山田 孝子

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/05 13:56
 
アバター
研究者氏名
山田 孝子
 
ヤマダ タカコ
eメール
yamada.takako.78ast.kyoto-u.ac.jp
所属
金沢星稜大学

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
金沢星稜大学 人文学部 教授
 
2015年4月
 - 
現在
金沢星稜大学 特任教授
 
2013年4月
 - 
2017年3月
国立民族学博物館 先端人類科学研究部 特別客員教員(教授)
 
2012年4月
 - 
現在
京都大学 名誉教授
 
2010年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人日本学術振興会 学術システム研究センター 専門研究員
 

学歴

 
1983年3月
   
 
京都大学 理学博士  
 
1977年3月
   
 
京都大学大学院 理学研究科 動物学専攻博士課程単位修得退学
 
1974年3月
   
 
京都大学大学院 理学研究科 動物学専攻修士課程修了
 
1970年3月
   
 
京都大学 理学部 数学科卒業
 

委員歴

 
1990年
   
 
日本人類学会  評議員
 
1991年
   
 
北方学会  運営委員
 

論文

 
The Ainu Bear Ceremony and the Logic behind Hunting the Deified Bear
山田 孝子
Journal of Northern Studies, Umeå University & The Royal Skyttean Society   12(1) 35-51   2018年   [査読有り]
在日チベット人社会の形成・維持と日本におけるチベット難民支援-1965年から2014年の展開をとおして-
山田 孝子
金沢星稜大学人文学研究   2(2) 1-32   2018年
Creating Networks and Sharing Communications through Digital Media: A Survival Strategy of Tibetans in Japan.
山田 孝子
Kanazawa Seiryo University Bulletin of the Humanities   2(1) 1-11   2017年8月
Shamanism and Buddhism as Religions Expanding the Boundaries of Ethnicities and Spirituality
山田 孝子
Books of Abstracts of International Conference on “Expanding Boundaries: Ethnicity, Materiality and Spirituality,” Vietnam Museum of Ethnology, Hanoi, 1-4 Dec.2017   112-113   2017年
Shamanic Power as an Agent of Reconciling Communal Conflicts
山田 孝子
Shaman Journal of the International Society for Shamanistic Research   25(1-2) 159-180   2017年   [査読有り]
Introduction
山田 孝子、 藤本 透子
Senri Ethnological Studies   93 1-11   2016年   [査読有り]
Leadership and Empathy in the Remaking of Communal Connectedness among Tibetans in Toronto
山田 孝子
Senri Ethnological Studies   93 241-273   2016年   [査読有り]
“The Source of Good Forces is Located in the East….”:Yakut (Sakha) Shamans’ Concepts about the Universe and Spiritual Beings
山田 孝子
Quaestica Rossica   2015(2) 224-248   2015年   [招待有り]
Ladakhi Shaman in the Multireligious Milieu: An Agent of Incorporation and Mediation
山田 孝子
Shaman Journal of the International Society for Shamanistic Research   23(1-2) 191-209   2015年   [査読有り]
八重山諸島における人々の自然認識:人-植物関係にみる地域性と共通性
山田 孝子
琉球・沖縄学における先端的研究領域の開拓 文理融合型研究を目ざした実践的研究プロジェクト成果報告書   53-72   2014年3月
人類学フィールドワークから読む共同性の構築―インド独立後のラダックにおける宗教対立から共存への展開を事例に
山田 孝子
CIAS Discussion Paper   39 8-19   2014年3月
可視化されるラー(神)の力と宗教性の現出―ラダックにおける僧院の祭りから
山田 孝子
北方学会報   15 3-14   2011年   [査読有り]
Anthropology of Continuity and Symbiosis of Traditional Cultures
YAMADA Takako
Yamada, Takako & Takashi Irimoto (eds.), Continuity, Symbiosis, and the Mind in Traditional Cultures of Modern Societies, Sapporo: Hokkaido University Press   261-271   2011年   [査読有り]
Continuity and Symbiosis of Traditional Cultures: From animism to a philosophy of ecology
YAMADA Takako
Yamada, Takako & Takashi Irimoto (eds.), Continuity, Symbiosis, and the Mind in Traditional Cultures of Modern Societies, Hokkaido University Press   143-151   2011年   [査読有り]
A Reappraisal of Eurasian Shamanism: Continuity or Discontinuity of the Concept of Spiritual Beings
YAMADA Takako
Westerdahl, Christer (ed.), A Circumpolar Re-Appraisal: The Legacy of Gutorm Gjessing (1906-1979). BAR International Series 2154   363-373   2010年   [査読有り]
