坂根 純輝

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/07 22:12
 
アバター
研究者氏名
坂根 純輝
 
サカネ ヨシテル
所属
九州情報大学
部署
経営情報学部・経営情報学研究科
職名
准教授
学位
博士(経営学)(西南学院大学)
科研費研究者番号
40738001

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
九州情報大学 経営情報学部 准教授
 
2014年4月
 - 
2019年3月
九州情報大学 経営情報学部 専任講師
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
西南学院大学 商学部 商学科
 
2008年4月
 - 
2010年3月
西南学院大学大学院 経営学研究科 博士前期課程 
 
2010年4月
 - 
2014年3月
西南学院大学大学院 経営学研究科 博士後期課程 
 

論文

 
継続企業の前提についての監査と経営分析指標
坂根 純輝
九州経済学会年報第56集(pp.99~106)      2018年12月   [査読有り]
Comparison of the Effects of Going Concern Information in Japan and the U.S.
Yoshiteru Sakane
Proceedings of The 12th Conference of Culture & Accounting Association(CAA 2018)(pp.1~7). This study can be seen at SSRN(SSRN : https://ssrn.com/abstract=3249847)      2018年11月
継続企業の前提に係る監査基準の改訂と監査人の保守性
坂根 純輝
『産業経理』78(2)(pp.144~155)      2018年7月
監査役等による相当性判断が会計監査人とのコミュニケーションに与える影響
坂根 純輝
九州情報大学『九州情報大学研究論集第20号』 (pp.13~22)      2018年3月   [査読有り]
コーポレート・ガバナンス関連規範がコストの下方硬直性に与える影響
坂根 純輝
九州情報大学『九州情報大学研究論集第19号』 (pp.25~36)      2017年3月   [査読有り]

Misc

 
日本監査研究学会「第41回全国大会」大会記「統一論題テーマ:企業開示情報の多様化と保証業務の課題」
坂根 純輝
月刊監査研究2018年11月号 (pp.58~60)      2018年11月
〈学会ルポ〉日本簿記学会第34回全国大会「統一論題テーマ・複式簿記における記録の信頼性」
坂根 純輝
企業会計Vol.70(11)pp.137      2018年10月
〈学会ルポ〉中小企業会計学会第5回全国大会「統一論題テーマ・中小企業の監査」
坂根 純輝
企業会計Vol.70(2)pp.137      2018年2月

書籍等出版物

 
初級簿記テキスト
坂根 純輝 (担当:共著)
中央経済社   2018年3月   

講演・口頭発表等

 
Comparison of the Going Concern Information’s Effect in Japan and the U.S.
坂根 純輝
The 12th Conference of Culture & Accounting Association   2018年11月   
DIDを用いた継続企業の前提に係る監査基準の改訂の影響に関する分析
坂根 純輝
日本会計研究学会九州部会第101回大会   2018年3月   
ゴーイング・コンサーン監査と経営分析指標
坂根 純輝
九州経済学会第67回大会   2017年12月   
監査役等による相当性判断の現代的意義
坂根 純輝
日本監査研究学会 第39回全国大会   2016年9月   

競争的資金等の研究課題

 
日米におけるゴーイング・コンサーン監査の影響に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究:19K13875)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 坂根 純輝