嶋田透

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/27 00:01
 
アバター
研究者氏名
嶋田透
eメール
toru.shimadagakushuin.ac.jp
URL
https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000020202111/
所属
学習院大学
部署
理学部 生命科学科
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)
その他の所属
日本学術会議
科研費研究者番号
20202111
ORCID ID
0000-0002-5791-0000

プロフィール

カイコや野蚕を主たる材料にして、遺伝学、生理生化学、微生物学などの研究を進めている。それら研究の成果を生かした新機能繊維・有用物質等の生産や害虫防除への応用にも関心がある。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
学習院大学 理学部 生命科学科 教授
 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議 連携会員[兼務]
 
2017年10月
 - 
2019年3月
東京大学 ワンヘルス連携研究機構 教授[兼務]
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 機構長[兼務]
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 農学部 副学部長[兼務]
 
2011年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議 第二部 会員[兼務]
 
2009年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属緑地植物実験所 所長[兼務]
 
2005年10月
 - 
2011年9月
日本学術会議 連携会員[兼務]
 
2004年5月
 - 
2019年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 教授
 
1996年4月
 - 
2004年5月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 助教授
 
1995年6月
 - 
1996年3月
東京大学 農学部 助教授
 
1990年8月
 - 
1995年5月
東京大学 農学部 助手
 
1988年7月
 - 
1991年3月
国立予防衛生研究所 衛生昆虫部 研究員(厚生技官二級研究職)
 
1988年4月
 - 
1988年6月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
1987年4月
 - 
1988年3月
財団法人がん研究振興財団 リサーチ・レジデント
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1987年3月
東京大学 大学院農学系研究科 農業生物学専門課程 博士課程
 
1982年4月
 - 
1984年3月
東京大学 大学院農学系研究科 農業生物学専門課程 修士課程
 
 
 - 
1984年3月
教員免許状(高等学校教諭一種普通免許状:理科)取得  
 
1980年4月
 - 
1982年3月
東京大学 農学部 農業生物学科
 
1978年4月
 - 
1980年3月
東京大学 教養学部 理科二類 
 

受賞

 
2009年3月
社団法人日本蚕糸学会 日本蚕糸学会賞 「トランスクリプトーム解析によるカイコのゲノム機能に関する研究」
 
2005年4月
社団法人日本蚕糸学会 日本蚕糸学会特別賞 「カイコゲノム塩基配列情報解読に関する研究」
受賞者: カイコゲノム塩基配列遺伝情報解読日本研究グループ
 