「移動」が生み出す地域主義―今日のチベット社会にみるミクロ・リージョナリズムと汎チベット主義
山田 孝子
地域研究   10巻・1号・33-51頁    2010年
アイヌ文化の世界観-カムイの観念にみる領有性と相補互酬性
山田 孝子
季刊考古学   107 27-29   2009年   [査読有り]
Religion and Nature in Human Societies Today
YAMADA Takako
Quaderni di Etnologia e Archeologia del Sacro   12 13-26   2009年   [査読有り]
Nature as the Quintessence of Sakha Shamanism Revived
YAMADA Takako
Quaderni di Etnologia e Archeologia del Sacro   12 13-26   2009年   [査読有り]
アニミズムからエコロジーの哲学へ
山田 孝子
エコソフィア   20 4-8   2008年   [査読有り]
チベット、アムド・カム地方における宗教の再活性化とチベット仏教僧院の存続に向けての取り組み
山田 孝子
北方学会報   13, 4-12    2008年
The Creation of New Missions by Tibetan Buddhist Monasteries in India: with special reference to Sera Je Monastery
YAMADA Takako
Northern Studies Association Bulletin   12 4-14   2007年   [査読有り]
チベット難民社会の大僧院が担う新たな使命―セラ・ジェ僧院の事例より
山田 孝子
北方学会報   12, 81-96    2007年
チベット難民社会における学校教育と『チベット人意識』
山田 孝子
北方学会報   11 66-81   2005年   [査読有り]
School Education among Tibetan Refugees in India
YAMADA Takako
Northern Studies Association Bulletin   11 8-18   2005年   [査読有り]
現代化とシャマニズムの実践にみる身体―ラダッキとサハの事例より-
山田 孝子
文化人類学   70(2) 226-246   2005年   [査読有り]
ラダック地方における現代化とシャマニズム実践の意味
山田 孝子
北方学会報   10 45-52   2004年   [査読有り]
Symbiosis with Nature: A Message for the Reconstructing of Sakha Ethnicity and Identity
YAMADA Takako
Circumpolar Ethnicity and Identity, Senri Ethnological Studies   66 217-230   2004年   [査読有り]
Anthropological Studies of the Ainu in Japan: Past and Present
YAMADA Takako
Japanese Review of Cultural Anthropology   4 75-106   2003年   [査読有り][招待有り]
サハ共和国における伝統文化・宗教復興の取り組み
山田 孝子
北方学会報   (8) 27-30   2001年   [査読有り]
Gender and Cultural Revitalization Movements among the Ainu.
YAMADA Takako
Identity and Gender in Hunting and Gathering Societies, Senri Ethnological Studies   56 237-257   2001年   [査読有り]
The Revival of Rituals among the Sakha-Yakut and the Hokkaido Ainu.
YAMADA Takako
Acta Borealia, A Nordic Journal of Circumpolar Societies   17(1) 77-115   2000年   [査読有り]
A Report on the Ethnobotany of the Nyindu in the Eastern Part of the Former Zaire
YAMADA Takako
African Study Monographs   20(1) 1-72   1999年   [査読有り]
「サハ・ヤクートにおけるシャマニズムの復興と自然の意味」
山田 孝子
『エコソフィア』   (1) 129-147   1998年   [査読有り]
命名とメタファー
山田 孝子
『月刊言語』   26(4) 27-35   1997年   [招待有り]
Through Dialogue with Contemporary Yakut Shamans: How They Revive Their World View
YAMADA Takako
Anthropology of Consciousness   7(3) 1-14   1996年   [査読有り]
The Ladakhi Shaman's Communication with His Patient: Folk Etiology Reproduced
YAMADA Takako
Shaman   4(1-2) 167-183   1996年   [査読有り]
アイヌの火の神について
山田 孝子
日文研叢書『日本文化の深層と沖縄』   (12) 103-115   1996年   [査読有り]
Ainu View of the World Seen Through Bear Festival
YAMADA Takako
People and Culture, Institute for Ethnological Studies, Hanyang University   3(7) 29-37   1995年   [査読有り]
アイヌの動物分類と世界観
山田 孝子
北方文化研究   (18) 219-258   1987年   [査読有り]
アイヌの植物分類体系
山田 孝子
民族学研究   51(2) 141-169   1986年   [査読有り]
Nyindu Culture and the Plant World: The Dynamic Relationship Between the Knowledge on Plant Use and the Change in House Form
YAMADA Takako
Senri Ethnological Studies   15 60-107   1984年   [査読有り]
沖縄県、八重山地方における植物の命名、分類、利用-比較民族植物学的考察
山田 孝子
リトルワールド研究報告   7 25-235   1984年   [査読有り]
沖縄県、八重山地方における植物の命名、分類、利用―比較民族植物学的考察
山田 孝子
   1983年   [査読有り]

