基本情報

所属
山形大学 農学部 客員准教授
学位
博士(農学)(岩手大学大学院連合農学研究科)
修士(農学)(岩手大学大学院農学研究科)

通称等の別名
江成 はるか
研究者番号
20913685
J-GLOBAL ID
201101076545461229
researchmap会員ID
B000219025

青森県に広がる白神山地において、ニホンザルの生息地管理、とくに人工林管理に着目して研究を行っています。

生まれと育ちは、サルが生息していない北海道札幌市。
大学在学中の10年間は、岩手県盛岡市で生活しておりました。
2011年4月に、岩手に別れを告げ、宇都宮市に住み始めました。
2013年4月に、山形県鶴岡市へ引っ越してきました。

2002年にサルの追い上げボランティアとして、初めて青森県側の白神山地へ行き、山の美しさに心を奪われ、サルを研究するという口実のもと、山へ行きたいばかりに白神山地で研究する決心をしました。
学部生のころは、住むところも車もなく、地元の農家さんの家に泊まったり、ヒッチハイクをしたりして調査をしておりました。
しかしまともに研究のまねごとが出来るようになったのが、博士後期課程に入ってからです。

今後は、ニホンザルの枠にとらわれず、野生動物の生息地保全と林業の両立を目指した研究を目標にしています。

論文

  23