崎坂 香屋子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/09 22:12
 
アバター
研究者氏名
崎坂 香屋子
 
サキサカ カヤコ
所属
帝京大学
部署
公衆衛生学研究科
職名
准教授
学位
保健学博士(東京大学大学院医学系研究科), 保健学修士(東京大学大学院 医学系研究科), 国際経済学修士(青山学院大学大学院)
その他の所属
東京大学大学院東京女子医科大学津田塾大学中央大学国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター帝京大学大学院
科研費研究者番号
00376419

プロフィール

1993 修士(国際経済学)
1999 修士(国際保健学)
   2003 博士(保健学)
   2010 Harvard School of Public Health, Takemi fellow
  (Dept.Global Health and Population)

2004-2006 : 東京大学大学院 医学系研究科 国際保健計画学助教
   2007-2009 : 東京大学大学院 医学系研究科 国際地域保健学助教
   2011-2015 : 中央大学 総合政策学部・全学連携教育機構 准教授
   2016-2017 : 帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授
   2017-2018 : 国立精神神経医療研究センター 精神保健研究所 自殺総合対策推進センター
2018- : 帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授
 
2017年5月
 - 
2018年3月
国立精神神経医療研究センター  精神保健研究所 自殺総合対策推進センター
 
2017年4月
 - 
現在
東京女子医科大学 医学部 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2017年4月
帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
津田塾大学 国際関係学科 非常勤講師
 

学歴

 
2009年7月
 - 
2010年8月
ハーバード大学 公衆衛生大学院 Department of Global Health and Population 
 
2000年4月
 - 
2003年3月
東京大学大学院 医学系研究科  国際保健学専攻 国際地域保健学
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京大学大学院 医学系研究科 国際保健学専攻 
 
1990年9月
 - 
1993年3月
青山学院大学大学院 国際政治経済学研究科 国際ビジネス専攻
 
1980年4月
 - 
1984年3月
津田塾大学 学芸学部 国際関係学科 
 

委員歴

 
2014年11月
 - 
現在
日本国際保健医療学会  代議員
 
2014年9月
 - 
現在
日本自殺総合対策学会  発起人
 
2007年7月
 - 
2009年8月
日本健康教育学会  編集委員会 監事
 

受賞

 
2010年4月
ハーバード大学 公衆衛生大学院 2010年度HSPH Post Doc.部門ベストポスター賞 「なぜ日本は1日90人の自殺者を減らすことができないのか~自殺者遺族者調査結果と2008-2010国家データから~」
受賞者: Kayako Sakisaka
 
