浪遼, 才田聡子, 田中良昌, 佐藤由佳
第8回極域科学シンポジウム   2017年12月5日   
SuperDARNで観測される磁力線共鳴現象からの磁気圏領域推定に向けて:SC時2点同時観測例の解析
河野英昭, 行松彰, 田中良昌, 才田聡子, 西谷望, 堀智昭, 飯田剛平
第8回極域科学シンポジウム   2017年12月5日   
SuperDARN 2点でSC時に同時観測された磁力線共鳴現象からのプラズマ圏密度推定
河野英昭, 行松彰, 西谷望, 田中良昌, 才田聡子, 堀智昭, 飯田剛平
地球電磁気・地球惑星圏学会  第142回総会及び講演会   2017年10月19日   
高専での科学教育におけるIUGONETの活用について
才田聡子
第4回「太陽地球環境データ解析に基づく超高層大気の空間・時間変動の解明」   2017年9月15日   
Numerical Simulation of Ionospheric Convection 
with a Global MHD Simulation
S. Saita, S. Fujita, A. Kadokura, T. Tanaka, Y. Tanaka
Nonequilibrium thermodynamics and statistical physics: 
From rational modeling to its applications   2017年3月16日   
ERG衛星-地上連携観測の科学戦略
塩川和夫、阿部修司、藤井良一、橋本久美子、細川敬祐、石井守、門倉昭、 河野英昭、菊池崇、北村健太郎、宮下幸長、三好由純、長妻努、西谷望、尾花由紀、 小川泰信、大矢浩代、岡田雅樹、大塚雄一、大山伸一郎、尾崎光紀、才田聡子、 佐藤夏雄、篠原学、田所裕康、田口真、田中良昌、谷森達、土屋史紀、山岸久雄、 吉川顕正、行松彰、湯元清文
第17回宇宙 科学シンポジウム   2017年1月5日   
Reproducing eigenfrequency of high-latitude geomagnetic field line
S. Takasaki(Saita), A. Kadokura, H. Yamagishi
The Seventh Symposium on Polar Science   2016年11月29日   
Toward magnetospheric region identification by using field-line resonances observed by SuperDARN Radars: Observations of pulsations associated with sudden commencements
H. Kawano, A.-S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Saita, N. Nishitani, T. Hori, K. Iida
The 7th Symposium on Polar Science   2016年11月29日   
画像処理を用いたオーロラ特徴抽出に基づく自動解析手法の検討
吉浪 遼, 才田 聡子, 田中 良昌, 佐藤 由佳
第140回 SGEPSS総会および講演会   2016年11月22日   
モンテカルロ法による磁力線固有振動数推定の並列計算手法についての研究
才田 聡子, 河野 英昭, 尾花 由紀
第140回 SGEPSS総会および講演会   2016年11月20日   
Characteristics of Pc5 Wave Observed by two GOES Satellites during MeV Electron Flux Enhancement
北村 健太郎, 才田 聡子, 田中 良昌, 藤本 晶子
地球電磁気・地球惑星圏学会  第140回総会及び講演会   2016年11月20日   
画像処理技術を用いたオーロラ特徴の抽出
吉浪遼, 才田聡子(北九州高専), 田中良昌, 佐藤由佳(極地研)
電磁圏物理学シンポジウム   2016年3月11日   
磁力線固有振動数とTECの統合インバージョンによる磁気圏密度分布推定−経過報告−
磁力線固有振動数とTECの統合インバージョンによる磁気圏密度分布推定−経過報告−
電離圏・磁気圏モデリングとデータ同化   2016年1月9日   
CRUX地磁気観測網の展開と研究成果について
尾花由紀(大阪電通大), 塩川和夫(名古屋大), 寺本万里子(JAXA), 柿並義宏(高知工科大), 才田聡子(北九州高専)
第138回 SGEPSS総会および講演会   2015年11月3日   
Observation by SuperDARN Hokkaido East radar of a possible SC-triggered wave event including FLR
Hideaki Kawano; Akira Sessai Yukimatu; Yoshimasa Tanaka; Satoko Saita; Nozomu Nishitani; Tomoaki Hori
The 138th SGEPSS fall meeting   2015年11月1日   
SCが励起する長周期ULF波動とその磁力線共鳴の可能性:SuperDARN Hokkaido East radar観測例
河野英昭、行松彰、田中良昌、才田聡子、西谷望、堀智昭
平成27年度 極域・中緯度SuperDARN研究会   2015年9月14日   
HOG特徴量を用いたオーロラの形状変化による出現判定