1993年4月
社団法人日本蚕糸学会 蚕糸学進歩賞 「家蚕の遺伝的モザイク個体におけるホメオティック遺伝子ENkの自律的発現」
 

論文

 
Kawamoto M, Jouraku A, Toyoda A, Yokoi K, Minakuchi Y, Katsuma S, Fujiyama A, Kiuchi T, Yamamoto K, Shimada T
Insect Biochemistry and Molecular Biology   107 53-62   2019年2月   [査読有り]
Kiuchi T, Sugano Y, Shimada T, Katsuma S
Insect Biochemistry and Molecular Biology   104 30-38   2019年1月   [査読有り]
Wang L, Dong Z, Wang J, Yin Y, Liu H, Hu W, Peng Z, Liu C, Li M, Banno Y, Shimada T, Xia Q, Zhao P
Journal of Insect Science   18(6) 4   2018年11月   [査読有り]
Zhang H, Kiuchi T, Hirayama C, Banno Y, Katsuma S, Shimada T
Genetica   146(4-5) 425-431   2018年10月   [査読有り]
Takai H, Ozawa R, Takabayashi J, Fujii S, Arai K, Ichiki RT, Koeduka T, Dohra H, Ohnishi T, Taketazu S, Kobayashi J, Kainoh Y, Nakamura S, Fujii T, Ishikawa Y, Kiuchi T, Katsuma S, Uefune M, Shimada T, Matsui K
Scientific Reports   8(1) 11942   2018年8月   [査読有り]
Fukui T, Kiuchi T, Shoji K, Kawamoto M, Shimada T, Katsuma S
Biochemical and biophysical research communications   503(3) 1768-1772   2018年7月   [査読有り]
Ito K, Kidokoro K, Katsuma S, Sezutsu H, Uchino K, Kobayashi I, Tamura T, Yamamoto K, Mita K, Shimada T, Kadono-Okuda K
Scientific Reports   8(1) 7430   2018年5月   [査読有り]
Takai H, Asaoka K, Ishizuna F, Kiuchi T, Katsuma S, Shimada T
Arthropod structure & development   47(3) 238-247   2018年5月   [査読有り]
Hikida H, Kokusho R, Kobayashi J, Shimada T, Katsuma S
Virus research   249 124-131   2018年4月   [査読有り]
Zhang, H., Kiuchi, T., Hirayama, C., Katsuma, S., Shimada, T.
Insect Biochemistry and Molecular Biology   92 65-72   2018年1月   [査読有り]
Lee J, Kiuchi T, Kawamoto M, Shimada T, Katsuma S
PloS one   13(10) e0205758   2018年   [査読有り]
Namiki S, Fujii T, Shimada T, Kanzaki R
Scientific Reports   7(1) 14050   2017年10月   [査読有り]
Zhang H, Kiuchi T, Wang L, Kawamoto M, Suzuki Y, Sugano S, Banno Y, Katsuma S, Shimada T
Gene   629 92-100   2017年9月   [査読有り]
Shoji K, Suzuki Y, Sugano S, Shimada T, Katsuma S
RNA (New York, N.Y.)   23(1) 86-97   2017年1月   [査読有り]
Kokusho R, Koh Y, Fujimoto M, Shimada T, Katsuma S
Virology   498 240-249   2016年11月   [査読有り]
Sugano Y, Kokusho R, Ueda M, Fujimoto M, Tsutsumi N, Shimada T, Kiuchi T, Katsuma S
FEBS Letters   590(14) 2256-2261   2016年6月   [査読有り]
Ito K, Shimura S, Katsuma S, Tsuda Y, Kobayashi J, Tabunoki H, Yokoyama T, Shimada T, Kadono-Okuda K
Journal of Invertebrate Pathology   136 50-56   2016年5月   [査読有り]
Yuasa M, Kiuchi T, Banno Y, Katsuma S, Shimada T
Insect Biochemistry and Molecular Biology   68 33-40   2016年1月   [査読有り]
Ito K, Katsuma S, Kuwazaki S, Jouraku A, Fujimoto T, Sahara K, Yasukochi Y, Yamamoto K, Tabunoki H, Yokoyama T, Kadono-Okuda K, Shimada T
Heredity   116(1) 52-59   2016年1月   [査読有り]
Katsuma S, Sugano Y, Kiuchi T, Shimada T
The Journal of biological chemistry   290(43) 26114-26124   2015年10月   [査読有り]
Lee J, Kiuchi T, Kawamoto M, Shimada T, Katsuma S