2009年3月
日本医師会 武見フェロー 奨学金
 
2002年5月
ニカラグア共和国政府 保健省 保健大臣表彰
 

論文

 
震災後の災害弱者の保護救援にソーシャル・キャピタルが与える影響に関する実証研究―陸前高田市の事例からー
崎坂 香屋子、山田卓也
地域ケアリング    20(11) 58-63   2018年10月   [査読有り]
Differences in infant and child mortality before and after the Great East Japan Earthquake and Tsunami: A large population-based ecological study
1. Tashiro A.,Sakisaka K., Okamoto E., Yoshida H.
BMJ Open      2018年10月   [査読有り]
Identification of high risk groups with shorter survival times after onset of the main reason for suicide: findings from interviews with the bereaved in Japan.
Sakisaka K.
BMC Research Notes      2018年8月   [査読有り]
Examining the relationship between socioeconomic status and the double burden of maternal over and child under-nutrition in Bangladesh.
Haque SE, Sakisaka K, Rahman M.
European Journal of Clinical Nutrition      2018年4月   [査読有り]
Trends of Suicide and Suicide Countermeasures in Cambodia
Sakisaka K. Fujita K. Kaneko Y. Motohhashi Y
Suicide Policy Research   2(1) 8-15   2018年4月   [査読有り]
フィールドワーク実践報告 居住7年目を迎えた岩手県陸前高田市仮設住宅における被災者の暮らし : 被災住民のエンパワメント形成支援による地域再生の可能性と課題(7)
宮城 孝, 森脇 環帆, 仁平 典宏, Moriwaki Tamaho, 仁平 典宏, Nihei Norihiro, 山本 俊哉, Yamamoto Toshiya, 藤賀 雅人, Hujiga Masato, 神谷 秀美, Kamiya Hidemi, 金 呉燮, kim Osop, 松元 一明, Matumoto Kazuaki, 崎坂 香屋子, Sakisaka Kayako
(18) 57-105   2018年4月   [査読有り]
Prevalence and risk factors of needle stick and sharp injury among tertiary hospital workers, Vientiane, Lao PDR
Matsubara C, Sakisaka K, Sychareun V, Phensavanh A, Ali M.
J Occup Health   59(6) 581-585   2017年11月   [査読有り]
Launch of the New General Principles of Suicide Policy in Japan
Motohhashi Y. Sakisaka K. Kaneko Y, Fujita K, Ochi M.
Suicide Policy Research   1(1) 14-15   2017年9月   [査読有り]
発災5 年目の東日本大震災被災者の生活環境の変化とこころの健康に関する研究
崎坂 香屋子 吉田穂波,高橋謙造他
明治安田生命こころの健康財団研究助成論文集   (52) 27-26   2017年7月   [査読有り]
居住6年目を迎えた岩手県陸前高田市仮設住宅における被災者の暮らし : 被災住民のエンパワメント形成支援による地域再生の可能性と課題
宮城孝、松元一明、山本俊哉、崎坂 香屋子、染野享子
現代福祉研究   (17) 63-104   2017年3月   [査読有り]
Living environment, health status, and perceived lack of social support among people living in temporary housing in Rikuzentakata City, Iwate, Japan, after the Great East Japan Earthquake and Tsunami: A cross-sectional study.
Sakisaka K, Yoshida H, Takahashi K, Miyashiro T, Yamamoto T, Fujiga M.
International Journal of Disaster Risk Reduction   21(3) 266-273   2017年3月   [査読有り]
Haque SE, Rahman M, Itsuko K, Mutahara M, Kayako S, Tsutsumi A, Islam MJ, Mostofa MG
BMC oral health   16(1)    2016年3月   [査読有り]
宮城 孝, 森脇 環帆, 仁平 典宏, Moriwaki Tamaho, 仁平 典宏, Nihei Norihiro, 山本 俊哉, Yamamoto Toshiya, 藤賀 雅人, Hujiga Masato, 神谷 秀美, Kamiya Hidemi, 金 呉燮, kim Osop, 松元 一明, Matumoto Kazuaki, 崎坂 香屋子, Sakisaka Kayako
現代福祉研究   (16) 135-176   2016年3月
陸前高田地域再生支援研究プロジェクトは、東日本大震災において岩手県で最も甚大な被害にあった陸前高田市において、被災住民自身が地域の再生、生活再建に向けてその課題を話し合い、主体的な取り組みを行うことを支援してきている。そして、仮設住宅および被災地域におけるコミュニティの形成のあり方を共に模索しながら、今後の復興における地域再生のモデルづくりに寄与することを目的として、今日まで活動を続けている。本プロジェクトは、上記に関する活動の一環として、2015年8月に、2011年から引き続き5回目とな...
Model analysis of residents' consciousness regarding Seawall Construction Project, Kesennuma, Miyagi.
Ai Tashiro,Kayako Sakisaka
Studies in Regional Science   45(4) 419-43   2016年2月   [査読有り]
Sakisaka K, Chadeka EA, Nagi S, Mwandembo DS, Jimba M
International health   7(3) 204-211   2015年5月   [査読有り]