吉浪遼、才田聡子(北九州高専)、田中良昌、佐藤由佳(極地研)
第2回「太陽地球環境データ解析に基づく超高層大気の空間・時間変動の解明」第290回生存圏シンポジウム/平成27年度名大STE研研究集会/平成27年度極地研研究集会   2015年8月18日   
SuperDARN Hokkaido East radar observation of a possible SC-triggered wave event including FLR signatures
H. Kawano, A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Saita, N. Nishitani, and T. Hori
SuperDARN Workshop 2015   2015年6月1日   
IUGONET開発ツール(UDAS)との連携による次世代磁気圏-電離圏結合系シミュレーションモデルの検証について
才田聡子 (情報・システム研究機構), 藤田茂(気象大), 門倉昭(極地研), 田中高史(九州大), 行松彰(極地研), 田中良昌(極地研), 大谷晋一(APL/JHU), 村田健史(NICT), 樋口知之(統数研)
平成26年度IUGONET中間報告会   2014年8月19日   
Relationship between Relativistic Electron Flux in the Inner Magnetosphere and ULF Pulsation Associated with Long-term Variations of Solar Activity
K. Kitamura(Tokuyama College of Technology), T. Nagatsuma(NiCT), T. Obara(Tohoku Univ.), H. Koshiishi(JAXA), S. Saita(ROIS), Y.-M. Tanaka(NIPR), A. Kadokura(NIPR), and H. Yamagishi(NIPR)
Asia Oceania Geosciences Society 2014   2014年7月28日   
Evaluation of the reliability and validity of Magnetosphere-Ionosphere coupling process in the global MHD Simulation based on the Ionospheric plasma drift obtained from SuperDARN measurements
S. Saita(ROIS), S. Fujita(Meteorological College), A. Kadokura(NIPR), T. Tanaka(ICSWSE/Kyushu Univ.), A. S. Yukimatu(NIPR), Y.-M. Tanaka(NIPR), S. Ohtani(APL/JHU), T. Murata(NiCT), and T. Higuchi(ISM)
Asia Oceania Geosciences Society 2014   2014年7月28日   
Evaluation of the reliability and validity of Magnetosphere-Ionosphere coupling process in the global MHD Simulation for the Earth's Magnetosphere [招待有り]
S. Saita(ROIS), S. Fujita(Meteorological College), A. Kadokura(NIPR), T. Tanaka(ICSWSE/Kyushu Univ.), A. S. Yukimatu(NIPR), Y.-M. Tanaka(NIPR), S. Ohtani(APL/JHU), T. Murata(NiCT), and T. Higuchi(ISM)
The 23rd South Taiwan Statistics Conference and 
The Chinese Institute of Probability and Statistics Annual Meeting
   2014年6月27日   
L-profiles of the frequency and the resonance width of FLR, and the plasmaspheric density, estimated by applying the Impvroved Hodograph Method and the Amplitude-Ratio Gradient Method to data from ground-magnetometer pairs
H. Kawano(ICSWSE/Kyushu Univ.), V. Pilipenko(IPE RAS), I.-R. Mann(Dept. of Physics, U. of Alberta), D.-K. Milling(Dept. of Physics, U. of Alberta), S. Saita(ROIS), K. Kitamura(Tokuyama College of Technology), K. Yumoto(ICSWSE/Kyushu Univ.), A. Yoshikawa(ICSWSE/Kyushu Univ.)