Insect molecular biology   24(5) 561-569   2015年10月   [査読有り]
Fukui T, Kawamoto M, Shoji K, Kiuchi T, Sugano S, Shimada T, Suzuki Y, Katsuma S
PLoS pathogens   11(7) e1005048   2015年7月   [査読有り]
Ryuhei Kokusho, Munetaka Kawamoto, Yasue Koyano, Sumio Sugano, Yutaka Suzuki, Toru Shimada, and Susumu Katsuma
Journal of General Virology   96 1938-1946   2015年7月   [査読有り]
Katsuma S, Shimada T
Journal of invertebrate pathology   126 64-70   2015年3月   [査読有り]
Susumu Katsuma, Hisanori Bando, and Toru Shimada
Applied Entomology and Zoology   50(1) 57-62   2015年1月   [査読有り]
Kawamoto M, Koga H, Kiuchi T, Shoji K, Sugano S, Shimada T, Suzuki Y, Katsuma S
Gene   560(1) 50-56   2015年1月   [査読有り]
Shoji K, Hara K, Kawamoto M, Kiuchi T, Kawaoka S, Sugano S, Shimada T, Suzuki Y, Katsuma S
Nucleic acids research   42(18) 11462-11471   2015年   [査読有り]
Tsuguru Fujii, Hiroaki Abe H, Minetaka Kawamoto, Yutaka Banno, and Toru Shimada
Insect Molecular Biology   24(2) 213-221   2015年   [査読有り]
Genki Ishihara, Ryuhei Kokusho, Toru Shimada, and Susumu Katsuma
Applied Entomology and Zoology   50(2) 155-167   2015年   [査読有り]
嶋田透
細胞工学   34(2) 202-207   2015年   [招待有り]
Huabing Wang, Takashi Kiuchi, Susumu Katsuma, and Toru Shimada
Insect Biochemistry and Molecular Biology   61 46-52   2015年   [査読有り]
Ito H, Bando H, Shimada T, Katsuma S
Biochemical and biophysical research communications   454(4) 581-587   2014年11月   [査読有り]
嶋田透
JATAFFジャーナル   2(7) 4-4   2014年7月   [招待有り]
Kiuchi T, Koga H, Kawamoto M, Shoji K, Sakai H, Arai Y, Ishihara G, Kawaoka S, Sugano S, Shimada T, Suzuki Y, Suzuki MG, Katsuma S
Nature      2014年5月   [査読有り]
Bisch-Knaden S, Daimon T, Shimada T, Hansson BS, Sachse S
Proceedings. Biological sciences / The Royal Society   281(1774) 20132582   2014年1月   [査読有り]
Namiki S, Daimon T, Iwatsuki C, Shimada T, Kanzaki R
Biology letters   10(4) 20140096   2014年   [査読有り]
Masashi Yuasa, Akitoshi Kitamura, Takashi Maoka, Takashi Sakudoh, Toru Shimada, and Kozo Tsuchida
Journal of Insect Biotechnology and Sericology   83(1) 1-11   2014年   [査読有り]
嶋田透
生物試料分析   37(3) 169-175   2014年   [招待有り]
嶋田透
日本農学アカデミー会報   22 79-88   2014年   [招待有り]
Shoji K, Kiuchi T, Hara K, Kawamoto M, Kawaoka S, Arimura SI, Tsutsumi N, Sugano S, Suzuki Y, Shimada T, Katsuma S
Gene   527(2) 649-654   2013年7月   [査読有り]
Hirayama C, Ono H, Meng Y, Shimada T, Daimon T
Phytochemistry   94 108-112   2013年7月   [査読有り]
Suetsugu Y, Futahashi R, Kanamori H, Kadono-Okuda K, Sasanuma SI, Narukawa J, Ajimura M, Jouraku A, Namiki N, Shimomura M, Sezutsu H, Osanai-Futahashi M, Suzuki MG, Daimon T, Shinoda T, Taniai K, Asaoka K, Niwa R, Kawaoka S, Katsuma S, Tamura T, Noda H, Kasahara M, Sugano S, Suzuki Y, Fujiwara H, Kataoka H, Arunkumar KP, Tomar A, Nagaraju J, Goldsmith MR, Feng Q, Xia Q, Yamamoto K, Shimada T, Mita K
G3 (Bethesda, Md.)      2013年7月   [査読有り]