宮城 孝, 山本 俊哉, 松元 一明, Yamamoto Toshiya, 松元 一明, Matsumoto Kazuaki, 藤室 玲治, Huzimuro Reizji, 藤賀 雅人, Hujiga Masato, 神谷 秀美, Kamiya Hidemi, 清水 幹夫, Shimizu Mikio, 久保田 実, Kubota Minoru, 染野 享子, Someno Kyoko, 崎坂 香屋子, Sakisaka Kayako, 楡井 将真, Nirei Shoma
現代福祉研究   (15) 171-211   2015年3月
陸前高田地域再生支援研究プロジェクトは、東日本大震災において岩手県で最も甚大な被害にあった陸前高田市において、被災住民自身が地域の再生、生活再建に向けてその課題を話し合い、主体的な取り組みを行うことを支援するという被災住民のエンパワメント形成という視点から支援を行っている。そして、仮設住宅および被災地域におけるコミュニティの形成のあり方を共に模索しながら、今後の復興における地域再生のモデルづくりに寄与することを目的として、今日まで活動を続けている。 本プロジェクトは、2011年、12年、...
Haque SE, Rahman M, Itsuko K, Mutahara M, Sakisaka K
BMJ open   4(7) e004607   2014年7月   [査読有り]
宮城 孝, 松元 一明, 藤室 玲治, Matsumoto Kazuaki, 藤室 玲冶, Fujimuro Reiji, 藤賀 雅人, Fujiga Masato, 神谷 秀美, Kamiya Hidemi, 仁科 伸子, Nishina Nobuko, 染野 享子, Someno Kyouko, 崎坂 香屋子, Sakisaka Kayako, 山本 俊哉, Yamamoto Toshiya
現代福祉研究   (14) 127-161   2014年3月
陸前高田地域再生支援研究プロジェクトは、東日本大震災において岩手県で最も甚大な被害にあった陸前高田市において、被災住民自身が地域の再生、生活再建に向けてその課題を話し合い、主体的な取り組みを行うことを支援しつつ、仮設住宅および被災地域におけるコミュニティの形成のあり方を共に模索しながら、今後の復興における地域再生のモデルづくりに寄与することを目的として、今日まで活動を続けている。本プロジェクトは、一昨年、昨年に引き続き3回目となる市内・外合わせて52の仮設住宅団地の自治会長等へのインタビュ...
Akiyama T, Win T, Maung C, Ray P, Sakisaka K, Tanabe A, Kobayashi J, Jimba M
BMC public health   13 337   2013年4月   [査読有り]
Quality of life and mental health status of arsenic-affected patients in a Bangladeshi population.
Syed EH, Poudel KC, Sakisaka K, Yasuoka J, Ahsan H, Jimba M
Journal of health, population, and nutrition   30(3) 262-269   2012年9月   [査読有り]
Kikuchi K, Wakasugi N, Poudel KC, Sakisaka K, Jimba M
Bioscience trends   5(6) 255-263   2011年12月   [査読有り]
Takahashi K, Nguyen TM, Poudel KC, Sakisaka K, Jimba M, Yasuoka J
BMC public health   11 206   2011年4月   [査読有り]
Jayatilleke A, Poudel KC, Sakisaka K, Yasuoka J, Jayatilleke AU, Jimba M
Journal of interpersonal violence   26(3) 414-432   2011年2月   [査読有り]
Sakisaka K, Jimba M, Hanada K
BMC international health and human rights   10 10   2010年6月   [査読有り]
Sakisaka K, Nakamura J
Lancet (London, England)   375(9718) 892-893   2010年3月   [査読有り]
Jimba M, Yasuoka J, Sakisaka K, Poudel KC
Lancet (London, England)   372(9642) 887   2008年9月   [査読有り]
Sakisaka K, Jimba M
Lancet (London, England)   371(9626) 1752   2008年5月   [査読有り]
Factors affecting routine immunization coverage among children aged 12-59 months in Lao PDR after regional polio eradication in western Pacific region.
Maekawa M, Douangmala S, Sakisaka K, Takahashi K, Phathammavong O, Xeuatvongsa A, Kuroiwa C
Bioscience trends   1(1) 43-51   2007年8月   [査読有り]
Sakisaka.K, Wakai.S.Kuroiwa C, Cuadora LF, Hanada
Public Health   120(5) 400-411   2006年6月   [査読有り]
Jimba M, Sakisaka K, Hanada K
Lancet (London, England)   367(9524) 1729   2006年5月   [査読有り]
Phengxay S, Okumura J, Miyoshi M, Sakisaka K, Kuroiwa C, Phengxay M
Waste management & research : the journal of the International Solid Wastes and Public Cleansing Association, ISWA   23(6) 571-581   2005年12月   [査読有り]
Domestic hygiene behaviour of mothers with children aged 0-5 years old in Tayabo village, Nueva Ecija, the Philippines.
Sakisaka K, Wakai S, Wongkhomthong SA
Asia-Pacific journal of public health / Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health   14(2) 91-98   2002年   [査読有り]