Geospace Environment Modeling (GEM) Workshop   2014年6月9日   
プラズマ対流速度の磁気圏−電離圏結合シミュレーションから得られる計算値とSuperDARN HF レーダーデータから得られる観測値の比較
才田聡子 (情報・システム研究機構), 藤田茂(気象大), 門倉昭(極地研), 
田中高史(九州大), 行松彰(極地研), 田中良昌(極地研), 
大谷晋一(JPU/APL), 村田健史(NICT), 樋口知之(統数研)
日本地球惑星科学連合大会2014   2014年4月29日   
電離圏プラズマ対流速度の計算値と観測値との比較による 次世代磁気圏-電離圏結合系シミュレーション 内部境界モデル改良の研究
才田聡子 (情報・システム研究機構), 藤田茂(気象大), 門倉昭(極地研), 
田中高史(九州大), 行松彰(極地研), 田中良昌(極地研), 
大谷晋一(JPU/APL), 村田健史(NICT), 樋口知之(統数研)
平成25年度名古屋大学太陽地球環境研究所 研究集会 「電磁圏物理学シンポジウム」   2014年3月18日   
次世代磁気圏-電離圏結合系シミュレーションと IUGONET開発ツール(UDAS)との連携による 電離圏プラズマ対流速度の計算値と観測値の比較
才田聡子 (情報・システム研究機構), 藤田茂(気象大), 門倉昭(極地研), 
田中高史(九州大), 行松彰(極地研), 田中良昌(極地研), 
大谷晋一(JPU/APL), 村田健史(NICT), 樋口知之(統数研)
平成25年度名古屋大学太陽地球環境研究所 研究集会 「太陽地球環境メタデータ・データベースによる時空間変動の学際研究」   2014年3月14日   
電離圏プラズマ対流速度の計算値と観測値との比較による 次世代磁気圏-電離圏結合系シミュレーションのデータ同化 −経過報告−
才田聡子 (情報・システム研究機構), 藤田茂(気象大), 門倉昭(極地研), 
田中高史(九州大), 行松彰(極地研), 田中良昌(極地研), 
大谷晋一(JPU/APL), 村田健史(NICT), 樋口知之(統数研)
電離圏・磁気圏モデリングとデータ同化   2014年3月4日   
磁気圏-電離圏結合シミュレーションと SuperDARN HF レーダデータを用いた 電離圏プラズマ対流速度の計算値と観測値との比較
才田聡子 (情報・システム研究機構), 藤田茂(気象大), 門倉昭(極地研), 
田中高史(九州大), 行松彰(極地研), 田中良昌(極地研), 
大谷晋一(JPU/APL), 村田健史(NICT), 樋口知之(統数研)
第1回データ同化応用研究会   2014年2月7日   
SuperDARN HF レーダーによる電離圏対流を用いた 磁気圏−電離圏結合シミュレーションモデルのパラメータ最適値推定
才田聡子 (情報・システム研究機構), 藤田茂(気象大), 門倉昭(極地研), 
田中高史(九州大), 行松彰(極地研), 田中良昌(極地研), 
大谷晋一(JPU/APL), 村田健史(NICT), 樋口知之(統数研)
第4回極域科学シンポジウム   2013年11月15日   
才田聡子(高崎聡子), 門倉昭, 藤田茂, 田中高史, 行松彰, 大谷晋一, 村田健史, 樋口知之
地球電磁気・地球惑星圏学会第134回総会・講演会   2013年11月2日   地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)
グローバルMHDシミュレーションモデルの磁気圏−電離圏結合領域におけるパラメータ感受性
才田聡子, 門倉昭, 藤田茂, 田中高史, 行松彰, 大谷晋一, 村田健史, 樋口知之
日本地球惑星科学連合2013   2013年5月23日   
地球磁気圏 MHD シミュレーションモデルのパラメータ感度について
才田聡子, 門倉昭, 藤田茂, 田中高史, 大谷晋一, 樋口知之
流体科学研究所・統計数理研究所 合同ワークショップ   2013年3月26日   
地球磁気圏MHDシミュレーションモデルのモデルパラメータ最適値推定
才田聡子, 門倉昭, 藤田茂, 田中高史, 大谷晋一, 樋口知之
第62回理論応用力学講演会   2013年3月8日   
グローバル MHDシミュレーションで再現される電離圏電位分布のモデルパラメータ依存性について
才田聡子, 門倉昭, 藤田茂, 田中高史, 行松彰,
村田健史, 樋口知之
電磁圏物理学シンポジウム   2013年3月5日   
グローバルMHDシミュレーションとSuperDARNから得られる電離圏電位分布の比較
才田聡子, 門倉昭, 藤田茂, 田中高史, 行松彰,
北村健太郎, 田中良昌
第211回生存圏シンポジウム   2013年3月1日   
グローバルMHDシミュレーションの電離層電気ポテンシャルのモデルパラメータ依存性について
才田聡子,門倉昭,藤田茂,田中高史,大谷晋一,樋口知之
国立極地研究所研究集会「SuperDARNによる極域超高層大気研究集会」   2013年2月15日   
グローバルMHDシミュレーションの電離層電気ポテンシャルのモデルパラメータ依存性について
才田聡子, 門倉昭, 藤田茂, 田中高史, 大谷晋一, 樋口知之
宇宙・電磁環境研究集会   2012年12月20日   
データ同化を利用したグローバルMHDシミュレーションモデルの境界条件およびパラメータの最適化
才田聡子, 門倉昭, 藤田茂, 田中高史, 大谷晋一, 樋口知之
第3回極域科学シンポジウム/第36回極域宙空圏シンポジウム   2012年11月26日   
極域昼夜境界近傍の電流系について
田中良昌、行松彰、佐藤夏雄、堀智昭、吉川顕正、才田聡子
第3回極域科学シンポジウム   2012年11月26日   
SuperDARN radarで観測される地磁気脈動からの磁気圏領域推定可能性
河野英昭、行松 彰、田中良昌、才田聡子、西谷 望、堀 智昭
第3回極域科学シンポジウム   2012年11月26日   
グローバルMHDシミュレーションを用いた オーロラの形状と動きの南北両半球非対称性の研究
才田聡子, 門倉昭, 佐藤夏雄, 藤田茂, 田中高史, 海老原祐輔, 大谷晋一,村田健史, 樋口知之
地球電磁気・地球惑星圏学会第134回総会および講演会   2012年10月23日   
磁気圏MHDシミュレーションにおける電離層電気伝導度パラメーターのデータ同化による最適値推定
才田聡子(高崎聡子)
第5回統数研データ同化研究ワークショップ   2012年9月18日   
Displacement of Conjugate Points During a Substorm in a Global MHD Simulation