Misc

 
書評 島村一平著『増殖するシャーマン-モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ』(春風社、2012年)
山田 孝子
地域研究   14(2) 248-252   2014年3月   [依頼有り]
青海省同仁県におけるルロ祭りの復興と維持
山田 孝子
チベット文化研究会報   37(4) 1-7   2013年10月   [依頼有り]
Self-Reorienting of Tibetan Refugees in Host Societies via Religion, Multiple Identities and Connectedness with Place of Origin
YAMADA Takako
110th Annual Meeting of AAA, Montreal, QC, Canada, Nov. 16-20      2011年11月   [査読有り]
The Revitalization Process of Shamanic Ritual Festivals of Amdo Tibetans in the Qinghai Province of China: A Case Study of the Lörol Festival
YAMADA Takako
10th Conference of ISSR, Warsaw, Poland, Oct.5-9      2011年10月   [査読有り]
Shamanic Power and the Continuity of the Buddhist Tradition in Ladakh
YAMADA Takako
XXth World Congress for the International Association for the History of Religions, University of Toronto, 15-23 August      2010年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
人々は祭りに何を託してきたのか―「祭り」の意味にみる多様性と共通性
山田 孝子
英明企画編集   2018年6月   
祭りから読み解く世界
山田 孝子、小西賢吾 (担当:共編者)
英明企画編集   2018年6月   
人類学調査の遍歴から考える比較文化学の可能性
山田 孝子
英明企画編集   2017年10月   
比較でとらえる世界の諸相
山田 孝子、小西賢吾 (担当:共編者)
英明企画編集   2017年10月   
「食」の比較文化学にむけて―人-自然関係の人類史と民族誌から
山田 孝子
英明企画編集   2017年3月   

講演・口頭発表等

 
Shamanism and Buddhism as Religions Expanding the Boundaries of Ethnicities and Spirituality [招待有り]
山田 孝子
International Conference of ISARS (International Society for Academic Shamanistic Research), Vietnam Museum of Ethnology   2017年12月3日   
Reappraisal of the Revitalization of Sakha Shamanism: What roles did shamanism play in the early 1990s? [招待有り]
山田 孝子
XII Congress of Anthropology and Ethnology of Russia, July 3-6, 2017, Izhevsk, Russia.   2017年7月5日   
デジタル・メディア活用によるコミュニケーションの共有性:在日チベット人社会のコミュニティ維持にむけて [招待有り]
山田 孝子
日本文化人類学会第51回研究大会   2017年5月27日   
流動化する世界とコミュニケーションの共有性 [招待有り]
山田 孝子
日本文化人類学会第51回研究大会   2017年5月27日   
Creating Networks and Sharing Communications through Digital Media: A Survival Strategy of Tibetans in Japan [招待有り]
山田 孝子
East Asian Anthropological Association 2016 Annual Meeting   2016年10月15日   

Works

 
沖縄県八重山諸島における民族植物学的調査
1972年 - 1975年
東カロリン諸島、トラック地区およびポナペ地区における民族植物学的調査
1976年
ザイール東部、バンツー系農耕民ニンドゥにおける民族植物学的・文化人類学的調査
1977年 - 1978年
八重山諸島、汲照間島、西表島、与那国島における比較民族植物学的調査
1980年
西チベットにおける民族学的、医療人類学的調査
1983年 - 1984年

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業基盤研究(B)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 山田 孝子
現代チベット社会における超域的連携の形成と伝統文化・アイデンティティの維持
科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 煎本 孝
チベットの文化復興とアイデンティティの形成に関する文化人類学的研究
科学研究費補助金基盤研究(B)
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 煎本 孝
西チベット、ラダックにおける現代化とシャマニズムの動態に関する研究
科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 山田 孝子
チベット難民における新しいアイデンティティの形成に関する文化人類学的研究
科学研究費補助金基盤研究(B)(2)
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 煎本 孝