Misc

 
岩手県陸前高田市の避難所と仮設住宅で
阿部和明、崎坂 香屋子
アフラシア   (12号) 5-11   2017年5月
カンボジアにおける元ストリートチルドレンの就業とパーソナリティの変容に関する研究
崎坂 香屋子・小野寺彩、小林礼佳、平塚祐希、丸山拓人
アフラシア   (9号) 18-29   2016年11月
開発途上国へのトイレ支援
崎坂 香屋子
consultant   271 24-27   2016年4月   [査読有り][依頼有り]
崎坂香屋子, 崎坂香屋子, HAQUE Syed Emdadul, HAQUE Syed Emdadul, RAHMAN Mosiur, KAWASHIMA Itsuko, MUTAHARA Mahmuda
日本国際保健医療学会学術大会プログラム・抄録集   30th 145 (JA),307 (EN)   2015年11月
崎坂香屋子, ASENA CHADEKA Evans, 凪幸世, DORCAS SShambi Mwandembo D., 神馬征峰
日本熱帯医学会大会プログラム抄録集   55th (JA)79,(EN)263   2014年11月

書籍等出版物

 
医療ビジネスとICTシステム~医療を巡る今日的課題~
斎藤正武・堀内恵 編著 (担当:共著, 範囲:第7章 医療介護のための地域包括ケアとICT)
中央大学出版部   2017年1月   ISBN:978-4-8057-3237-3 C3034
国際協力トイレ修行学
崎坂 香屋子 (担当:編者)
文芸社   2015年10月   
現地と世界をつなぐ私たちの仕事
崎坂 香屋子 (担当:共著, 範囲:第4章)
国際開発ジャーナル社   2008年9月   
パルテーラとともに地域保健
崎坂 香屋子 (担当:共著, 範囲:第3章)
パル出版   2005年8月   
村落開発と国際協力~住民の目線で考える~
崎坂 香屋子 (担当:共著, 範囲:第8章 開発は待つもの?創るもの?)
古今書院   2002年10月   

講演・口頭発表等

 
南米コロンビア共和国ン紛争地下にあった2つの農村地域に暮らす紛争被害者を含む障害者の生活状況と社会経済的状況に関する研究
山田卓也、崎坂 香屋子、ベルムレス・レイディー・エヌ、モレノ・オリバ、ヒラルド・マリー・シー
第33回日本国際保健医療学会   2018年12月2日   
世界の自殺率と幸福度関連指標と関連する要因に関する研究
崎坂 香屋子
第33回日本国際保健医療学会   2018年12月2日   
女性のキャリアとしての国際保健 味方を増やしながら世界を駆け抜ける [招待有り]
崎坂 香屋子
第33回日本国際保健医療学会   2018年12月1日   
Perspective on the future disaster preparedness in maternam and child health field in Asia, Pacific countries: The Lessons learned from Mega Disaster in Japan. [招待有り]
Kayako Sakisaka、Honami Yoshida
14th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine (APCDM)   2018年10月18日   
Socio-economic status and isolation of persons with disability affected by armed Conflicts living in Granada and El Carmen de Chucuri, Republic of Columbia.
Takuya Yamada, Lady Bermudes Rodriguez, Kazue Yamaoka, Kayako Sakisaka
14th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine (APCDM)   2018年10月17日   
Lack of Social Support and Mental Health status of 2015 Nepal Earthquake Victims.
Kayako Sakisaka
14th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine (APCDM)14th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine (APCDM)   2018年10月17日   
Change in health status, living environment, and emotions of victims of the Great East Japan Earthquake and Tsunami:a comparative study of temporary housing residents in Iwatem Japan [招待有り]
Sakisaka Kayako
50th Asia Pacific Academic Consortium for Public Health Conference   2018年9月13日   
Suicide in Prime Age in Japan. [招待有り]
崎坂 香屋子
Harvard Chan School of Public Health, 35th Takemi Fellow Academic Forum   2018年2月18日   
2015年ネパール大震災被災者へのソーシャル・サポートと心の健康に関する実証研究
1. 崎坂 香屋子、相川政夫、市川加奈、岡部友樹、鈴木綾希子、竹田響、角田千沙、矢口愛沙
第23回日本集団災害医学会   2018年2月2日   
Drastic change of Infant and Child Mortality pre-post East Japan Earthquake and Tsunami, 2011
田代藍、崎坂 香屋子、吉田穂波
第28回日本疫学会   2018年2月2日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
震災後の災害弱者の保護救援にソーシャル・キャピタルが与える影響に関する実証研究
文部科学省科学研究費助成事業: 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 崎坂 香屋子
発災5年目の東日本大震災被災者の生活環境の変化とこころの健康に関する研究
明治安田こころの健康財団: 研究助成
研究期間: 2016年8月 - 2017年7月    代表者: 崎坂 香屋子
東日本大震災の仮設住宅住民の健 康と生活環境の変化に関する研究
文部科学省 科学研究費: 基盤研究C
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 崎坂 香屋子
中央大学学生による宮城県、福島県、岩手県を対象とした震災地復興支援プロジェクト
住友商事: 住友商事ユースチャレンジ Aコース
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 崎坂 香屋子
「中央大学学 生による東日本大震災の支援活動~ 宮城県を対象として~」
八王子市コンソシアム: 研究助成
研究期間: 2011年9月 - 2012年3月    代表者: 崎坂 香屋子