Saita, S.*,Kadokura, A.,Sato, N.,Fujita, S.,Tanaka, T.,Ebihara, Y.,Ohtani, S. ,Murata, K. T.,Ueno, G.,Higuchi, T.
GEMSIS international workshop   2012年3月   
Reproducing substorm-related changes of the near-Earth magnetotail field structure in a global MHD simulation
Satoko Saita, Shigeru Fujita, Takashi Tanaka, Hisao Yamagishi
Workshop on Physical Processes in Non-Uniform Finite Magnetospheric Systems — 50 Years of Tamao's Resonant Mode Coupling Theory —   2011年9月   
Displacement of conjugate point during a substorm in a global MHD simulation
Satoko Saita, Akira Kadokura, Natsuo Sato, Shigeru Fujita, Takashi Tanaka, Yusuke Ebihara, Shin Ohtani, Genta Ueno, Kenji Murata, Tomoyuki Higuchi
IUGG   2011年7月   
グローバル MHD シミュレーションによる磁力線固有振動数の日変化の再現
才田 聡子, 尾花 由紀, 藤田 茂, 田中 高史, 山岸 久雄
日本地球惑星科学連合大会2011   2011年5月   
グローバル MHD シミュレーションによるサブストーム時の磁気圏近尾部磁場構造 の再現
才田聡子, 門倉昭, 佐藤夏雄, 藤田茂, 田中高史, 海老原祐輔, 大谷晋一, 上野玄太, 村田健史, 松岡大祐, 樋口知之
日本地球惑星科学連合大会2011   2011年5月   
Displacement of geomagnetic conjugate points due to substorm-related changes in the near-Earth magnetotail field structure
Satoko Saita, Akira Kadokura, Natsuo Sato, Shigeru Fujita, Takashi Tanaka, Yusuke Ebihara, Shin Ohtani, Genta Ueno, Kenji Murata, Daisuke Matsuoka, Tomoyuki Higuchi
AGU Chapman Conference on Relationship Between Auroral Phenomenology and Magnetospheric Processes   2011年3月   
Various aspect of the field line resonance phenomena observed at the South Pole Station
Yoshimasa Tanaka, Yusuke Ebihara, Akimasa Yoshikawa, Satoko Saita, Allan Weatherwax
AGU Fall Meeting   2010年12月   
S. Saita(TRIC), A. Kadokura(NIPR), N. Sato(NIPR) , S. Fujita(Meteorological College), T. Tanaka(Kyushu Univ.), Y. Ebihara(Nagoya Univ.), S. Ohtani(JPL), G. Ueno(ISM), K. Murata(NiCT), D. Matsuoka(JAMSTEC/ESC), A. Kitamoto(NII), T. Higuchi(ISM)
The 34th Symposium on Space and Upper Atmospheric Sciences in the Polar Regions   2010年12月   National Institute of Polar Research
Reconfiguration of the magnetosphere for southward IMF in a global MHD simulation
S. Saita, A. Kadokura, N. Sato, S. Fujita, T. Tanaka, Y. Ebihara, K. Murata, D. Matsuoka, G. Ueno, A. Kitamoto, T.Higuchi
Workshop on dynamic modeling in geomagetism   2010年7月   
S. Saita, A. Kadokura, N. Sato, S. Fujita, T. Tanaka, Y. Ebihara, K. Murata, D. Matsuoka, G. Ueno, A. Kitamoto
International Polar Year - Oslo Science Conference   2010年6月   
S. Saita, A. Kadokura, H. Yamagishi, N. Sato, S. Fujita, T. Tanaka, Y. Ebihara, K. Murata, D. Matsuoka, G. Ueno, A. Kitamoto
International Polar Year - Oslo Science Conference   2010年6月   
Displacement of conjugate point during a course of a substorm reproduced by global MHD simulation
S. Saita, A. Kadokura, N. Sato, S. Fujita, T. Tanaka, Y. Ebihara, T. Murata, D. Matsuoka, G. Ueno, A. Kitamoto
AGU   2009年12月   
Improved hodograph method (to identify field-line resonance on the ground) and error estimates