Wang L, Kiuchi T, Fujii T, Daimon T, Li M, Banno Y, Kikuta S, Kikawada T, Katsuma S, Shimada T
Insect biochemistry and molecular biology   43(7) 562-571   2013年4月   [査読有り]
Fujii T, Abe H, Kawamoto M, Katsuma S, Banno Y, Shimada T
Insect biochemistry and molecular biology   43(7) 594-600   2013年4月   [査読有り]
Bono F, De Smet F, Herbert C, De Bock K, Georgiadou M, Fons P, Tjwa M, Alcouffe C, Ny A, Bianciotto M, Jonckx B, Murakami M, Lanahan AA, Michielsen C, Sibrac D, Dol-Gleizes F, Mazzone M, Zacchigna S, Herault JP, Fischer C, Rigon P, Ruiz de Almodovar C, Claes F, Blanc I, Poesen K, Zhang J, Segura I, Gueguen G, Bordes MF, Lambrechts D, Broussy R, van de Wouwer M, Michaux C, Shimada T, Jean I, Blacher S, Noel A, Motte P, Rom E, Rakic JM, Katsuma S, Schaeffer P, Yayon A, Van Schepdael A, Schwalbe H, Gervasio FL, Carmeliet G, Rozensky J, Dewerchin M, Simons M, Christopoulos A, Herbert JM, Carmeliet P
Cancer cell   23(4) 477-488   2013年4月   [査読有り]
Lin Y, Meng Y, Wang YX, Luo J, Katsuma S, Yang CW, Banno Y, Kusakabe T, Shimada T, Xia QY
The Journal of biological chemistry   288(19) 13345-13355   2013年3月   [査読有り]
Ishihara G, Shimada T, Katsuma S
Virus research   174(1-2) 52-59   2013年3月   [査読有り]
Wang L, Kiuchi T, Fujii T, Daimon T, Li M, Banno Y, Katsuma S, Shimada T
Genome / National Research Council Canada = Genome / Conseil national de recherches Canada   56 101-108   2013年2月   [査読有り]
Kawaoka S, Hara K, Shoji K, Kobayashi M, Shimada T, Sugano S, Tomari Y, Suzuki Y, Katsuma S
Nucleic acids research   41(3) 1581-1590   2013年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
"Silkworm Biofactory: Silkroad to Bioroad”, Edited by Katsumi Maenaka and Enoch Y. Park
Toru Shimada (担当:分担執筆, 範囲:Basic and Applied Genetics of Silkworms (Chapter 1))
CRC Press   2018年11月   ISBN:9781138328129
進化の謎をゲノムで解く(細胞工学 別冊;監修 長谷部光泰)
嶋田透 (担当:分担執筆, 範囲:昆虫の食性の進化を遺伝子で説明できるか? 〜カイコガ科におけるクワへの適応を例にして〜 (pp. 114-123))
学研メディカル秀潤社   2015年9月   ISBN:978-4-7809-0922-7
脱皮と変態の生物学 - 昆虫と甲殻類のホルモン作用の謎を追う(園部治之・長澤寛道編)
嶋田透 (担当:分担執筆, 範囲:昆虫のゲノム情報とその利用(第11章)pp. 331-352)
東海大学出版会   2011年   
虫たちが語る生物学の未来 (林幸之・大槻吉樹・松本継男・増井博之・藤井博・杉村順夫・矢島正博・古澤寿治編)
嶋田透 (担当:分担執筆, 範囲:カイコの遺伝子ライブラリーとその利用、pp. 64-67)
財団法人衣笠会.   2009年   
Molecular Biology and Genetics of the Lepidoptera (edited by M. R. Goldsmith and F. Marec)
Hiroaki Abe, Tsuguru Fujii, and Toru Shimada (担当:共著, 範囲:Chapter 4, "Sex chromosomes and sex determination in Bombyx mori" (pp. 65-87))
CRC Press   2009年   
杉山雄一, 深田吉孝, 嶋田透, 石川幸男, 柴崎正勝, 池田敏彦, 山口正雄, 佐伯秀久, 岡田猛, 橋本毅彦, 岡本拓司, 村山斉, 田近英一, 中須賀真一, 井上達夫, 柳橋博之, 松島斉 (担当:分担執筆, 範囲:蚕と桑の特異な関係)
東京大学綜合研究会   2009年   
嶋田透 (担当:分担執筆, 範囲:ゲノムと遺伝子(第2章—第2節)pp. 24-41)
朝倉書店   2009年   ISBN:9784254420357
昆虫生理生態学(河野義明・田付貞洋編)
嶋田透 (担当:分担執筆, 範囲:ゲノムと遺伝子(第1章)pp.1-14)
朝倉書店   2007年   
[実験]生産環境生物学(東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻編)
嶋田透 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 4-5, pp. 60-61, pp. 175-178.)
