Tomonori SAITO

J-GLOBAL         Last updated: Feb 26, 2019 at 23:02
 
Avatar
Name
Tomonori SAITO
URL
https://researchmap.jp/saitoht/
Affiliation
National Research Institute of Police Science
Section
Crime Prevention Section, Department of Criminology and Behavioral Sciences
Job title
senior researcher
Degree
Ph.D.(The University of Tokyo)
Research funding number
10392268

Profile

I have carried out research concerning risk-focused crime prevention. Also, some colleagues of mine and I myself have translated a small number of textbooks on risk-focused crime prevention including the 2004 book Crime Prevention: Approaches, Practices and Evaluations (by Lab, S.) and the 2008 book Environmental Criminology and Crime Analysis (edited by Wortley, R., & Mazerolle, L.).

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2004
Sociology of Education, Social Sciences in Education, Integrated Educational Sciences, Graduate School of Education, The Graduate School of Tokyo University
 
 
 - 
2000
The Course of Social Sciences in Education, Department of Integrated Educational Sciences, Faculty of Education, The University of Tokyo
 

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): Yomonori SAITO
The study introduced a new approach from a geographic perspective which included a fear of crime survey on locations of restrictions of access to public spaces using a blank map enclosed together with the questionnaire for each subject. The findin...
Geographic crime analysis using GIS (Geographic Information Systems)
Study on the correlates of juvenile delinquents' recidivism
environmental criminology, prevention of crime against children, geographic cime analysis, social and developmental prevention of crime

Published Papers

 
被疑者調査からみる自転車盗の実態−犯罪者,犯行対象及び環境の特徴―
YAMANE Yoshiko
科学警察研究所報告   67(2) 43-55   2018   [Refereed]
General Strain Theory and Elderly Offending: A Study of Elderly Shoplifting in Tokyo
Saito Tomonori
JJSC   43 25-40   2018   [Invited]
アグニューは、マートンの古典的な緊張理論を改訂し、一般緊張理論(GST)として再生した。それ以来、人々がなぜ犯罪へと追い込まれるのかを説明する有力な枠組みとして、一般緊張理論は幅広い支持を集めてきた。一般高齢者と初回の万引きにより検挙された高齢被疑者をマッチドペアにしたデータセットを用いて、一般緊張理論における2つの種類の緊張が高齢者の万引きリスクに影響するかを分析した。ひとつの緊張は目標を達成することができないことであり、もうひとつの緊張は価値あるものを失っていることである。また、対処ス...
Preface: The Foundation of Crime Control Policy in a Super-Aged Society
Saito Tomonori
JJSC   43 4-14   2018   [Invited]
 高齢犯罪者の中でも、刑務所服役を経た常習的な犯罪者と、前科・前歴もなく万引きで初めて検挙されたという高齢者とでは、再犯防止という観点から見ても、対応策は全く異なる。こうした点は、坂井(2012)もすでに指摘している。課題研究の中で星論文が詳しく論じているように、前科・前歴もなく万引きで初めて検挙されたという高齢者の場合は、刑務所や保護観察所などで予定されているはずの対応の処遇・実践的支援を受けることができないのである。刑事司法の中で、立ち直り支援の機会が乏しいのが、残念ながら万引き高齢者...
Factors Affecting Adult Ex-Inmates’ Sexual Recidivism: Insights from Survival Analyses of Official Records
SAITO Tomonori, Yoshiko YAMANE
JJSC   43 104-120   2018   [Refereed]
性犯罪者の再犯について、出所時年齢だけでなく初犯時年齢を用いる形で、海外では実証研究が行われてきた。本稿では、生存時間分析を用いて、出所者の性的犯罪による再犯に影響するいくつかの要因を明らかにした。海外の研究同様に、過去の暴力的性犯罪の検挙歴の多さが性的犯罪による再犯リスクに影響することが明らかになった。さらに、過去の暴力的性犯罪の検挙歴の多さを考慮に入れた上でも、出所時年齢が20歳代・30歳代であると性的犯罪による再犯リスクは高いことが示された。一方で、出所時の年齢にもとづくサブグループ...
SAITO Tomonori, Yoshiko YAMANE
安全教育学研究   17(2) 3-24   2018   [Refereed]
海外の実証研究では、状況的要因と被害との関連について知見が蓄積されてきた。本研究は、若年者の被害について、機会構造/選択モデルの適用可能性を検証することを目的とした。900名(女性600名、男性300名、平均年齢25.49歳(18歳から32歳まで))に対するWeb調査のデータにもとづき、ロジスティック回帰分析と負の二項回帰分析を用いて、機会構造(近接性、状況への曝露)、選択(見守りの不在)が被害の危険性と関連するかを検証した。主要な結果として、状況への曝露は概してすべての種類の被害リスクと...
齊藤 知範
政策と調査 = Policy & research   (12) 77-96   Mar 2017   [Refereed]
本稿では、2015年に警察庁が実施した「全国統一治安意識調査」のデータを用いて、自主防犯活動への参加、防犯行動の説明要因を分析した。結果から、以下が明らかになった。男性よりも女性のほうが自主防犯活動に参加しない傾向にあるが、小学6年生以下の子どもと同居する場合は男女による参加傾向の違いはない。警察への信頼度の高さ、近所づきあい、無秩序の程度の高さなどは、自主防犯活動への参加と関連している。凶悪犯罪に対する不安は、自主防犯活動への参加とは有意な関連は見られない。女性は男性に比べて、防犯行動を...
島田 貴仁, 齊藤 知範, 原田 章
科学警察研究所報告   64(1) 24-34   Jan 2015   [Refereed]
SAITO Tomonori
自動車技術   66(12) 73-80   Dec 2012   [Invited]
齊藤 知範
Human interface   13(2) 73-76   May 2011   [Invited]
KIKUCHI George, AMEMIYA Mamoru, SHIMADA Takahito, SAITO Tomonori, HARADA Yutaka
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   18(2) 129-138   Dec 2010   [Refereed]
Kikuchi George, Amemiya Mamoru, Shimada Takahito, Saito Tomonori, Harada Yutaka
JJSC   34 151-163   2009   [Refereed]
Both the police and the public seem to treat reports of contacts by suspicious persons as precursor events to occurrence of sex crimes in a nearby area. However, no empirical research has been conducted regarding the spatio-temporal relationship o...
Saito Tomonori, Shimada Takahito, Harada Yutaka
JJSC   33 178-197   2008   [Refereed]
The objective of the present study is to clarify the correlates of parental access to information regarding anti-crime measures for their children using data from a social survey on the everyday life of children and parental social support, and ac...

Misc

 
SHIMADA Takahito, SAITOH Tomonori, AMEMIYA Mamoru, KIKUCHI George, HATA Tomoko, HARADA Yutaka
GIS : 理論と応用 = Theory and applications of GIS   18(2) 193-199   Dec 2010
SAITO Tomonori, SHIMADA Takahito, TOUTSUKA Masamizu, HARADA Yutaka
地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association   14 79-84   Sep 2005

Conference Activities & Talks

 
SHIMADA Takahito, SAITOH Tomonori, AMEYIYA Mamoru, MOGUSHI Seiji, HARADA Yutaka, AMEMIYA Tamotsu
地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association   23 Oct 2008   
AMEMIYA Tamotsu, SAITO Tomonori, AMEMIYA Mamoru, SHIMADA Takahito, HARADA Yutaka
地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association   23 Oct 2008   
SHIMADA Takahito, KIKUCHI George, SAITOH Tomonori, HARADA Yutaka
地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association   20 Oct 2007