H. Kawano, V. Pilipenko, S. Saita, K. Yumoto
極域宙空圏シンポジウム (NIPR/UAP Symposium) 2009   2009年11月   
The influence of IMF By-component on the displacements of geomagnetic conjugate points in a Global MHD simulation
S. Saita, A. Kadokura, N. Sato, S. Fujita, T. Tanaka, Y. Ebihara, T. Murata, D. Matsuoka, G. Ueno, A. Kitamoto
極域宙空圏シンポジウム (NIPR/UAP Symposium) 2009   2009年11月   
Global MHD シミュレーション可視化システムによる南向きIMF時の地磁気共役点移動の再現
S. Saita, A. Kadokura, N. Sato, S. Fujita, T. Tanaka, Y. Ebihara, T. Murata, D. Matsuoka, G. Ueno, A. Kitamoto
SGEPSS講演会   2009年9月   
COMPARISON BETWEEN HIGH- ENERGY ELECTRON FLUX AT GEOSYNCHRONOUS ORBIT AND ULF PULSATIONS ON THE GROUND
K. Kitamura, S. Watari, M. Kunitake, T. Obara, H. Koshiishi, S. Saita
IUGG   2009年6月   
Reproducing displacements of geomagnetic conjugate point using a 3-D visualization sys- tem for Global MHD simulation
S. Saita, A. Kadokura, N. Sato, S. Fujita, T. Tanaka, Y. Ebihara, T. Murata, D. Matsuoka, G. Ueno, A. Kitamoto
Japan Geoscience Union (JPGU) 2009   2009年5月   
Improved hodograph method (to identify field-line resonance on the ground) and error estimates
H. Kawano, V. Pilipenko, S. Saita, K. Yumoto
日本地球惑星科学連合大会2009   2009年5月   
Monitoring the structure of high-latitude Pc 4~5 geomagnetic pulsations by the unmanned magnetometer network in Antarctica
S. Saita H. Yamagishi, A. Kadokura, N. Sato, H. Kawano
Symposium on Electromagnetospheric Physics   2009年3月   
バーチャル・オーロラ発生装置の開発とオーロラ科学における複雑系パラダイムの創生
上野玄太、門倉昭、高崎聡子(才田聡子)、佐藤夏雄、岡田雅樹、北本朝展、海老原祐輔、村田健史、藤田茂、田中高史、田口真
情報とシステム2008   2008年11月   
Influence of interhemispherical asymmetries in the ionospheric conductivity on the high-latitude field line resonances
S. Takasaki (S. Saita), N. Sato, H. Yamagishi, A. Kadokura, Y. Tanaka
Fifty years after IGY -Modern Information Technologies and Earth and Solar Sciences   2008年11月   
Studying influences of IMF on the magnetic field configuration using a 3-D visualization system for Global MHD simulation
S. Takasaki (S. Saita), A. Kadokura, N. Sato, S. Fujita, T. Tanaka, Y. Ebihara, T. Murata, D. Matsuoka, G. Ueno, A. Kitamoto
Fifty years after IGY -Modern Information Technologies and Earth and Solar Sciences   2008年11月   
MAGDAS/CPMN 地上磁場観測網による ULF 波動観測に基づく磁気圏プラズマ密度の推定
H. Kawano, Takemoto, N. Maeda, S. Abe, S. Takasaki (S. Saita), S. Ohtani, and K. Yumoto
太陽から地球までシンポジウム   2008年10月   
Global MHD シミュレーション可視化システム上の地磁気共役点時間的トレース
才田聡子(高崎聡子), 門倉昭, 佐藤夏雄, 藤田茂, 田中高史, 村田健史, 松岡大祐, 上野玄太, 北本朝展
第124回 SGEPSS講演会   2008年10月   
Estimation of the magnetospheric plasma density from the ground by using ULF waves observed by MAGDAS/CPMN
5. H. Kawano, N. Maeda, S. Abe, S. Takasaki (S. Saita), S. Ohtani, and K. Yumoto
ICPP (International Congress On Plasma Physics) 2008   2008年9月   
Estimation of magnetospheric plasma density from field-line resonances observed at closely spaced conjugate pair stations in the auroral zone
