榊原英輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/29 01:54
 
アバター
研究者氏名
榊原英輔
所属
東京大学
部署
医学部附属病院
職名
助教

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京大学医学部附属病院 精神神経科 助教
 
2014年4月
 - 
2018年3月
東京大学 大学院医学系研究科 博士課程
 

受賞

 
2017年11月
日本科学哲学会 第12回石本賞
 
2015年
World Psychiatric Association WPAIC 2015, Young Psychiatrist Award
 
2012年7月
the 1st BESETO International Psychiatry Conference Best Poster Award
 

論文

 
Satomura Y, Sakakibara E, Takizawa R, Koike S, Nishimura Y, Sakurada H, Yamagishi M, Shimojo C, Kawasaki S, Okada N, Matsuoka J, Kinoshita A, Jinde S, Kondo S, Kasai K
Journal of affective disorders   243 249-254   2018年9月   [査読有り]
精神科臨床におけるニューロエンハンスメント
榊原英輔
精神神経学雑誌   120(9) 782-789   2018年9月   [招待有り]
Eisuke Sakakibara, Ryu Takizawa, Yuki Kawakubo, Hitoshi Kuwabara, Toshiaki Kono, Kasumi Hamada, Shiho Okuhata, Satoshi Eguchi, Ayaka Ishii‐Takahashi, Kiyoto Kasai
Brain and Behavior      2018年4月   [査読有り]
総合病院精神科入院患者に対する認知行動的心理教育プログラムの試み
榊原英輔、岡村由美子、関口陽介、伊藤友香、眞下文、五十嵐優、齊藤萌子、栗原優里奈、村重菜摘、市橋香代、近藤伸介、堀越勝
認知療法研究   11(1) 108-117   2018年2月   [査読有り]
反精神医学anti-psychiatryを振り返ってみる
榊原英輔
精神科治療学   33(2) 207-212   2018年   [招待有り]
榊原英輔
Neuroethics   online first 1-12   2018年   [査読有り]
Journal of Obsessive-Compulsive and Related Disorders   15 27-33   2017年10月   [査読有り]
Although a variety of obsessive-compulsive disorder (OCD)-related family pathologies, such as family accommodation, may exist in Japanese OCD patients, few studies on this topic have been conducted, and a validated assessment tool is not available...
Sawada K, Kanehara A, Sakakibara E, Eguchi S, Tada M, Satomura Y, Suga M, Koike S, Kasai K
Psychiatry and clinical neurosciences   71(5) 318-327   2017年5月   [査読有り]
What is wrong with interpretation Q?: A case of concrete skeptic's alternative interpretation of algebra
榊原英輔
科学哲学   49(2) 49-65   2017年3月   [査読有り]
精神疾患とは何か?―反本質主義の擁護―
榊原英輔
科学基礎論研究   44(1/2) 55-75   2017年3月   [査読有り]
Eisuke Sakakibara, Fumitaka Homae, Shingo Kawasaki, Yukika Nishimura, Ryu Takizawa, Shinsuke Koike, Akihide Kinoshita, Hanako Sakurada, Mika Yamagishi, Fumichika Nishimura, Akane Yoshikawa, Aya Inai, Masaki Nishioka, Yosuke Eriguchi, Jun Matsuoka, Yoshihiro Satomura, Naohiro Okada, Chihiro Kakiuchi, Tsuyoshi Araki, Chiemi Kan, Maki Umeda, Akihito Shimazu, Minako Uga, Ippeita Dan, Hideki Hashimoto, Norito Kawakami, Kiyoto Kasai
NeuroImage   142 590-601   2016年11月   [査読有り]
Kinoshita A, Takizawa R, Yahata N, Homae F, Hashimoto R, Sakakibara E, Kawasaki S, Nishimura Y, Koike S, Kasai K
Psychiatry and clinical neurosciences   70(11) 507-516   2016年11月   [査読有り]
Eisuke Sakakibara
Neuroethics   9(2) 147-157   2016年8月   [査読有り]
Okada N, Takahashi K, Nishimura Y, Koike S, Ishii-Takahashi A, Sakakibara E, Satomura Y, Kinoshita A, Takizawa R, Kawasaki S, Nakakita M, Ohtani T, Okazaki Y, Kasai K
Addiction biology      2015年1月   [査読有り]
Kawasaki S, Nishimura Y, Takizawa R, Koike S, Kinoshita A, Satomura Y, Sakakibara E, Sakurada H, Yamagishi M, Nishimura F, Yoshikawa A, Inai A, Nishioka M, Eriguchi Y, Kakiuchi C, Araki T, Kan C, Umeda M, Shimazu A, Hashimoto H, Kawakami N, Kasai K
Social neuroscience   1-13   2015年1月   [査読有り]
Sakakibara E, Takahashi Y, Murata Y, Taniguchi G, Sone D, Watanabe M
Epileptic disorders : international epilepsy journal with videotape   16 218-222   2014年6月   [査読有り]
Satomura Y, Takizawa R, Koike S, Kawasaki S, Kinoshita A, Sakakibara E, Nishimura Y, Kasai K
Social neuroscience   9 63-73   2014年2月   [査読有り]
Sakakibara E, Takizawa R, Nishimura Y, Kawasaki S, Satomura Y, Kinoshita A, Koike S, Marumo K, Kinou M, Tochigi M, Nishida N, Tokunaga K, Eguchi S, Yamasaki S, Natsubori T, Iwashiro N, Inoue H, Takano Y, Takei K, Suga M, Yamasue H, Matsubayashi J, Kohata K, Shimojo C, Okuhata S, Kono T, Kuwabara H, Ishii-Takahashi A, Kawakubo Y, Kasai K
NeuroImage   85 Pt 1 508-517   2014年1月   [査読有り]
Eisuke Sakakibara
Erkenntnis   78(2) 277-291   2013年   [査読有り]
榊原 英輔, 曽根 大地, 冨岡 悠, 谷口 豪, 村田 佳子, 渡邉 裕貴
てんかん研究   31(1) 47-53   2013年
高齢化に伴い、日本では慢性透析療法中のてんかん患者が増加していくと予想される。我々は、バルプロ酸とフェニトインで治療されていた慢性透析療法中の前頭葉てんかんの患者にゾニサミドの追加投与が有効であった症例を報告する。症例は50歳女性。間質性腎炎のために43歳で血液透析が導入された。48歳時、意識消失を伴う全身けいれんが生じ、右前頭葉の陳旧性脳梗塞による症候性部分てんかんの診断にてバルプロ酸とフェニトインが開始となった。しかし透析後の発作が続いたため当院に初診。バルプロ酸とフェニトインを増量し...
Sone D, Sugawara T, Sakakibara E, Tomioka Y, Taniguchi G, Murata Y, Watanabe M, Kaneko S
Epilepsy & behavior : E&B   25 192-195   2012年10月   [査読有り]
Sakakibara E, Nishida T, Sugishita K, Jinde S, Inoue Y, Kasai K
Epilepsy & behavior : E&B   24 373-376   2012年7月   [査読有り]
精神疾患の脳機能を測る 特集【脳と神経を測る】
榊原英輔, 榊原英輔, 西村幸香, 滝沢龍, 荒木剛, 八幡憲明, 笠井清登
Brain Medical   23(3) 43-50   2011年
オースティン「語る、とはいかなることか」再訪
榊原英輔
科学史・科学哲学   24 19-30   2011年
Eisuke Sakakibara
科学哲学   43(1) 1-14   2010年   [査読有り]
ロビンソン・クルーソーは言葉を話せるか?
榊原英輔
科学史・科学哲学   23 69-80   2010年
投資された自由―レヴィナスの自由概念と会話における債権者ー債務者関係―
榊原英輔
科学史・科学哲学   20 41-58   2007年