朝倉書店   1999年   
ネオ生物学シリーズ -ゲノムから見た新しい生物像- 第9巻:昆虫 [超能力の秘密]
嶋田 透・片岡宏誌 (担当:分担執筆, 範囲:第8章. 変態と休眠の遺伝子(pp. 112-126))
共立出版   1996年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(A)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 嶋田透
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(Dr. Gajula Gopinath)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 嶋田透
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 嶋田透
カイコではW染色体の存在のみで雌性が決定する。私たちはW染色体の転写物に由来する小分子RNA (Fem piRNA)が、Z染色体上の雄化遺伝子MascのmRNAを切断することが、カイコの性決定の最上位機構であることを明らかにし、Mascタンパク質が雄化と同時に遺伝子量補正を支配することを示してきた。本研究は、遺伝子量補正におけるMascタンパク質の機構を調べるとともに、カイコが雌において組換えを抑制する仕組みを明らかにし、それらと性決定機構のクロストークを解明しようとしている。
1. Ma...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 嶋田透
ポジショナルクローニングにより,突然変異「ヴァル斑油」(ov) および「ヴァル斑油-p」(ovp) の原因遺伝子は,リソソーム関連オルガネラ (LRO) の形成に必要なタンパク質複合体BLOC-1のサブユニットであるディスビンディンをコードするBmdysbであることが判明した。これら油蚕では,Bmdysbの転写量が顕著に低下していた。また,別の油蚕変異体「B8斑油(obt)」および「t-斑油(otm)」の原因遺伝子も,BLOC1のサブユニットをコードしていた。BLOC-1の成分が不足すると...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 嶋田透
鱗翅目昆虫の脳機能の解明を進めるため、カイコの変異体のうち、環境からの刺激や周辺状況へ脳が応答して発現する形質の変異体、すなわち産卵行動の変異体(u80)、営繭行動の変異体(Fl)、および休眠性(光周反応)に関する変異体(Lm)について、原因遺伝子を探索した。連鎖解析の結果、u80系統については、主働遺伝子が第10染色体の特定な領域に存在していることが判明した。Fl(浮きちぢら)については、第7染色体の2つの遺伝子のいずれかが原因であると分かった。さらに、Lmについては、Z染色体の1領域(...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 嶋田透
カイコガ上科では、イチジク属食などの原始食性からクワ食が進化してきた。クワは高濃度の糖類似アルカロイドを含有しており、カイコや近縁種は何らかの方法で毒性を克服してきた。カイコのクワ選好性の機構解明のため、広食性変異体spliを解析したところ、それらの原因が、POUホメオドメインを持つ転写因子の遺伝子にあることを解明した。これら変異体では嗅覚受容体などの遺伝子発現が大きく変化しており、それが食性変異の原因と予想された。一方、アルカロイドが標的とするスクラーゼのうち主要なものは、カイコでのみ抵...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 嶋田透
カイコ(Bombyx mori)は桑葉のみを食餌とする単食性の昆虫である。桑葉にはデオキシノジリマイシンなどの糖類似アルカロイドが多量に含まれており、通常の動物には毒性を示す。カイコは、β-フルクトフラノシダーゼを中腸で大量発現することにより、桑葉を食餌として栄養を摂取できるようになった、という仮説を検証するため、クワではなくガジュマルなどイチジク属の植物に寄生する近縁種、イチジクカサンTrilocha varians(カイコガ科)やテンオビシロカサンErnolatia moorei(同)...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 嶋田透
カイコの突然変異体「黄体色致死」(lemon lethal)は、2齢幼虫が濃黄色を呈し、まったく摂食できずに致死する。この突然変異の原因がセピアプテリン還元酵素(Sepiapterin reductase ; SPR)の遺伝子の構造に異常が起きた結果、SPRの酵素活性が顕著に低下するためであることが明らかになっている。SPRは、チロシン水酸化酵素などの補酵素として使われるテトラヒドロビオプテリン(BH4)を合成する酵素であり、SPRの欠損はヒトや哺乳類でも発達障害や運動障害などの重篤な症状...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 阿部広明
本研究の目的は、カイコの性染色体上の雌決定遺伝子Femのクローニングである。これまでに本研究の代表者(阿部広明)を中心とするグループにより、W染色体上の分子マーカーであるRAPDマーカーの探索と、W染色体特異的BACライブラリーのDNA塩基配列の解析が行われてきた。その結果、Femは、あるひとつのRAPDマーカー(W-Rikishi)に極めて近い位置に局在していることが明らかとなった。W染色体部位が極端に短くなっている限性黄色繭W染色体のW部位は、必ずFemを含んでいるはずである。現在、W...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 片岡宏誌
陸上において圧倒的多数の種と個体数をしめる昆虫の特質は、多様で適応的な生存戦略をそのライフサイクルに組み入れたことにある。環境変化の激しい陸上に生息する昆虫は、環境情報に対する適応戦略として、脱皮・変態・休眠などの形式を自在に変更し、大きな成功を収めた。特定領域研究(新学術領域研究)の研究領域として発展させるためには、外部情報が内分泌システムによって遺伝情報に変換される機構を現象横断的に解明し、昆虫の適応戦略に隠された共通のスキームを理解することにある。このために以下の研究調査ならびに企画...