S. Saita (S. Takasaki), N. Sato, A. Kadokura, Y. Ebihara, H. Yamagishi
The 4th Annual General Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2008)   2008年8月   
The structure of high-latitude Pc 4~5 geomagnetic pulsations with interhemispherical asymmetries in the ionospheric conductivity
S. Takasaki (S. Saita), N. Sato, H. Yamagishi, A. Kadokura, Y. Tanaka
Japan-China Scientific Cooperation Program sponsored by JSPS and NSFC ~ Joint Seminar ~ Study on polar ionosphere-magnetosphere coupling   2008年8月   
Global MHD シミュレーションによる地磁気共役点位置の時間的トレース
才田聡子(高崎聡子)、門倉昭、佐藤夏雄、藤田茂、田中高史、海老原祐輔、村田健史、松岡大祐
第32回極域宙空圏シンポジウム   2008年8月   
The structure of high-latitude field line resonances with interhemispherical asymmetries in the ionospheric conductivity
S. Takasaki (S.Saita), N. Sato, H. Yamagishi, A. Kadokura, Y. Tanaka
the Scientific Committee on Antarctic Research Meeting (SCAR2008)   2008年7月   
Comparison of the Plasma Density Simultaneously Observed on the Same Field Line by the CPMN Ground Magnetometers and the Cluster Spacecraft
N. Maeda, S. Takasaki (S. Saita), H. Kawano, S. Ohtani, P. M. E. Décréau, J. G. Trotignon, S. I. Solovyev, D. G. Baishev, K. Yumoto
5th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society 2008 (AOGS2008)   2008年6月   
Magnetospheric Plasma Density Estimated by Using ULF Waves Observed by MAGDAS/CPMN Magnetometer Network
2. H. Kawano, N. Maeda, S. Abe, S. Takasaki (S. Saita), S. Ohtani, K. Yumoto
5th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society 2008 (AOGS2008)   2008年6月   
Unmanned magnetometer network observation in Japanese Antarctic Research Expedition
H. Yamagishi, A. Kadokura, S. Takasaki (S. Saita), Y. Minamoto
XIII IAGA Observatory Workshop   2008年6月   
電離層電気伝導度の南北両半球における非対称性が高緯度Pc 4~5地磁気脈動にもたらす影響
才田聡子(高崎聡子)、佐藤夏雄、山岸久雄、門倉昭、田中良昌、河野英昭
日本地球惑星科学連合大会 (JPGU) 2008   2008年5月   
電離層電気伝導度の南北両極域における非対称性がもたらす高緯度地磁気脈動への影響
才田聡子(高崎聡子)、佐藤夏雄、山岸久雄、門倉昭、田中良昌
ジオスペース環境科学研究会   2008年3月   
南北両極域からの磁場ネットワーク観測による磁力線共鳴周波数・共鳴緯度幅の緯度依存性高空間分解能測定
才田聡子(高崎聡子)、佐藤夏雄、山岸久雄、門倉昭、河野英昭
第122回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会   2007年9月   
High-spatial monitoring of the mass density along field lines (L ~ 6) by ground-based magnetometers at geomagnetically conjugate points
3. S. Saita (S. Takasaki), N. Sato, A. Kadokura, Y. Ebihara, H. Yamagishi
The Annual General Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2006)   2006年7月   
Remote sensing of the magnetospheric mass density in high-latitudes: Interhemispheric ground-based magnetic field observations in the auroral zones
S. Saita (S. Takasaki), N. Sato, A. Kadokura, Y. Ebihara, H. Yamagishi
The Scientific Committee on Antarctic Research Meeting (SCAR2006)   2006年6月   
Interhemispheric ground-based observations of field line resonance frequencies with high-spatial resolution in the auroral zones
S. Saita (S. Takasaki), N. Sato, A. Kadokura, Y. Ebihara, H. Yamagishi
Ejiri Symposium on the Frontier of Space Science   2006年3月   