Misc

 
ニューロエンハンスメントとは何ですか?
榊原英輔
Locomotive Pain Frontier   7(1) 40-41   2018年6月   [依頼有り]
【書評】双極性障害の家族焦点化療法
榊原英輔
精神療法   44(1) 123-124   2018年2月
精神医学の哲学―私が辿った道―
榊原英輔
日本科学哲学会ニューズレター   54 1-5   2018年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ワードマップ心の哲学―新時代の心の科学をめぐる哲学の問い
信原幸弘(編) (担当:分担執筆, 範囲:「EBM/VBM/NBM」「精神疾患」の項を担当)
新曜社   2017年7月   ISBN:978-4-7885-1525-3
医学の歩み261巻10号 統合失調症UPDATE
笠井清登、宮本有紀、福田正人 (担当:分担執筆, 範囲:澤田欣吾とともに「生活を目指す脳・行動計測」の項目を執筆)
2017年6月   
現代高校保健体育教授用参考資料
大修館書店編集部 (担当:分担執筆, 範囲:「16.ストレスへの対処」pp.140-147を濱田純子とともに分担執筆)
大修館書店   2017年4月   
秋山剛、音羽健司 (担当:分担執筆, 範囲:精神療法 pp. 77-86)
秀潤社   2015年8月   ISBN:4780911605
精神疾患の脳画像ケースカンファレンス
榊原英輔 (担当:分担執筆, 範囲:うつ病 症例1 pp. 166-168)
中山書店   2014年8月   

講演・口頭発表等

 
Bizarre delusions as an understandable response to abnormal experience: Maher’s theory of delusion revisited
INPP 2016   2016年11月5日   
Detection of resting state functional connectivity using partial correlation analysis: A study using multi-distance and whole-head probe near-infrared spectroscopy
榊原英輔
the 5th BESETO International Psychiatry Conference   2016年8月13日   
The Duality of The Disorder Concept: The Conflict Between Its Biological and Clinical Definition
榊原英輔
WPAIC 2015   2015年11月21日   
Detection of Resting State Functional Connectivity Between Homologous Brain Regions: A Study with Multi-Distance and Whole-Head probe Near-Infrared Spectroscopy
WPAIC 2015   2015年11月21日   
Some recent findings in the basic research for the clinical application of near-infrared spectroscopy
榊原英輔
the 3rd BESETO International Psychiatry Conference   2014年7月26日