委員歴

 
2018年8月
 - 
2019年3月
(農林水産省内) 第25回 国際養蚕委員会大会 企画委員会  委員
 
2018年7月
 - 
現在
日本農学アカデミー  理事
 
2017年12月
 - 
現在
日本学術会議 農学委員会 応用昆虫学分科会  幹事
 
2017年12月
 - 
現在
日本学術協力財団  「学術の動向」 編集委員会 副委員長
 
2017年12月
 - 
現在
日本学術会議 広報委員会 「学術の動向」編集分科会  委員
 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議 基礎生物学委員会・統合生物学委員会・農学委員会・基礎医学委員会合同 遺伝資源分科会  委員
 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2017年5月
 - 
2018年3月
BIODIVERSE 2018 - International Symposium for Biodiversity and Biobanking  : Advisor
 
2016年11月
 - 
現在
第27回国際昆虫学会議招致委員会(2018年3月から日本昆虫科学連合の組織)  委員
 
2016年10月
 - 
2017年3月
The 5th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology  : Co-Chairman, Academic Committee
 
2016年10月
 - 
2017年3月
The 5th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology  : International Committee Member
 
2016年8月
 - 
2018年8月
10th International Workshop on the “Molecular Biology and Genetics of the Lepidoptera”  : Member of the International Program Committee (IPC)
 
2016年2月
 - 
現在
日本学術会議  広報委員会 委員
 
2015年10月
 - 
現在
日本学術会議 農学委員会・食料科学委員会合同 農学分野における名古屋議定書関連検討分科会  委員
 
2015年4月
 - 
2017年9月
日本学術会議 第二部  査読委員
 
2015年3月
 - 
2019年3月
日本農学会  評議員
 
2015年3月
 - 
2019年3月
日本蚕糸学会  会長
 
2014年10月
 - 
2017年12月
日本学術協力財団  「学術の動向」 編集委員
 
2014年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議 農学委員会  副委員長
 
2016年4月
 - 
2017年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻 農家実習担当  責任者
 
2014年10月
 - 
2016年2月
日本学術会議 科学者委員会・科学と社会委員会合同 広報・科学力増進分科会  委員
 
2014年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議 科学者委員会 学術の大型研究計画検討分科会  委員
 
2014年5月
 - 
2016年3月
全国大学附属農場協議会  副会長
 
2014年1月
 - 
現在
Sericologia (International Sericultural Commission)  : Editorial Board Member
 
2013年6月
 - 
現在
農林水産省・環境省 生物多様性影響評価検討会 昆虫分科会  座長
 
2013年6月
 - 
現在
農林水産省・環境省 生物多様性影響評価検討会 総合検討会  委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 農学部  副学部長
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構  機構長
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 アジア生物資源環境研究センター 運営委員会  委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 田無キャンパス整備計画委員会  委員長
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 技術部運営会議  委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 アグリコクーン機構運営委員会  委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 研究設備管理委員会  オブザーバー
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属演習林運営委員会  委員
 
2013年2月
 - 
現在
農林水産省 薬事・食品衛生審議会 動物用組換えDNA技術応用医薬品調査会  委員
 
2012年9月
 - 
2017年7月
Dataset Papers in Biology (Datasets International)  : Editorial Board Member (Molecular Biology section)
 
2012年9月
 - 
2014年3月
ISRN Evolutionary Biology  : Editorial Board Member
 
2013年4月
 - 
2013年8月
西東京市総合計画策定審議会  委員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻 農家実習担当  責任者
 
2012年6月
 - 
2012年12月
東京大学 公開講座企画委員会  委員
 
2012年6月
 - 
2017年5月
Psyche: A Journal of Entomology (Hindawi)  : Editorial Board Member
 
2012年4月
 - 
2016年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻  副専攻長
 
2012年4月
 - 
2019年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 放射線同位元素施設運営委員会  委員
 