Remote sensing of the magnetospheric mass density in high-latitudes: Geomagnetically conjugate ground-based observations [招待有り]
S. Saita (S. Takasaki), N. Sato, A. Kadokura, H. Yamagishi
Korea-Japan workshop on ULF waves and other geospace phenomena   2006年2月   
Plasmaspheric Mass Density Increase at low-Latitudes [L<1.3] During Magnetic Storms
S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, Y. Tanaka, A. Yoshikawa, Y. Obana, M. Seto, M. Iijima K. Yumoto
2005 Chapman Conference   2005年3月   
Unusual Enhancements of the Inner Plasmaspheric Plasma Density During Magnetic Storms: Case Studies of the Magnetic Storms in Oct.-Nov. 2003
S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, Y. Tanaka, A. Yoshikawa, M. Seto, M. Iijima K. Yumoto
The Annual General Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (AOGS2004)   2004年6月   
Density Perturbations in the Inner Plasmasphere During Huge Magnetic Storms in October–November 2003: Ground-based Observations
S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, Y. Tanaka, A. Yoshikawa, M. Seto, M. Iizima, and K. Yumoto
2004, Joint Assembly of the American Geophysical Union (AGU2004)   2004年5月   
Enhancements of the Plasmaspheric Density in its Low-L Part During Magnetic Storms
S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, Y. Tanaka, A. Yoshikawa, M. Seto, M. Iijima K. Yumoto
The 5th WARS   2004年2月   
Plasma Distribution in the Low-L Part of the Plasmasphere During Magnetic Storms
S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, Y. Tanaka, A. Yoshikawa, M. Seto, M. Iijima K. Yumoto
International Symposium on Information Science and Electrical Engineering 2003   2003年11月   
Monitoring of the plasma density in the Earth's plasmasphere during magnetic storms by using multiple ground observations (L~1.3)
S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, Y. Tanaka, A. Yoshikawa, M. Seto, M. Iijima K. Yumoto
The International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG)   2003年6月   
Solar Wind Activity Dependence of the Occurrence of Field-Line Resonance at low Latitudes (L~1.3)
S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, Y. Tanaka, A. Yoshikawa, M. Seto, M. Iijima K. Yumoto
American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting 2002   2002年12月   
Investigation of field-line resonance structure at L~1.3 by using the dual station H-ratio technique and the phase gradient technique
S. Saita (S. Takasaki), H. Kawano, A. Yoshikawa, T. Uozumi, Y.-M.Tanaka, Y. Obana, Y. Kitamura, M. Seto, M. Iizima, A. Morioka, K. Yumoto
IAGA-IASPEI Joint Scientific Assembly   2001年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
地球磁気圏過渡現象における磁気流体波動の再現
情報・システム研究機構 新領域融合研究センター: 融合研究シーズ探索助成
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 才田聡子(高崎聡子)
地球電磁気・地球惑星圏学会: 国際学術交流若手派遣
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 才田聡子(高崎聡子)