2011年10月
 - 
2014年9月
日本学術会議 農学委員会  幹事
 
2011年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議  第二部 会員
 
2011年10月
 - 
2017年9月
日本学術会議 農学委員会 応用昆虫学分科会  委員長
 
2011年10月
 - 
2014年9月
日本学術会議 科学者委員会 学術誌問題検討分科会  委員
 
2011年3月
 - 
現在
財団法人 大日本蚕糸会  評議員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 圃場委員会  委員長
 
2010年4月
 - 
現在
日本学術会議 農学委員会 植物保護科学分科会  委員
 
2009年4月
 - 
2019年3月
農林水産省 拡散防止措置確認会議 動物検討会  委員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
東京大学 アジア生物資源環境研究センター運営委員会  運営委員
 
2010年5月
 - 
2015年3月
日本蚕糸学会  副会長
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 予算委員会  委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 用地施設委員会  委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻  専攻長
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 国際委員会  委員
 
2010年1月
 - 
現在
日本学術振興会 研究成果の社会還元・普及事業推進委員会  委員
 
2009年10月
 - 
2011年9月
日本学術会議 農学委員会  委員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 キャンパス整備計画ワーキンググループ  委員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属緑地植物実験所  所長
 
2009年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻 農家実習担当  責任者
 
2008年10月
 - 
2011年9月
日本学術会議 農学委員会 応用昆虫学分科会  副委員長
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学 アジア生物資源環境研究センター 運営委員会  委員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 附属農場運営委員会  運営委員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
東京大学  総長補佐
 
2007年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 自己点検・評価実施ワーキンググループ  委員
 
2007年1月
 - 
2007年12月
東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム実行委員会  委員
 
2005年10月
 - 
2011年9月
日本学術会議  連携会員
 
2005年10月
 - 
2008年9月
日本学術会議 農学委員会 応用昆虫学分科会  幹事
 
2005年10月
 - 
現在
日本学術会議 農学委員会 応用昆虫学分科会  委員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 研究設備管理委員会  委員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻  専攻主任
 
2005年1月
 - 
2008年12月
日本応用動物昆虫学会  編集委員
 
2004年5月
 - 
2010年4月
日本蚕糸学会  理事
 
2004年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 マルチメディア委員会  委員
 
2003年1月
 - 
現在
Insect Biochemistry and Molecular Biology (Elsevier)  : Editorial Board Member
 
2003年1月
 - 
2011年12月
日本農学会  運営委員
 
2003年1月
 - 
2017年3月
日本応用動物昆虫学会  評議員
 
2002年9月
 - 
現在
ナショナルバイオリソースプロジェクト「カイコ」 運営委員会  運営委員
 
2002年5月
 - 
2004年4月
日本蚕糸学会  評議員
 
2003年4月
 - 
2004年3月
東京大学農学部応用生命科学課程応用生物学専修  専修担任
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学農学生命科学研究科 組換えDNA実験安全委員会  委員
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学農学部応用生命科学課程応用生物学専修  専修担任
 
2002年1月
 - 
現在
生物遺伝資源委員会 カイコ遺伝資源小委員会  委員
 
2002年1月
 - 
2009年12月
National Institute of Science Communication and Information Resource (NISCAIR), New Delhi, India  : International Advisory Board Member, Indian Journal of Biotechnology
 
1999年1月
 - 
現在
日本野蚕学会  編集委員
 
1999年1月
 - 
現在
日本蚕糸学会  編集委員
 
1999年4月
 - 
2000年3月
文部省 高等教育局「国立大学における農場・演習林等の在り方に関する調査研究協力者会議」  協力者
 
1997年4月
 - 
1999年3月
文部省 学術国際局  学術調査官
 
1995年8月
 - 
1995年11月
Visit of Scientist from Abroad Programme, Ministry of Science and Technology, Government of India  : Visiting Scientist (Seribiotech Research Laboratory, Central Silk Board, Ministry of Textile (Bangalore, India))
 
1995年1月
 - 
現在
日本野蚕学会  委員
 

特許

 
松本 正吾, 吉賀 豊司, 岡野 和広, 三田 和英, 嶋田 透, 小柴 生造, 木川 隆則, 廣田 洋, 横山 茂之